2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2003年12月7日 - 2003年12月13日 | トップページ | 2003年12月21日 - 2003年12月27日 »

2003.12.20

おめでたい話ではあるが……

田村亮子と谷佳知の結婚披露宴日本テレビで生中継された様子を、いったい日本中でどれくらいの人が見たんだろうか。僕は夕食の支度をしながら何となくテレビをつけっぱなしにしていたのだが、見ていてこれほど滑稽なものはないなぁと思った。おめでたい席だから誰も文句を言わないし、そもそも文句を言うような筋合いのものではないのだけれど、これを見ながら僕は「日本テレビは本当なら10年前に貴花田と宮沢りえの披露宴を中継したかったんだろうなぁ」と思ったよ。今回の生中継はその雪辱戦なのではないだろうか。

それにしても田村亮子はどうみてもチンチクリンで、何を着ても似合いませんなぁ……。特にお色直しの後で着たカクテルドレスは、もう醜悪としか言いようがない。あの頭のリボンはなんじゃい! 結婚披露宴の常套句である「美男美女カップル」にはほど遠い新郎新婦の姿に、苦笑を禁じ得ない。こんなものを全国に生中継する意味が、どの程度あるのか僕にはさっぱりわからない。まぁそれをぼんやり見ている僕のような馬鹿者が、日本にはごまんといるだけの話だろうけれど。日本は平和だよ。

10:54 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

【日記】門前仲町でお茶漬け

お昼は深川不動の参道にある近為で昼食。ここは京都が本店の漬け物専門店が経営している店で、同じ参道の並びに漬け物を売っている店舗もある。ぶぶづけセットが1,200円。小さなおひつのご飯を自分で茶碗によそりながら、一緒に運ばれてくる何種類もの漬け物で自由にお茶漬けを作って食べる。卵焼きやちょっとした煮物(この日は切り干し大根の煮付)などのおかずも付いてくる。最初は漬け物とおかずで白いご飯をぱくぱく食べてしまった。ご飯のお代わりは150円。最初からお茶漬けにしていれば、ご飯のお代わりは不要だったかもしれない。テーブルには漬け物を盛りつけた盆が置いてあって、ここからは自由に漬け物を取って食べられる。質素だけれど、非常に充実感のあるお昼でした。

食事の後は清澄白河の商店街を少し歩いてから、高橋商店街(のらくろ~ど)を通って森下に出る。地下鉄で月島に戻り、買い物してから帰宅。夕食は圧力鍋で作ったビーフシチュー。

07:13 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

記事の投稿日時を変更する方法

埼玉住人: 記事を必ず上に固定しておく方法

ココログでは投稿日時が後から変更できないものとばかり思っていましたが、以下は上記記事へのコメントとして書かれていたもの。

記事の作成または編集の時に、左下に「投稿の状態」という選択部分があります。その下に、時計のマークと日時が書かれていますので、ここをクリックするとポップアップが出てきます。(ブラウザのポップアップ抑止はココログだけでも解除しましょう!) このポップアップにて、好きな日時に変更して「日時を設定」ボタンを押すと、未来の日付だろうと、過去だろうと、自由に変更できますよ。

投稿した記事の日時を変更する方法があるようなので、日記のまとめ書きも問題なくできるということですなぁ。なんだか、知らなかったのがバカみたいだけど、これらは正式にオープンさせる1月1日までに一通りマスターしておかないとなぁ。まだまだココログは奥が深いなぁ。

12:07 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004オスカー・レース・ニュース

MOVIE HOT TALKS

アカデミー賞の最新情報。まだ候補も発表されてないんですが、何が候補作になるかという話題で既に盛り上がっているようです。

文中で触れられている「Oscar Race」というサイトを探してみましたが、これは面白いかも。

11:51 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Golden Globes by Year ~2003~

Golden Globes by Year ~2003~

ゴールデングローブ賞のノミネートリスト。渡辺謙が『ラスト・サムライ』で助演男優賞にノミネートされ、マスコミでは早くも「受賞か?」などと騒がれているけれど、こういうものはノミネートされただけでもすごく名誉なことだと思う。ただしアカデミー賞に比べると、ゴールデングローブ賞はやはり少し格下なわけで、渡辺謙がアカデミー賞の助演男優賞候補になれば、それはいよいよ本物だろうと思う。

ゴールデングローブ賞やアカデミー賞については、ドンデッチのサイトが情報を細かくフォローしていて参考になる。ゴールデングローブ賞についてのドンデッチの記事はこちら。

10:39 午前 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

携帯からココログを読む

僕はPHSユーザーなので自前のココログに投稿することしかできないのですが、携帯ユーザーにはココログを携帯で読むことができる「ココモブ」というツールがあるようです。

一定数のユーザーがいるWEBツールは、その周辺環境がどんどん豊かになってくるということですね。MovableTypeTypePadも同じようなことが言えるのかもしれないけれど、日本有数のプロバイダーである@niftyが会員向けに無料でBLOGツールを提供し始めたというインパクトは大きいのだろう。

なおココログはTypePadの中でも基本的なBASICをもとに作ったそうです。やはり機能は今後追加していくのだとか。その場合は有料になるかもしれないけど、値段に見合うサービスなら僕は構わないけどね。→インターネットの記事

12:21 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.19

【日記】今週唯一の試写

午前中にW誌の原稿を仕上げて入稿。本当は24日の締め切りだったのだが、土日と火曜日の休みをたっぷり使いたいので、できる仕事はどんどん前倒しにしてしまう。その分、試写の予定をどんどん後ろにずらしているのだけれど、1月や2月に公開される映画の試写はもうそれほど回数がないので、ずらすといっても限度がある。でもこれは仕事優先なので仕方がない。

昼食の後ココログにPHSで記事を投稿できるように設定を済ませてから、GAGAでラース・フォン・トリアーの『ドッグヴィル』を観る。本編3時間に続けて、1時間弱のメイキングを上映。今週は1本しか試写を観ないのかと思ったら、思い がけないオマケ。感想を早速PHSでココログに投稿してみる。帰宅して調べたら、PHSで投稿した記事はココログのデフォルト設定がどうであれ、いきなり公開されてしまうようだ。これだと、メモ書きなどをPHSからじゃかすか送ってしまうという使い方はできない。ちょっと期待はずれかも。でも外出先から、見出しだけでも作っておけるというのは便利だ。この記事も、外出先から投稿した記事に手直しして作っている。

10:18 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

【日記】『ドッグヴィル』と「海賊ジェニー」

GAGAの試写室で『ドッグヴィル』を鑑賞。先日は開始ギリギリに来て満席で入場できなかったため、今日は20分以上前に余裕を持って入場。それでも先客が10人以上いたようだし、10分ほど前には通常席が埋まり、最後は補助席が出ていた。

映画自体は演劇と映画の中間のような、かなり実験的な作品。セットの上に白線を引いて、それを「家」や「犬」に見立てる前衛芝居のような演出だ。ヒロインがどんどん不幸になっていくのは最近のトリアーの映画と同じ。こんなものでも、トリアーのファンは面白がるのかな。発想の原点はブレヒト&ワイルの「海賊ジェニー」(「三文オペラ」の中の曲)だとか。そのまんまだなぁ。映画の中に丸ごと作った「観念としてのアメリカの町」という手法は、同じブレヒト&ワイルの「マハゴニー市の興亡」を連想させる。

「三文オペラ」や劇中歌の「海賊ジェニー」は僕にとってもお馴染みの曲で、CDも何枚か持っている。戯曲(歌詞も収録)は岩波文庫から出ているので簡単に読めると思う。プレス資料によれば、トリアー監督はセバスチャンというデンマークのポップシンガーが歌う「海賊ジェニー」を聴いてこの映画の着想を得たのだというが、AMAZONで探しても購入できるのかどうかはよくわからなかった。「海賊ジェニー」は大勢の歌手が歌っているけれど、僕が持っている範囲では、やはりワイル夫人だったロッテ・レーニャの録音が最高かなぁ。

レーニャの歌う「三文オペラ」のCDは現在廃盤になっているようなのだが、AMAZONを検索していたらCD11枚組のロッテ・レーニャ全曲集というのを見つけてしまった。3万6千円なんてとても手が出ないけど、これはちょっとすごい。「マック・ザ・ナイフ」だけで、レーニャは何回録音しているんだろう。

最近の「三文オペラ」の全曲録音では、ウテ・レンパーが参加したものが歌詞カードの和訳も完備していておすすめかも。

06:39 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

PHSからの送信成功

モブログのテストに成功。この機能を使えば、外出先からも思いついたメモなどをココログに投稿できる。PHSからでは長文の投稿が難しいけれど、とりあえず見出しと簡単な本文だけ送りつけておいて、あとから記事を加筆していけばいいだろう。これに合わせて、投稿記事のデフォルト状態を「下書き」に変更しておいた。これならPHS投稿の小さな記事を、読者にさらさずに済む。

この機能を使えば、映画の感想などもポイントだけは試写室から投稿しておくことができる。ある程度まとまった量のテキストを送信するために、将来的にはPHS以外のモバイル端末があった方が便利かもしれない。

……と思ったら、モブログでの投稿は有無をいわさず「今すぐ公開」されてしまうことが後から発覚。運用には少し工夫が必要になると思う。

01:24 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

モブログのテスト

PHSからの送信テスト。

01:14 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

【日記】ココログへの期待

ココログの説明ページ「ココログの泉」を見ていたら、ココログのエンジンになっているのはTypePadだとの記述があった。TypePadに比べるとココログの機能はずいぶん少ないと思うのだが、機能は今後拡張されていくらしい。アップロードしたファイルを削除する機能が未だ搭載されていないし、複数のライターで記事を投稿する機能も視野に入っているらしい。多少貧弱に見えるデザイン機能も、今後強化されていくのではないだろうか。

「新佃島・映画ジャーナル」については日記部分をココログで更新し、それ以外のプロフィール紹介などは「サクサク作成君」で作ろうと思っている。使えるものは何でも使ってみようと思うんだけど……。

08:02 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.18

こんなのはどうだろう?

記事の中にAMAZONのアソシエイト広告を張り込んでみる。この程度ならちゃんと表示されるらしい。


09:37 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ココログの感想

ココログをいじくり回している。1日に何度か記事を投稿するとどうなるのか実験。

レイアウトをいろいろ触ってみたのだが、不満もいろいろある。投降した記事の日時を変更できないのは、日記をまとめて書くことがある僕には不便だ。これはMovableTypeの方がいいかも。

タイトルに画像を埋むなど、デザインに大きな制約があるのは困った。HTMLレベルで、デザインを細かく調節できるといいのだけれど……。でもそこまでやると、@niftyの初心者向けサービスとしてはオーバースペックになってしまうのかもしれない。とりあえず、K社にお願いしてサーバーにMovableTypeを設定してもらおうかなぁ……。

09:10 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

【日記】ココログで日記を作ろうか……

日記サイト「新佃島・映画ジャーナル」をBLOG化するため、ココログを使ってみようと思う。とりあえず正式な意向は年明けからにして、それまでにだいたいの使い方をマスターしておきたい。デザインや機能も、できればこれまでのものを踏襲したいんだけど、ちょっと無理かもしれないなぁ。

08:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック