2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ユダの福音書を追え | トップページ | J・キャッシュの新約聖書 »

2006.04.12

俳優の監督デビュー作

 午後はワーナーで『僕の大事なコレクション』からスタート。前半でついウトウトしてしまったのは、モノローグの単調な会話がずっと続くからだろうか。これは『スクリーム』シリーズや『クライシス・オブ・アメリカ』に出演していた俳優リーブ・シュライバーの監督デビュー作。ユダヤ系アメリカ人のルーツを旅する、本人にとっても自伝的な内容らしい。その後は歩いてシネマート試写室まで移動し、『エンター・ザ・フェニックス』と『ドラゴン・プロジェクト』を続けて観た。『エンター・ザ・フェニックス』は香港の若手俳優ティーブン・フォンの監督デビュー作で、本人も出演している作品。『ドラゴン・プロジェクト』は彼の2本目の監督作で、こちらの方が面白さは上だった。

10:07 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/9566164

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優の監督デビュー作:

コメント

>僕の大事なコレクション

映画祭では20分の拍手もらった映画だとかですけど,ネバーランドが授賞した賞も授賞した作品。
寝ましたか、そうですか。

投稿者: (2006/04/13 19:23:37)

映画祭の拍手は、監督デビュー作への御祝儀半分、映画が扱っているテーマに対するものが半分なのかな……。映画終盤は僕も観ていて「エエッ!」と思いました。

投稿者: 服部 (2006/04/13 19:38:39)

>僕の大事なコレクション
イライジャ・ウッド主演作
国際評論家連盟賞も、審査員の満場一致で授賞したとか。
「シリアナ」も授賞した系統の賞。

投稿者: (2006/04/14 10:21:58)

服部サマ、ご本人のレスが!
気が付かなかった。
返信ありがとうございました。

投稿者: (2006/04/14 10:39:16)

コメントを書く