2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005.10.19

靖国問題

 首相が靖国神社に参拝したことで中国や韓国は日本を非難しているが、「首相の個人的な思い」から出た行動で日本全体が非難される筋合いはないのではなかろうか。中国や韓国が「靖国神社を参拝することは許さない」と言うのであれば、そこで批判されるべきは小泉純一郎個人であって、日本人全体ではないはずだ。中韓の反発は、どうもスマートではないような気がするし、そもそもまったく効果的ではない。中間は小泉首相が靖国に参拝するたびに文句を言っているが、それでも首相の参拝は止まらないではないか。

 中国や韓国は日本と経済的なつながりが大きいので、首相が靖国を参拝したとて日本全体と交渉を断ち切ることはできない。小泉首相が靖国神社に参拝したことで、「日本企業は中国に投資しないでください」とか、「韓国の映画を日本に輸入しないでください」とは言えないわけだ。結局「日本はけしからん!」と怒りを示しても、そんなものは一時のポーズになってしまう。ほとぼりが冷めたころには、日本とまた友好的な関係を作らなければならないのだ。これでは政治家の靖国参拝は止まらない。

 じつは政治家の靖国参拝を数年以内にやめさせる効果的な方法がある。それは靖国を参拝した政治家を、中国や韓国の政府が個別に拒絶することだ。首相が靖国を参拝したら、中韓の政府高官はその首相には会わないと決める。首相に限らず、靖国に参拝した政治家や役人は、外交の場から完全に締め出して交渉相手にしないと決めるのだ。そのかわり、相手が格下であっても、靖国に参拝しない政治家や役人は厚遇する。つまり靖国神社を参拝した人たちを、中韓との外交の蚊帳の外に放り出してしまえばいい。

 小泉首相が靖国神社を参拝しても、小泉首相に何か苦情を言ったり何かを命じる必要などないのだ。中国政府や韓国政府は、自国の政治家や官僚たちに対して「小泉首相には会うな」と命じればいい。首相が靖国神社を参拝するかしないかが日本一国の国内問題なら、中国や韓国の政治家や役人が誰に会って誰に会わないかを決めるのも、純粋に彼の国の国内問題だ。

 極端なことを言えば、中国や韓国は自国に入国する日本人渡航者全員に、「あなたはこの1年以内に靖国神社を参拝しましたか、あるいは今後参拝する予定はありますか?」という質問をすればいい。これは「はい」と答えた人は、入国を拒絶すればいいのだ。日本人が靖国神社に参拝するのは勝手だが、そうした日本人を中国や韓国は絶対に認めないと決めて、それを徹底すればいい。こうした態度を数年続ければ、中韓との外交などまったく不要だと考えている政治家以外は、靖国への参拝をやめるだろう。

09:13 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2005.10.18

Amazonマーケットプレイス

 絶版品切れの本や中古DVDを買うのにAmazonのマーケットプレイスを利用することも多いのだが、これは業者によって対応がまちまちなので、時にハラハラしたり、イライラしたりすることがある。注文したものがいつ届くかわからない。趣味で読む本を取り寄せたり、いつか時間があるときに観たいDVDを取り寄せるなら構わないだろうが、仕事に使う資料などは到着がいつになるのかわからないのが困る。

 Amazonを頻繁に使っていると、注文した翌日に品物が配達されてくるというのが当然のように感じてしまう。そのためマーケットプレイスで注文から1週間近く待たされたりすると、何か手違いがあったのではないかと気になってしょうがない。今もひとつ商品を注文しているのだが、これが明日中に配達されないと、次の仕事には間に合わない。まあ、間に合わないなら間に合わないでしょうがないけどね……。

09:27 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.10.17

本が買えない

 部屋の書棚でブレヒトの「三文オペラ」を探したのだが見つからない。どうやらどこかで処分してしまったのか、それとも単にどこかに行方不明になっているのか……。それほど高い本でもないのでもう一度買い直そうかとAmazonを検索したら、なんと岩波文庫で品切れになっているではないか。版元のHPを見ても重版の予定なしだとのこと。古い千田是也の訳から、新しい岩淵達治訳に切り換えるのかもしれないけれど、この程度のものが品切れとは困ったものだ。これが角川文庫や新潮文庫なら驚きもしないが、岩波文庫で、しかもブレヒトの代表作だよ!

 書籍は再版商品として小売りの値段が出版社の決めた定価に決められている。再販制を維持するいい訳として持ち出されるのが、本は文化財だとか、注文すれば古い本でも倉庫から持ち出して発送するという理屈。しかし岩波文庫が「三文オペラ」程度の本を品切れにさせて、しかも重版の予定がないというのでは、こうしたいい訳はもう利かないのではないだろうか。岩波は文庫だけでなく、新書もかなりの量が品切れ重版なしになっているはず。専門書のようなものでも、僕が以前からほしいと思っている「ナグ・ハマディ文書」の4巻がやはり品切れのままだ。「異端カタリ派の研究」も岩波でしたっけ。

 要するに本というものは、今では他の商品と変わらない消費財になってしまっているのだ。印刷して流通に載せ、そこで品切れになればおしまい。まあ「異端カタリ派の研究」や「ナグ・ハマディ文書」を重版したところで、今からどれだけの部数が売れるかはわからない。刷るとなれば500や1,000は刷らねばならないだろうが、こうした専門的な本なんて、買うべきところは既に買って持っているだろうしね。

 本が重版しにくくなったのは、印刷が活版からオフセットになったからかもしれない。活版なら手刷りで数十部を重版することも可能だろうけれど、オフセットではそんなことは不可能だ。どうしたって最小の増し刷りは百部単位になるはず。まあそういう理屈はわかるので、僕自身は「異端カタリ派の研究」や「ナグ・ハマディ文書」が今から重版される希望はほとんど持っていないのだ。でも「三文オペラ」ぐらいはちゃんと揃えておいてほしい。これなら今から何百部刷っても、いずれちゃんと売れるだろうに……。

 絶版品切れといえば、映画『コンクリート』の原作「十七歳~悪の履歴書」も重版されない。これは文庫にすればだいぶ売れると思うんだけど、なぜ誰もそれを考えないんだろうか。こんなものに、マーケットプレイスで5千円の値が付くのは間違っていると思う。とっとと文庫化して、売り切ってしまえばいいのに。

02:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.10.16

赤狩りの映画

 ハリウッドの赤狩りをテーマにした映画としては、アーウィン・ウィンクラーの『真実の瞬間(とき)』が有名。しかしこれは映画としてあまりデキがよくない。赤狩りを映画の背景とした作品は、シドニー・ポラックの『追憶』やマーティン・リットの『ウディ・アレンのザ・フロント』、フランク・ダラボンの『マジェスティック』などがある。

 今回初めて『ザ・フロント』を観たのだが、その中でブラックリストに掲載された俳優が、「女が目当てで集会に行った」と言う場面がある。これはそのまま『マジェスティック』にも引用されている。たぶんフランク・ダラボンは『ザ・フロント』を踏まえて、自作の脚本を書いたのだろう。

マジェスティック
B00006BIOPジム・キャリー マーティン・ランドー ローリー・ホールデン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2002-11-08
売り上げランキング : 10,820

おすすめ平均star
star暖かいですね。それでいて面白い。
star信じる気持ちは美しい
starジムキャリー一番の名作!まいった!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

02:48 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック