2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年5月30日 - 2004年6月5日 | トップページ | 2004年6月13日 - 2004年6月19日 »

2004.06.12

池袋まで行ったのに

Photo Diary

 作り始めた読書日誌のブログを仕上げてしまう。ココログのマイリストから読んだ本のタイトルとコメントを抜き出し、JUGEMに手動で貼り付けていく作業を30回ほど繰り返す。さらにデザインをちょこちょこいじくり回し、お決まりの広告を貼り付け、これで無事完成。これに合わせてココログ側のリンクを変更したり、まぁいろいろとメンテナンスに時間をかける。あとは映画の感想を書いたり、仕事のための原稿を入稿したりして夕方まで過ごす。

 5時半頃部屋を出て、6時に御茶ノ水で友人と落ち合い池袋へ。サンシャインシティのプラネタリウム、スターライトドーム・満天で、毎晩7時から上映されるヒーリングプログラム『「night rainbow祝福の虹」高砂淳二写真集より~ハワイの夜の虹は見る者を祝福する~』を観に行ったのだが、最終日ということもあってか満席で入場できなかった。あ~、せっかく何ヶ月ぶりかで池袋まで出てきたのに……。

 このプログラムは音楽プロデューサーのOさんに紹介してもらったもの。プラネタリウムに上がるエレベーターに「満席で入場できません」という張り紙を見て、目の前でものすごく大勢の人がUターンしていたから、これは相当に人気のあるプログラムだったのではないだろうか。AMAZONでこの上映のもとになった「night rainbow 祝福の虹」という写真集を探したら、読者の評価もすごく高いようだ。(だからこそ、こうした上映会に結びついたのだろうけれど。高砂淳二さんの公式サイトで、夜の虹の写真もちょっと見ることができる。)いずれアンコール上映があれば、その時はまた観に来てみようと思う。

 そのまま帰ってもしかたないので、サンシャインシティ内のアジオで食事。その後さらに、西口のラーメン屋・麺えるびすで締めのラーメンを食べて帰宅。ラーメン屋は付き合いで立ち寄ったのだが、最近の僕にしてはちょっと食べ過ぎ。帰宅してアルカセルツァーを飲んで寝る。


night rainbow 祝福の虹 高砂 淳二

おすすめ平均
夜にも虹がかかるという、ロマンチックな写真集
地球って美しい
心がおちつく一冊

Amazonで詳しく見る4093941254

11:17 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.06.11

読書日誌を作る

Photo Diary

 雨降り。ようやく梅雨らしい天気とも言えるかも。午前中は保健所に成人病検診の結果を取りに行く予定だったのだが、部屋を出るのが遅れて受付に間に合いそうもないので、電話をして結果だけ郵送してもらうことにした。ぽっかり時間が空いてしまったので、その間はぼんやりと過ごす。こういう時、僕ははっきり言って完全にほうけている。何をしていたのかまったく覚えていない。

 午後は映画2本。3時半から映画美学校で『穴』(配給:ケイエスエス)という邦画オムニバス。4本立てなんだけれど、普通こういう映画だと、そのうちせめて1本か2本は面白いもの。でもこの映画、4本ともそれほど面白くない。積極的につまらない映画もある。困ったなぁ。アイデアは悪くない話もあるんだけど、どうも安っぽい。4本で1時間半教だから、1本20数分。まぁ30分もののテレビドラマ1本とさして変わらぬ長さ。それでこの安さは何。低予算で安っぽいだけじゃない。話のアイデアなども安易なものが多いような……。

 夕方から試写の予定がなかったので、食事を取って夜は『ビッグ・フィッシュ』を観ることにした。日比谷スカラ座1は昨日『シュレック2』の試写があったので、2日続けての訪問。入口で切符を切らなかったんだけど、いいのかよ、これで。

 帰宅してから、放り出していたJUGEMのアカウントを使って「映画瓦版の読書日誌」というブログを作り始める。JUGEMはAMAZONのアソシエイト・プログラムをサポートしていて、商品写真なども自動的に取り込んでくれる仕組みが既に作ってある。(しばらく管理画面を見ていなかったので知りませんでした。)これは読書日誌を作るにはとてもいいシステムだと思った。

 テンプレートをダウンロードしてから、あちこちソースをいじってみる。何となく使えそうなものができたので、あとは今年読んだ本のデータを、せっせと移植することだな……。これは手作業なので時間がかかりそう。

 書店でXOOPSの入門書を見つけてパラパラ。作例がいろいろ載っていて参考になりそう。でも映画瓦版でXOOPSを使って何をする? メルマガは停滞期だという記事を見て、そういえば映画瓦版のメルマガも一瞬1万部を突破した後はずるずると部数を減らしていて、今後は飛躍的に読者が伸びることなどなさそうだなぁと思う。ならばメルマガをやめて掲示板形式にした方がいいのだろうか。XOOPSで掲示板を作るとなると、現在のメーリングリストと競合しそうだし……。なまじ上手く機能している既存サービスがあるだけに、新しいサービスに手を出しかねている状態。でもメーリングリストもさほど将来的な展望があるサービスとは思えず、映画ファンのコミュニティを作るということではXOOPSのような掲示板形式の方がいいのかなぁ……。

 書店では他にも田川建三の「イエスという男」の改訂新版を見つけたのだが、これはまだAMAZONのカタログに掲載されていないようだ。


XOOPS入門
―― ひとが集まるWebをつくる。

坂井 恵 , 天野 龍司


Amazonで詳しく見る4798106186

11:14 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.06.10

久しぶりの試写

Photo Diary

 午前中に映画の感想を仕上げてしまい、午後はまず図書館に借りている本の返却。最新号のアエラを探したのだが誰かが借りているようなので見あたらず。銀座に出てシティバンクにGoogle小切手の入金手続き。今日手続きして、実際の入金は来月12日になるそうだ。まぁ急がないから構わないんだけどね。ドル小切手の入金はこれが3度目。すっかり慣れて、スムーズに手続きができるようになってしまった。最初は緊張したからなぁ。

 本屋でアエラの最新号を立ち読み。『コンクリート』の上映中止運動について1ページの記事。僕のコメントも最後にほんの少し紹介されていた。わざわざ午前中一杯つぶして、メールで意見を書いて送ったんだけど、記事になったのは3行。まぁこんなもんか。記事はアップリンクでの上映が決まったことを受けてのものになっているので、「一度上映の決まった映画がネットの反対で上映中止に追い込まれた」というストーリーにならず、なんだか腰砕けで中途半端な印象。ひょっとしたらもともとは、もう少しページを取っていろんな意見を掘り下げるつもりだったのかもしれないけどね。

 ところでこういう場合、取材協力のお礼とかは出ないんですかねぇ。会社によっては数千円ぐらい振り込んでくるところもあるんだけど、朝日はどうなんだろう。そもそも掲載誌を送ってくる気配もないんですけど~。

 松竹に移動して髙山由紀子監督の『娘道成寺/蛇炎の恋』を観る。最初から最後まで退屈な映画だったけど、この退屈さは監督が狙っているんだろうな。デビュー作の『風のかたみ』も同じように退屈な映画だったし。でもこの退屈さは観ていてつらい。

 食事をしてからビックカメラで電子辞書をいくつか触ってみる。広辞苑と明鏡のダブル国語辞典で日本語に力を入れたSIIも気になるのだが、全辞書検索ができる点でやっぱりシャープかな。角川類語辞典収録のPW-A8100が気になるところ。でも今使っているPW-M310に比べると、でかくて重いです。収録辞書数が違うし、液晶画面が大きいのだから文句を言っても仕方ないのかもしれないけど。

 夜は日比谷スカラ座で『シュレック2』の完成披露試写。プロデューサーのジェフリー・カッツェンバーグ、声優を務めたアントニオ・バンデラス、同じ役を日本版で担当した竹中直人の舞台挨拶あり。司会はやはり声優として日本版に参加したジョン・カビラ。しかしこのそうそうたる顔ぶれを前に、列のど真ん中という好位置をキープして一番目立っていたのは、バンデラスの通訳を務めた戸田奈津子さんだった。(字幕は戸田さんじゃないんだけどね。)映画は面白かったが、途中から喉が渇いてしょうがなかった。

 帰りに生ビールを1杯という方面にも心をひかれつつ、そのまま地下鉄で帰宅。月島のスーパーで台所用のスポンジを購入。部屋に戻って冷蔵庫の水をがぶ飲み。ああ、浄水器を買ってよかった……と、つくづく思った瞬間だった。浄水器の本体とタンクを洗って水を再充填。


SHARP PW-A8100 電子辞書

おすすめ平均
これを待っていた!

Amazonで詳しく見るB0001HOWUG

11:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.06.09

電車男を読む

Photo Diary

 朝はいつもよりゆっくり起きる。ベッドから出たのは9時頃か。早い時だと7時前に朝食を取ってしまう僕にしては、きわめて異例の朝寝坊。昨日までは体調が回復傾向にあったのだが、今朝は起きた途端にのどが痛かった。ちょっとぶり返したのかもしれない。

 昼過ぎまで書けてテレビ用の原稿を書いて入稿。これで仕事の原稿書きは一段落。ようやく映画の感想を書ける身になった。図書館から予約していたCDが届いたとの連絡があったので、借りていたCDを返却がてら図書館へ。予約していたのはバーンスタインが指揮してカナワとカレーラスが歌った「ウェスト・サイド・ストーリー」。でもジャズの棚を見ていたら、ウディ・アレンの「ワイルドマン・ブルース」があったので、これも借りてくる。同名ドキュメンタリー映画のサントラ盤ではなく、別録音で収録曲もだいぶ違っているそうだ。

 映画の感想を1本書いて一段落したところで、あちこちのブログで話題になっていた「電車男」のログを読み始める。これに一気にはまった。これはすごい。見ず知らずの男女が電車の中で偶然出会い、おずおずと恋愛への扉を開けていく様子が、リアルタイムで逐一記録されている。出会いから始まる期待と不安。最初の一歩を踏み出すまでの恐怖感。勇気のない自分に対する自己嫌悪。相手にうまく自分の気持ちを伝えられないもどかしさ。相手の言動に自分への好意を確信しつつも、「自分の勘違いかも」と次の一手を出しそびれる恋するものの臆病さ。こうした電車男の書き込みに、いちいち反応して声援を送り続ける2チャンネラー。そして最後はハッピーエンド。読みながらニヤニヤし、ハラハラドキドキし、最後は感動で涙ぐんでしまいました。

 これは映画やドラマにできる素材かもしれない。韓国では似たような経緯で『猟奇的な彼女』という映画も作られている。その日本版というわけでもないけれど、誰か『トレインマン』という映画を作らないかね。でも文字で進行していく恋愛の経緯を、劇映画にするのは難しいかも。演劇にはすぐできそうだけどね。演劇の方が抽象的な表現ができるから、2チャンネルの掲示板を舞台の上で再現することはできそうだ。でも映画は具体的な表現が求められるから、文字をそのまま映像に移し替えるのは難しいだろう。(我こそはと思う人はチャレンジしてみてください。)

 図書館で本を借りては読む機会が多いのだが、じつは家の中には読みかけで、あるいは読むきっかけすらつかめないまま放り出してある本がたくさんあるのだ。G-Toolsのコレクション機能を使って、それらの本を「ただいま積ん読中」というリストにしてみた。(これはURLにAMAZONのAISNを埋め込み、その都度ページを生成しているらしい。そのためアイテムを入れ替えると、その都度リンク先を変更しなければならないのは少し面倒。しかもURLがやたら長くなる。とりあえずタイニーURLを使って短縮したけど、いつもこれを使うわけにもいかないので、今後は何か方法を考えなくては……。)読みかけの本は現在22冊。これはもう図書館で本を借りるの禁止だ。まずはこれを片づけるのが先決。

■追記:積ん読を部屋の片隅でさらに発見。実際は30冊以上あって、G-Toolsのコレクション機能で用意されている範囲を超えている。古書店で購入して放り出している本も何冊かあるし、全部含めると40以上はある模様。これはやはり一覧表を作って、1冊ずつ読破していくしかないな……。(6/10)


ワイルド・マン・ブルース ウディ・アレン


おすすめ平均
珠玉のジャズブルーズ
ウディのもう一つの顔

Amazonで詳しく見るB00000JAF7

11:10 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.06.08

浄水器がようやく到着

Photo Diary

 午前中にAMAZONからの荷物が届く。早速封を開けてクリンスイで水を作り始める。ペットボトルの水がまだ半分ぐらい残っているので、クリンスイが本領を発揮するのは明後日頃からかもしれない。雨は降っていないので洗濯を済ませる。図書館に借りていたCDを返却し、かわりに予約していた本とCD、それに棚から見つくろったCDを何枚か借りてくる。

 メルマガの編集をして配信手続き。業務用のメルマガを1本作って入稿。映画の感想がまったく手つかずのままだが、その前にテレビ用の原稿をやりたいのでそちらから先に手を付ける。貧乏暇なし。とりあえずお金になる仕事から先に手を付けなければ。

 医者に処方してもらった薬のおかげか、身体はだいぶ楽になった。昨日も咳を気にせずぐっすり眠れたような気がする。まだ少し咳が出るので、薬は数日の間飲み続けねばなるまい。

 図書館で次々本を借りているのだが、なかなか読む暇がない。CDはパソコンにデータとして吸い上げてしまえばそれで済むけれど、本はそういうわけにもいかないし。でもまだまだ読みたい本がたくさんある。仕事が忙しいほど、本を読みたいとか、映画が観たいとか(試写ではない)、あれこれ考えるんだよなぁ……。


MITSUBISHI RAYON 浄水器 ピッチャー型 02クリンスイ CSP4-BL

おすすめ平均
この価格で、おいしい珈琲やお茶がいただけそうですね。
簡単に美味しい水ができる。

Amazonで詳しく見るB0000DIJCV

08:54 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2004.06.07

医者に行く

Photo Diary

 昨夜はひどく寝苦しかった。寝ようとするとセキが出て目が覚めてしまい、しまいには頭痛までしてきてしまった。ベッドに入った後、眠れないまま何度も寝返りをうつ。どうしようもないので一度起きて、タイレノールを1錠飲み、氷枕を作って寝る。寝苦しい時は氷枕が一番。夜はなるべくクーラーをかけずに寝る僕にとって、氷枕は夏の必需品。おかげで朝までぐっすり。朝は強い雨。

 午前中にメルマガに少し手を付けたりして、ちょっと作業。インターネットで注文していたタイレノールとアルカセルツァーが届く。タイレノールは頭痛止め。アルカセルツァーは二日酔いの薬として購入。アスピリン愛用者だったはずが、アセトアミノフェン(タイレノール)に鞍替え。もっとも現在薬箱に入っているバファリンを飲みきったら、次はアスピリンをまとめ買いするつもり。アルカセルツァーが調子よければ、そちらに切り替えてしまってもいいけど……。

 風邪はもはやそうした対症療法で何とかなるレベルでもなさそうなので、昼前に近くの内科医院に行く。雨は上がっていた。症状はずいぶん治まっているのだが、セキがどうしても止まらない。医者の診察を受けてセキ止めの薬を処方してもらう。とりあえず5日分。これだけあれば、何とかなるだろう。帰宅途中でまた雨がパラパラ。

 外出ついでに買い物を済ませて帰宅。食事をして薬を飲む。少し眠ろうとも思ったのだが、以前宮澤賢治コンサートでご一緒したプロデューサーのOさんから電話。近くで打ち合わせをしたいとのことなので、月島駅で合流して聖路加病院のレストランで新しい企画についてのアイデア出しなど。これは実現すると面白いものになるかも。部屋を出る時は土砂降りの雨だったが、打ち合わせをしているうちに晴れてしまった。変な天気。Oさんに車で新川まで送ってもらい、親戚の家に立ち寄る。世間話をして7時半頃帰宅。なんだかせわしない1日だった。仕事はほとんど手を付けていない。

11:18 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.06.06

ようやく雨

Photo Diary

 朝起きたら雨。体調は悪いがCSのため外出。松屋銀座で牛すじ買って、帰宅は昼過ぎ。スーパーで買い物して、昼食はニラ玉とお味噌汁。その後、牛すじカレーを作り始める。下ごしらえを終えてから夕方まで寝る。セキが出るのであまりよく寝られない。

 夕食は作ったばかりのカレー。タマネギが新タマネギだったからか、少し水っぽいような気も……。明日になればもう少し味が馴染むかな。友人のためにブリタの浄水器を購入。

 風邪が長引いている。これはやはり医者に行った方がいいかなぁ……。

10:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック