2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年9月26日 - 2004年10月2日 | トップページ | 2004年10月10日 - 2004年10月16日 »

2004.10.09

台風が関東直撃

 台風が関東地方目がけて一直線に進んできた。ちょうど関東地方を通過するのが昼から夕方頃になりそうだというので、今日は外出を控えて部屋にこもることにする。しかし外の様子を見ていても、あまり「台風接近中!」という危機感はない。雨も風もほとんど感じられないのだ。そこで食事の後、まず買い物に出ることにする。

 アルカキットの100円ショップで雑貨を買い、その後テルミナの地下で食料品購入。ベーコンが安かったのでたっぷり買ってきた。これは小分けして冷凍し、スパゲティなどに使うのだ。コーヒーも切れかけていたので買う。買物を終えて外に出ると、雨が少し降ってきたかなあ……という感じ。これはいいタイミングだった。

 夕方から夜にかけて関東地方を台風が通過したようだが、部屋の中にいる限りではあまりそれと感じられなかった。たしかに普通で言う「雨がすごく降っている」という状態よりは雨も風も凄いと思ったが、これが「観測史上最大級の台風」だと言われてもピンと来ない。地形などによって、風の強さなどは変わるようだけれど……。夜になると台風はすっかり通り過ぎてしまい、風も雨もほとんど感じられない。外を見ると歩いている人たちも傘をさしていないようなので、様子を見に外出してみることにする。

 歩道に止めてある自転車などは軒並み倒れていた。あとは飛んできたのだろうがゴミが多い。駅の様子を見るとほとんどの列車は不通。駅前のリヴィンは客も少なく、逆に普段は見かけないような人たちが目を引いた。日頃は路上で生活しているであろう殿方たちが、エレベーターホールやエスカレーター横のベンチにたむろしているのだ。雨宿りだろうか。外が大嵐だとむげにも追い出せないんだろうけど、やっぱりちょっと異様。

 リヴィンで買い物を済ませた後、近くの中華料理店で食事をしてから帰宅。ニュースを見ていると、やはり中央線・総武線はほとんどが不通になっていた。あと隣駅の亀戸では、道路が冠水して車が立ち往生していたという。渋谷駅前が水浸しになっているのにも驚いた。僕が気にならなかっただけで、やはりそれなりの風雨被害はあったらしい。

台風クラブ


おすすめ平均
描こうとする力がスゴイ。
ストーリーの本筋と関係ないけれど・・・
すごく良かった

Amazonで詳しく見るB00005L96G

11:25 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.08

台風が接近中

 台風が接近している影響なのか、朝から雨。午前中は映画の感想を書き、メルマガの原稿を仕上げて大急ぎで入稿。午後は1時からギャガで『トリコロールに燃えて』の試写。戦争と男女の恋愛をからめた文芸調のメロドラマで、映画らしい場面も多いし見どころもたっぷり。しかし映画を観終わっても、おそらくは作り手が意図したであろうほどの感動は得られない。個々のシーンに光る部分もあるのだが、全体にコクがなくて薄っぺらな印象。ツルツルして心に引っかかるところがないのだ。へんにお行儀がいいのかなぁ……。ゴツゴツした手触りがどこかにないと、この手の映画は成立しないのかも。

 六本木の駅まで出て少し本屋に立ち寄り、赤坂のスタジオでテレ東の深夜番組用のナレーション録り。今回2回目なのでだいぶ慣れてきた。原稿の量は増えたけれど、わりとあっという間に終わる。今回は自分が喋る部分は基本的に自分で原稿を書いているので、あらかじめ喋りやすいようにと考慮はしているんだけど……。

 クイズに直しが入っていたので帰宅して直す。これはメールで送り返しておしまい。クイズには相変わらず苦労している。今からこれでは、本当に先が思いやられる。ちょっと憂鬱。

 台風は関東直撃コース。これじゃ3連休は外出できないぞ。まあいいか。仕事もたっぷりある。ローカル誌のコラムもあるが、最大の難関はやはりクイズ。この休みの間に次回入稿分を8割方仕上げておかないと、再来週の締切に間に合わなくなってしまう。

 日記の写真を撮るためにデジカメを持ち歩いているのだが、FinePix F410を修理に出してしまったので、今は10倍ズーム機のPowerShot S1ISをカバンに入れて持ち運んでいる。それほど大きくも重くもないカメラだし、10倍ズームや手ぶれ補正はなかなか便利。しかし腰のベルトにいつもぶら下げていたF410に比べると、カバンからいちいちカメラを出し入れするのは億劫だ。お散歩カメラとしてF410が早く戻ってこないかなぁ……と思っていたら、修理担当から電話があり、今回は無償修理にするとのこと。保証期間は切れていたんだけど、「保証が切れたばっかりなのに」と言ってみたらこうなった。まぁ何でも言ってみるものですね。(でもこれで、新しいデジカメを買うのはもう少し先になりそう。F410はいいカメラだし満足しているので、それはそれで構わないんだけど。)

 先日はスライド本棚を買った家具屋に「何か特典や割引はないのですか?」とメールを出したら、木製の小物をプレゼントと称して送ってきた。こういうのも、何も言わなければ何ももらえないわけで、黙っていては何もしてもらえないという一例だろう。こういうちゃっかりしたところが、仕事の面でも発揮されるといいんだろうけどね。

FUJIFILM FinePix F410


おすすめ平均
手軽にデジカメ生活
初心者から使いこなせる最高の逸品です!!
バランスの良い高性能機

Amazonで詳しく見るB00008OKY6

11:33 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.07

食器棚到着

 午前中は比較的のんびり過ごす。午後は2時頃に食器棚が到着。これで引っ越しに関わる新規の買物はたいがい終わった。ようやくこれで部屋がすべて片づきそうだ。

 荷物の搬入終えて僕も外出。3時半からメディアボックスで『雨鱒の川』。う~ん。風景などはきれいなんだけど、映画としてはあまりデキがよろしくない。構成に難があり、人物もいささか紋切り型だったり、ご都合主義に見えてしまったり。食事をして、夜は丸の内ピカデリー1で『僕の彼女を紹介します』の完成披露試写。これはまずまず面白かった。でもクライマックスでX JAPANの曲が日本語で流れてくると、ちょっと気持ちが引いてしまうよな……。前半は同じ監督主演コンビの『猟奇的な彼女』に比べても遜色のない映画だとは思うんだけど、後半はちょっと乗れませんでした。でも最後はちょっとホロリと来た。

猟奇的な彼女

おすすめ平均
コミカルで爽やか。そしてグッとくる物語でした。
これは買いでしょう!
激泣感動!!(少々ネタバレ?というか見所?)

Amazonで詳しく見るB00008IXGC

11:01 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.06

ようやく運動会

 朝は5時半頃に目が覚めてしまった。電話が鳴ったので、あわててベッドから飛び起きて電話口まですっ飛んでいったのが、電話機にも携帯にも着信の形跡なし。どうやら電話は夢の中で鳴っていたらしい。まあもともと早起きして仕事をやるつもりだったので、ちょうどよかったんだけど。コーヒーをいれて顔を洗い、大急ぎで仕事に取りかかる。

 7時半すぎに部屋を出て、JRと地下鉄を使って築地へ。日曜日の予定だった運動会が雨で延び延びになり、ようやく実施となったのだ。昨日までの雨が嘘のような青空。とりあえず午前中の出し物だけ見て戻ることにした。

 仕事部屋に戻ったのは10時半頃か。朝方の仕事の続きをやって、終わったのは12時過ぎ。食事の後は少し寝る。午後は映画の感想を少し書いて早めに夕食。テレビ番組のディレクターから電話があり、大急ぎで原稿のチェックを始める。バイク便で編集済みのビデオが送られてきたので、それと付き合わせて原稿書き。夜は試写を観に出ようと思っていたが、それは不可能になった。これは別日の試写があることを期待しよう。

 夜は駅近くの焼肉屋で食事をしてから帰宅。だいぶ食べ過ぎ。いきなりアルカセルツァーのお世話になる。レモンライム味と違って、こちらは無味無臭。でも僕はこっちの方がいいな。安いしね。

 仕事がらみの連絡メールで、フルブラウザ搭載の携帯電話が発売されるという話題。僕は今使っているPHSの次にフルブラウザ搭載機種を考えているのだけれど、こうなるとPHSだけでなく携帯も視野に入れる必要があるかも。たぶん今年の冬から来年にかけて、フルブラウザ搭載の携帯電話がヘビーユーザー中心に浸透していくと思う。モバイル環境でのメールやWEB閲覧は、小型ノートやPDAから携帯電話に移っていくのだろう。携帯コンテンツを運営していた会社は、これに大打撃のはずだ。

 しかし本格的なモバイル環境が普及すれば、それに合わせた新しいサービスが必要になってくるはず。これはこれで、新しいビジネスチャンスなのかもしれない。僕も何か企画を考えてみようかな。

京ぽんの本―京セラAirH″PHONE AH‐K3001V活用術
魚輪 タロウ

おすすめ平均
京ぽん本体とセットで買いましょう!
QRコードも読めます!
京ぽんを200パーセント使いたい人へ。

Amazonで詳しく見る4839915814

11:20 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.05

スライド本棚の第2弾

 午前中は映画評の下準備。リンクを作ったりしていると、それだけで結構時間を食ってしまうのだ。さらにメルマガ編集と発行手続き。今日到着する本棚の下に入れるため、雨の中を駅前のリヴィンまで細い板を買いに出る。帰りは土砂降り。参りました。

 本棚は1~2時の到着予定だったが、結局届いたのは3時頃。道路が渋滞していたのだという。今回届いたのは丸伸のスライド本棚、ブックマン3A-W90Dだ。文庫や新書、小型の単行本、DVDなどを収納する3重スライドの大収納タイプ。棚にあふれかえっていた本が、これですっきり収納できた。少し前に買ったブックマン RV-90D (高級扉付き)はまるで収納力不足だったが、今回は見かけ以上に頼もしい。最初からこれを買えばよかったよ。

丸伸のスライド書棚/ブックマン3A-W90D(三重スライド) 棚からせっせと本を移し替え、本やDVDを全部押し込んでOKとしておこうとも思ったのだが、結局はRV-90Dの方もあわせて本棚の整理を始めてしまった。まずは本をサイズごとにそろえて棚板をセット。さらにジャンルごとに分けたり、利用頻度ごとに位置を調節したり、これまでガラス戸付きのRV-90Dに入れていた本を再度移動したり。これですっかり夜になる。本棚にはまだまだ余裕がありそう。あとはまだ段ボールに入っている本を少し整理して、床に転がっている段ボールのうち封印していいものは封印して棚に押し上げれば、これで僕の今回の引越もすべて終了ということになる。あ~長くかかった。あとは台所の食器類か。これは明後日に食器棚が来る。

 しかし今日は試写にも行かず、映画の感想もやっていなければ、他の仕事もやっていない。これは明日も部屋にこもらないと仕事が追いつかない。こうして昨日立てた試写スケジュールは、早くも音を立てて崩れていくのだった。まあ最初からそのつもりでスケジュールを作っているわけだけど……。

 少し準備もしてあるのだが、明日は早朝に起きて仕事をするつもり。久しぶりに5時頃起きようかな。でないと間に合わない。午前中、しかも早い時間から外出の予定があるのだ。ふ~。

 個人輸入で買ったアルカセルツァーとアスピリンが到着した。アルカセルツァーは116錠(56回分)で2,210円。アスピリンは315mgタイプが400錠で1,980円。どちらも送料込みの値段。この手の一般薬を輸入で購入し始めると、日本の薬局でバファリンを買っているのがバカバカしくなってくる。中身は同じで値段は数分の1だもんね。

本棚の歴史
ヘンリー ペトロスキー, Henry Petroski, 池田 栄一

おすすめ平均
私が見ていたのは、本棚ではなかった

Amazonで詳しく見る4560028494

11:25 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.04

試写4本で午前様

 午前中はメルマガの編集と入稿手続き。さらに「ぴあ」を買ってきて、自前のメルマガを少しやる。その後、長らく放置していた試写スケジュールの調整。見そびれてしまった映画は思ったほど多くはないが、結局こうして調整したスケジュールも机上のプランでしかない。実際には仕事優先になって、試写は二の次三の次になってしまうだろうと思う。

 午後は試写を4本はしご。まずはメディアボックスで韓国映画『オールド・ボーイ』。これはなかなか見応えがあった。ああ、この映画のテーマはこういうことなのか……と思うところもあるのだが、それを書くとネタばれになってしまいそうなのがもどかしい。原作は未読だが、韓国のキリスト教文化が映画のベースにはあるように思う。考えすぎかな。原作も同じなのだろうか。

 2本目はワーナーに移動して『トルク』をようやく観る。これはお話そっちのけでバイクアクションが続くだけの映画。バイクが好きな人はどうぞ。でも映画ファンとしてはこの手の映画にも、せめて『ワイルド・スピード』程度のストーリーは欲しいだろうに。この映画はあまりにもストーリーがなさすぎる。映像と音響のみ。それだけだと割り切ることで1時間半という短い上映時間になっているのだろうが、それでもダレる部分があるように感じた。映像センスも映画的というより、CMのノリなんだよな。

 歩いて銀座まで出てまず食事。次いで富士フイルムのサービスセンターに故障したデジカメを持ち込む。受付したら、そこではトラブルが起きないので参った。故障に再現性がないというのは、説明に苦労するんだよな~。とりあえず本体を預けてきたのだが、保証が切れていると修理代がかなりかかる様子。技術料だけで6千円以上と言われてめげる。今や新品をネットで買っても2万円しないカメラだから、これに部品代だ何だと1万円もかかるようでは嫌になってしまう。しかもこのカメラ、買ってからまだ1年とちょっとしかたっていないのに……。受付の人は「保証期間については少し考慮します」と言っていたけど、さてどうなるか。とりあえずは見積が電話で連絡されてくるはず。

 本棚を注文していた家具屋から電話で、配達は明日の1時から2時の間とのこと。これで午後の試写は1本別の日に回さなければ。テレビ制作会社から原稿がメールで送られてきた。ナレーション部分は1,2回目よりだいぶ増えるはず。

 3本目は映画美学校で市川雷蔵の『弁天小僧』(公式ページ)。監督は伊藤大輔で、最後は屋根に上がった主人公の弁天小僧を御用提灯が取り囲む『次郎吉格子』以来の大捕物となる。雷蔵は男である僕が観てもセクシー。ちょっとした表情や仕草や台詞に、セックスの存在を感じさせる色っぽさ。

 4本目は9時から日劇3で『スカイ・キャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー』。古いアメリカン・コミックの世界を、そのまま実写にしたようなSF風の冒険活劇映画。作り手の古い映画やアニメへの愛着が伝わってくるような、凝りに凝った映像。ただこうした映画を観ていても、現実の物理法則に支配されて「そりゃないだろう」とか思ってしまう自分がちょっと悲しいと思った。

 映画の後にライターのWさんと立ち話をしながら駅へ。これにはまって、12時頃まで、しょぼ降る雨の有楽町の駅前で立ち話することになってしまった。Wさんの言ってることはいちいちよくわかるんだけど、物の考え方の枠組みがまるっきり10年20年前の出版業界のままなので話が通じない。まあ僕が何を言っているかぐらいは通じていると思うけど、それが実感として理解されていないもどかしさを感じる。

 僕自身は20年近く前に広告デザインの世界に入り、そこで写真植字と版下があっという間にDTPに置き換わる現場の最前線をこの目で見てきた。また10年前の日本のインターネット黎明期を実地に体験し、日本でもっとも早い時期から映画評のホームページを立ち上げて現在に至っている。(僕が最初に立ち上げた「八丁堀発・映画半可通だより」を知っている人は、かなりインターネット歴が古いはずだ。)そうした体験を通じた立場から見ると、マスメディアのこれから先、もしくは「ライター」や「記者」という仕事のこれから先も、方向性ぐらいはなんとなく察せられるのだけれどね。

いまの生活「電子社会誕生」―日本語ワープロからインターネットまで
仲俣 暁生


Amazonで詳しく見る4794963432

11:44 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.10.03

だめなJUGEM

 読書日誌ブログと日記ページの写真置き場に使っているJUGEMは、利用者の間でも動作が不安定なことで有名。まあ無料だし、僕なんて容量無制限だし、使っている用途はメインではなくて補助的なものだし、そういう意味であまり大きな声で文句を言う筋合いのものではないのかもしれないが、やはり動作が不安定なのは困る。しかもメンテナンスのスケジュールが無茶苦茶。今日は未明から午後2時までメンテナンスするとの連絡があり、午後2時が迫ると今度はメンテナンス時間を午後8時まで延長。それでも間に合わずにさらに2時間延長した。そして信じられないことに、最終的に翌1時まで延長……。これじゃメンテナンス終了時間を予告する意味がない。(結局それでも間に合わず、翌朝8時までメンテナンスを延長した。)

 まぁこちらは「日記ページに写真が出てこない」程度の問題なので、構わないと言えば構わないんだけどね。サービスを停止されると日記ページの写真が消えてしまうので、なんとかサービス自体は続けてほしいものだ。JUGEMをメインで使っている人はたまったもんじゃないだろうけどね。

  朝から大雨。運動会は中止。この雨は水曜日頃まで続くらしい。映画の感想をせっせと書いて夕方まで。映画を見に行こうかとも思ったがやめた。この日は結局、家から一歩も出なかった。午前中に大豆を煮て3等分し、ひとつを残して残りはジップロックに入れて冷凍。大豆を使って、昼間はひじきの煮付けを作る。これも半分は冷凍。夜はビーフシチューを作る。イチローはさらに1安打。これで260安打へと記録を伸ばす。たいした男だ。

キャッチボール ICHIRO meets you
イチロー , 糸井 重里


おすすめ平均
どんな人にも。
英知が詰まっています。
奮起したい時にぜひ

Amazonで詳しく見る4835609336

08:37 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック