2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 「冬のソナタ」ツアーの顛末 | トップページ | 記事の検索機能 »

2004.01.18

発芽玄米作りにチャレンジ!

玄米をボールに入れて水に浸して放置し、発芽玄米を作ろうとしている。ところがなかなか発芽してくれない。室温が低くて水温が上がらないのが原因だと思う。世の中には発芽玄米を作る専門の機械も売っているようだけれど(「発芽玄米機」で楽天などをサーチすると出てくる)、こっちは気まぐれに発芽玄米を作っているので、わざわざそんなものを買ない。それに暖かい春や夏になれば、室温のままで1日か2日で発芽するだろうしね。

そんなわけで気長に水浸しの玄米を見つめてもう3日ぐらいたったかなぁ……。いろいろ考えたあげく、やはり水温を少し上げてみることにした。食器洗い用に使っていた洗面器に熱帯魚用のヒーターと水を入れ、その中に玄米の入ったボールを浮かべておく。これでうまく行くかなぁ……。

11:50 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/112274

この記事へのトラックバック一覧です: 発芽玄米作りにチャレンジ!:

» 日記:仕事したくない病 [新佃島・映画ジャーナル から]
日曜日はいつもならCSに行くのだが、今日は連れて行く相手が「眠い」というので取りやめになった。これで普段の日曜日ならつぶれてしまう午前中の時間がたっぷり空いたわ... 続きを読む

受信 2004/01/19 10:07:43

コメント

玄米は浸水させないと発芽しませんぜ。
浸水させるためには、表皮に傷をつけなければならぬ。
ボールのなかに金ザルいれて、スリコギで当たると短時間で傷がつきます。

当たり鉢とスリコギでやるより、金ザルのほうが、水が自由に出入りするんで、良いみたいっす。

月島温泉の下のセイフー(2F)で、金ザルセットが500円ぐらいで売ってたとおもいます。

だけど発芽玄米って、基本的に美味しくないし、健康にどの程度いいかわからなかったなあ。

投稿者: ムチムチ (2004/01/19 0:26:04)

米はモミがついた状態で自然に発芽するものですから、当然玄米に傷など付けずともそのままで発芽しますよ。ただし傷を付けた方が水を吸いやすくなるのは確かでしょう。朝顔の種を発芽させるのに、表面にちょっと傷を付けるのと同じ理屈。

スリコギと金ザルで玄米に傷を付けるのは、普通の鍋で玄米を炊くには便利な方法だと思います。この方法を使って文化鍋で玄米を炊いたことがありますが、じつに美味しく炊きあがりました。もっとも僕は普段圧力鍋なので、いつもは金ザルなど使いませんけどね。

我が家の浸水玄米も、傷など付けていませんが無事に発芽しました。これがヒーターの効果なのかどうかは不明ですが、水温が低いと吸水に時間がかかるのは確かです。(これは白米も同じ。)次は最初からヒーターを使って、発芽にどのくらいの時間がかかるか実験してみます。

投稿者: 服部弘一郎 (2004/01/19 7:53:02)

コメントを書く