2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年2月6日 - 2005年2月12日 | トップページ | 2005年2月20日 - 2005年2月26日 »

2005.02.19

ココログ・ブックスの勘違い

 この日記サイトでも利用している@niftyのブログサービス「ココログ」で、優秀なブログから本を作るココログ・ブックス・コンテストというのを開催したらしい。まあその顛末については、あちこちのブログでさんざんこき下ろされているので僕が今さら何かを言う必要もないだろう。僕の感想を一言であらわすなら、ま、ひで~話である。ひで~話という以前に、お粗末な話だ。

 でも僕は思うのだ。そもそもなんで「本」なの? インターネットの中にあるブログという動的な双方向コンテンツを、なぜ紙に印刷した「本」というコンテンツに作り変える必要があるんだろう。ブログはブログのままで、その表現性や特性を生かしたコンテンツとして発展していけばいいし、@niftyがそうした優れたブログを作っている人を表彰したいというのなら、「本にします」などというけち臭いことを言わずに、ブログという形のままで支援することを考えればいいではないか。

 ココログに限らずブログサービスを提供している会社では、どこも各界の有名人やタレントを招いて公式コンテンツとしてブログを作らせている。おそらくそこには専任のスタッフをあてがって技術的なサポートを行い、金銭的な対価も支払っているに違いない。それが会社にとって、サービスの格好のPRになるからだ。

 ならばなぜ、同じことをココログ・コンテストとして行わないの? 相手が一般人であろうと有名人であろうと、優秀なブログを作っている人には賞金を出して、その上で@niftyの準公式コンテンツとして契約し、契約期間中はそれなりの対価を支払うなり、対外的なPR活動を熱心に行うなどして、「ココログ作家」として後押ししていけばいいではないか。その結果として、出版社が「本を出しましょうよ」と打診してくることがあるかもしれない。でもそれはそのときの話です。

 @niftyは「ココログを作れば作家への道が開ける」より、「ココログでこんなに面白いことができる」ということをアピールすべきなのだ。「ココログ・ブック・コンテスト」は、そのあたりを最初から勘違いしていたと思うけどな。

 僕は映画瓦版というWEBコンテンツを作っているので、その運営と活動を経済的にバックアップしてくれるスポンサーが現れたら、それに丸乗りしてもいいと前々から思っている。(プロ野球の球団命名権や球場の命名権みたいなものをイメージしている。)例えば@niftyが映画瓦版を公式コンテンツとして買い上げて、毎月何がしかのお金を支払ってくれるのなら、現在のサーバーから@niftyの提供するサーバーに引っ越したって構わない。トップページに@niftyのロゴだって入れちゃうし、MLなどの関連サービスも@nifty提供のものに乗り換えるよ。その程度のことはしたっていい。

 こうしてコンテンツを丸ごと買い上げてくれたほうが、「映画瓦版を本にしませんか?」という申し出よりは、僕にとってもずっと魅力的なのだよ。これまでの読者にとっても、そのほうがいいんじゃないの? まあスポンサーは@niftyでなくてもいいんで、どこかの会社で映画瓦版を買いたいならご相談しましょ。

ココログオフィシャルガイド〈2005〉
ニフティ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.18

メール環境が不安定

 MSN 9 Premiumを使用しているのだが、数日前からMSNメールの調子が悪い。メーラーを起動するとエラーを起こして再起動したり、追加したPOPアカウントの設定が現れたり消えたりと不安定。MSNは迷惑メールの振り分け機能が優秀なので、これまで利用していたメールアカウントについてもMSNでアクセスするようにしていたのだが、これだけ不安定になるとちょっと……。

 マイクロソフトのサポートに電話したところ、他にも同様の症状が出ているユーザーが複数いるという。サーバー側の問題なのか、それとも操作環境固有の問題なのかはいまいち不透明だが、XPと2000の両方で同じ症状が出ているので、少なくともOSレベルでの問題ではなさそうだ。だとすればサーバー側の問題かな。何にせよ困った話。

 とりあえずMSNからはじかれてしまうアカウントについては、Outlook Expressを利用することにした。「英文メール削除ソフト」と「Spam Mail Killer」を使えば、迷惑メールの大半は削除できるのだけれど……。

パソコン・携帯電話ユーザーのための迷惑メール撃退法
鳥羽 賢


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:48 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.17

クアトロ・ディアス

 『ベルリン,僕らの革命』というドイツ映画を観た。社会の不正と不平等に怒りを感じる若者たちが、ひょんなことから資産家の男を誘拐するが、その男は30年前に学生運動の闘士として革命運動をしていた。世代を越えた共感と対話がそこに生まれたかに見えたのだが……というお話。この映画を観ながら、僕は6年前に観た『クアトロ・ディアス』という映画を思い出していた。

 『ベルリン,僕らの革命』はフィクションだが、『クアトロ・ディアス』は1969年にブラジルで起きたアメリカ大使誘拐という実際の事件の映画化だ。若者たちの反政府抗議運動が徹底的な報道管制によって封殺され、自分たちの声がどこにも届かないことに行き詰まりを感じた若者たちが、報道管制を突破することを目的に海外の要人を誘拐する。テロリストになった若者たちと、彼らを弾圧する側の軍関係者、人質となったアメリカ大使など、それぞれの立場や言い分に目を配りながら、事件の顛末を描ききった骨太の作品だ。

 当時僕が書いた映画評からも、その感動が少しはわかってもらえるだろうか。ポリティカル・サスペンス、青春映画、人間ドラマとしても一流のできに唸らされたこの映画、じつはしばらくビデオやDVDが発売されずにいたのだが、昨年になってようやくDVDが出た。まだ観ていない人は、ぜひご覧あれ!

クアトロ・ディアス
ブルーノ・バレット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

09:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.16

洋画のタイトル

 『アビエイター』『ロング・エンゲージメント』の試写を観てきた。映画の内容については映画瓦版のHPに書くことにして、今回は洋画のタイトルを原題に添った形でカタカナにしてしまうことについて。

 まず日本人にはまったく馴染みのない英単語を、そのままカタカナにしてしまうこと。今回観た映画で言えば、『アビエイター』がその例にあたる。「Aviator」は少し古風な言い回しで、「飛行機の操縦士=パイロット」のことだという。でも日本語タイトルは『アビエイター』。これじゃ意味がわからない。タイトルの意味がすぐにわかる、うまい日本語タイトルがあったほうがよかっただろうに。あるいは原題そのままのカタカナ表記に、サブタイトルを添えて意味がなんとなくわかるようにするとか。ただこれは、あまりスマートな方法ではないけれど。

 『ロング・エンゲージメント』は原題そのままのカタカナではない。これはフランス映画なので、原題は『Un long dimanche de fiancailles』。ただし英語のタイトルは『A Very Long Engagement』になっている。日本語のタイトルはそこから「Very」を取ってしまった。

 こうやって長い英語タイトルから一部を省略することはよくあって、例えば『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』の原題は『My Big Fat Greek Wedding』なので、邦題は原題から「Greek」を省略。『ベスト・フレンズ・ウェディング』は『My Best Friend's Wedding』から「My」を省略。『フォー・ウェディング』は原題『Four Weddings and a Funeral』から「and a Funeral」を省略。タイトルの中に「ウェディング」のような長い表記の単語が入ると、そのあおりを食って他の部分が省略されてしまうのかも。「エンゲージメント」も長いもんな……。

 でも『ロング・エンゲージメント』は原作小説が「長い日曜日」というタイトルで邦訳出版されているので、そのまま映画も『長い日曜日』にしてもよかったかもしれない。ただ「原作が既に邦訳出版されている場合はそれを踏襲」という方式だと『マイ・ボディガード』は『燃える男』になってしまうので、デンゼル・ワシントンの顔が長嶋茂雄みたいになってしまう。(『燃える男長島茂雄/栄光の背番号3』という映画がある。)『ロード・オブ・ザ・リング』も『指輪物語』にしてしまうと、ラルフ・バクシのアニメと区別が付かないしね。『ロング・エンゲージメント』も「長い日曜日」だと、『暗い日曜日』という映画と紛らわしいし……。

 まあ映画はタイトル次第で客の入りがだいぶ違うので、『ロング・エンゲージメント』はこのタイトルでよかったのかも。なんだかロマンティックな恋愛映画だと誤解されそうでしょ? 実際はフランス版『軍旗はためく下に』なんですけどね。

The Aviator
Original Soundtrack

Sony 2004-12-14
売り上げランキング : 20,304

おすすめ平均
ハリウッド万歳!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08:31 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.15

我家の玄米食

 玄米食を始めてもう1年ぐらいはたっているのだろうか。最近では白いご飯を食べるとするする喉を通り抜けてしまって、あまり食べた気がしない。それでも玄米に合うおかず、白米に合うおかずというのはあって、例えば刺身のときは白いご飯でないと都合が悪い。イカの塩辛も白いご飯がいい。逆に白いご飯ではまったくおかずにならないであろうものが、玄米だとおかずになりえるという発見もあった。例えば冷奴。これと玄米ご飯の相性は抜群だ。

 玄米ご飯の場合は白米に比べると、少ない量で満腹になる。口の中で噛む回数が多いので、満腹中枢が刺激されるのかもしれない。冷奴がおかずになることでもわかるとおり、おかずが簡単なもので済むというメリットもある。玄米ご飯と味噌汁だけで食事ができる。ぜんぜん物足りないことはない。これに納豆とか漬物が1品つけば、もう大御馳走という感じ。こうした食事をずっと続けていれば痩せること間違いなし。僕は玄米食にして半年ぐらいで10キロ近く痩せた。(ただしその後は生活が不規則になって外食も増えたので、今はもとに戻ってしまったけど……。)

 玄米食は「自然食」とか「マクロビオテック」という文脈で語られることが多いので、やれ自然農法だの、無農薬有機栽培だの、アルミの鍋はダメだの、ごちゃごちゃとうるさいことを言う人がいる。僕自身はこうしたことにまったく興味がなくて、単に自分にとって美味しいと思うものを食べているだけだ。でないと玄米食はひどく割高に付く。まあ自然食やマクロビオテックを否定する気もないので、やりたい方はご勝手にどうぞ。

 うちの玄米食の炊き方は、玄米4合を軽く洗ってゴミやモミを取り(もみ付きのままの米もチェック)、大豆、黒大豆、小豆などを合わせて1/2カップほど混ぜ水に浸けておく。玄米が水を十分に吸ったら(今なら丸1日ぐらい。夏は半日ほどで大丈夫。これは豆がどの程度膨らんだかが目安になる)、ざるにあけて水を切って圧力鍋に入れる。ここに押麦1合、水5と3/4合、海水塩小さじ1、みりん大さじ1を入れて混ぜ合わせ、高圧で加圧18分、余熱20分蒸らして炊き上がり。みりんを入れる理由は、麦がこれだけ入るとパサパサした感じになるため。みりんを入れると全体がしっとりツヤツヤになる。(このテクニックは白米でも使えるよ。)

 炊き上がった玄米ご飯はざっくり混ぜて余計な蒸気を逃がした後(これをしないと部分的に水っぽくなる)、1食分ずつ冷凍容器に分けてすぐ冷凍してしまう。上記の分量だと、茶碗1杯分の容器に11~12個ぐらい。

 僕は玄米を毎回炊くのが面倒くさくて、一度に大量に炊いて冷凍することにしたのだが、これは家族と一緒に暮らしている人も使える方法。家族は白米を食べていても、自分だけは玄米にすることができる。僕は玄米だけでなく白米もまとめて炊いて冷凍している。これでおかずの種類によって、ご飯を玄米にしたり白米にしたり自由に切り替えられるのだ。ちなみに白米は文化鍋で4号ぐらいまとめて炊いている。これも炊き立てを一膳か二膳食べた後は、すべて冷凍してしまう。

 我家にも一応電気炊飯器といものはあるのだが、最近は使ったことないな~。圧力鍋や文化鍋は他の料理にも使えるし、一度使い始めるともう手放せませんな~。

3カ月で7kgは確実にやせる!本くに子の玄米ダイエット
本 くに子


おすすめ平均
健康にやせる
食べたいものは太るんですよねぇ
玄米ってすごいですね。
確実に減ってます。
つらくないダイエットが出来る本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:58 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.14

学校をどやって守るか?

 またしても学校侵入事件。テレビのニュースはすべてこの事件をトップ扱いにしている。あらましは以下のとおり。

 14日午後3時過ぎ、大阪府寝屋川市初町、市立中央小学校(坂根博一校長、児童601人)の管理・普通教室棟(4階建て)に市内の無職少年(17)が侵入、刺し身包丁(刃渡り約21センチ)で教職員3人に切りつけた。5年生の学年主任教師、鴨崎満明さん(52)=同市池田1=が背中を刺され死亡、教職員の女性2人は腹や背中を刺され重傷。府警寝屋川署は2階職員室にいた少年を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。少年は同校の卒業生で、昼過ぎに男性教師を訪ねてきたが、不在のためいったん立ち去っていた。府警捜査1課と少年課は捜査本部を設置、殺人容疑に切り替え捜査している。(毎日新聞 2005年2月15日 3時00分)

 逮捕されたとき少年は血まみれの包丁を片手に持ったまま、職員室で悠然とタバコを吸っていたという。動機は不明。取調べに対しても意味不明のことを言っているという。警察は精神鑑定を検討中だというが、まあ当然だろう。

 こうした事件が起きると事件の詳細や犯行の動機にまず関心が向くのだろうが、僕自身は今回の事件に関して、それはあまり考えなかった。犯人が17歳の少年であることや、おそらく精神に何らかの障害を持っているであろうことから、この事件の詳細や犯行動機については公表されない部分が大きくなることが考えられるからだ。

 むしろ興味を持つのは、こうした事件を教訓にして今後同様の事件をどう防ぐかという点だろう。じつは学校への不審者侵入事件は、件数として増えているらしいのだ。

学校への不審者侵入は、夜間に無人の学校に侵入したケースも含めると、99年に1042件だったのが03年は約2.5倍の2660件と増加傾向にある。(毎日新聞 2005年2月14日 22時00分)

 01年の池田小学校事件はよく知られているが、それも含めて主な学校侵入事件のリストというのが毎日新聞のサイトに載っていた。

88年7月 神奈川県平塚市の市立中で、かまなどを持った男が生徒に切りつける。8人が重軽傷
94年4月 愛知県稲沢市の市立小で、包丁を持った男が侵入。3年男児が逃げようとして、軽傷
99年12月 京都市伏見区の市立日野小で、グラウンドにいた2年男児が男に包丁で切りつけられ、死亡
00年1月 和歌山県かつらぎ町の町立中で、教室にいた1年男児が男に包丁で切りつけられ、けが
01年6月 大阪府池田市の大阪教育大付属池田小で、刃物を持った男が侵入。児童8人が死亡、教職員を含めた15人が重軽傷
03年9月 岐阜市の中学校で、包丁を持った卒業生の少年が2時間半居座る
03年10月 横浜市栄区の市立小で、刃物を持った男が教師に取り押さえられる。けが人なし

 池田小学校事件の後、全国の学校では外部からの人の出入りをチェックするなどそれぞれの防犯対策を実施しているはずだが、それでも明確な犯意を持って侵入してくる不審者を完全に排除することはできないだろう。しかしそもそも、不審者対策がきちんと行われているかも再検討したほうがいいのかもしれない。

 僕の知っている都内のある小学校では保護者に名札を配布し、学校を訪ねるときはその名札を着用するよう求めている。しかし名札がなければ受付で名乗るだけで入れてもらえるのだから、これはあまり意味がないような気がする。「○年○組の○○の保護者です」と名乗ったぐらいで、すんなりと校内に通してしまうというのは大問題。どのクラスにどんな名前の生徒がいるかは、校舎入口にある下駄箱を見れば誰にでも一目瞭然なのだ。この小学校の不審者対策は、形ばかりでまるで意味がないものだと言わざるを得ない。

 80年代から90年代に校内暴力、管理教育、イジメが社会問題とされた頃は、学校の閉鎖性が指摘され、学校をなるべく外部に開放していくことが推奨された。学校の校門を常に開放しておいたり、校門を締めたとしても施錠しなかったり、学校によっては校庭と周囲を区切るフェンスや壁がないところもある。こうしたことが悪いとは思わないが、それと校内の安全をどう両立させるかは問題だろう。

 学校を開放するとしても、それによって生徒や教職員が危険にさらされるのでは意味がない。なんだか「ゆとり教育」と「学力低下」の関係にも似ていて、教育現場の「じゃあどうすりゃいいのよ!」という声が聞こえてきそうではあるけれど……。

子どもを守る学校の危機管理ガイドライン―凶悪犯罪、地震災害、集団感染症、薬物対策等の全ノウハウ
大泉 光一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

08:38 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.02.13

定額制の携帯電話

 アステル東京ブランドでPHS事業を運営するYOZANという会社が、高速無線通信規格「WiMAX」を利用した定額携帯電話サービスを今年中に立ち上げるそうだ。音声通話とデータ通信が月額3000円程度で使い放題になるらしい。とりあえず6月から都内の一部(千代田区、豊島区、中央区、品川区、世田谷区など)でテスト運用。その後、東京23区内で本格運用というスケジュールらしい。僕はもともと都内から外に出ることがほとんどないので、このサービスにはかなり魅力を感じている。

 通信速度は最大で75Mbps、移動中でも20Mbpsだというから、これは家庭用のADSL接続と差がない。場合によってはADSLに使用している家庭用の回線を、この定額携帯に置き換えてしまうことを検討すべきかもしれない。まあアステルのPHS事業そのものはどん詰まりになっているので、これが起死回生の最後のチャンスということかもしれないけれど……。でも実現したら面白いよな~と思う。これで携帯電話の価格競争が始まるかもしれないし。

 僕は現在WILLCOM(旧DDIポケット)のPSHを使用しているのだが、このまま京ぽんか何かに買い換えるよりは、YOZANの定額サービスが実際にどんなものになるかを見極めたほうがよかったりして……。WILLCOMも競合他社のサービスに対抗して、当然同様のサービスを考えるでしょうしね。Skypeのような技術を使えば携帯電話でも使い放題になることはわかっているわけで、おそらく今後数年以内には携帯電話の使用料金が格段に安くなると思う。

 考えてみればネットワークの接続料も、僕がパソコン通信を始めた頃に比べると格段に安くなっている。以前はNTTもすべて従量制で3分10円。それのほかにニフティにも1分10円の接続料を払っていたのだ。毎月何万円もネットにつぎ込む人はざらにいた。それが今では全部コミコミで毎月数千円だろう。あと何年かすれば「昔は携帯電話代に毎月何万も払ってたよな~」と言う時代が来る。その時、そこまでコストが下がったネットを使って、どんなサービスが行われているだろうか。携帯の有料コンテンツといったこれまでのビジネスモデルはご破算になって、新しいビジネスモデルが生まれているはず。じつは携帯コンテンツの供給業者も、そこは視野に入れて新しいビジネスを模索しているのだ。

Skype―世界規模の電話代無料革命
清成 啓次

新紀元社 2005-01
売り上げランキング : 1,946

おすすめ平均
読み物としても面白い
Skypeを知る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11:44 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック