2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 中山エミリさんとお喋り | トップページ | 風邪が治らない »

2006.09.15

ヘンダーソン夫人の贈り物

Mrs. Henderson Presents (Widescreen Edition) 午後は松竹で『ヘンダーソン夫人の贈り物』を観る。イギリスで最初のヌード劇場を造った女性劇場主と、彼女のもとで豪華なショウをを作り上げた支配人の物語。素材は面白いのに、焦点がハッキリしないのが玉にきず。ショウの場面は古いミュージカル映画みたいで楽しかった。2本目はメディアボックスで韓国映画『トンマッコルへようこそ』これは前から「面白い」という話を聞いていて期待していたのだが、その期待を裏切らない面白さだった。

 10月に日本聖書協会から「聖書 スタディ版 わかりやすい解説つき - 新共同訳」というものが出るというので、教文館でチラシを貰ってきた。それなりに高価なものがけれど、たぶん僕は買ってしまうと思う。おそらく日本語の聖書では初めてのスタディ・バイブルではないだろうか。英語のスタディ・バイブルを何冊か持っているけれど、解説付きの聖書というのはそれなりに便利なものです。

11:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/11911277

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンダーソン夫人の贈り物:

» やっぱりDHCだね。 [映画コンサルタント日記 から]
本年度アカデミー賞優秀主演女優賞候補作品の中で唯一日本公開が決まっていなかった 続きを読む

受信 2006/09/21 8:17:22

コメント

コメントを書く