2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »

2005.05.21

映画瓦版ブログを試作中

 思い立ったら吉日で映画瓦版のブログ版を試作し始めたのだが、スタイルシートとの格闘がしばらく続きそう。ココログを使い慣れているので、この日記と同じココログの一角に試作中だ。記事をいくつかエントリーして、あちこちいじくり回している。本家のデザインに準じたデザインを考えているのだが、スタイルシートに書かれていない独自のタグがあるようで、それをどう処理すりゃいいのかよくわからん。

 まあ急ぐものでもないので、ぼちぼちやります。一通り形になったらリンクを張りますが、それまではどこにあるのか内緒。とはいえ「ブログの存在を隠そう」という意志はまったくないので、適当にURLを打ち込めば表示されると思います。

11:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.05.20

映画瓦版ブログ化を検討中

 映画瓦版の本体を、ブログに移行させることを考えている。過去ログをすべてブログの形式にするのは大変だが、新しいところからどんどんブログにした方がいいのかな~、と思案しているのだ。以前は映画瓦版に映画評を書くとそこにリンクを張ってくれる人が多かったのだが、最近は映画瓦版本体を無視して、ブログ化されている日記ページにリンクが張られることも多い。ブログ全盛の今は、これまで通りHTMLでこつこつ作っているページが無視されてしまう傾向があるのだ。

 映画瓦版には固定読者がいるので、アクセス数がそう極端に落ちることはない。それでも今のままでは、これ以上の読者の伸びは望めなさそうだし、ブログの日記が着実に読者を延ばしていることに比べると、映画瓦版本体の方は明らかに「停滞」していると解釈すべき状態になっている。

 ブログにするとデザインがだいぶ変わってしまいそうだが、開設以来ずっと基本的なデザインに変化のない映画瓦版にとってはそれもいい刺激になるかも。とりあえず近日中に試験的にブログ版の映画瓦版を作ってみて、どこかのタイミングで現在のものと差し替えることになるかもしれない。過去ログについては現在の形式のまま残して、個別にアクセスしてもらうしかないかな……。

10:12 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2005.05.19

言い訳は個人情報保護

 先日ある会社に問い合わせの電話をしたが、翌日になってまた不明な点が出たので再度同じ部署に問い合わせの電話をした。いろいろ話をしていてわかったのは、この会社では問い合わせの受け付けをする部署内部で一切の情報共有化が行われておらず、そのとき電話に出た人と、そこから先の担当者の間でしか情報がやりとりされていないことだった。小さな会社ではない。インターネットを使っている人なら誰もが知っている、すごく有名な会社である。「なんで部署内で情報を共有しないんですか?」と訪ねたら、「個人情報保護もありますし」との返答。これには驚いた。

 どうもこの会社では、顧客からの問い合わせ電話の内容を、「個人情報保護」の観点から、同じ部署内といえども他人には口外しないことになっているらしいのだが……。そんな馬鹿な! もちろんここで「個人情報保護」などと言っているのは、部署内での連絡が上手く機能していないことの言い訳にすぎない。問い合わせた情報から知り得た個人情報を社外に持ち出したり、社内でも問い合わせ案件とは無関係な部署に流して別の目的に使おうという話ではないのだ。その会社の対外的な交渉窓口として、それまでのやりとりの経緯を確認できる形になっているのかどうかという問題だ。

 社外からの問い合わせにどう対処するかは会社によって考え方が違うだろうから、「部署内で情報は共有されていないんですか?」と問われても「当社では現時点でそのような体制になっておりません」と答えればいいだけの話ではないか。なぜそこで「個人情報保護」などと言って、自分たちが顧客の権利を守るためにあえてそのような方法を選んでいるかのような言い訳をするんだろう。

 個人情報保護法ができて、どの企業も情報保護にことさら敏感になっているのかもしれない。個人情報保護に敏感になっているのは企業だけではない。個人や家庭向けのシュレッダーが売れているというから、一般個人もそれに敏感になっているのだろう。結果として今は、なんでもかんでも「個人情報保護」と言いさえすれば、それで言い訳になってしまうのかもしれない。

 でもねぇ……。あきらかに場違いなところで「個人情報保護」と言われると、こっちは「こいつは仕事をさぼっている」と思ってしまうんだよね。

〈図解〉個人情報保護法 - 中小企業・個人事業者にも役立つビジュアル対策マニュアル
4022500271鶴巻 暁 中 康二

朝日新聞社 2005-04
売り上げランキング : 1,965

おすすめ平均star
star大企業でも十分役に立ちます
starわかりにくい本は不要
star個人情報保護には、この本です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08:42 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2005.05.18

抗生物質は風邪に効かない

 数日前から頭痛がひどく、のども痛くなったので医者に行った。熱は37度ぐらいで大したことないのだが、じつはこのぐらいの微熱の方が、意識がはっきりしているので辛かったりする。これで熱が38度ぐらいになってしまうと、頭がポーッとしてしまってかえって辛さは薄れるのだが、それはそれで大問題。頭痛、めまい、のどの腫れと、それによる吐き気などに苦しみつつ、医者から処方された薬を飲んでいる。

 風邪をひくと「医者で抗生物質をもらえばすぐ治る」と言う人がいるが、じつは抗生物質はウィルスにはまったく効果がないそうだ。風邪のほとんどはウィルス性のものだというから、風邪のほとんどに抗生物質は効かない。ただしウィルス感染によって粘膜が弱くなると、そこから細菌感染してひどい炎症を起こすことになる。細菌に対してなら、抗生物質は効果てきめん。風邪でのどがゼーゼー、咳がゴホゴホという人は、抗生物質を飲めば症状が一気に改善する。

 ただしこれは炎症が治まっただけ。医者からもらった他の薬の効果もあって、熱が下がったり頭痛がおさまったとしても、身体の中にはまだ風邪のウィルスが生きている。「さすがに病院の薬はよく効く!」と会社や学校に行けば、そこで他人に風邪を移す可能性があるので要注意。もっとも咳やくしゃみがおさまれば飛沫感染の可能性はずっと減ると思うけど……。

 僕の今回の風邪はのどの腫れがひどかったので、とりあえず抗生物質を処方してもらった。医者いわく「細菌感染なら晴れは引きますが、全員がウィルスなら薬は空振りです」とのこと。とりあえず3日分処方してもらったけれど、さてどうなることやら。

11:47 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.05.17

公言することを慎むこと

 JR西日本神戸支社の姫路列車区が管内の車掌や運転士に対し、社内外で公言しないよう求める区長名の文書を配布し、署名や押印をした上での提出を求めていたとい報道があった。この文書は他にも、社員同士の宴席、ゴルフ、旅行などを慎むようにと告げていて、テレビで報じられている内容を見る限りでは至って常識的なものだと思った。しかし報道の論調からすると、マスコミはこの文書の文言を非難しているらしい。

 ついこの前まで、社員がポーリングに行っただの宴会をしていただのと非難していたのは、当のマスコミではないか。JR西日本が社内を引き締めるために何らかの通達を出すのは当然だろうし、24時間交替制で従業員が勤務している鉄道会社では、口頭での訓示ではなく、文書通達になるのも自然なことだと思う。

 従業員が必ず目を通さなければならない重要な文書を、いかに従業員に読ませるのかには、どの企業も苦労していると思う。重要な通知でも、必ず後から「知らなかった」「読んでいなかった」という者が出る。そこで登場するのが、読んだ人が捺印して返却する回覧板方式だったりするわけだ。またはさして重要でもない文書に、「社外秘」などのものものしいスタンプを押して回覧させることもある。これはどちらも、僕が以前務めていた会社で行われていたことだ。馬鹿馬鹿しいが、こうしないと通達や連絡の文書はなかなか読んでもらえないのだ。

 しかしマスコミが今回の文書で一番引っかかったのは、「会社の内外を問わず、事故のことや、事故に関連した会社のことを公言しないよう」という部分だろう。僕はこれも極めて常識的なことだと思う。事故調査や事故原因については、現在調査が進んでいる。会社もマスコミも勝手な憶測で何か言うのではなく、今は調査結果が出るのを黙って待っていればいい。社員たちが社内外で聞きかじった噂話を周囲に吹聴したり、推測や独断で事故について何か言うのは慎まなければならない。それがマスコミに「関係者によれば」と報じられると、事実でないことがさも事実であるかのように一人歩きしてしまう。

 僕が今回の事故の後でびっくりしたのは、事故の直後から、現役のJR西日本社員たちが堂々とテレビに顔を出して会社批判をしていることだった。これは一般社会の常識では考えられない。彼らがどんなつもりマスコミの取材に応えているのかは知らないが、おそらくはそれによって自分の社内での立場が悪くなることはないと確信しているのだろう。JR西日本で一番非常識なのは、じつはこうした部分ではないのか。社員のひとりひとりがバラバラに好き勝手に行動し、会社がどうなろうと自分たちは好きなことをする。事故直後にボーリングや宴会をするのが非常識なら、事故直後にテレビに出演して会社批判をするのも非常識だ。でも後者は批判されない。なぜなら、後者の非常識はマスコミの取材にとって都合がいいからだ。

 今回の文書配布については、JR西日本には特に何の落ち度もないと思う。むしろこれを大問題だとする側が、社会常識のなさを露呈しているように思えてならない。

09:44 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.05.16

寝不足気味で大失敗

 子供の頃から睡眠をきちんととらないと体調を崩すことが多く、頭痛がしたり熱が出たりすることはしょっちゅうだった。これは今も基本的に変わらない。そのため徹夜仕事などもってのほかだ。徹夜するぐらいなら、早寝して早朝に起きる。その方が効率的だ。

 それなのに昨日の夜は、いつになく遅くまで仕事をしてしまった。おかげで今日はあさから調子が悪い。なんだか頭がボーッとしているようで、1日中しゃきっとしなかった。挙げ句の果てに、編集が終わったばかりのメルマガを即時配信してしまったぞ。水曜日に届くはずのメルマガが月曜日の夕方発行になってしまった。あ~あ。

11:42 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.05.15

雷雨と地震

 朝は曇り。その後少し晴れてきたので近所のショッピングモールに出かけたが、そのときに空は晴れているのににわか雨。その後雲行きが怪しくなってきて、買物を終えて帰宅したら真っ暗。稲光がして大粒の雨。バケツをひっくり返したような土砂降り。「うわ~、すごいな~」と思っていたら、グラリと揺れたのには驚いた。3時55分ごろに地震発生。地震はさほどひどくなかったのだが、土砂降りに強風のにわか嵐と地震が同時に来るというのは、ちょっとしたスペクタクルだった。

09:24 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック