2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年3月21日 - 2004年3月27日 | トップページ | 2004年4月4日 - 2004年4月10日 »

2004.04.03

佃公園は花見客だらけ

佃公園の桜

 朝起きたら完全な二日酔い。ただし気分が悪いとか頭が痛いという以前に、昨夜の酔いが薄まった状態で、そのまま残っているという感じだ。5時頃目が覚めてトイレに立った時は、まだ足もとがふらついていたし、口の中にもまだ何となく昨夜飲んでいたレモンサワーの味が残っているような……。その後は二度寝をして、起きたのは8時過ぎ。でもやっぱり、半分酔っぱらったように頭がぼんやりしている。

 叔母から電話があって昼頃東京に出てくるとのこと。1時過ぎに八丁堀で落ち合って近くのそば屋で昼食をとり、野菜類を貰って帰ってくる。自転車のスポークが折れているので、往復はすべて歩き。天気がよくて桜は満開。あちこちの公演で、木の下に陣取ってお弁当を食べる人々の姿。佃公園はそんな花見客と散歩の人でギッシリ。この公園は以前なら近所の住人ばかりが花見をしていたようだが、この日の感じでは、最近は遠くからもわざわざ出かけてくる人たちがいる様子。大河端リバーシティや佃公園ができて10数年たち、ようやく桜の名所として定着してきたということかな。でも近所同士で誘い合って、ささやかな花見の宴を楽しんできた人たちにとっては少し迷惑な話なのかも。

cover 貰ってきた野菜を使ってお好み焼きなどを作る。インターネットでCanonのデジカメ、PowerShot S1 ISを注文する。動画も撮れるデジカメだが、とりあえず写真取材中心に使うだけだと思うので、コンパクトフラッシュは128Mのものを一緒に注文した。10倍ズームで手ぶれ補正機能付き、値段もそこそこ。320万画素というのは最近の「高画質」という基準には遠いかもしれないが、通常のL判プリントやインターネットでの画像仕様ならまったく問題なし。到着は来週になるのかな。

11:28 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2004.04.02

月島の魚仁で痛飲

 午前中はごろごろ寝て過ごす。午後は新宿のビックカメラでデジカメを見て回ったあと、五反田のイマジカへ。デジカメは現在持っている光学3倍ズーム機の他に、光学10倍程度の高倍率機を買おうと思っているのだ。映画関連の記者会見や舞台挨拶を取材して、映画瓦版で公開していこうかなぁ……という思惑から。映画は誰でも観られるけど、記者会見などはプレス関係者しか招待されないわけで、せっかく案内を貰うなら今後はそうしたものを取材していこうと思っている。で、候補になっているのがPanasonicのFZ10と、CanonのPowerShot S1 IS。どちらも手ぶれ補正が付いている。FZ10はばかでかいので、普段から持って歩くならS1 ISがいいのかなぁとも思う。液晶モニターがバリアングルになっているのも、撮影条件によっては便利なのかも。

 イマジカで観た映画は三枝健起監督の新作『ジェニファ/涙石の恋』。以前の『MISTY』や『あさきゆめみし』よりはマシなのかなぁ……とも思うけれど、やっぱりよくわかんないよ。話がまるでチンプンカンプン。

 月島の駅で「ムービーストア on MONDO21」の担当プロデューサーKさんと落ち合う。いつもはもんじゃ屋に行くことが多いのだが、この日は清澄通り沿いの居酒屋・魚仁へ。今後の仕事の話などをしながら飲む。Kさんがやたらと僕のことを温泉に誘うのが、ちょっと気になったりする。女の子も付いてくるならOKだけど、男ふたりで温泉旅はちょっと抵抗があるなぁ、などと話す。煮込み、ねぎま串焼き、鮪ほっぺ焼き、鮪ぶつ大盛り、竹の子煮、煮穴子、あら汁などを注文。生ビールを2,3倍に、レモンサワーを4,5杯も飲んだだろうか。店を出た時はもうかなりへろへろ状態で千鳥足。Kさんとは昨年末ももんじゃ屋でへろへろになるまで飲んだのだった……。

 アルコール漬けの身体を引きずるように部屋に戻り、メールのチェック等を済ませる。新規の仕事の依頼が1件来ていた。

11:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ムービーストア公式サイト

 いよいよ今日から放送される「ムービーストア on MONDO21」の公式サイトができました。内容はこれからますます充実させていきますので、よろしく!

ムービーストア on MONDO21

01:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.01

深大寺の桜は満開

神代植物公園の桜

 朝からいい天気。隅田川沿いの桜も満開。午後は試写の予定が入っていたのだが、これは別日に回して急遽お花見に行くことにする。京王線で調布まで出て、バスで神代植物公園へ。平日にもかかわらずかなりの人。4時ごろまで園内をぶらぶらして、深大寺に出る。みやげ物店などを見て回った後、名物の深大寺そばを食べて帰ってくる。大満足。

11:38 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.03.31

迷惑メールの大増殖

 @niftyのスパムメールブロックと迷惑メールフォルダーを使って、送られているゴミメールの9割以上を除去することに成功していたのだが、ここ何日か、迷惑メールフォルダーの学習型フィルターを通過するゴミメールがやたらと多くなっている。メールボックスをチェックすると、届いているメールの7~9割がゴミクズ。これをいちいち手でより分けて迷惑メールだと学習させるのだが、あまり効果がないように思う。ある程度は、スパムメールブロックの条件付けではじいた方がいいのかなぁ……。差出人が「Mail Delivery Subsystem」になっているものや、「POSTMASTER@~」というものを排除するだけで、だいぶ違うかもしれない。

 昨夜の大雨が嘘のようにいい天気。桜は満開。昼前に部屋を出て晴海のトリトンスクエアへ。そこから歩いて築地に出て、「とゝや」で昼食。さらに銀座まで出てWAKOの喫茶室でアイスコーヒーを飲んで時間を過ごす。3時半からヘラルドで篠原哲雄監督の『深呼吸の必要』を観る。かったるい甘ちゃん映画だと思ったが、ロケ撮影した沖縄の風景がこの映画を救っていると思う。タイトルは長田弘の同名詩集から取っているが、中身は長田弘と何の関係もない。

 6時から松竹で韓国映画『花嫁はギャングスター』。『猟奇的な彼女』に登場する凶暴な美女をさらに極端にすれば、ヤクザの組長になった美女が出来上がるということだろうか。この邦題、『キル・ビル vol.2』のポスターに付けても違和感がない。

06:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.03.30

アフィリエイトは儲かるか

 映画瓦版やその下位コンテンツとなっているココログではAMAZONのアソシエイト・プログラムと、Google AdSenseを主たるアフィリエイト広告として利用している。他にも楽天アフィリエイトとか、初期から利用しているValueClickがあるけど、ここからの収入は今や微々たるもの。楽天はAMAZONで購入できないものや、AMAZONより明らかに値段の安い商品を購入する手がかりとしてバーナーを設定しているだけだし、ValueClickも映画評ページに張りまくってあるバナーをはがすのが面倒なので続けているだけだ。ValueClickなんて、一時は月に3万円ぐらい稼いでいたのに、今は月の広告料が数千円にまで落ちた。はがしたバナーはないのだから、要するにクリック数が減っているということ。その凋落ぶりはすさまじいものがある。

 AdSenseは2月に導入したのだが、今月から導入されたチャネルを使ってクリックされる場所を調べたところ、映画瓦版のトップページからのクリックが9割以上を占めている。個別の映画評ページやココログからは、ほとんどクリックされていない。映画評ページの広告については、設置場所を再検討する余地がありそうだ。

 AMAZONは四半期ごとの決算だが、映画瓦版では決算ごとに300万円ほどの売上を立てている。商品紹介料として入ってくるのは十数万円。ただしこれもバラツキがあって、前四半期の売上と現四半期を比べると、売上が50万円も違う。これで紹介料に2~3万の違いが出る。どうもAMAZONからの紹介料も、少しずつ減っているような気がする。もっともこれは、ボーナスプログラムの計算方法が、四半期ごとに変更になっていることにもよる。ボーナスプログラムに参加できる敷居を下げるかわりに、ある程度売上を立てている参加者への支払を落としているような気が……。まぁAMAZONとしては収益をどう分配するかという企業経営の問題だし、ボーナスプログラムという動機付けによってアソシエイト・プログラムへの参加者を増やしたいのだという思惑はわかる。

 結局のところ、アフィリエイト広告というのは1クリックあたりの単価や商品売り上げの何パーセントを契約者に支払うかという基準を、広告配信側が自由に決めているのだから、広告設置直後に大きな収入が得られたとしても、それが長く続くとは思わない方がいいように思う。それに広告は長く設置していると読者に飽きられて、クリック率はどんどん下がっていく。ValueClickの広告を、いまやクリックする人はほとんどいない。AdSenseも当初はかなりのクリック数があったが、今はその数分の1にまでクリック率が落ちている。物珍しさで広告をクリックしてくれる期間など、たかが知れているのだ。

 なんだかんだ言って広告としての効果がさほど落ちずに継続しているのは、AMAZONの商品リンクかもしれない。広告を設置する側が商品を自ら検索し、商品ひとつひとつにコメントをつけて登録するのがアフィリエイトの本道らしい。一度設置すればあとはメンテナンスフリーになるAdSenseは確かに楽だけど、それだけではいずれ広告としての効果を失ってしまう。炭酸飲料みたいなもので、美味しいのは最初だけなのだ。放っておけばただの色つき砂糖水になる。

 僕自身が得ているアフィリエイト収入は、月平均にすると5万円前後だろうか。世の中には月に数十万円を稼ぎ出す人もいるようだけれど、僕自身は今の状態だとこれが上限ギリギリぐらいかもしれない。気になっているものにAMAZONのWEBサービスがあるけれど、日本語のマニュアルもプログラミングの知識もないのでまったく手が出せない。AMAZONできちんと翻訳したガイドブックを作って、アソシエイト・プログラム参加者に販売すればいいのに……。

 以下、日記。天気が悪くて昼頃から小雨がパラパラ。図書館に行って予約していた「誰がイエスを殺したのか―反ユダヤ主義の起源とイエスの死」「十字架につけられたキリスト―福音書の受難物語」を借りてくる。ついでに石田一の「モンスター・ムービー」という本を借りた。ガイドブックとしては特別な新鮮味を感じないオーソドックスな作りなのだが、記事の中にちりばめられている著者の個人的な見解に映画批評としての冴えを感じるのだ。

 例えば『エイリアン』(79年)は女性賛美のフェミニズム映画ではなかったが、2作目から「女性の強さ」を前面に出すようになる。でもジェームズ・キャメロンが『エイリアン2』で描いたリプリーの強さは、本当のところ「女性」の強さではなく「母親」の強さであり、それは『ターミネーター』や『ターミネーター2』とも共通しているという分析。ここだけ図書館のイスでぱらぱら拾い読みして、僕はこの本を借りることを決意した。

10:29 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.03.29

いよいよ4/2から放送スタート!

番組タイトル

 月曜日はいつも仕事の日なので、今日も仕事。隔週連載の映画コラムや月刊誌の締切、数種のメルマガ、テレビ用の原稿など、いくつもの締切がここ数日に集中している。結構大変。そのテレビ番組「ムービーストア on MONDO21」はいよいよ今週金曜日が第1回目の放送日になる。番組のホームページも近々オープンするはず。

 天気がいいので本当は花見にでも行きたい気分だが、まずは仕事仕事……。一応買い物には出たのだけれど、荷物が重くて近くの公園まで立ち寄る余裕がなかった。帰宅してカレーを作る。今回は牛すね肉を使ってみたけど、結論から言うとこれは牛すじには及ばないのではないだろうか。一応肉のかたまりが原型で残るので、ビーフカレーとしての体裁は整うんだけれどね。例によって1食分だけ食べて、残りは冷凍。

 とりあえず読む本がないこともあり、以前読みかけたまま放り出していたA・E・マクグラスの「キリスト教神学入門」に再チャレンジし始める。これは分厚くて重い(1キロ以上ある)ことがネックになって、外出時に持ち歩けない(持ち歩きたくない)のが欠点。家でコツコツ読み進めるしかないだろうけど、ベッドで読んでいても手が痛くなるんだよなぁ……。

11:40 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.03.28

松井の特大ホームランに興奮

 日曜日にCSに行くというのが僕にとってひとつの生活リズムになっているので、それが急になくなるとなんだか日曜日は腑抜け状態。ぼんやりとインターネットを見て回ったりして日を過ごす。メールの返事を出したり、ぼちぼち映画の感想を書いたりもしているんだけど、あまりはかどりはしない。ダメだなぁ。

 午後は借りていた本を返すため図書館へ。途中で図書館の利用カードを持っていないことに気づいたのだが、本を返すだけなら利用カードは不要。そのままカウンターで本を返した後、本棚をうろうろする。キリスト教関連の棚でクロッサンの「誰がイエスを殺したのか―反ユダヤ主義の起源とイエスの死」を発見。あ、こんなことなら、ちゃんと利用カードを持ってくるのだった……。帰宅してからこの本と、レイモンド・E・ブラウンの「十字架につけられたキリスト―福音書の受難物語」をインターネットで図書館に予約しておく。

 インターネットで検索していて気づいたことだけれど、月島の図書館にはなぜか聖書学の本が充実している。上記2冊も所蔵は月島図書館だ。他にもバートン・L・マックの「失われた福音書―Q資料と新しいイエス像」(現在版元品切)と「誰が新約聖書を書いたのか」が収蔵されている。(「キリスト教という神話―起源・論理・遺産」は未収蔵。)この2冊は「誰がイエスを殺したのか」の次ぐらいに読もうと思う。しばらくはこの手の読書を続けるつもり。

 テレビでジャイアンツとヤンキースの試合を観ていたら、2回表にいきなり松井の特大ホームランが飛び出して興奮。その後NHKの「新選組!」にチャンネルを切り替えたのだが、こちらも面白くなってきている。

10:07 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック