2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« やたら歩いた1日 | トップページ | 日記の処遇を思案中 »

2006.02.10

韓国の国産映画保護緩和

 午前中に少し映画評を書いて、午後は久しぶりに試写に出かけた。今日はソニーで韓国映画の2本立て。1本目はチェ・ミンシク主演の『春が来れば』という音楽教師もの。2本目はソル・ギョング主演の『力道山』。どちらも2時間を超える大作で見応えがあった。特に後者はなかなかのもの。同じ韓国で大山倍達の生涯を映画化した『風のファイター』という映画があったが、それとは比較にならないほどきちんと作られている。「韓国人の描く日本なんてどうせ……」という先入観が吹き飛ぶ力作だ。主演のソル・ギョングは台詞のほとんどすべてが日本語なので、それが気にならないといえば嘘になるのだが、時としてそのたどたどしい日本語が、表面的な演技の技法や技巧を超えた生々しい迫力を生み出している。

 韓国では国産映画の上映を映画館に義務付けてきたスクリーンクオーター制がアメリカの圧力で緩和され、これまで年間146日の上映義務が、半分の73日に削減する方針らしい。これが韓国映画にとって存亡の危機だとして、韓国の映画業界や映画人は一斉に反発しているという。『春が来れば』に主演しているチェ・ミンシクもそのひとりで、政府から授与された文化勲章を返上してしまったという。

 スクリーンクオーター制の存在が、ここ10年ほどのめざましい韓国映画界発展を助けてきたのは確かだろう。アクション巨編から大型時代劇、ラブコメ、ミステリー、メロドラマなど、この制度下で作られた多くの映画が日本にも紹介されている。玉石混淆ではあるけれど、優れた映画も確かに多かった。(今日観た2本の映画もそうだ。)しかしこうした制度がないと「韓国映画が滅びる!」というのはちょっと大げさ。日本には日本映画保護のためのスクリーン割り当て制度などないけれど、映画業界は滅びるどころか最近また元気になってきている。

 いままで保護下で成長を続けた映画業界が、保護を失うことで産業として衰退してしまっては意味がない。しかしここまで映画産業が育ったのだから、この制度はそろそろ見直し時期に入っていたのかもしれない。段階的に保護を撤廃して行き、最終的には保護をなくすという方向に進むのではなかろうか。そうでないと、こうした保護制度は、海外から入ってくる映画に対する障壁として働いてしまう。

 韓国映画は既に自国だけでは製作費を回収できない状態になりつつあるようで、輸出先の日本などから製作費の大半を回収する作品もあるという。今後は日本をはじめとするアジア各地から出資を募ったり、逆に韓国から日本や他の国の映画に投資したりして、韓国映画界がイニシアティブを取った形での「アジア映画」を作る方法を模索した方がいいのかもしれない。中国映画は既にそうしたことを狙っているようで、明日公開の映画『PROMISE』などはまさにそうしたコンセプトの映画だと思う。『PROMISE』は映画としてはつまらないけれど、映画作りの方法としては新しい何かを求めた作品なのだ。

 ハリウッドには世界中からお金が流れ込んで、あの映像コンテンツ王国を作り上げた。しかしハリウッドが世界で唯一の映像コンテンツ生産拠点である必要はない。アジアでも同じような映像製作の核を作ればいいのだ。韓国のスクリーンクオーター制緩和は、そうした新しいアジア映画の誕生への一歩につながっていくだろうか。

« やたら歩いた1日 | トップページ | 日記の処遇を思案中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スクリーンクオーター制についての説明のくだりですが、146本ではなく、年間146日間あった義務上映が半分の73日に減らされる、ということではないでしょうか。

そうですね。直しておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の国産映画保護緩和:

« やたら歩いた1日 | トップページ | 日記の処遇を思案中 »