2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年7月18日 - 2004年7月24日 | トップページ | 2004年8月1日 - 2004年8月7日 »

2004.07.31

隅田川花火大会

Photo Diary

 午前中の早い時間に映画の感想をすべてサイトに掲載。その後散髪に行って髪を短く切り、その足で西仲に出かけて新しい下駄を買う。履物屋のおじさんは「その下駄ならまだ当分履けますよ」と言っていたので、ならまだ新しいものを買う必要もなかったのかなぁ、などと思ってしまった。

 午後は錦糸町に出て部屋探さし。まずは楽天地で簡単に食事を済ませ、その後不動産屋でいろいろと物件を紹介してもらう。最初に不動産屋で紹介してくれたものはだいぶ手狭だったので、予算をアップして広い部屋を探してもうらうことにした。普通に寝泊まりするだけなら大丈夫でも、僕は部屋で仕事をしているので、その分部屋がひとつ余計に必要なのだ。

 最初は駅の北側でと思ったのだが、結局は駅の南側、両国高校近くで何件か見て回り、その内のひとつに決めた。駅から4~5分の距離で、部屋は今よりだいぶ広くなる。とりあえず申し込みだけしたので、あとは大家の了承次第。入居日が決まったら、引っ越しの手配をしなければ。それにしても、新しい部屋を借りて入居するには、すごくお金がかかるなぁ……。

 家具店を見て回ってから食事をして、隅田川の花火見物。公園に大勢の人が集まって花火を眺めていた。駅ビルの大型カメラ店をのぞいてから帰宅。

花火の本―線香花火から、仕掛花火のスターマインまで
冴木 一馬

おすすめ平均
最高!
最高
最高!

Amazonで詳しく見る4473031772

11:48 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.30

土砂降りの大雨

Photo Diary

 AMAZONアソシエイトのサーバーが不調で、昨日からログインできない状態が続いている。今朝からは時折ログインできるようになったが、それでも動作は不安定。リンク作成になると、まるで受けつけてくれない。リンクが作れないと作業が滞るので、早いところ何とかしてほしいのだけれどなぁ……。

 しょうがないので今日はAMAZONの作業を休みにして、bk1のブリーダープログラムなるものに登録した。これで、AMAZON、楽天ブックス、bk1と、主だったオンライン書店のアフィリエイトにはすべて参加したことになる。ただし楽天とbk1は現金での手数料支払いがなくてポイント制。楽天は売上の1%、bk1は3%がポイントとしてバックされる。でも本は定価販売が原則なので、3%バックでも大したものなのだ。

 AMAZONアソシエイトは参加者本人が購入することが規約で禁じられており、購入してもその分は手数料が差し引かれてしまう。(前々四半期はそうだった。前四半期は手数料の集計が出たが、自己購入分がどうなるのかはまだわからない。なにしろログインできないので……。)だったらポイントがつく楽天やbk1で購入するのも悪くないかなぁ……というのが、楽天やbk1に参加している理由。bk1はAMAZONと同じく個別商品にリンクを作れるのだが、面倒くさいのでそれはAMAZONだけに統一するつもり。

 試写の予定も入っていたのだが、昨日何も作業をせずに寝てしまったので(帰宅が遅かったので当然だが)、今日はそのつけが回って作業に徹することにする。とりあえず映画の感想を書き始めたのだが、AMAZONのリンクが作れないのでサーバーへの転送は後回し。そうこうしているうちに、外は土砂降りの大雨。空は明るいのだが、雨が猛烈な勢いで降っている。ものすごく派手な狐の嫁入りだ。ちょっとびっくり。時々虹も出たりしていた。デジカメで何枚か写真も取ったけれど、雨粒というものは写真に写らないのだ。虹も写りにくい。デジカメの液晶画面で確認すると、虹は1カットだけ撮れているのがあった。でもパソコンの画面で見ると、メリハリのない画面になってしまうのだな。

 昼間は少し昼寝をして、夕方から図書館にCDの返却。帰りにスーパーでお総菜を買ってきて夕食。郵便受けにAdSenseから先月分の小切手が入っていたけれど、今月はまたこの半分以下だもんなぁ……。あまりの乱高下に一喜一憂するのはとうにやめている。AdSenseはお小遣いと割り切って、生活収入としては考えないことだ。僕はドルのままシティバンクに預金することにしている。少額のドル積立預金だと思えば、AdSenseに参加するのも悪くないのかも。でも1年続けてどのくらいの金額になるのかな。

 やっぱり頼るものはAMAZONしかない。月々の売上が何となく読めるのはこれだけだ。早くアソシエイト・プログラムのページが復旧してくれ!

Blog Hacks-プロが使うテクニック & ツール 100選
宮川 達彦 , 伊藤 直也



Amazonで詳しく見る4873111749

11:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.29

どえらい蒸し暑さ

Photo Diary

 台風の影響で朝から天気が悪い。晴れたと思ったら、その数分後には土砂降りの雨。そしてまた明るくなってくるという繰り返し。気温は上がり、湿度も上がる。午後に出かける際は傘を持って出たのだが、これは結局ほとんど使わなかった。しかし蒸し暑い。気温はさほど上がっているように思えないのだが、湿度がすごい。はいているジーパンの中に、まんべんなく霧を吹いたようなべたつき。もう普通に歩いていることすら困難。日本が亜熱帯から熱帯型の気候になりつつあるという話も、まんざら与太話として片付けられまい。まぁ今回は台風が、南から湿った暖かい空気を運んできたというのもあるだろうけど、でもこれはたまらんなぁ……。

 午後は試写。まずはTCCで『イエスタデイ/沈黙の刻印』(配給:GAGAアジアグループ)という韓国映画。主演の俳優が地味で、そのくせアクションシーンが派手すぎる。いろんな要素を詰め込みすぎて、話がよくわからなくなっているような気がする。2本目は映画美学校で『最‘狂’絶叫計画』。今回は『リング』と『サイン』に『8 Mile』のパロディ。ついクスクス笑ってしまう。

 手早く夕食を取って同じ試写室に戻り、映画番長シリーズの第3弾・ホラー番長から『運命人間』と『稀人(まれびと)』を観る(配給:ユーロスペース)。どちらもホラーというより、不思議で奇妙な物語という路線だろう。恐くないのでホラーとはちょっと違うのではないだろうか。前者は心理スリラー、後者はファンタジーの色が濃い。諸星大二郎っぽいかも。

 帰宅したら10時。疲れた。早めに寝るが、その前に長く読んでいた「聖遺物の世界―中世ヨーロッパの心象風景」を読了。何度もカバンの中に突っ込んでいたら、カバーがすり切れてボロボロになってしまった。あ~あ。これじゃいざというときに売ろうとしても、高くは売れないぞ。もっともこんな本、買おうという人はあまりいないだろうけどね。

 本を売ると言えば、引っ越す前に不要な本を処分してしまいたい。池波正太郎の「鬼平犯科帳」とか「剣客商売」あたりは、売ってしまいたい。岡本綺堂の「半七捕物帳」は繰り返し読みたいと思うけど、鬼平は僕の嗜好とはちょっと距離があるのかも。今は時間がないので「半七」を読み返すことが難しいけど、いずれ時間がある時にでも「半七捕物帳」の世界にどっぷり浸りたいなぁ……。

半七捕物帳〈1〉
岡本 綺堂


おすすめ平均
情緒あふれる本格ミステリ

Amazonで詳しく見る4334732291

11:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.28

今日もプール

Photo Diary

 午前中は昨日に引き続き麹町のオアフクラブ。プールの後は真っ直ぐ帰宅し、昼食の後は夕方まで昼寝。4時半頃起きて、5時過ぎから月島スポーツセンターのプールに行く。たっぷり2時間水遊び。クタクタになる。夕食は月島の養老乃瀧へ。9時過ぎに帰宅して、早めに寝ることにする。昨日今日とほとんど仕事らしい仕事も出来ず、予定していた試写もさぼってしまった。明日からはもうちょっとがんばらないと。

 N誌の編集部から資料とレイアウトのFAX。今回はサンプルビデオがないので、紙資料から原稿を書いてくれとのこと。う~む、今回が新しい企画での第1弾だったのだが、スタート早々に暗礁に乗り上げてしまった感じも。まぁ文字数が少ないので形にはなるし、締切も少し遅めに設定して貰ったので仕事としては問題なし。でもちょっと、当初の目論見がはずれたのは残念。

 錦糸町の不動産屋から電話があり、目星を付けていた部屋が空いたとの連絡。この週末にでも様子を見に行くつもり。現在いるマンションは退去予告が1ヶ月前で構わないので、まずは新しい部屋を決めてしまい、それに合わせて今の部屋を引き払うことになると思う。8月の2週目には新しい部屋を探して、早ければ8月末には引っ越してしまうかも。

 絵文録ことのはで「愛国心」が話題になっていたので、何度かコメントした。愛国心という言葉の受け止め方や解釈の仕方が、かなりの広がりを持っていることに改めて驚かされた。愛国心教育の是非が一部で議論を呼んでいるようだが、「自分の生まれ育った家庭にも地域にも国にも、何ら愛着を感じることなどない」と言う人が現れている以上、やはりある程度の教育は必要なのかもしれない。

〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性
小熊 英二


おすすめ平均
過去とディスコネクトしている私たちに必要なアクセスキーがここにあります
戦後思想を読み解く良質な「辞書」
鮮やかな方法論。「動機のない」動機。

Amazonで詳しく見る4788508192

11:39 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.27

炎天下プール2往復

Photo Diary

 朝は早めに起きてメールのチェックなど。朝7時半過ぎに部屋を出て築地へ。朝から暑い。9時から麹町のオアフクラブのプール。近くの公園で写真撮影など。百日紅(さるすべり)がきれいに咲いている。山梨は17日に行った時満開だったから、東京はそれから10日ほどずれている計算。山梨の方が暖かい(暑い)ということかな。

 プールの後は四谷まで歩き、JRで秋葉原へ。珠算教室で1時間ほど。その後、駅近くのらんぷ亭で昼食。どうせならもう少しちゃんとしたものを食べたかったけどなぁ……。築地立ち寄りで帰宅。汗だくなので水シャワーを浴びて、コンビニで買ってきたかき氷をサクサク食べる。

 1時間ほどのんびりしてから、夕方は市ヶ谷のプールへ。下駄ばきで出かけたら、すごく疲れた。涼しいのはいいけど、やっぱり長い距離を歩くには向かないのかも。地面がアスファルトだと、ヒザへの負担も心配か。

 帰宅して夕食は冷蔵庫のカレー。これがじつに美味しい。今回のチキンカレーは最高に美味しくできたなぁ……。

東京カリ~番長のザ★カレー
みずの じんすけ


おすすめ平均
毎日、毎日、カレーがたべたくなる。
こんなの欲しかった!
こんなカレー本を待ってた!!

Amazonで詳しく見る4860200918

11:37 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.26

JUGEMが復旧

Photo Diary

 JUGEMは復旧のリミットが月曜正午だったのだが、何とか午前中には復旧したようだ。今回のトラブルで迷惑をかけたユーザー向けに、優待プランというのが発表されている。これは容量が無制限。そんなわけで、僕は今後JUGEMを写真用のスペースに使うことにした。

 メルマガの編集作業をあらかた終えたところで午後の試写へ。3時半から松竹で『ビハインド・ザ・サン』(配給:ギャガ・コミュニケーションズ、アニープラネット)。試写室到着時点で既に上映が始まっていたので「また次回」と帰ろうとしたら、受付の人に「たった今始まったばかりです。どうぞどうぞ」と半ば強引に試写室に放り込まれてしまった。真っ暗な中で席を探すのに少々苦労したが、結局最前列の最右列という最悪な場所で鑑賞。でもこれ、映画としてはすごくよかった。

 食事をしてからTCCへ。香港映画『ティラミス』(配給:フルメディア)の試写。『ゴースト』かと思うと途中から『オルフェ』になる不思議なファンタジー。釈然としない話だけれど、要所要所がきちんと作られているので「こんなもっか」と納得できる。

 本当は夜のうちに感想を書いてしまいたかったのだが、何となく部屋で飲み始めて(「TVタックル」を見始めたのが悪かったかも)すっかり飲み過ぎ。冷蔵庫の中のジントニック(缶入り)がよくなかった。1缶飲み終えた後、ビンに3分の1ほど残っていた赤ワインを飲み干し、その後はウィスキーをストレートで数杯。部屋に出しっぱなしのウィスキーは室温に暖まっていてひどく不味い。あわてて冷蔵庫へ放り込む。さほど酔ったという自覚はないが、これほど飲むとさすがに仕事は手に付かない。二日酔い防止にアスピリンを飲んで寝てしまう。

ティラミス&パンナコッタ―マンマの味のイタリア菓子26レシピ
塩田 ノア



Amazonで詳しく見る4418983082

11:21 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.07.25

出会い系サイトへの勧誘

Photo Diary

 借りているCDを図書館に返しに行きたいのだが、あまりにも暑いので外を出歩くのに躊躇。そうこうしているうちに、日曜日の開館時間は終わってしまうのだった。CDは返却ポストに戻せないのでちょっと不便。まぁ時間がある時に行けばいいだけの話だけれど。

 映画の感想をサーバーに転送。メルマガの原稿を何本か入稿し、これで今週の仕事のノルマは一段落。あとは少し前倒しでいくつか仕事を片付けておくくらいか。

 米がないので近くのスーパーまで買いに出る。玄米5キロと白米5キロを買って戻るのは、さすがにちょっときつかった。合計10キロの米。これがしばらくすると、きれいさっぱり消えてしまうのだからすごい。日本人は米を食べなくなったそうだが、僕は結構食べている方だと思う。買ってきた米を早速炊く。まずは白米を4合。次に玄米4合(これに押麦1合と大豆や小豆を混ぜる)。冷凍庫の中はご飯だらけ。でもこうなっていると、ちょっと安心できる。

 先週から出会い系の勧誘メールらしきものが何通か届いている。最初から広告とはわからないように、どこかの掲示板で名前を見たのでメールを送りましたとか何とか、そんな内容のメールを送りつけてくるわけだ。で、これに返事を出すと、次は有料の出会い系サイトに誘導するという仕組み。こうした仕組みになっているのを知っているのは、もちろん僕が勧誘メールに返事を出したからだ。これはスケベ心というより、「いったいどんなシステムになっているのだ?」という興味の方が大きい。

 メールを出している側は、宛先となるメールアドレスの名簿をどこからか手に入れているらしい。あちこちの掲示板から抽出している様子だが、それは必ずしも「出会い系」とは限らないようだ。僕のところには、@niftyのシスオペID宛てに送ってきている。このメールアドレスは、フォーラムの掲示板ぐらいでしか使った覚えがないんですけどね。要するに無作為にメールは送られている。最初から出会い系のサイトの広告を入れるのではなく、まずは普通の女の子からのメールのように装ってワンクッション入れるところがこのシステムのポイントなのかな。

 たいていは2度目のメールで有料サイトへの勧誘が行われるのだが、中にはご丁寧にも3~4回のメールをやりとりしてから、別サイトへの誘導がなされる場合もある。男性側が有料サイトに登録した場合、これでどのくらいの利益が上がるのかちょっと不明なのだが、それなりにコストのかかる勧誘方法ではあるだろう。でもこうした方法が増えているということは(1日に数通のメールが来ることもある)、単なる広告メールよりはずっと会員獲得率が高まるのだろうなと思う。

 それにしてもメールを出して男性会員を勧誘しているアルバイト(サクラ?)には、どの程度の報酬が支払われるのだろう。メールだけのやりとりだから、仕事として考えればこれは男性でも構わないはず。報酬の額によっては、僕もやってみたいですけど。誰か紹介してくれないかな~。もっとも僕はアフィリエイト広告でそれなりの収入があるから、いちいちメールのやりとりをして云々という作業は、面倒くさいばかりで仕事としての率が悪く感じる可能性もあるけどね。でもこの仕事が実際にどんなものなのか、体験者などの話は聞いてみたいです。誰か教えてください。

 そのアフィリエイトだけれど、先週から映画評の個別ページにも付け始めた楽天アフィリエイトがかなり高い成果を上げている。今まで何ヶ月かかけて得ていたポイントを、1週間で稼ぎ出してしまうのだからすごい。ただしこれが、同じリンク集部分にあるAMAZONのアソシエイトにどの程度の影響を与えるのかは考慮する必要がある。今のところ成果を食い合っている傾向は見られず、もっぱら映画とは関係のない商品が売れているようだけれど……。

 楽天へのリンクは映画瓦版のトップページ最上段にも作っているのだが、これはほとんどクリックされないし、成果報酬にも結びついていない。(ゼロというわけではないが。)それに比べると、個別ページのリンクの方がずっとクリック率が高いのだ。今後もこうした傾向が続くなら、映画瓦版トップページの広告はさらに別なものに差し替えることも検討しなくてはなるまい。

 夜は「新選組!」を見ながら食事。来週あたりから組織の分裂が始まるのかな……。

究極の出会い系攻略ガイド 3 (3)



Amazonで詳しく見る4894615622

09:45 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック