2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Google AdSense顛末記(十) | トップページ | 関東地方も梅雨入り »

2005.06.09

予想外の反応にビックリ

 Google AdSenseとの話は僕の中でもう既に終わってしまっていることだったんですが、こうして記事を書いて発表すると反響が大きくてビックリ。記事の概要は6月の初めに全部書いてしまったので、僕にとってはもう1週間ぐらい前の話なんですけどね……。

 誤解している人がいるようなので改めて補足しておくと、僕自身は自分のアカウントの非承認が「Google AdSense狩り」の結果だとは認識していません。Googleから通知が来る前日までアクセスレポートはチェックしていましたが、その範囲で不自然な広告クリックはなかったと認識しています。

 当初は連休明けによるアクセス増が原因かとも疑いましたが、今では、そもそも「無効なクリック」という認定そのものに、これといった理由はないのだろうという気がしています。

 最初はAdSenseのアカウント復帰を願っていたわけですが、今となってはGoogleに何かを求める気持ちもありません。僕の中ではすべてが急速に過去の出来事になっています。「書いたら忘れる」というのが、僕の体質みたいです。(映画についてもこれは同じなんですが。)

 それにしても、広告の管理をしなくても自動的にページに最適化された広告が配信されるという、コンテンツ・ターゲット広告の仕組みはやはり便利でした。キーワードを設定した範囲で広告を差し替えていくAmazonのライブリンクも最初はすごいと思いましたが、AdSenseを知ったあとは魅力がだいぶ薄れてしまいましたしね。

 今の希望は、AdSenseに匹敵するコンテンツ・ターゲット広告を、どこか他の会社が作ってくれないかな~ということぐらいかな……。ただしクリック保証はダメでしょう。これは他のインターネット広告でも起きていたことですけどね。やはり広告クリック後の契約数に応じた報酬にした方がいい。Amazonや楽天が、アフィリエイトと連動させたコンテンツ・ターゲット広告を作ってくれれば最高かも。

11:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/4442521

この記事へのトラックバック一覧です: 予想外の反応にビックリ:

» グーグルさん [ゴチャフィブログ から]
え〜とグーグルの広告ですよね以前別のHPやってる時蹴られました・・・(爆)なので、これ以前の話ですねただ、アフィリエイトと言うのは結構いっぱい会社があるので、良い噂・悪い噂 両方聞くので見極めが必要ですね... 続きを読む

受信 2005/06/10 10:56:18

» その対応が問題 [[晴]晴れの日もある から]
既にあちこちで話題になっているが、ここでも採り上げる。 ・ 続きを読む

受信 2005/06/11 16:35:59

» Google Adsenseのシステムは発展途上? [Cazperのつれづれ日記 から]
Google Adsense(グーグルアドセンス広告)は一度張ってしまえば、あとはWEBサイトの内容に応じて適切な広告を標示してくれるので非常に秀逸な広告配信システムです。 しかし、偶然Blogを見ま... 続きを読む

受信 2005/06/11 19:13:57

» ぐーくるだとか・・・ [雑文系文章綴り から]
Googleとか、yahooとか、あまり関心無いのです。 たまにしか検索いたしませんし。 まっ、久方ぶりに今回検索したのですが、面白いなと思ったお話。 新佃島・映画ジャーナル  予想外の反応にビックリ Google AdSense... 続きを読む

受信 2005/06/11 23:01:20

» Google AdSense顛末記 [ヤクバハイルのアクセスアップ!! から]
…を読んでいます。 漏れもグーグルやっているので人事ではない。 新佃島・映画ジャーナル の記事 http://hattori.cocolog-nifty.com/brog/ 「金が欲しいか」と言われればそりゃ欲しいけど… このやり取りって…ホンマかいな?? google側の反応が知りたいところ。 ... 続きを読む

受信 2005/06/13 10:56:48

» GoogleAdsense狩り [アフィリエイトの箱 から]
もうどうでも良くなってきていた、Adsenseのアカウント削除。 1年くらい前から「GoogleAdsense狩り」とかいうのが 横行しているようですね。知りませんでした。 Googleからも、あれから返事も全く来ませんね。 別にいいんですけど。 俗にアボセンスなどと呼ばれてる...... 続きを読む

受信 2005/12/05 12:07:08

コメント

>書いたら忘れる」というのが、僕の体質みたいです。(映画についてもこれは同じなんですが。)
そ、ソレじゃ困るんですが…。
しばらくは世の中に残る(であろう)文章を書いておカネを得ている人の言動だとは思えないあたり、かつてはライターを真剣に志していた者のひとりとしては、やや残念に感じます。
だって、大工さんだとか、仕事でもプロジェクト単位で形が残る物(ソフトウェア開発・デザインなど)を作った人などは、少なくともそれが稼動し続けている間は、それに対していくばくかの製造者責任を持つものでしょう?
まぁ文章書きで言えば、過去の自分のインチキレポートをガンとして認めようとしない本多勝一氏を筆頭に、そういった「自分の過去に書いたものに責任を持たない人」ってのは、この国にはゴロゴロ存在しているわけですが。

投稿者: guldeen (2005/06/10 0:24:36)

服部さんはネット上でそれなりに知名度のある方ゆえ、いろいろと反響を呼んでいるかと思いますが、バランス感覚というか常識人であることを感じました。きっと服部さんがこのような記載をされると、外野は「なーんだ、あっけなく終わっちゃった」という意味で様々またコメントがあるかと思いますが、それもまたネットの世界ということで、玄人服部氏としては特にお気になさらないことでしょう。映画評論としての今後のご活躍を期待しております。

投稿者: nanashi (2005/06/10 0:43:34)

そうそう、忘れたほうがいいです、こんなこと(笑)。
こういう対応をするヤツは他にもたくさんいますし(特にお役所だとか元お役所だった会社とか)、人類が存続する限りは撲滅も出来ないでしょうから(笑)、指摘すべきは指摘されたわけだから、あとはもっと映画批評に勤しんでくださればと…。

投稿者: アール・ケイ (2005/06/10 12:43:08)

http://www.eiga-kawaraban.com/about_kawaraban.htm

この文章も書いたことを忘れた…というわけですか。
立派なAdSense 規約違反ですね。
最初は服部さんに同情もしたんですが、誠に残念です。
Googleからの定型メールで「不正なクリックがあったので」と
書いてあっても、アカウント剥奪の原因はそれとは限らないようですよ。
こういうクリック誘導を堂々としている以上、いつアカウントを停止されても文句はいえない…
と普通のドセンス利用者は考えるでしょう。

投稿者: ads_user (2005/06/10 16:03:29)

>ads_userさん

件の文章はサイトへの広告挿入を嫌う読者がいるため、広告掲載に理解を求めようとして書いた案内です。僕自身はこれをクリック誘導とは考えていませんし、AdSenseの規約違反になるとも考えていません。しかしGoogleがそう判断するなら、それはそれで仕方のないことでしょう。

こうした判断はGoogleの裁量権に属する問題であって、AdSenseの利用者がどう考えるかは関係ありません。したがってこれが規約に反するか否かを、この場で議論することは無意味です。

また今回の一連の記事の焦点は「AdSenseのアカウントが剥奪されたのは不当である」という点にはありません。アカウントを誰からいつ剥奪するかはGoogleの独占的な裁量の範囲にあり、そこに利用者が口をはさむ権限はありません。

不正をしようがしまいが、Google AdSenseの利用者はアカウントを停止されることに文句が言えません。『Google は、その独占的裁量で、いかなる場合でも理由の如何を問わず、本プログラムの全部または一部、あるいは本契約を終了し、どの本件サイトについても本プログラムの全部または一部への参加を中止あるいは終了することができます』と規約にある通りです。

https://www.google.com/adsense/localized-terms?hl=ja

問題なのはGoogleから利用者に対する通知の方法、ならびに問い合わせに対する対処のあり方だと考えています。しかしこれにについても、「いや、Googleのやり方に間違いはない!」と考える人がいらっしゃるならどうぞ勝手に。人の感じ方や考え方はそれぞれでしょうから、僕はそれについてもこの場で議論するつもりはありません。

投稿者: 服部 (2005/06/10 18:41:59)

瓦版(前述のURL)の頁見たよ。

「~気になる広告があったらどんどんクリックしてください。~」

りっぱなクリック誘導だろうが。ちゃんとAdSenseの規約読んでるのか?いかなる理由があろうともクリックをうながす言動は規約違反なんだよ。アカウント抹消されるのも当たり前だろう。

100%自分が悪いくせになにが顛末記だ。自分も上の頁見るまでは同情してたけど、なんか馬鹿らしくなってきたよ。もう一度しっかり規約読め。

俺みたいに真面目にAdSenseやってる者からしたら、とんでもなくふざけた野郎だな。

投稿者: にゃん (2005/06/10 20:36:15)

にゃんさんあなたもなにもそこまで言わんでも。上記にあるように服部氏は異なる見解を示しているのだから。。。

投稿者: わん (2005/06/10 22:55:32)

完全な規約違反と私も思います。Googleの対応はともかく、これではアカウントの剥奪も当然でしょう。同情して読んでいたものの,何だか人間のせこさを感じて、後味は良くなかったですね。

ところでなんで本ブログのアドレスは「brog」になってるのでしょうか。申し訳ありませんが笑ってしまいました。

投稿者: PS (2005/06/10 23:07:51)

いやだから、アカウント剥奪の是非ではなく、その告知方法及び問い合わせに対する対応にむかっ腹が立ったと書いているようにしか読めないんですが。
「対応はともかく」ではなく対応が問題と言ってるんだから、それに反論したいなら、いやあの対応には全く問題は無い、あういは100%非があると思われる相手への対応としては少々無礼なものでも問題ないとかそういう反論になるもんでは?

投稿者: (2005/06/11 0:21:44)

コメントでバトルになっている方々、
ちょっと待ってくださいよ。

私も同情していた愛読者ですが、顛末記は、
「非が無いのにgoogleが一方的に切った」から始まり
「どうしてか理由を問い合わせた」ところ侮辱してきた。
「こんな会社は許せん」と結果なったわけです。

非が無かったから、読む方も凄く同情したものです。

最初から「非はあるけどgoogleに問い合わせてみた」
という記事であれば良かったのではないでしょうか?

グーグル社員とのやり取りも険悪にはならなかったかも。

「クリックよろしく」とか「広告掲載理由を書きたい」けど
グーグルの規約で書かなかった人からみれば、
不正誘導と指摘するのは当然かもしれません。

どうやら、それが焦点でバトルになるのは解ります。
服部さんも、直ぐに「俺が悪かった!!!」と言われれば、
良かったのかもしれませんよ。

投稿者: 川渕 (2005/06/11 5:36:23)

あと、トラックバックをしているブロガー連中、
情報ソースは「顛末記」だけだろう?

会話テープが公開される前に決めつけて良いのか!
応援して一般公開して良いのか?

東芝問題の時は同じように何回か対応が悪かったので、
テープで録音したからこそだ。テープが出るのを待て。

投稿者: 川渕 (2005/06/11 6:04:20)

「予想していた通りの反応」の間違いでしょ。服部さんは昔と変わっていない。

投稿者: fmovie (2005/06/11 10:19:54)

逆恨みですね、かっこ悪い

投稿者: 感想 (2005/06/13 9:58:45)