2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2004年11月14日 - 2004年11月20日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »

2004.11.27

通信環境を見直し

 ニフティのIDを複数持っていたのを1本化することに決める。旧ニフティサーブ会員だった頃にウィルスバスターを使いたくて別IDを新規に取得し、メールをすべてそちらに転送していたのだが、利用しているフォーラムがすべてWeb化されたことから会員種別を切り替えてだいぶたつ。現時点で、積極的にIDを複数持つ必要性はないのだ。で、古くから使っているIDにウィルスバスターを設定して、転送先は休止させることにした。

 あれこれ調整は必要だろうが、とりあえず半日がかりで設定完了。学習型の迷惑メールフィルターがまったく未学習状態なので、以前ならはじかれていたSPAMメールがどんどん受信フォルダーに入ってくるのには参った。これはまた数ヶ月間かけて、フィルターを鍛えなければなるまい。

 それにしても、ニフティのフォーラムは今後どうなることやら。最近巡回を始めたFLORDも近々閉鎖するとのこと。僕が巡回しているフォーラムで、賑わっているところは皆無だ。わざわざ不人気なところを回っているつもりもないんだけれど……。僕はフォーラム育ちなので、こういう状態はちょっと寂しいね。

11:36 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.26

「映画批評家って何ですか?」

 「ひるびん」のウィークエンドシネマ出演のため、午前中からテレビ埼玉へ。部屋を出たのは9時20分過ぎ。北浦和から歩いて、向こうに着いたのは10時30分過ぎ。ドアツードアで、所要時間は1時間10分ぐらいなのかな。

 リハーサル前にディレクターと台本チェック。僕の肩書きが前回も「映画評論家」になっていたので、それを「映画批評家」に直してもらう。すると「映画批評家って何ですか?」と聞かれて答えに困った。しかも「映画批評家なんて始めて聞きました。珍しいですね」とか、「映画批評ってものがあるんですか」などと言われてさらにドキリ。え? ひょっとして、僕の言葉がおかしいのでしょうか? ずっと映画批評家と名乗ってきたんですけど。今さらそんなこと言われても。リハーサルに入ったら、キャスターの女性にも「映画批評家という肩書きはとても珍しいと思うので、まずは視聴者に映画批評家とはどんなお仕事なのかを紹介してください」などと言われてさらにドキリ! やっぱり珍しいのかな。まあ今どき、映画批評家を名乗る人が少ないのは確かなんだけど……。

 で、今回は『ポーラー・エクスプレス』の紹介をしたのだけれど、帰宅してからVTRをチェックすると反省点も多々あった。次回は映画のあらすじを先にしゃべってから、映画の解説、さらに自分の感想やおすすめポイントなどを紹介する形にしたほうがいいみたい。次回は12月24日放送。あ、クリスマス・イブじゃん!

 食事をしてから東京に戻る。秋葉原で地下鉄に乗り換え築地下車。区役所で国民健康保険の保険料を精算する。わ~い、ちょっとしたお小遣いだ!と喜んでもいられない。最近出費が多くって……。

 3時半から松竹で『エメラルド・カウボーイ』というヘンテコな映画を観た。単身コロンビアに渡った日本人(日系アメリカ人)が、エメラルドの原石買付の仕事を振り出しにして、鉱山開発、原石の買取、加工、輸出までを一貫して行うエメラルド王まで上り詰めた実話を、なんと本人自身の監督・主演で映画化したものだ。まさに究極の「オレサマ映画」である。これに比べたら、ケヴィン・コスナーなどまだまだヒョッコだろう。しかしこの映画のよさは、「私はこうして成功した」という立身出世伝にありがちな「説教」や「人生訓」がまったくないこと。とにかく「こうしたらこうなった」という過程だけが淡々と描かれているだけなのだ。人間ドラマとしての厚みはない。しかしそれがいい。

 夕食を食べてから帰宅。しかし夜は夜で、宅配ピザを頼んで食べたりしているのだから、こりゃ太るわい。今年の前半には70キロを切っていた体重が、最近着実に増えて今は75キロぐらい。5~6キロは増えたことになる。ちょっと本気でダイエットを考えないとなぁ。最近、身体が重くなったのを感じるよ。

わが映画批評の五〇年―佐藤忠男評論選
佐藤 忠男

平凡社
2003-09
売り上げランキング 158,638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.25

新しいデジカメが到着

 午前中は映画評を書いたり(まだHPは未更新)、テレビ番組用のDVDリストを作ったりする。正午すぎに出かけようとしたら、ちょうどそこにAMAZONからの荷物が到着。中身は先日注文したIXY DIGITAL 2L。早速箱を開けて電池とメディアをセット。

 今回メディアは256MBを購入したのだが、これは128でもよかったかもしれない。このカメラは以前のF410に比べると電池の消耗が激しく、カタログスペックによれば120枚撮ると電池切れになるという。でも256のメディアだと、270枚も撮影できてしまうんだよな。メディアを使い切る前に、電池を2回も交換するなんて日常ではまずあり得ない。散歩カメラとして使うなら128MBで十分おつりがくる。このブログに掲載する程度の写真なら、本体付属の16MBはいささか窮屈にせよ、64MBでも平気かもしれない。

 むしろこのカメラを使うなら、バッテリーパックの予備を買っておいた方がよさそうだ。これは早速追加注文するつもり。でも数日の旅行に出かける時などは、メディアに余裕があった方がいいのかな。270枚というと、36枚撮りフィルムの7本分。う~む、このぐらいは最低限欲しいね。でも512MBは不要。ただしIXY DIGITAL 2Lには動画撮影機能もあるし、音声メモという機能もある。それらの機能も使うとなれば、256MBや512MBは簡単にふさがってしまうだろう。

 午後は渋谷シネ・ラ・セットで『冬の幽霊たち』というWAHAHA本舗製作の映画を観る。ちょっとユーモラスで、ちょっと悲しげなファンタジー映画。でも釈然としないところもある。なぜ幽霊が出現した時、その家族に連絡してあげないんだろう……。「連絡したけど誰も来ない」「誰も本気にしてくれなかった」という説明がほんの少しほしかったけど、そうすると別の映画になってしまうのかもしれない。

 渋谷のビックカメラでデジカメ用に携帯のソフトケースを購入。実際にケースに入れて身につけてみると、今度のカメラは本当に小さくて軽い。これはお散歩カメラに最適だ。あとはバッテリーが実際にどの程度持つかだろう。Loftやハンズに立ち寄り、夕食食べて帰宅。駅ビルの書店に寄ったりする。

HPC-SD256TP SDメモリーカード 256MB Tproシリーズ

ハギワラシスコム
2003-12-17
売り上げランキング 7
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:46 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.24

ニート殺人事件

 水戸市に住む19歳の無職少年が、就寝中の両親を鉄アレイで殴り殺して逮捕されたというニュース。これは「無職少年」というのがポイント。この少年は高校を卒業した後、上の学校に進学しなかった。「進学できなかった」のではない。それなら「浪人生」か「予備校生」になる。しかしこの少年は「無職」なのである。今はやりの「フリーター」ですらない。何もせずに、ただ家でぶらぶらしていたのだ。就業、就学、職業訓練のいずれもしていない、いわゆる「ニート」(NEET = Not in Employment, Education or Training)という人種ですな。それを親に注意されたところ、逆上して親を撲殺してしまうのだから困ったね。

 午前中は携帯向け映画情報のコンテンツを作って、昼過ぎに入稿。午後は銀行に行ったり、郵便局に行ったり、買い物に行ったり、ご飯を炊いたり……。まるでやっていることが専業主婦みたい。夜になってからテレビ番組用にDVDのリストを作り始める。

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく
玄田 有史 曲沼 美恵

幻冬舎
2004-07
売り上げランキング 930
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10:31 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.23

メガネを新調する

 午前中に日記を付けたり、映画評を書いてアップしたりする。ネットを検索していたらインド映画専門のDVD通販業者というのを見つけた。(自分のサイトに配信されたAdSenseの広告で見つけたのかもしれない。)商品目録を見ていたら『DILWALE DULHANIA LEJAYENGE Movie』のタイトル発見。これは大傑作『DDLJ/花嫁は僕の胸に』、劇場公開時の邦題だと『シャー・ルク・カーンのDDLJ/ラブゲット大作戦』のことだ。そうか~、DVDが出ているのですね。そういや今年公開された『ゲート・トゥ・ヘヴン』でも引用されていたよなぁ……。ただしこのDVD、AMAZONでは買えないようです。まだ観ていない人は、ぜひぜひリンク先の専門業者から買ってください!

 午後は近くの映画館で『ハウルの動く城』を観ようと思ったのだが、かなり混んでいるようなので今回はパス。平日が使える身の上なんだから、わざわざ混んでいる休日に、混んでいる映画を観ることはないのだ。

 かわりに未見だった『コラテラル』を観た。う~む、面白そうな話なのに、やけに地味な印象が残るのは何故だろう。それは主人公ふたりが、まるで地味だからだろうなぁ……。ジェイミー・フォックスはしがないタクシーの運転手。トム・クルーズは髪もスーツも灰色にすすけている。そのふたりが夜のロサンゼルスをうろうろする。映画の滑り出しはよかったと思うんだけど、1件目の殺人あたりからもうドンヨリしてきてしまった。残念。

 映画の後、近くのメガネ屋で新しいメガネを作った。今使っているのはもうレンズ表面のコーティングがはがれて、ボロボロになっている。どのみち新調しなければならなかったのだ。検眼したら右目の乱視は矯正するほどのことはないとのこと。目が良くなったってことか? 左目は乱視の向きをちょっと変更。どのみち近視矯正がひどいので、レンズが分厚くならないように高価なレンズを購入しなければならない。今回はフレームとメガネ本体をあわせて、6万円ちょっと。まあ生活必需品だから、しょうがないと言えばしょうがないんだけど……。

 夜はメルマガの編集と配信手続き。DVD-BOXの特集をやろうと思ったのだが、とてもそんな時間がなかったので今回はパス。特集は次回に考える。目玉は何だ? 「新選組!」かな?

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
香取慎吾

おすすめ平均 
完全版でなければ意味がない!
興味、好奇心がわいてきました。
三谷幸喜渾身の一作!
幕末を駆け抜けた青年たち
新選組!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.22

仕事の日

 毎週月曜日は仕事の日だ。メルマガ入稿。新潟の原稿入稿。実話誌の候補リスト作り。などなど……。文字にしてしまえば1行で済んでしまうような作業に、結構時間をかけている。

 DVDのリストを作っていて、いろいろなDVD-BOXセットが出ていることに改めて驚くと同時に、時間に余裕があれば買ってみたいなぁ……とも思う。今は金銭的な問題よりも、時間がないことの方が問題。DVDを買ってもほとんど観てないものね。日記のページで「最近観たDVD」を掲示しているけれど、『まぼろしの市街戦』からこちら、何も観ていないのだから掲示している意味があまりないよ。

 で、気になるDVDの筆頭はワーナーから出る『マトリックス・アルティメット・コレクション』で、映画3部作と番外編の『アニマトリックス』と特典ディスクを含め、全部でDVD10枚という豪華版。映画第1作目はリマスター仕様で、画質が向上しているという。他に気になるものといえば、『ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット』だろうか。これは1作目からロングバージョンで3作観ると、いったいどのくらいの時間になるのかな。1,2作は劇場でも限定公開されたから、3作目もぜひ劇場にかけてほしい。

 個人的にぜひ観たいと思うのは『Uボート パーフェクト・コレクション (初回限定生産) 』というもの。これは映画『Uボート』のもとになったTVのミニシリーズを完全収録し、さらに最初の劇場公開版も収録したもの。『GODZILLA FINAL BOX』はこのセットでしか手に入りにくそうな作品がすべて収録されているので、ファンはこれで買うしかないのだと思う。でも最新作の『GODZILLA FINAL WARS』は収録されていないというのが、なんだか画竜点睛を欠くような……。他にもいろいろ気になるBOXセットが見つかったが、それらはメルマガで紹介することにしよう。

 夕方から買い物に出て、夜になって帰宅。AMAZONに注文したカメラが届くのは週末になりそうだが、それを入れるケースをどうしようか検討中だ。CANON純正の本革ケースも悪くなさそうだけど、携帯ケースを使って横位置にベルトに付けた方が、腰回りがゴロゴロしなくていいのかなぁ……と思っている。

マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉

ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-12-17
売り上げランキング 81
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

10:47 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.11.21

新しいデジカメを買う

 午前中はCS。その後一般の礼拝にも出席。今日は幼児祝福式。ビックカメラでデジカメを見てみる。最終的には「お散歩カメラは小型に限る」と結論づけ、CanonのIXY DIGITAL L2を買うことにした。テレビCMでミラ・ジョヴォヴィッチが宣伝しているアレだ。ターゲットとしては女性向けを意識しているのだろう。Lは「Lady」のLだろうか。アクセサリー感覚の繊細な表面仕上げに加え、4種類のカラーバリエーションがある。悩んだが、やはりシンプルにシルバーにした。

 展示してある実機を触り、電源オフからの起動時間やマクロ撮影の雰囲気、デジタルズームの実用度などを確認。帰宅してからAMAZONで注文した。いろいろ調べたのだが、ここが一番安いように思う。メディアは256MBを同時注文。これで合計額は37,880円。あとは後日、ウォータープルーフケースも追加注文するつもりだ。カメラを買うとギフト券をくれるので、それを使って注文しようという目論見。これを入れても、F410の返金額の範囲内に納まるだろう。

 F410は光学3倍ズーム機だったが、今度のカメラは(35mmカメラ相当で)39mmの単焦点。考えてみれば、僕のお散歩カメラはずっと単焦点コンパクト機だった。コニカのビッグミニA4(名機だった!)に始まり、フジフィルムのカルディアミニ「テイアラ」、CONTAX T2(これを使っている時期が長かった。描画力はピカイチ)、MINOX 35GT(これも素晴らしいカメラだった)、CONTAX T3(最近父に譲った)と、単焦点のカメラに愛着があるのだ。さてIXY DIGITAL L2はどうなることやら……。

 午後帰宅してしばらくすると、AMAZONに注文していた「ザッツ・エンタテインメント」のDVD-BOXが届いた。これは特製のボックスに入っている限定品というわけではなく、パート1~パート3までの単品パッケージをボール紙製のジャケットでくるんでいるだけ。ちょっと残念。しかし中身をちょっと見始めたら、映像のあまりのクリアさにぶったまげてしまった。音も5.1chになって広がりが出ている。パート1とパート2については、日本語吹替え音声まで収録されているのだ。(ただしモノラル。)これまでに何度も観ている映画だけれど、こうして改めて観ると感動もひとしお。

 夜は「新選組!」を見ながら夕食。あと数回で終わってしまうこの番組は、登場人物それぞれの行く末を暗示するようなシーンや台詞が多くなってきた。

Canon IXY DIGITAL L2 (プラチナシルバー)

キヤノン
2004-11-06
売り上げランキング 586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

06:01 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック