2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

1年の半分が終わる

 ゲゲゲ! もう6月も終わりってことは、今年1年の半分が終わったってことじゃないか! この調子だと、今年は後半もあっと言う間に終わってしまいそうだ。じつは今年は前半よりも、後半の方がいろいろとイベントもあったりして忙しいんだよな~。新しい仕事もいくつか始まる予定があるし……。

2005.06.29

乾燥機が大活躍

 梅雨時で部屋の中が蒸し暑い。かといってクーラーをかけるのもなあ……。というときに、最近は除湿器が大活躍しています。部屋の中でしばらくスイッチを入れっぱなしにしておくと、水を受ける容器に洗面器一杯ぐらいの水が溜まってびっくり。これが空気中にあった湿気なんだから、蒸し暑いはずだよな~。

続きを読む "乾燥機が大活躍" »

2005.06.28

店頭から寒天が消えた

 少し前からトマト寒天を作って食べていたのですが、その材料である寒天が最近買えなくなってしまいました。近所のスーパーには、粉寒天も棒寒天もありません。もともと扱いがなかったわけではなく、以前は普通に売っていたのに、最近になって売場の棚が空っぽになってしまったのです。

続きを読む "店頭から寒天が消えた" »

2005.06.27

谷亮子の妊娠会見

 女子スポーツ選手の妊娠と試合出場辞退会見が延々生中継され、その後はどのニュース番組でもトップ項目として報道される。日本はつくづく平和な国だな~と思う。彼女が妊娠しようとしまいと、国民生活にどれだけの影響があるというのだ? まあ報道することそのものは構わないけど、こんなものはスポーツニュースの一部として小さく報じればいいことだろうに……。

続きを読む "谷亮子の妊娠会見" »

2005.06.26

【質問】ビールと「プハ~!」

 ビールを飲んだ後、「プハ~!」とか「クハ~!」と声が出てしまうのはなぜでしょう? ビールに限らず、炭酸系の飲み物はついつい声が出てしまうような気がする。誰かその理由をご存じの方は教えてください。仮説、こじつけ、駄洒落、思いつき、何でも結構。

2005.06.25

スター・ウォーズ人気は?

 『スター・ウォーズ』シリーズ最新作にして最終話となる『エピソード3/シスの復讐』を先々行オールナイトの初回で観た。さすがにこの回は満席だったのだが、映画が終わって切符売場の案内を見ると、次の回以降はすべて「お座りになれます」になっていた。

続きを読む "スター・ウォーズ人気は?" »

2005.06.24

殺人事件と映画

 板橋で両親を殺した高校1年の少年は、そのあと池袋の映画館で『バットマン ビギンズ』を観ていたらしい。主人公ブルース・ウェインが目の前で両親を殺されるというこの映画を、自ら両親を殺したこの少年はどんな思いで観ていたのだろうか。

続きを読む "殺人事件と映画" »

2005.06.23

逆噴射家族

 福岡で中3の弟が17歳の兄を刺殺した事件。兄がノコギリで弟に暴力をふるい、弟がそれに包丁で応戦って……これは『逆噴射家族』ではないか! 『逆噴射家族』の石井聰互監督と脚本の小林よしのりは共に福岡出身。これも何かの偶然だろうか。

続きを読む "逆噴射家族" »

2005.06.22

ココログ不調

 昨日からエラーが出っぱなしだったのだが、今日は1時間ぐらいかけて書いた記事が、保存されずに消えてしまった。ひどく腹立たしい!

2005.06.21

カロチンとカロテン

 黄緑色野菜に多く含まれている「カロテン」という栄養成分がある。あれは昔「カロチン」と呼ばれていたが、最近は「カロテン」と呼ばれることが多い。しかしテレビのナレーションでは「カロテン」と言っているのに字幕が「カロチン」だったり、その逆の場合もあったりで、まだ混乱しているようだ。そもそもなぜ呼び名が変わったのか、その理由がよくわからない。

続きを読む "カロチンとカロテン" »

2005.06.20

今さら国立追悼施設?

 靖国神社バッシングがあまりにも激しいので、小泉首相も国立の新しい戦没者追悼施設建設を検討し始めたらしい。しかし戦後60年もたってそんな施設を作ったところで、いったい誰が何に利用するんだ? 新施設を作っても靖国神社がなくなるわけではないし、政治家たちが靖国参拝をやめるわけではないはず。新施設ができたとて、靖国バッシングをかわす役には立たないのだ。

続きを読む "今さら国立追悼施設?" »

2005.06.19

田崎真也さんは……

 ソムリエの田崎真也さんが書いた「田崎真也のワイン・シアター」という本がある。これは映画に登場するワインについて解説した本なのだが、その映画部分の解説については、じつはほとんど僕が書いている。(映画監修という表記になってます。)田崎さんと直接の面識はないんですけどね……。先日テレビにその田崎さんが出ているのを見て突然、「この人は、あるある探検隊に似ている……」と思い始めた。

続きを読む "田崎真也さんは……" »

2005.06.18

プロ野球交流戦終了

 今年から始まったプロ野球の交流戦が終わった。なんだか「やっと終わったのか」という感じ。1カード6試合は多いような気がする。出会い頭の面白さでペナントレースとは違うイベント的な面白さを狙うなら、1カード3試合でいいのではないだろうか。そこで負け越したチームは、「来年こそは!」と奮起すればよろしい。

続きを読む "プロ野球交流戦終了" »

2005.06.17

ホームビデオの時代

 『戦国自衛隊1549』を観た。映画自体は面白くなかったが、回想シーンの表現には「う~む」と考え込まされた。この映画では主人公の江口洋介が過去を回想する場面で、ビデオ映像を使っている。これに時代の変化を強く感じさせられたのだ。

続きを読む "ホームビデオの時代" »

2005.06.16

トマト寒天の効果?

 とりあえず3キロぐらい痩せたのですが、それがトマト寒天の効果なのかは謎。食べる量そのものが減っているのかもしれない。最近また胃の調子が悪くて、朝もご飯は食べなくなったしな~。

続きを読む "トマト寒天の効果?" »

2005.06.15

やばいやばい

 読書日誌のメモがだんだん長くなっている。やばいやばい。あれは短いメモでいいのだ。ただでさえ時間がないんだから、書評みたいなものを書くのは避けなければ……。

続きを読む "やばいやばい" »

2005.06.14

ココログのメンテナンス

 なんで真っ昼間にメンテナンスなんてするんだよ~。9:00-15:00なんて、もろに僕が使う時間ではないか!

2005.06.13

ヘンな謝罪

 山口県の高校で3年生の生徒が隣の教室に爆弾を投げ込んだ事件で、事件の起きた学校の校長が、犯人の生徒に謝罪したのには驚かされた。犯人の生徒は学校の中でイジメを受けていた可能性があり、それに気づかないまま犯行にまで追い込んだのは申し訳ないということらしい。

続きを読む "ヘンな謝罪" »

2005.06.12

私は○○童貞である

 人間は生まれた瞬間に未知の世界に放り出され、その後は少しずついろいろなことを経験していく。未知の世界は少しずつ既知の世界に置き換えられて、知らなかったことや経験していなかったことが少しずつ減っていく。しかしそれでもどういうわけか、「これはまだ経験していない」という領域が離れ小島のように取り残されることがある。

続きを読む "私は○○童貞である" »

2005.06.11

韓国映画のメソメソ泣き

 先日テレビで『シルミド』が放送されたのだが、この映画も含めて、韓国映画には最後に大号泣大会になってしまうものが多いように思う。『シルミド』で言えば最後のバス車内でのシーン。他にも『シュリ』『JSA』『チング』など、ドラマチックなアクション・ドラマでは最後に必ず主人公が泣くシーンがある。最近の映画では『マイ・ブラザー』もそうだった。最後は涙の中に物語のすべてが溶解していく。

続きを読む "韓国映画のメソメソ泣き" »

2005.06.10

関東地方も梅雨入り

 台風の心配をしていたのだが、今回の雨は梅雨入りということらしい。梅雨明けは7月20日頃だとか。それまではジメジメしたうっとうしい日が続く。なによりも、毎日傘を持って歩くのが面倒くさい。店に入るときにぐしょ濡れの傘に傘袋をかぶせたり、電車の中で濡れた傘を押しつけられたりするのも嫌だ。でも一番困るのは試写室でどう傘を管理するかという問題。

続きを読む "関東地方も梅雨入り" »

2005.06.09

予想外の反応にビックリ

 Google AdSenseとの話は僕の中でもう既に終わってしまっていることだったんですが、こうして記事を書いて発表すると反響が大きくてビックリ。記事の概要は6月の初めに全部書いてしまったので、僕にとってはもう1週間ぐらい前の話なんですけどね……。

続きを読む "予想外の反応にビックリ" »

2005.06.08

Google AdSense顛末記(十)

 Googleのアドワーズ広告担当に電話をしたところ、最初に電話に出た女性オペレーターはやはり話が通じない。そのあと彼女と電話を替わった男性担当者は、電話口に出てこちらの話を一通り聞いたあと、「どうぞお好きなようになさったらいかがですか?」と言った。「お好きなように」では意味がさっぱりわからない。一体なんの話だ? 「仰ることの意味がわかりませんが」と聞き返したところ、相手は面倒くさそうな口調で「こちらの対応に不都合があるとお考えなら、法的な手続きをお取りになればいいでしょう」と言った。

続きを読む "Google AdSense顛末記(十)" »

2005.06.07

Google AdSense顛末記(九)

 Google AdSenseからアカウント非承認の通知をもらったのは5月15日で、その後は17日に電話し、18日にメールをもらってまた電話している。しかしこうしたやりとりの内容を、僕はわざわざブログで公開するつもりなどなかった。その間に感じたことや考えたことがあっても、あくまでも一般化された事柄として、相手の名は匿名で記事にしようと思っていた。(そのひとつが個人情報保護にまつわる記事。)一連の出来事はGoogleがどうこうという話ではなく、僕自身がこの問題にどう納得するかという、個人的な「気持ち」の問題だと考えていたからだ。しかし5月30日に「これが最後」と思ってGoogleに電話したことで、その気持ちは変わった。

続きを読む "Google AdSense顛末記(九)" »

2005.06.06

Google AdSense顛末記(八)

 なんだかダラダラ長くなってなかなか終わらないのですが、これは今回の件について「起きたことや考えたことはなるべく全部記録しておこう」という意図があってのことです。というわけで、前回からの続きです。

続きを読む "Google AdSense顛末記(八)" »

2005.06.05

Google AdSense顛末記(七)

 Google AdSenseからアカウント不承認のメールが来た5月15日は、GWの連休からちょうど1週間後にあたる。僕のサイトは会社や学校からのアクセスが多いのか、平日に比べると週末はアクセス数が落ち込む。(月曜日になるとアクセスが増えるし、昼休み時間のアクセスも多い。)連休や年末年始には目に見えてアクセスが減るのだ。今年のGWも目立ってアクセスが減って、連休明けには復活した。書き残していた映画評を連休中に書いてサイトを更新したこともあって、アクセス数は連休前以上に伸びており、それに合わせて広告クリックもかなり増えた。

続きを読む "Google AdSense顛末記(七)" »

2005.06.04

Google AdSense顛末記(六)

 Google AdSenseから届いたメールは余りにもお粗末で、こちらが送ったメールを先方がきちんと読んでいないことは間違いないと思われた。そこで18日の朝に、再度Googleに電話をすることになった。電話をかけた時間は、午前9時15分過ぎだ。電話に出たのは昨日とは別のオペレーターだった。

続きを読む "Google AdSense顛末記(六)" »

2005.06.03

Google AdSense顛末記(五)

 Google AdSenseの問題を続ける。アカウント非承認の件については、5月15日に再度の確認とアカウント復活を願うメールをGoogle宛に出していたのだが、それに対して返事のメールが来たのは18日の朝だった。タイムスタンプは「2005年5月18日 7:40」になっている。これが前日に電話をしたことを受けてのものなのか、それとも15日に送ったメールに対する機械的な返答なのかは不明。しかし文面は以下のようなものだった。

続きを読む "Google AdSense顛末記(五)" »

崔洋一監督がエキストラ募集

崔洋一監督のスタッフからエキストラ募集のお知らせがありました。以下、その内容です。興味のある方は応募してみてください。(なるべく広く告知して上げたいので、リンク等もよろしくお願いします。)

続きを読む "崔洋一監督がエキストラ募集" »

2005.06.02

Google AdSense顛末記(四)

 5月15日に「Google AdSense アカウントの非承認」を受け取ってから2日たった17日朝、自分のページを見て、そこにAdSenseの広告が配信されていないことに気がついた。これは非常に見苦しい。早くアカウントを復活してもらわなければと焦った。この段階で、Googleに送ったメールにはまだ何の返事もない。確認なしに、問答無用で広告を止めてしまうのか? メールではらちがあかないと判断して、僕はGoogleに電話してみることにした。朝9時半頃だ。

続きを読む "Google AdSense顛末記(四)" »

2005.06.01

Google AdSense顛末記(三)

 ページに広告が配信されている限り、少なくとも映画瓦版やブログの読者にとって、僕のAdSenseアカウントが生きているか死んでいるかはどうでもいい話だ。ページは今までと同じように、何も変わらず表示され続けている。ところが最初の変化は、映画瓦版のトップページに設置されたサーチタイプのAdSenseに現れた。これは映画瓦版の中を全文検索するものだが、検索キーワードを入れて検索ボタンを押すとエラーになってしまうのだ。僕はこれをサーバーの不調だと考えしばらく放っておいた。

続きを読む "Google AdSense顛末記(三)" »

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »