2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年1月16日 - 2005年1月22日 | トップページ | 2005年1月30日 - 2005年2月5日 »

2005.01.29

新宿でモリコーネ

 新宿のセンチュリー・ハイアットで打ち合わせ。簡単に概略を話したあと、駅の近くで遅めの昼食。その後またホテルに戻って打ち合わせの続き。外に出たらもう薄暗くなっていた。

 高島屋タイムズスクエアのHMVでCDを見て歩く。クラシックコーナーでヨーヨー・マが演奏したエンニオ・モリコーネの作品集を視聴する。これはいいや! でももともと探していた別のCDが見つからなかったので、ここでは何も買わずに帰宅。あとからネットでまとめて注文することにした。

プレイズ・モリコーネ
ヨーヨー・マ ブッタ(ジルダ) ローマ・シンフォニエッタ・オーケストラ モリコーネ(エンニオ)

ソニーミュージックエンタテインメント 2004-09-29
売り上げランキング : 7,304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:09 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.28

私はオジサンです!

 テレビ埼玉の「ひるびん」出演のため午前中から外出。今回紹介した映画は来週末公開の『きみに読む物語』。前日に原稿を用意してメールしておいたのだが、長めに書いてあとで切ればいいやと思っていたら、「今回は力が入っていますね~」と言われてしまった。

 リハーサルを中学生が数名見学していたが、学校の社会科見学かな? 人数がそれほど多くないので、グループ学習のようなスタイルなのかも。この中学生たちが平成生まれで、干支は午年なんだそうで……。その話が出たらスタジオの若い男性スタッフが「僕と一回り違う!」と叫んだ。冗談じゃない! 俺も午年だ!! (ついでに言うと丙午だ!!) なんだよ、俺とは二回り違うじゃねえか!!!

 生放送も無事終わって、今回はまっすぐ帰宅。本当は仕事をやるつもりだったのだが眠くてしょうがない。なんだか疲れているなぁ……。今週は何もやっていないのに。これも年かね。なんだか「平成生まれで二回り下」というのに、思った以上のショックを受けているのかもしれない。精神の動揺が……。

 お風呂で音楽が聴けるように、防水CDプレイヤーを注文。近所のヨドバシカメラで買っちゃおうと思ったら、たまたま置いていなかったようなのでネット注文だ。到着は来週だろう。ちょっと楽しみ。ちくしょ~、俺はお風呂で歌っちゃうぞ! どうせオジサンだからな!

防水CDプレ-ヤ- うたい放題 AV-9159PW

TWINBIRD 
売り上げランキング 858

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

05:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.27

五線譜のラブレター

 シャンテ・シネでアーウィン・ウィンクラーが監督したコール・ポーターの伝記映画『五線譜のラブレター/De-Lovely』を観る。序盤から中盤までは乗れなかったが、主人公が足を骨折したあたりからは楽しく観られた。最後の方はもう涙がポロポロ。

De-Lovely
Original Soundtrack

Columbia/Sony Music Soundtrax 2004-06-15
売り上げランキング 1,358

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

11:57 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.26

BGMはノラ・ジョーンズ

 朝から雨。やがてそれが雪になる。昼ごろにはやんで、その後は曇りのち晴れ間も見えるという天気。

 医者に行ったり、役所に行ったり、買い物に行ったり、飲みに行ったりして1日を過ごす。その間に仕事を1本こなして入稿。しかし全体としてはあまり仕事のはかどらない1日だった。試写も全キャンセル。明日はがんばらねば。

Feels Like Home
Norah Jones

Blue Note 2004-02-10
売り上げランキング 30

おすすめ平均
最高のヴォーカル、最高のアレンジ。
体温を感じるアルバム
ノラに癒されます

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

10:42 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.25

「ポーギーとベス」のDVD到着

 午前中は買物に出て昼食はラーメン。午後は赤坂のイマジカで「激漫ティービー」の収録。ポストを見ると2日ほど前に注文した「ポーギーとベス」のDVDが届いていたが、3時間となると見るためにきちんと時間を作らなければなるまい。いったいいつになることか。DVDのもとになった録音盤は以前CDで購入して、これまでに何度も聴いているのだが。夕食は炊き込みご飯と豚肉のたっぷり入った野菜炒め。

Gershwin: Porgy And Bess
George Gershwin Simon Rattle London Philharmonic Orchestra Alan Tilvern Autris Paige Barrington Coleman


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

09:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.24

牛丼消滅1周年の取材

 昨年の牛丼消滅パニックから1年ということで、テレビの取材が入る。1時から映画美学校で『恋は五・七・五』を観た後、八重洲のらんぷ亭で牛丼を食べる様子を取材。3時半からメディアボックスで『レクイエム』を観た後、新橋に移動して吉野家で豚丼を1杯食べる様子を取材。さらに渋谷まで移動して、制作会社の事務所(?)で牛丼ブログを更新する様子を撮影。いつ放送されるかはまた後日、このブログで御紹介します。

 『恋は五・七・五』は毎年夏に松山で開催されている俳句甲子園をモチーフにした、青春俳句根性ドラマ。スポ根ドラマのフォームを、そのまま俳句に当てはめているのが面白い。周防正行の『シコふんじゃった』などにも通じる面白さか。血と汗と涙のど根性というより、恋愛や友情がメインだから、梶原一騎ではなくて、あだち充的な世界なんだろう。ヒロインを演じた関めぐみがすごくいい。凛とした視線に惚れました!

 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の『レクイエム』は最初「どうせヴァン・ダムだし」と馬鹿にして観始めたのだが、これがとんでもなくハードな映画で、途中からは食い入るように観てしまった。台詞を切り詰めた脚本の力強さと、画面の大半を真っ黒に落とすダークな色調。キャラクターがよくできている。特に主人公の子供を保護する年配の男たちがいい。温厚そうな老人に見えて、これがとんでもない凶暴コンビ。拷問シーンのあまりの凄惨さに、見ていて身震いしたほどだ。公開劇場が銀座シネパトスだし、ウェズリー・スナイプスやスティーブン・セガールの映画と抱き合わせで「アクション映画三部作」のような売り方をしているのだが、この『レクイエム』だけは他とは別格の映画だ。

吉野家


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

09:31 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.23

昼過ぎから雪!

 少し朝寝坊。それでもCSへ。その後、銀座伊東屋をぐるぐる。昼はカルネステーションで焼肉。歩いていると雪がチラチラ。帰宅したらGREEの招待状が届いていたので、早速登録してみる。同じSNSでも、mixiに比べるとだいぶ垢抜けない雰囲気。質実剛健というか、質素というか、ちょっとオタクっぽい?

 mixiは登録したのがだいぶ前なのだが、今回自分でコミュニティを作ったり、他のコミュニティに参加したりして、これがかなりよくできたシステムであることに気づかされた。これがあるなら、もうニフティのフォーラムなんていらないんじゃないの? まあ10年前のフォーラム全盛時代なら、この程度のシステムではとてもフォーラムの発言数はまかなえなかったし、「自動巡回ツールをよこせ!」ということになったでしょうけど、今のフォーラムの状態だと、別にmixiでも間に合うと思う。

 もっとも他の参加者に知られることなく、黙ってフォーラム(コミュニティ)内の発言をROMしているということがmixiだとできない。参加者リストのところに名前とサムネイルが表示されてしまうからだ。

George And Ira Gershwin In Hollywood: Motion Picture Soundtrack Anthology
Various Artists

Rhino 1997-06-24
売り上げランキング 215,307

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

10:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック