2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2006.01.07

Amazonアソシエイト

 契約しているAmazonのアソシエイトプログラムで、2006年第1四半期からはマーケットプレイス商品でもAmazon.co.jpの商品(新品の商品)同様に、四半期中の発送済み商品数に応じて、適格収益の3.25~6%を紹介料として払ってくれるようになるそうだ。最近はマーケットプレイスの注文が増えていたので、これは嬉しい。

 書籍というのは現在の出版状況の中では意外と簡単に絶版になってしまうもので、それらを手に入れるにはAmazonのマーケットプレイスが一番簡単だ。送料は一律だし、購入代金はAmazonの他の商品と同じくカード決済できる。僕もマーケットプレイスを通じて、ずいぶんいろいろな本を購入している。絶版品切れという意味ではDVDも商品のライフサイクルが短くて、これもマーケットプレイスのお世話になったことがあった。

12:24 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.06

ペコちゃんとポコちゃん

image_fin_newyear1 不二家レストランで食事をしているとき、ペコちゃんとポコちゃんの関係が気になった。ふたりの関係はそもそも友達なのか? それとも兄妹? あるいは姉弟? ふたりは何歳なの? で、調べてみたのだが、ペコちゃんとポコちゃんは友達で、ペコちゃんが6歳、ポコちゃんがひとつ年上の7歳だそうです。身長はどちらも100㎝で、体重は15キロ。昭和25年(1950年)に誕生したキャラクターということなので、そのときにペコちゃんが6歳だったとすれば、今年でペコちゃんは63歳になる計算。しかし幸か不幸かペコちゃんもポコちゃんも永遠に年をとらないそうで、いつまでたっても6歳と7歳のままなのだ。(不二家のホームページ

11:59 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.05

去年観た映画の本数

死ぬまでに観たい映画1001本 映画瓦版の05年のフォルダーの中に、208個のファイルがあった。indexファイルとスタイルシートがあるので、映画評が書かれているhtmlファイルは206個。つまり去年観た映画の本数は206本ということだ。ここ数年では最も少ない本数。まあ個人的にいろいろと予定の詰まった年ではあったのだけれど、それにしても少なすぎるね。これじゃ普通の映画ファンの方がたくさん観ている。最盛期は600本近く観ていたから、その3分の1だ。

09:53 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2006.01.04

JapanKnowledgeと契約

Encarta 総合大百科 2006 DVD-ROM 会員型のオンライン百科事典・辞書検索サービスのJapanKnowledgeと契約した。これまではCD-ROMの百科事典や辞書をいくつかパソコンにインストールしていたのだが、昨年末にパソコンがパンクしたのを機に、環境をオンライン版のサービスに切り換えることにした。これならパソコンを乗り換えても、IDとパスワードさえ覚えていればすぐに元の環境に復帰できるし、辞書データも常に最新版になっている。既にMSNでエンカルタを利用しているので、これで2種類の百科事典にアクセスできることになった。あと大きな百科事典サービスとしては、平凡社の世界大百科事典が検索できる「ネットで百科」があるのだが、これはJapanKnowledgeに物足りなくなったときに考えようと思う。

 僕がもともとパソコンにインストールした百科事典を使うようになったのは、小学館から発売されていたスーパーニッポニカ[ライト版]というソフトがきっかけだった。その後、世界大百科事典のCD-ROM版を購入したり、エンサイクロペディアブリタニカの小項目版のCD-ROMを購入したりして、パソコンで調べ物をする環境がどんどん整ってきたのだ。一度こうした環境を作ってしまうと、もうそこからは離れられない。

 しかしパソコンのOSをアップグレードすればいちいちパッチを当てなければならないし、パソコン本体を買い換えれば辞書データを移しかえなければならない。同時にいくつもの百科事典や辞書を検索するには、データを変換したり、仮想ディスクを使ったりと、いろいろ大変なのだ。こんなことにエネルギーを使うよりは、どこかのタイミングでオンライン版に乗り換えてしまった方がよほどいい。(データも最新版にアップグレードされているしね。)

 こうしたオンライン辞書やインストール型の辞書も便利なのだが、それと別な意味で便利なのがポケット型の電子辞書だ。ちょっとした調べ物なら、いちいちパソコンで調べるより電子辞書の方が手っとり早い。僕が現在使っているのはシャープのPW-A8200という電子辞書で、収録コンテンツ数66は当時最多の情報量だった。ところが最新機種のPW-A8400では、それが100にまで増えている。これはちょっとした本屋の辞書・実用書コーナーが、そっくりそのまま上着のポケットの中に入っているようなものだ。シャープはSDカードスロットで追加のコンテンツを登録できる仕組みになっているのだが、今はSDでオプションを売る以前に、本体側にどんどんコンテンツが追加されている状態なんですけどね……。

06:52 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.03

圧力鍋でカレーを作る

 年末にAmazonで圧力鍋を購入し、実家に送っておいた。(Amazonから直接配達したので送料はゼロ。)圧力鍋 を使ったことがないという両親に実演も兼ねて、帰省したタイミングでカレーを作った。

 カレー・シチュー用の角切り豚肉をオリーブオイルで炒め(サラダオイルでもいいのだが、たまたまオリーブオイルがあっただけの話)、そこにザクザク切ったタマネギと、ニンニク数片をぶち込み、水を少し入れて加圧5分。火を止めて自然減圧したら、そこに大きめに切ったじゃがいもとニンジンを入れて加圧3分。自然減圧したら水を足して表面に浮いた脂をなるべくすくい取る。火にかけて沸騰したらカレーのルーを割り入れ、とろみが付いたら完成。

 これで肉も野菜もトロトロの美味しいカレーができる。家族にも「肉が軟らかくて美味しい」と大評判。確かにこうした角切りの肉だと、普通の鍋だとやわらかくなる以前にまず硬くなるもんね。圧力鍋だとそれがトロリと軟らかくなる。野菜などもあまり煮崩れることなく、逆にタマネギなどはどろどろに溶けてルーにコクが出る。

 購入したのは4.5リットルの鍋だったのだが、大人と子供あわせて10人いたのでカレーはペロリ。人数が多いところは、もう少し大きな6リットルの鍋があった方がいいのかも。Amazonだと値段がほんのちょっとしか違わない。ギフト券還元があるので、どちらも値段はかなりお安いのだ。

11:08 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.02

年末年始に観たDVD

黄金狂時代 コレクターズ・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2004/01/23)
売り上げランキング: 2,900
 年末年始はポータブルDVDを使って、買いためたDVDをなるべく観るようにした。それでもあまり時間が作れず、結局観られたのは、チャップリンの『黄金狂時代』と『キッド』、フリッツ・ラングの『メトロポリス』、ジャン・エプスタインの『アッシャー家の末裔』、ロベルト・ウイーネの『カリガリ博士』、レニ・リーフェンシュタールの『意志の勝利』ぐらい。このうち『メトロポリス』『カリガリ博士』『意志の勝利』は輸入盤だ。『メトロポリス』の画質のよさには驚かされた。

 映画として面白いのは、チャップリンの『黄金狂時代』だった。『キッド』もいいのだが、『黄金狂時代』のあとに観ると、内容も構成もまだ短編の延長という気がする。『黄金狂時代』では、ヒロインの気持ちが少しずつ主人公に傾いていく描写が秀逸。チャップリンのDVDはこれ以外にも『短編集』と『街の灯』を持っているのだが、このまま他の作品も買い進めてしまいそうな気分……。『モダン・タイムス』や『サーカス』や『ライムライト』も観たいよな~。

ライムライト コレクターズ・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2004/03/21)
売り上げランキング: 2,796
おすすめ度の平均: 4.67
5 なぜ、自分を生きようとしない?
5 天才的喜劇王
5 大好き!チャップリンの生の美学!

11:24 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.01

謹賀新年

p-shirou2

 明けましておめでとうございます。今年は昨年以上にたくさんの仕事ができるように、縁起物の仙台四郎の写真を載せておきます。

 仙台四郎は明治時代に実在した人物だそうで、インターネットで調べるといろんなことが書いてありました。こちらのページを見るとだいたいのことがわかりますし、仙台四郎と縁があるお寺のHPにはさまざまな仙台四郎グッズも紹介してありました。Wikipediaにも見出しとして載ってます。

 伝記映画も現在製作中だそうです。でもホームページを見ると、なんかヤバそうな感じだな~。

福の神になった少年―仙台四郎の物語
丘 修三 村上 豊
佼成出版社 (1997/01)
売り上げランキング: 22,553
おすすめ度の平均: 4.8
5 泣けた、笑えた、いっき最後まで読んでしまった^^;
5 『「福の神になった少年」by丘修三』にありがとさんきゅっ♪v(*'-^*)^☆
5 ■純愛ブームの次にくるものは…

11:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック