2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2003年12月14日 - 2003年12月20日 | トップページ | 2003年12月28日 - 2004年1月3日 »

2003.12.27

【日記】今朝は雪?

朝は首都圏で雪が降ったらしいが、僕が気づいたときはもうやんでいた。今日はまったく外出せずに、部屋に閉じこもって映画の感想を書いたりしていた。昼頃には空は快晴。でも寒い。映画の感想を何本か書いて寝てしまう。

11:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

西郷会館取り壊し

Web東奥・ニュース/lifestyle-human_interest 20031122

上野の名物ビル取り壊しへ 「西郷会館」歴史に幕

 東京・上野の西郷隆盛像の下にあり、半世紀以上、地方出身者や観光客らに愛されてきた共同店舗ビル、通称「西郷会館」が取り壊されることになった。土産物店などが並んだ1階の「のれん街」は店じまいが進み、「昭和」の趣を残した名所がまた一つ消える。

いささか古いニュースだけれど、ついさっき気が付いた。上野動物園に行った後、ここの聚楽台で食事をすることが多い。畳敷きのファミレスで、空いている時間なら昼寝していてもおこられない。

そうか、なくなってしまうのかぁ……。「あのさびれた感じがイイ!」なんて言うのは、結局部外者のワガママに過ぎないのだろうなぁ。

11:20 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

日本語BLOGツール

サーバーの設置やインストールが不要で、コメントとトラックバック機能を持つBLOGを簡単にリストアップ。

・ココログ
@niftyが作ったBLOGツール。ベースになっているのはTypePadのBASIC版で、今後は有料のPlus版やPro版もリリースされるらしい。容量は30MB。@niftyの会員なら無料で、@niftyの会員以外も月額250円で利用できる

・Livedoor Blog
Livedoorが作ったBLOGツール。登録無料で容量は30MBまで。機能強化されたLivedoor Blog Proなら、月額250円で容量100MBになる。とりあえず一通りのことはできる。

・melma!blog
melma!がメルマガ発行者向けに無償提供しているBLOGツール。ベースになっているのは「はてなダイアリー」なので、MovableTypeがベースの他のBLOGツールとは使い勝手が少々異なる。登録は無料。

・はてなダイアリー
melma!blogのベースになっている日記システム。文中の特定の言葉を自動的にキーワード登録していくのが特徴かな。

・マイプロフィール
登録無料。デザインテンプレートがかなりカワイイ系で、対象は女子中高生だろうか……。

・News Handler
登録無料。ひとつのBlogを複数のメンバーで利用する「メンバー管理機能」がある。

・無料レンタル日記『マイぷれす』
登録無料。Blogというより、これ全体でひとつの日記システムになっているようだ。

探せばもっとたくさんあるのかもしれないけれど、とりあえず使ってみるならこんなところか。初心者へのおすすめは、まず無料で登録できるサービスを少し使ってみることかなぁ……。僕も最初にいくつか使ってみました。登録無料なら、ちょっと使ってみて放り出してしまってもいいしね。

有料サービスになってしまうけれど、個人的にはココログがおすすめ。これは自分が使っていることもあるけれど、@niftyという大企業が運営している安心感が大きい。自分のホームページをサーバー運営会社の都合で次々に引っ越しさせられてきた身としては、多少のお金を払ってもサービスの永続性が補償されている方が安心できるのだ。それにTypePadという開発ベースがあるので、有料サービスも含めた今後の開発方針が比較的明確だ。それにまったく知識がなくても、そこそこのBlogが簡単に作れてしまうのもいい。

@nifty会員以外にとって、月額250円という使用料が高いか安いかというのは評価の分かれ目かもしれないけれど、これは本家のTypePad BASICより安いぞ。(問題はLivedoor Blogが同じ250円で100MBのサーバー容量を提供することかも。ただしこれは、ココログもどこかで追随するような気がする。)

05:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス

Amazon.co.jp: 本: ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス

こんな本を見つけた。ウェブログ初心者で、来年はもっとブログに力を入れていこうと思っている人間としては、ちょっと気になるなぁ……。

11:50 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

melma!blog [メルマ!ブログ]

melma!blog [メルマ!ブログ]

melma!blogの運用が始まりました。僕はmelma!のメルマガ発行者IDを持っているので、早速試験的に使ってみようと思います。

10:52 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

吉野家の牛肉は安全か?

吉野家|吉野家ディー・アンド・シーを知る|食材へのこだわり|牛肉|牛肉の安全性

吉野家が海外から輸入する牛肉は年間約3万トン。輸入先は、99%が米国で残り1%がオーストラリア。使用部位は全てショートプレート(バラ肉)です。
当社が輸入する牛肉は、あらゆる面で高い安全性が保たれています。理由として、(1)BSE※および口蹄疫※の未発生国のみ輸入先としている。(2)ショートプレートはWHOの定めるカテゴリーIV(無感染性)に属し、BSEが感染した実例はない。(3)BSEは生後30ヶ月以上の牛からしか発生実績がないが、当社の輸入しているショートプレートは生後24ヶ月未満の牛のみ使用している、などが挙げられます。

吉野家のホームページは、現時点でアメリカのBSE発生を反映したものになっていません。

08:07 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

音楽DVD年末商戦絶好調!

音楽DVD年末商戦絶好調!サザンなど大物ズラリ

 先週17日、ドリームズ・カム・トゥルー「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2003」、サザンオールスターズ「SUMMER LIVE2003」、嵐「SUMMER CONCERT 2003」、スピッツ「放浪隼純情双六 Live 2000-2003」などが発売された。

AMAZONのランキングなどを見ていても、DVD売り上げの上位に音楽ものが登場する機会が増えているように思う。CDとさして変わらない値段でDVDが購入できるのだから、今後も音楽DVDは伸びていくのではないだろうか。問題はDVDオーディオかなぁ……。

07:53 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.26

【日記】自己紹介をココログ化

(旧)新佃島・映画ジャーナルのコンテンツだった自己紹介ページを、ココログに複写して手直しした。表組みがそのままではココログのテキストとして持ち込めないようなので、やむを得ず箇条書きに書き換え。ついでにリンク先をチェックしたりしていたら、あっという間に時間が過ぎてしまった。ただしそれなりの成果もある。この方法で、他のページもだいたいココログに持って来られるという自信がついた。

午後は3時半から映画美学校で『TAIS TOI!(原題)』の試写。結局邦題は『ルビー&カンタン』に決まったようだ。配給はGAGA。ジェラール・ドパルデューがすごくスリムになっているのに驚いてしまった。役柄は太った大男なので、このやせ方は尋常ではない。不健康そうな感じはしないけれど、何か病気にでもなったのだろうか。それとも一度心臓を悪くしたので、節制したのかなぁ……。

6時から同じ映画美学校で『しあわせの法則』というアメリカ映画。配給はキネティック。『あの頃ペニー・レインと』でロック狂の息子に気をもむ母を演じたフランシス・マクドーマンドが、年下のロック・ミュージシャンを恋人に持つ音楽プロデューサーを演じている。

大貫隆の「イエスという経験」を読み始めたが、これは面白い!

11:59 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

東京ミレナリオのPhotoCinema

機能撮影した写真を使ってフォトシネマを作ってみました。思った以上にサイズが大きくなってしまったので、ダウンロードにはちょっと時間がかかるかもしれません。サイズをどうすれば小さくできるかについて、ちょっと研究してみます。(いずれファイルを差し替えるかもしれません。)

→作ったフォトシネマはこちら

制作ソフトLiFE with PhotoCinemaAMAZONでも購入できます

02:02 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ASPIRIN Lady.com ~アスピリン・レディドットコム~

ASPIRIN Lady.com ~アスピリン・レディドットコム~

ASPIRIN Lady.comは、イキイキとした毎日を送る、働く女性をサポートするライフスタイルマガジン。 ステキな女性にインタビューする「輝く彼女のON/OFF」や、ポジティブになれるエッセイスト岸本裕紀子さんの 「笑顔の仕掛け」など、充実の内容で、アナタにますます磨きをかけます。

僕は男性ですが、鎮痛解熱剤にはアスピリンを愛用してます。

12:36 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.25

【日記】東京ミレナリオ

午前中に先週観た『ドッグヴィル』の感想をようやく片付けた。まだ遅れている分があるけれど、これは後回し。午後はメディアボックス試写室で韓国のSF映画『ロスト・メモリーズ』を観る。日本の朝鮮半島統治が継続し続けている、もうひとつの世界が舞台となった、一種のパラレルワールドもの。そのため登場人物たちが日本語で会話をしている。韓国映画なのに、台詞の半分以上が日本語! これには少々面食らった。

2本目の試写を観ようとすぐ近くの映画美学校に移動したら、こちらは試写開始10分前で既に満席とのことなので、近くのコンビニで雑誌など読んで時間を潰す。その後有楽町のソフマップでデジカメを見たけれど、新製品のソニー・サイバーショットF-828はちょっと気になる存在。レンズがカールツァイスのバリオゾナーT*だから、僕の持っているCONTAX T3Dと描写力で遜色ないはずだ。ただし売り場にあった実写サンプルには、T*レンズの特性を生かしたものとは思えなかった。逆光や半逆光、コントラストの高い画像、彩度の高い画像、暗い室内シーンなど、他のデジカメが苦手とする場面でこそ、T*が生きてくると思うんだけどなぁ……。ただしこのカメラはすごく大きい。これだけ大振りなカメラになると、使える場面はかなり限定されてくるのではないだろうか。街角でスナップ撮影をするようなカメラではないと思う。「写真が趣味だ」と言える人が持つものだろうね。

日没後に前日から始まった東京ミレナリオを見物に行く。見学コースは東京駅方向から有楽町方向への一方通行になっているので、僕は有楽町方面から歩道を逆行しながらの見物。これはなかなかきれいだった。持っていたデジカメでスナップを撮影しまくったので、帰宅してからフォトシネマを作ろうと思う。これは冬休みに入ってから、もう一度東京駅側から順番に見学してみてもいいかも。年末になれば少しは混雑が緩和されるような気もする。

夕食は湯豆腐とステーキ丼。腹がはち切れそうになるまで食べる。また太りそうだなぁ。

10:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

「がきデカ」が23年ぶり復活

Yahoo!ニュース - 社会 - 毎日新聞

「がきデカ」が23年ぶり復活

 「死刑!」「八丈島のきょん!」などのギャグで70年代、一世を風靡(ふうび)した山上たつひこさんのマンガ「がきデカ」が23年ぶりに復活する。「ビッグコミック」(小学館)新年1、2号(12月25日、来年1月10日発売)に前後編「中春 こまわり君」が掲載される。

「がきデカ」が復活することそのものより、山上たつひこがマンガの世界に戻ることの方が大ニュースだと思う。

10:46 午前 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

気になるデジカメ

画質にこだわるデジカメを探していたら以下のような機種をみつけた。

デジタルカメラ・LUMIX・高画質フルマニュアル操作モデル

CONTAX TVS Digitalよりは、このカメラの方が面白そうだ。問題は値段だけれど、実売価格で10万円ぐらいになるのかなぁ……。発売は来年春。仕事が増えたら買えるかな。

09:31 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

牛丼は大丈夫なのか?

Y!ニュース - BSE(牛海綿状脳症)
Y!ニュース - 日本のBSE対策

アメリカでBSEに感染した牛が見つかったことで、日本はアメリカからの牛肉輸入を一時ストップ。日本でやっているような出荷前の全頭検査がアメリカで実施されない限り、日本人が安心して輸入牛を食べられるようにはならないだろう。

気になるのは牛丼が今後も食べられるのかどうかだったりして。ハンバーガーも危ないなぁ……。

08:03 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.24

【日記】クリスマス・イブ

午前中からBSニュースアカデミー用のクイズ作り。今週は年末進行で、2週分のクイズを作らなければならないのだ。丸1日かかるかと思ったけれど、何とか昼過ぎには終了して入稿。ちょうどその頃、AMAZONに注文していた本が、とりあえず2冊届く。大貫隆の「イエスという経験」(岩波書店)と、森孝一の「「ジョージ・ブッシュ」のアタマの中身-アメリカ「超保守派」の世界観」(講談社文庫)の2冊。これはどちらも、9・11後のアメリカの動向に対する反発や批判から生まれた本だという。まずは「ジョージ・ブッシュのアタマの中身」から読み始める。これは文庫なので持ち歩きが楽だし、文字が大きくて紙も厚いのであっという間に読んでしまえそうだ。

午後は3時半から東映『半落ち』の試写。あと一押し足りない感じがする映画だ。これじゃ泣けない。寺尾聰という配役が、そもそもミステリーとしては迫力不足なのかも。映画の後、たまたま銀座教会の前を通ったら、6時からはじまる「燭火礼拝」の呼び込みをやっていて、今日がクリスマス・イブだということを思い出した。もう1本試写を観る元気がないので教会の中へ。まぁこんなもんでしょう……。今年は日曜日のクリスマス礼拝に出られなかったので、献金袋にはお札を奮発しておきました。

留守電にテレビ番組の制作会社からメッセージが残っていた。来年4月から始まるテレビの企画が通り、その打ち合わせをかねて1度会いたいとのこと。放送は4月~9月の半年で12回。CSなので見られる人は限られると思うけれど、テレビ番組で顔出し出演はこれが初めて。(構成・監修・声の出演までなら経験あり。)実際にどうなるかは、来年になってから詳細を詰めていくことになると思う。

10:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ココログの自動巡回

埼玉住人: ココログ自動巡回試してみました

ココログを自動巡回するツールについての話題。「新佃島・映画ジャーナル」は更新頻度が早いので、WEBでいちいち内容をチェックするよりは自動巡回ツールを利用するほうが楽かもしれません。

08:36 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

演劇は宗教かセラピーか?

唐十郎、マルシアと大鶴義丹の仲直り舞台企画も

「演劇には人生の下降線を覆す力がある」唐十郎

唐十郎は覚醒剤事件を起こした三田佳子の次男を、自分の劇団に入れて更生させた実績がある。もしマルシアと大鶴義丹の共演が実現して離婚が回避されたら、唐十郎は演劇のマジカルなパワーを使ってありとあらゆる人生の問題を解決するスペシャリストとして社会的に認知され、彼のもとには大勢の人たちが詰めかけることだろう。

な~んとなく、戸塚ヨットスクールの戸塚宏を連想させる発言だったりもするけどね……。

12:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

クリスマスはいつまで?

いよいよクリスマスイブになり、明日はクリスマス。家庭でも小さなクリスマスツリーを飾っているところが多いと思いますが、これをいつ片付けるべきでしょうか? 日本では12月末から正月飾りの準備があるため、そそくさとツリーやリースを片付けてしまいますが、本当は来年の1月6日まで出していても大丈夫。というか、そこまで出しておくのが本式です。

キリスト教では12月25日からさかのぼる4週間前からクリスマスを祝うシーズンに入り、年が明けた1月6日まで行事が続きます。引用したサイトは日本基督教団のある教会のものですが、今年は11月30日からクリスマスの準備期間である待降節(Advent)に入っていることがわかります。1月1日はキリストの命名日で、1月6日は公現日。ここまでがキリスト教会におけるクリスマスの一連の行事です。

2003年度 教会暦・行事計画

教会歴については「キリスト教歳時記―知っておきたい教会の文化」という本が平凡社新書から発売されてます。著者は「知って役立つキリスト教大研究」の八木谷涼子さん。キリスト教を信仰する必要などさらさらありませんが、その文化について知っていると、海外の映画を観たり小説を読んだりする際に便利だと思います。

08:55 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

サンタはどこにいるか?

Welcome to NORAD Tracks Santa 2003

北米航空宇宙防衛司令部によるサンタクロース追跡サイト。日本語のコンテンツも用意されている。中にはサンタに関するいろいろな情報がどっさり。

08:39 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

さんま主演「さとうきび畑」芸術祭賞大賞

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - 日刊スポーツ

 文化庁は22日、2003年度の芸術祭賞を発表した。大賞には俳優の風間杜夫(54)や落語家の桂三枝(60)柳家三語樓(56)らを選んだ。テレビ部門ドラマの部では明石家さんま主演のTBS「さとうきび畑の唄」が大賞に輝いた。

テレビはノーチェックなのでこの番組も見ていませんが、かなり評判がよかったようですね。DVDは来年1月23日発売です。

「さとうきび畑の唄 完全版」

08:30 午前 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2003.12.23

【日記】久しぶりに銀塩カメラを使ったら

最近はデジカメを持ち歩くことが多い。軽くて小さいし、フィルムの残量を気にせずにじゃかすか写真が撮れるところが気に入っている。バッテリー切れで困ったことはほとんどない。使っているのはFUJIFILMのFinePix F410という機種で、最近では少し小振りのF420が発売されている。性能jは同じだと思う。F410を買ってからはそれまで使っていたコンパクトカメラをほとんど使わなくなったので、愛用のMINOX 35GTもオークションで売り払ってしまった。(だってMINOXよりF410の方が軽いんだもん!)手元に残したのはCONTAX T3Dのみ。これはとにかくレンズの描画性能がいいので、ここ一番という「とっておきの写真」を撮るために残してある。

そのCONTAXを今日久しぶりに使ってみたのだが、シャッターを押したときに手にかなりのショックがあるのに驚いた。シャッターを切るという作業は、銀塩カメラの場合は内部で実際に部品が動いてメカニカルな動作をしている。その動作はごくわずかなものだが、「カシャ」「パシャ」というシャッター音はこのメカの動作音に他ならない。デジカメをしばらく使っていてから銀塩に戻ると、このメカニカルなシャッターの動きが両手にかなりのインパクトとして伝わってくるのだ。デジカメの習慣で片手持ちでフラフラカメラを持っていると、このシャッターの動作ショックで手ぶれを起こしそう。逆に言うと、デジカメというのは手ぶれを起こしにくいのだろうなぁ。

CONTAXには36枚撮りのフィルムを入れて、今日は数カット撮っただけ。お正月休みに少し撮って、全部フィルムを使い切るのはいつのことやら……。こうして「撮った写真がすぐには現像できない」というのは、以前はまったく気にならなかったのだけれど、今はとても気になる。CONTAX T3に匹敵する、高級レンズの付いたデジカメを買った方がいいのかなぁ……。CONTAX TVS DIGITALというカメラが出てはいるけれど、僕は銀塩カメラでもTVSにはあまり食指が動かなかったからなぁ……。

11:18 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

【日記】クリスマス・ページェント

CSのクリスマス祝会でページェント。朝10時半からリハーサルがあり、12時少し前に終了。急いで近くで食事を済ませて(近くのウェンディーズ西銀座店)教会にとんぼ返りし、1時過ぎから本番。僕はリハーサル時点で写真を撮っていたので、この時はじっくり劇の進行を見ていた。リハーサルまでギクシャクしていた部分も、当日本番になると何とかなるものです。2時過ぎから会場を移してパーティ。盛況で会場から人があふれるほどだった。毎年出ているけれど、今年は特に人が多いように思う。3時半頃に解散。1階でハンドベルのコンサートを少しだけ見てから帰宅。途中で松屋ハナマサに立ち寄って築地へ。その後、歩いて佃まで。疲れた……。

09:51 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

「これは聖書の言葉です」って?

渋谷や銀座などの繁華街で、手に持ったポールの先端に付いているスピーカーから「これは聖書の言葉です」などとテープを流しながら、何をすることもなく突っ立っている人を見たことはないだろうか? 同じテープを延々流しながら、街を走っている車を目にすることもある。クリスマスを目前に控えた銀座を歩いていたら、このテープの音があちこちで聞こえてきました。これはいったい、どんな団体なんだろう? キリスト教団体らしいのはわかるのだが、いったいどんな宗派が、どんな目的でこうした活動をしているの?

いつか本人たちに「あなた達はいったい何者ですか?」と尋ねたいと思っていたところ、このスピーカー男(女の場合もある)の近くに、「ご自由にお取りください」と書かれた段ボール箱があり、その中に何種類かの小冊子が入っていることに気が付いた。野次馬の僕は、早速その中のひとつを手にとってみたのだが、そこには「聖書配布協力会」という名前が記されてあった。帰宅して早速これをインターネットで検索すると、以下のようなサイトが見つかった。この団体はスピーカーでのテープ放送以外に、あちこちに看板を取り付ける活動もしているらしい。

「聖書配布協力会」とは?

僕はこの団体を「聖書をネタにして繁華街の中で何やら恐ろしげなコトを言っている団体」と認識していたのですが、インターネットの中を見る限りでは「看板」の方が有名みたいです。上記サイトのリンク集をたどれば、もっといろいろなことがわかるかもしれません。

リンク集

いずれにせよ「地獄」や「さばき」を引き合いに出して「悔い改め」をやたらと強調するキリスト教系団体に、ろくなものはないというのが僕の印象ですけどね。銀座にはキリスト教書店の教文館だってあるわけで、聖書が読みたければ教文館で買えばいいのです。地方だってちょっとした書店なら、聖書の1冊や2冊は置いてるよ。

キリスト看板や聖書配布協力会についてはこのサイトも参考になります。

09:07 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

【日記】Amazonに本を注文

久しぶりにAMAZONで本をまとめ買いする。大貫隆の「イエスという経験」は、少し前に渋谷の本屋で見かけて気になっていた本。聖書フォーラム(FBIBLE)でもこれに触れていた投稿があったので、その時からショッピングカートの中に入れていた。「シネマで読む旧約聖書」「ブッシュの「神」と「神の国」アメリカ」は銀座の教文館で見かけてチェックしていた本。「ジョージ・ブッシュ」のアタマの中身―アメリカ「超保守派」の世界観」は、「ブッシュの「神」と~」を検索した際、ひっかかってきた関連本で、これだけはついで買い。

谷口ジローの「天の鷹」は、映画『ラスト・サムライ』を観たらどうしても読みたくなってしまったコミック。こちらは戊辰戦争で敗れた日本のサムライがアメリカに渡り、インディアンたちと一緒に騎兵隊と戦うのだ。これを映画化してくれるとすごいものができるような気がするけど、まぁ無理だろうね。

早く届きそうなものと時間のかかりそうなものを2つにわけて注文したので、早く届く分については今週中にも配達されてくると思う。残りは来年かな。まだ読んでいる本や手も付けていない本が部屋に山積みになっているのに、こうして少しずつ本が部屋の中に増えていくなぁ……。

09:37 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

宇宙人はいる?

地球型惑星は意外にありふれた存在かもしれない

地球外にも生命は誕生しているのかもしれない。ただし、UFOが宇宙人の乗り物だという話はまた別ものですので、念のため……。

08:15 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

名前ランキング2003

明治生命 名前ランキング2003

少し前に「"子"のつく名前の女の子は頭がいい」(金原克範)という本も話題になりましたが、読み方ベスト30の中にそれらしいものは18位の「リコ」のみ。

僕自身は、誰でも素直に読める名前が一番いいと思ってます。名刺を渡されて、「ところで名前はどう読むんですか?」といちいち聞くのは面倒くさいもんね。名前だけでは男なのか女なのかよくわからないのも、時として困るときがある。メールをもらっても、相手の性別がわからないと返事を出すとき困るときがあるのです。

08:03 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.22

【日記】今週公開の映画は1本

「Weeklyぴあ」を買ってきたら、今週末に公開の映画は『ミッション・クレオパトラ』のみ。メルマガは水曜発行なので来週火曜日までが守備範囲なのだが、そうすると30日に『サウンド・オブ・ミュージック』が公開されるので、今週発行のメルマガで取り上げる映画はこの2本だけになる。今回のメルマガは楽勝だ。困っているのがクイズで、これは年間総集編ということでなかなかの難物。しかも年末進行で来週分も水曜日中に作らなければならなくなってしまった。

仕事から逃避するようにココログでさらにもうひとつサイトを作った。メール受信用に複数の@nifty会員資格を持っているので、無料でいくつかココログを作れるのだ。とりあえず有償の会員IDがふたつ。シスオペの会員IDもまだ生きているのだが、これはいつ返上してもおかしくないので手つかずにしておく。

インターネットで調べてみると、ココログと同じようなBLOGサービスは他のプロバイダーなどでも少しずつ作られているようだ。来年はBLOGが大ブームになりそうな気がする。

11:53 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

『ロード・オブ・ザ・リング』大ヒット

Y!ニュース - ロード・オブ・ザ・リング

アメリカなどでは17日から公開が始まっている『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が記録的な大ヒット。日本公開は来年2月。それまでは公式サイトでもながめて、期待をふくらませているしかないようです。

08:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画瓦版読者への耳より情報

「映画瓦版」の読者に向けたPR情報専用のココログ「映画瓦版読者への耳より情報」を立ち上げました。旧掲示板はこちら

「映画瓦版」のトップページからのリンクは、このサイト同様来年1月からを考えています。その際はページのタイトルなども再考してみます。「映画ファンへの耳寄り情報」とでもしようかな。

06:54 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Y!ニュース - ウェブログ

Y!ニュース - ウェブログ

Yahoo!ニュースのウェブログ関連トピックス。やはり登録無料で利用できる、Doblogというサービスもあるようです。僕は@nifty会員なので、実質無料で利用できる「ココログ」をを使用しますが、他のプロバイダーから「ココログ」を利用するには250円かかるので、今からBLOGを使いたい人はとりあえず無料サービスを使うところから始めた方がいいと思います。

02:16 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

インフルエンザのワクチン不足

@nifty:NEWS@nifty:インフルエンザワクチン不足、厚労省が"融通指令"(読売新聞)

最近は毎年のようにワクチン不足が報道されている。それもこれも、ワクチン接種が任意なので、メーカー側は消費量の予測がまったくできないからだ。この際、小中学校などはインフルエンザ・ワクチンの集団接種を復活させた方がいいのではないだろうか。

もちろん副作用がどうしても心配だという保護者のために、子供のワクチン接種を免れる選択肢を用意しておくべきだとは思う。インフルエンザに感染するリスクと、ワクチン接種による副作用というリスクのどちらを選択するかは自由でいい。でも「副作用の心配があるから集団接種そのものを廃止」というのは、どうも間違いだったような気がするなぁ……。

12:46 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

@nifyt以外のBLOGツール

★銀河ブログ: ■日本のブログ元年

 エッジは12月19日、Weblog作成サービス「livedoor Blog」を正式スタート。同時に独自ドメインマッピング機能を備えた有料Blog作成サービス「livedoor Blog PRO」の提供を開始した。(中略)一方、サイバーエージェント は12月25日から無料 Weblog サービス「melma!blog」の試験運用を始める。

僕はmelma!でメールマガジン「本当に面白い映画はどれだ!今週の映画瓦版」を発行しているので、「melma!blog」というのは使えるみたい。実際の運用が始まったら試してみようか。でも僕は、そもそもmelma!を使ったメルマガ発行自体をやめて、まぐまぐに統一してしまいたいんだけどね。melma!のBBS機能などもまったく使っていないしなぁ……。

「livedoor Blog」へのリンクはこちら。ページ右上にある「Blogを作成する/ログイン」をクリックすれば、ID登録からBlogの作成まで行える。ここから有料のlivedoor Blog PROにアップグレードすることも可能。とりあえず無料版を使いまくった上で、機能に不満が出てきたら有料版に乗り換えるのがいいと思う。月額250円というのは@nifty「お手軽1コース」と同じ料金。今後はこれが、有料Blogサービスの標準的な料金設定になるのではないだろうか。→関連記事「@nifty会員ではない方へ」

japan.internet.comの記事によると、melma!blogは「はてなダイアリー」のカスタマイズ版だという。

11:12 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2003.12.21

【日記】ハンチングを買ってしまった

日曜午前中はいつもならCSに行くのだが、今日は都合があってお休み。クリスマス前だというのに、何をしているんだか……。クリスマス祝会は明後日の祭日に行われるので、そちらには参加する。

午後は図書館に借りていたCDを返却し、そのまま歩いて銀座まで出る。銀座はいつにも増してすごい人。三越の地下でジョアンのミニクロワッサンを買ったあと、三越と松屋の地下を見て回って、松屋屋上で買ったばかりのミニクロワッサンを食べる。久しぶりに食べたけど、これは美味しいなぁ。甘くてお菓子みたい。銀座1丁目のTimberlandで靴を見たのだが、今回は自分の足に合うものがなかったのでパス。有楽町のソフマップで携帯を見て、その後三越まで戻ってミニクロワッサンをさっきより少し多めに購入。

三越の紳士用品売り場で帽子を見ていたのだが、これといったものがなかったので松屋へ。そこでハンチングを購入して、さっそくかぶって帰宅。冬は帽子があるとないとで、防寒効果がまったく違うのだ。ハンチングは鳥打ち帽とも言うけれど、これはHunting capの直訳。ただし今ではほとんど死語になっている。

07:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック