2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 東京は39.5度! | トップページ | 夏の必須アイテム »

2004.07.21

暑さと気温は関係なし

Photo Diary

 今日は午前中からかなり風があり、部屋の窓を開けていると机の上の紙切れがあちこちに散らばって困るくらいだった。今日の東京は朝の最低気温が観測史上初めて30度を超えたと言っていたが、本当にそんなに暑いのか? クーラーなどは一切使っていなくても、あまり暑さを実感できない。本当なら部屋をもっときれいに片付けて、窓を全開にして風を存分に部屋に入れたいところだが、仕事柄、紙切れとは縁が切れないのが残念。

 午前中に映画の感想を書いてしまい、午後は試写へ。まずは映画美学校で『クルテクとズデネック・ミレルの世界』。短編アニメを何本か上映したのだが、半分ぐらいは寝てしまった。2本目は六本木のGAGAで『日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜』を2本観る。これはまずまず面白かった。でも日野日出志を知らない人が観ても面白いかどうかは不明。ちなみに、日野日出志には公式サイトが存在する!

 六本木で食事を済ませ、本当はもう1本試写を観るつもりでいたのだが、試写状を確認したら事前に申し込まねばならないようなことが書いてあったのでパスすることにした。ちょっと離れた場所だし、面倒くさいというのが先に立つ。帰りに映画を1本観ることも考えたのだが、自宅に戻れば観ていないDVDもあることだし、まずはそちらから片付けようかという気持ちに傾く。

 スケジュールを確認すると明日は『アラモ』の試写があるので、予習のためにジョン・ウェインの『アラモ』で観ておこうかと有楽町のビックカメラへ。ところがところが、もう『アラモ』のDVDって店に置いてないんですね。ソフマップに行っても同じ。店頭のパソコンでAMAZONを検索すれば一応取り扱いはあるようだけど、それでも出荷まで数週間かかるらしい。普段AMAZONを使っていると気づかないけど、DVDソフトは「本」というより「雑誌」に近いんだなと実感する。

 テレビの映画紹介番組では平気で旧作DVDなども紹介していたわけだけれど、これは視聴者にとって必ずしも有益な情報になっていないのかもしれない。視聴者がネットでDVDを購入するとは限らない。テレビで作品を知って近くのDVDショップに行っても、そこでは店頭在庫がないんじゃ意味がないのかも。

 現在ショップで一番スペースを取っているのは、各メーカーが出している廉価版キャンペーンの棚。これも旧作がかなり含まれているから、今後もし映画紹介番組やDVD紹介をするなら、こうした廉価版の棚を考慮して企画した方がいいのかな……。

 それにしてもJUGEMはひどい。今度はページそのものがまったく表示されなくなってしまった。復旧はいつになるのだろう。やれやれ困ったものだよ。僕の読書日誌はこれで当分更新が止まったままになりそう。いっそのこと他のサイトに引っ越そうか。でも今年分、数十冊分のデータをまた入力し直すのはひどく面倒だ。イライラしながらも、JUGEMの復旧を待つしかないのかなぁ~。

アラモ

発売日 2003/06/19
売り上げランキング 2,960


Amazonで詳しく見るB00009QI11

09:45 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/1020772

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さと気温は関係なし:

コメント

コメントを書く