2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年9月19日 - 2004年9月25日 | トップページ | 2004年10月3日 - 2004年10月9日 »

2004.10.02

イチローに感動!

 午前中はBSで放送されているマリナーズの試合に釘付け。イチローがついに世界記録の257安打に並ぶと大騒ぎ。さらに記録を抜く258安打になった時は大感動。こういうとき、アメリカ人の演出というのはいちいち気が利いていて素晴らしいのだ。その瞬間に試合が一時止まって、球場中がイチローを賞賛し、祝福している。感動してちょっと涙が出てきた。

 オリンピックで日本選手団が大活躍し、あまりの金メダルラッシュに首相は国民栄誉賞の授与を諦めたという。今回イチローには国民栄誉賞を出してもいいんじゃないだろうか。僕は基本的に、国民栄誉賞をスポーツ選手に与える場合は現役を退いた段階で与えるべきだと思っている。でもイチローにはあげてもいいんじゃないかな。そもそも国民栄誉賞の第1号は、王貞治がハンク・アーロンの大リーグ本塁打記録を抜いた時に授与されたもの。イチローが受賞したってまったくおかしくないのだ。それにイチローの場合、ホームラン記録のような派手なものではなく、主として単打をコツコツと積み上げてきた上にある大記録であるというところが素晴らしいと思う。

 すっかり食事も忘れてテレビに見入っていたので、食事は外食で済ますことにする。2時過ぎに外で食事。その後、3時半から楽天地で公開が始まったばかりの『ヘルボーイ』を観る。ギレルモ・デル・トロは好きな監督なんだけど(『デビルズ・バックボーン』は観てないけど)、今回の映画はなんだかピントはずれだなぁ。セルマ・ブレアもチャーミングに見える瞬間がなかったし。唯一可愛いのは半魚人?

 夜はどのニュースを見てもやはりイチローの話題。今日はイチローに始まりイチローに終わった1日だった。久しぶりにシャワーではなく風呂に入る。やはり湯に浸かった方が疲れは取れるような気がするなぁ……。

イチロー×北野武 キャッチボール

おすすめ平均
登りつめた男たちはカッコイイ

Amazonで詳しく見るB0001LNNN4

10:03 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.01

少年剣道大会

 都民の日で学校がお休み。浜町公園の体育館で地元ライオンズクラブ主催の八署対抗少年柔剣道大会を見学。8時半頃到着したらまだ入口も開いてない。そのうち人も集まって入口も開いて中に入ったのだが、倉ばれたプログラムを見たら開会式が10時半だって。まだ2時間もあるじゃん。なんとか時間をつぶして試合見学。

 お昼は外に出て近くの居酒屋でランチ。500円で腹一杯。食べ過ぎ。会場に戻って残り試合見学。解散は3時過ぎか。水天宮の駅まで歩き、水天宮境内で少し写真を撮影。

 帰宅してから映画に行くことも考えたが、今日は映画の日なので混むことも考えられ、クイズ作りを先行させる。本当は眠くて少し横になりたかったのだが、夜までかけて10月入稿分の国語分野だけは作ってしまう。今回は分納ではなくまとめて納品するつもりなので、得意分野から順番に仕上げていくつもり。残るのはやっぱり英語と数学になりそうな……。

 夜は11時頃から近くの居酒屋で夕食を兼ねて飲む。

ひと目でわかる剣道のルールと試合―ルールを知れば勝てる!
香田 郡秀


Amazonで詳しく見る4415021506

11:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.09.30

デジカメが故障

 あまり寝付けず寝不足気味だが、いつもと同じ時間に起きる。外は快晴。台風はどこに行った? シャワー浴びると眠気も少し納まった。午前中は何の仕事をしていたのかな。請求書を作ったり、公共料金引き落としの申し込みをしたり、メルマガの編集と入稿をしたり。これといった大きな仕事がなくても、時間はあっという間に過ぎていく。

 午後は映画に行こうとしたら、仕事の電話が2本。ひとつはテレビ収録の日が変更になったという連絡。もうひとつはクイズの修正依頼。「そりゃないだろ」という理不尽なダメ出しもあるので、これについては担当窓口となっているK社のSさんに「何とかしてください」とお願い。今回だけなら黙って直すけど、同じことが今後もしばらく続くのだ。ここですんなり修正に応じてしまうと、後々自分の首を絞めることになる。

 そんなわけで、部屋を出る頃にはもう夕方じゃん! 池袋の新文芸坐に6時前ギリギリに滑り込み、『スクール・オブ・ロック』『ブラザーフッド』の2本立てを観る。『スクール・オブ・ロック』は『天使にラヴ・ソングを…』の私立学校版というより、ずばり『ザ・ミュージックマン』のロック版なのね。ただこのミュージカル、映画は日本に輸入されていないのであまり知られておらず、ネットで調べても両者の関係について言及したページは見つからなかった。(目立たないところにあるのかもしれないけど。)

 『ブラザーフッド』は長い。長すぎる。この長さに韓国人は耐えられるのだろうか? 同時期に『シルミド』が公開されたわけだけど、映画作品としては『シルミド』の方がずっとまとまりがあってよくできていたと思う。『ブラザーフッド』は途中から「早く終わらないかな~」と思ってしまった。『プライベート・ライアン』をかなり強く意識しているようだけれど、それよりもずっとおセンチなのも気になって気になって……。

 映画が終わったら10時半。普段持ち歩いているデジカメが壊れたよ~。使っていたのはFUJIFILMのFinePix F410なんだけど、本体背面の液晶がちらつくと思ったら、なんと写真を取っても同じようになってしまう。画像解析そのものが不調みたい。一度電源を切ってから再投入すると直ることが1,2度あったが、ついに復旧不能になってしまった。これは修理だろうなぁ……。本当に、いろいろ壊れる。

 デジカメはCanonPowerShot S1ISも持っているので、とりあえずは持ち歩く日記カメラはそちらに交換。まぁ最近はカバンを持ち歩くことも多いので、これはこれで構わないんだけど、それにしてもなぁ……。修理にいくらかかることか。まさかまた2万円? あまり修理代がかかるようなら買い換えか。気になるのは手ぶれ補正と大型液晶の付いたパナソニック機かな。S1ISにも付いている手ぶれ補正は、一度使い始めてしまうと手放せない。薄暗いところでもピタリとシャープな写真が撮れる。ただS1ISは液晶モニターが小さいのが大いに不満。これは次世代機種で絶対に改良されるだろうな。僕はネット利用とサービス判へのプリントしかしないので、画素数は3.2Mで十分なんだけど。

Panasonic LUMIX FX7 グロスブラック


おすすめ平均
買ってしまった!

Amazonで詳しく見るB0002QNIE2

11:53 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.09.29

台風接近中

 イチローが記録まであと3本に迫るなどテレビの前からなかなか離れられないのではあるが、仕事もあるのでぼちぼちと……。仕事って、クイズ作りなんだけど。最近は本当に映画が観られなくなっている。ぴあのスケジュールを見ると、新文芸坐で『スクール・オブ・ロック』と『ブラザーフッド』の2本立て。来週は『トロイ』と『デイ・アフター・トゥモロー』の2本立て。どれも観ていないので、できれば観に行きたいんだけど時間が……。

 bk1で注文していた学習参考書3冊と、ニュース用語解説の本2冊が到着。とりあえず「子どものニュースウイークリー」から目を通し始める。最新の2004年版だが、取り上げられているニュースは2002年11月から2003年10月までの記事から拾っているので、見出し項目としてはいささかどころかだいぶ古い。しかしこの見出しは解説のための方便で、そこから背後にあるいろいろな事柄を掘り下げていく段になると、今でも通用することばかりなのだ。(ただしイラク戦争のようにどうしようもなく古くなってしまったものもある。)

 学習参考書は今回、国語・理科・社会の3冊が到着。国語は問題集形式なのであまり面白そうではないが、理科と社会の2冊は読み物としても十分に楽しめそう。今度時間がある時に、一通り通読してみようかな。理科に関してはかつて一度習ったことばかりのはずなんだけど、結構忘れてしまっていて「そうそう、こんなこと習ったかも」という遠い記憶を引き出す感じ。社会科については、特に地理分野などで自分が習ってきたことと現状との食い違いが大きくなっているので、一度おさらいしておくのもいいかもしれない。何しろ僕が中学生の時は、ロシア連邦じゃなくてソビエト連邦だったからね……。20年以上前は共産主義もまだまだ元気だったし、学校では左がかった教師が社会主義の素晴らしさを生徒に力説していたものだ。

 社会と理科はその科目の中でいくつかの分野に分かれている。物理と化学を扱う理科1分野と、生物や地質天文学などの自然科学を扱う理科2分野。社会科は地理・歴史・公民の3分野だ。これらを別々の参考書にしているものもあるけれど、僕が購入した受験研究社の「中学・自由自在」シリーズは、理科と社会をそれぞれ1冊にまとめていてコンパクト。まあもともとの購入動機がクイズの問題を作ることだから、これはこれでOK。通して読むなら、この程度でもいいかも。どうせそこから何かを掘り下げようとか、何かを覚えてテストに備えようというのではないしね。

 中学生の教科書内容を読み物として楽しもうという本には、他にも「新しい科学の教科書 」シリーズに人気があるようだ。みんな知識に飢えているのね。それにこれらの本を見ればわかることだけど、中学校の授業というのは結構高度なことをやっているのだ。大人になるとみ~んな忘れちゃうんだけど。それを評して「学校の勉強なんて世の中で役に立たない」という人もいる。それは一面正しい。真実を突いている。しかし中学生が授業で習う程度の知識は、社会人の教養として身につけておいても損はない。その程度の知識でも、ひけらかすと「すごい!」と言ってくれる人が多いしね。(だいたい中学校の英語の内容が完璧にマスターできれば、日常会話に苦労しないのだ。中学生の勉強はバカにできない。)

 今回もう1冊購入したのは、NHKの「週刊こどもニュース」のお父さんで知られる池上彰記者の新著「知っているつもりで説明できないニュースのことば」。これもクイズ向けに購入したのだが、「子どものニュースウイークリー」と違って1,2年たっても中身が古びて見えない工夫をしている。まあ5年もすれば古びてくると思うけど、それでも見出しの半分以上は使えるだろう。中身は同じようなものなんだけど、編集方針が違うのだ。

 結局部屋から一歩も出ないままクイズを黙々と作る。今月締切分を仕上げて入稿したのは深夜1時過ぎ。寝たのは2時過ぎ。台風が接近中だ。

理科自由自在―中学
中学理科教育研究会


Amazonで詳しく見る4424630978

11:02 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.09.28

家電修理は何でも2万円?

 午前中はメルマガをやっていたのか。そうこうしているうちに洗濯機の修理のためサービスマン到着。簡単に洗濯機を動かしてみたところ、無事に(?)異常を知らせるサインが出た。こういうのは、サービスマンが来た時にちゃんと故障していてくれないと逆に困る。「見てみましたけど何でもないですね。では出張費だけいただきます」ということになりかねないからだ。今回はエラーサインと警報ブザーが鳴って一安心。なんでも給水用の弁が詰まっていたそうで、交換部品、技術料、出張費など合わせて、2万円弱の費用を取られた。まあしょうがない。

 数日前に修理したエアコンも、修理費は2万円弱だった。家電業界では「据え付け型家電の修理については2万円ぐらいが適正価格」という決まりでもあるのかな。それ以上になると、客が「新品を買った方が割安か」と思うギリギリのところで値段設定をしてあるとか……。どうもこうした金額は、必要な金額を積算して求めたと言うより、客が抵抗なく支払える金額に設定してあるように思えてならない。実際はどうなのかよくわかんないけどね。これから別の部屋のエアコンや、台所の食器洗い機でも壊れてくれれば検証作業ができるけど、わざわざ壊す必要もないので今回はこれまで。

 3時前に銀行まで公共料金の納付に必要なメールオーダーの用紙を取ってくる。その後、リヴィンで洗濯用の柔軟剤と台所の食器洗い洗剤を購入。食器洗い機があっても、鍋やフライパンなどは手洗いなので最低限食器洗い用の洗剤も必要なのだ。その後、同じビル内にある本屋で「懐かしい日本の言葉ミニ辞典」「続・懐かしい日本の言葉ミニ辞典」を購入。出典があやふやな言葉が並んでいるので、ミニ辞典とうたってはいるが辞典として使うには力不足だろう。しかし暇つぶしの軽い読み物としては面白いかも。まあ僕はこれを、クイズのネタにしようと買ったのだけれど。

 もともと僕は、こういう半分死にかけたような言葉が好き。小林信彦の「現代“死語”ノート」はそれぞれの世相が見える好読み物だったし、ネーミングの卓抜さでは「半死半生語集」というのもあった。半分死にかけているけれど、まだかろうじて使われている、完全に死んではいない言葉を「半死半生語」と呼ぶわけだ。面白い。この本は好評だったようで続編も出ていた。ただいまこの本を読み返すと、かなりが完全な死語になってしまっているなぁ……。

 夜は昨日購入した学習参考書と首っ引きで、クイズの問題をどんどん進めていく。とりあえず英語と数学だけど、これはあまり参考書が参考にならないことを痛感する。英語はまだしも、数学はネタ不足。さらに数学に関する読み物などを仕入れてこなければならないかもしれない。ただ数学というのは「考え方」の世界なので、何か用語を覚えるとか、そういうものではないんだよなぁ……。あと記号類が使えないのはかなりのハンデだ。それでも今回の分はなんとか形を揃える。あともう少しで、とりあえず今月分は終わりだ~。でも来月からどうしよう。12時近くまでクイズをやっていたが、これは今週中にけりをつけたい。

懐かしい日本の言葉ミニ辞典―NPO直伝塾プロデュース・レッドブック
藤岡 和賀夫

発売日 2003/12
売り上げランキング 8,623


Amazonで詳しく見る4883351025

11:35 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2004.09.27

本のまとめ買い

 午前中にW誌の映画コラムを書いてしまい、メールで入稿。そこでメルマガの原稿を作っていなかったことに気づき、あわてて仕上げて入稿する。電話やカードの住所変更手続き。午後は近所のコンビニでぴあを購入。今週末公開の映画は多いのに、観ている映画が少ないなぁ……。大問題。

 午後はカードの買物を明細と付き合わせてチェックしたりした後、郵便局で住所変更の手続き。簡易保険について少し話を聞く。今は共済だけなんだけど、保険も入っておいた方がいいのかなぁ……。

 一度帰宅して、夕方から何をしようか考える。とりあえず手持ちの現金がないので銀行へ。その後は楽天地で映画のスケジュールを調べるが、今観られそうな映画は『トゥー・ブラザーズ』と『アイ、ロボット』ぐらい? どちらもあまり食指が動かないなぁ。こうして映画の看板を前にして、あれこれ選べるのはいいことだ。本当は観なきゃ行けないので、いずれは観ることになると思うけどね。

 駅ビルの本屋で中学の受験参考書を調べる。もちろんこれは、クイズの問題作成のためだ。何しろもう25年も前のことだから、自分が中学で何を習ったかなんて忘れちゃったよ。パラパラとページをめくると、だいたいこのぐらいの範囲で問題が作れると言うことがわかるので便利。とりあえず急ぎで必要になる数学と英語の参考書だけを購入。国語・社会・理科の残り3教科については、帰宅してからネットで購入することにする。

 結局映画は観ないまま帰宅。AMAZONで参考書を購入しようとしたら、ショッピングカートの機能に不具合があってレジまで進めない。何度もトライしていると、勝手にサインアウトしてしまうというひどさ。カートの画面で何度もリロードしていると時々中に入れるのだが、それから先がにっちもさっちも行かなくなってしまう。ひどいストレス。しょうがないので、今回はすべての買物をbk1で行うことにした。

 受験参考書と一緒に、「知っているつもりで説明できないニュースのことば」「子どものニュースウイークリー2004年版」という本も注文した。

 AMAZONのカートに田川建三の「イエスという男」「キリスト教思想への招待」が入っていたので、本当ならこうした時ついでに注文してしまうところ。じつは午前中にちょっと調べ物をしようとして、「書物としての新約聖書」を手に取り、歯切れのいい田川節にほれぼれとしていたのだ。しかしこの買物はカートの不調で中断。これは仕事に関係もないし、また後日だ。

 台所回りに食器が散乱しているのでイライラしっぱなし。持ち込んだ食器や調理器具が、台所の収納能力を明らかに超えているのだ。しょうがないので食器棚もネットで注文。ああ、お金が湯水のように消えていく。明日は洗濯機の修理も来るし。

書物としての新約聖書
田川 建三

おすすめ平均
外的概説
水準・面白さ共に抜群
感動的労作、歴史に残る金字塔

Amazonで詳しく見る432610113X

09:43 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.09.26

仕事の帳尻合わせ

 午前中はCS。帰りは築地まで歩いて地下鉄で帰宅。駅前の魚屋で焼き魚を買って、お昼のおかずにする。ニシンが2尾で300円は、安いのか高いのかよくわかんない。でもこんなの家ではとても焼けないよな。サイズが大きくてコンロに入らないし、身が厚いので火が通る前に黒こげになりそう。それに脂が乗っているので、部屋中がすごいニオイになることは目に見えている。まあそんなことを考えると、焼き魚を買ってくるというのは悪い選択じゃなさそうだ。問題はお昼のおかずに魚を買うと、夜も同じおかずが続くことか……。今度はサンマを買ってみよう。

 食べた後はビデオを見ようと思ったのだが、サンプルビデオの頭に入っている今後発売タイトルの予告編を見ているだけで眠たくなってしまった。少し寝る。少しのつもりがだいぶ寝る。起きたら3時過ぎ。あわててビデオを見てしまう。内容はまあまあかなぁ。最後のオチがよくわからないけど……。

 ビデオの仕事以前に、別の情報誌の映画コラムの仕事を片付ける。これはわりと簡単に終わったけど、写真の手配などは大丈夫かな。夕食はお昼と同じニシンの塩焼きに豚汁。駅地下で買ってきたメンチカツ。これで玄米ご飯を茶碗に軽く1杯食べる。美味しい。

 夜は「新選組!」を見てからビデオの原稿にかかろうと思ったのだが、あまり気乗りしないので明日の午前中に回してしまおうと考えた。こうして月曜日はまた、試写をキャンセルするわけだ。どのみち今週はやらなければならない仕事が多いので、試写の予定は先週後半ぐらいからガラガラと崩れているのだけれど。最大の難所はやはりクイズかな。どこかで突破方法を考えないと、これで他の仕事が手に付かなくなってしまいそう。

新選組! 後編
NHK出版

おすすめ平均
インタビューが充実
登場人物が分かる!
表紙がいい

Amazonで詳しく見る4149233403

10:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック