2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

2006.03.18

キートン将軍

 注文していたDVDが米Amazonから到着。最近はひっきりなしにあれこれ注文しているので何がどうなっているのかよくわからないのだが、今回届いたのは『Buster Keaton: The Great Stone Face of Comedy』という喜劇王キートンのアンソロジーと、『The Golden Age of Cartoons: Attack of the 30's Characters』という、1930年代アニメのアンソロジー。30年代のアニメはベティ・ブープとポパイのDVDを持っているし、その後ディズニーも購入したのだが、それだけではこの時代のアニメーションの広がりがわからないと思ったので購入してみた。結果として、これはなかなかいい買物だったと思う。

 しかしそれより楽しいのはキートン作品集だ。キートンのDVDはたくさん出ているのだが、今回購入したDVDには、『キートンの大列車追跡』(1927)(これは『キートン将軍』や『キートンの大列車強盗』という邦題もある)、『キートンの大学生』(1927)、『キートンの恋愛指南番』(1931)の3長編と、『電気館』(1922)、『キートンの船出』(1921)、『キートンの酋長』(1921)、『北極無宿』(1922)、『寄席百人芸』(1921)、『キートンの警官騒動』(1922)という6本の短編が収録されている。画質はあまりよくないけれど、他のバージョンでもこれが劇的によくなることはあまり期待できないだろう。それにしてもこれらの映画のタイトルを英語で検索すると、ちゃんと日本語タイトルが見つかることに驚かされる。『電気館』と『北極無宿』を除いて、他はすべて日本公開されているのだ。

10:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.03.17

Amazon.comの送料

 前回注文した荷物もまだ届いていないのに、またもやAmazon.comに書籍を何冊か注文した。今回はほとんどが聖書関係。「The Complete Gospels: Annotated Scholar's Version」は、正典の4福音書に加えて、トマスやマリアなどの正典外資料を加えた決定版。他にも今さらながらイエス・セミナーの「The Five Gospels : What Did Jesus Really Say? The Search for the AUTHENTIC Words of Jesus」を買ったりしている。他にもあれこれ取り混ぜて今回は10冊ぐらい注文したのだが、これは送料を考えると日本のアマゾン経由で購入した方が安かったかも。日本のアマゾンなら洋書でも1,500円を超えれば送料無料なのだが、アメリカからだと1冊ずついちいち送料を取られるからだ。

 DVDの場合は日本で取り扱いがない商品の方が多く、アメリカのAmazonから買うしかないことがほとんどなので特に比較の必要はないのだが、洋書の場合は送料や為替レートを考えながら、Amazon.comを使うのか、それともAmazon.co.jpを使う方が割安なのかを考えた方がよさそうだ。ちなみに書籍はアメリカから日本に送るのに、1冊目で$6.99、2冊目からは1冊あたり$4.99、CDやDVDは1枚目が$3.99で、2枚目から$1.99ということらしい。つまり書籍の場合は、(販売価格+5ドル)×為替レートが購入価格になる。1ドルは現在120円ぐらいかな。

 商品によってはアメリカと日本でまったく同じものであるにも関わらず、なぜか日本で購入した方が安いものも存在する。今回僕が日本のアマゾンで注文したのは、「The Amplified Bible/Containing the Amplified Old Testament and the Amplified New Testament (BIBLE)」という本。日本でも新約聖書の部分だけが「詳訳聖書」というタイトルで出版されていたようだが現在絶版。(復刊ドットコムにリクエストが出ているが、なかなか票が集まらない。)これが英語版だと、旧新約聖書合わせて、日本のアマゾンでは¥1,586だ。もちろん送料は無料になる。安い。僕は英語がまったくだめなのだが、まあこの程度の値段なら購入してみてもいいかな……という気になる。これはアメリカだと$14.99なので、日本円にすると1,800円ぐらい。送料を考えなくても、日本で購入した方がずいぶん安いのだ。

 今回送料が気になったので、アメリカに注文したものの、未発送分についてはキャンセルして日本で注文し直したものもある。「The New Strong's Exhaustive Concordance (Nelson's Super Value Series)」は有名な聖書コンコーダンス。「Dictionary Of Saints」は聖人事典。「The Gospel of Jesus: According to the Jesus Seminar」は値段も手頃なので何となく注文してしまった本。日記でも紹介した「The History of Cinema for Beginners (Writers and Readers Documentary Comic Book)」も、送料や為替レートを考えると日本で購入した方がちょっと安いような気がして、アメリカの分はキャンセルして日本で再注文した。

 ただし日本のアマゾンで取り扱いがない書籍については、やはりアメリカから直接購入するしかないし、日本のアマゾンの方が明らかに割高になると思われる商品についても、アメリカから買った方がよさそうだ。今回の注文品では、「The Complete Gospels」の取り扱いが日本ではないようだったし、聖書関係についても日本はいくぶん割高に感じたので、これらはアメリカへの注文で問題なさそうだ。もっとも今回僕が注文したのは、それぞれ注釈や解説の付いた「King James Study Bible」「The New Oxford Annotated Bible, New Revised Standard Version with the Apocrypha, Third Edition」「The Oxford Study Bible: Revised English Bible With Apocrypha」「The New Jerusalem Bible」といった特殊なものばかり。どれも本文テキストだけが必要なら、日本のアマゾンで買った方が安いのかもしれない。

 なお先日注文した映画関係の書籍についても気になって再計算してみたのだが、値段はアメリカから買った方がトータルするとちょっとだけ安いかな……程度の差だった。たぶん何百円かの違いだと思うけど。円高になると、まただいぶ違ってくるとは思うけどね。

10:02 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.03.16

日本惜敗!

 残念。韓国に負けた!

03:09 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2006.03.15

メキシコ戦に勝利!

 日本代表チームがメキシコに勝った。王監督は接戦と言っていたが、終わってみれば6対1の大差だった。明日は韓国戦。これに勝たなければ準決勝進出はない。がんばれ! しかし日本が韓国に勝ったとしても、米国もメキシコに勝てば3チームが2勝1敗で並び、準決勝進出への順位は失点率や防御率、打率などで決めるらしい。

 それにしても、WBCは盛り上がっているのかいないのか、まったく様子がわからない。先日の米国戦では「疑惑の判定」がニュースやワイドショーでも盛んに取り上げられたとだが、それがWBCの注目度を反映してのものなのかどうかは疑問。アメリカではWBCなどまったく注目を浴びていないそうで、これでアメリカが2次リーグ敗退にでもなれば、ますます注目度は下がるだろう。

 MAJOR.JPのFAQによれば、WBCは今年の後2009年に第2回大会を開催し、その後はオリンピック同様4年毎に大会を開く予定になっているらしい。次回以降は2次リーグや決勝トーナメントの開催地も含めて、大いに検討の余地があるかもしれない。ワールドカップを目指すなら、開催地は世界各地で持ち回りにすべきだろう。

10:04 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.03.14

ヨドバシカメラでDVD購入

アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変遷 近所のヨドバシカメラでDVDを何枚かまとめて買った。ロバート・ダウニーJr.主演の『歌う大捜査線』『バス男』は日本未公開作。『アート・オブ・アクション マーシャル・アーツ・フィルムの変遷』も日本未公開のドキュメンタリー。さらに『Ray / レイ』『愛しのローズマリー〈特別編〉』の廉価版。全部合わせて5千円とちょっとだった。DVDは安くなったよな~。まあ、安いDVDしか買わないんだけど……。

09:53 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.03.13

Amazonから出荷の連絡

 昨日注文した商品の内、『The Great American Songbook』「The History of Cinema for Beginners」を除く全商品が出荷されたとの連絡。なぜこの2品だけが後回しになったのかはわからない。特に後者は早く手にとってみたかったので少し残念だ。まあ急いでいたわけでもないので、多少の遅れは構わないのだけれど……。前回の注文でもそうだったが、Amazonでは「Usually ships within 24 hours. Ships from and sold by Amazon.com.」と表示されている商品でも、出荷が大幅に遅れることがある。これは海外発送による特殊な事情で、アメリカ国内向けならそうした遅れが生じないのか、あるいは国内向けでもそうした遅れがたびたび生じているのかなどは、比較のしようがないので知りようもないのだけれど……。

 日本のアマゾンも宅急便かメール便かで到着までの日数が違ったりする。宅急便だと注文して丸1日かからずに到着するものが、メール便だと2~3日かかったりする。いずれにせよどうしても緊急に早く欲しいのなら、本でもDVDでもリアル書店なりリアルDVDショップなりを利用すればいいだけの話なんだけどね。

06:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

WBC疑惑の判定

 ワールド・ベースボール・クラシックの第2ステージ。日本対アメリカの試合で8回表日本側の攻撃。得点は3対3の同点で、ここからどちらかが1点取ればそこで試合は決まりかという緊迫した場面。1死満塁から外野フライのタッチアップで、日本が勝ち越した。ところが主審の判断で、3塁ランナーのスタートが早かったとされてアウトになってしまった。一度はセーフ判定だったのに、この逆判定には王監督が猛講義。しかしこの決定は覆らず、日本は9回にもチャンスを作ったものの得点できず、結局9回裏にサヨナラ負けしてしまった。残念。

 ビデオのリプレイを見ても3塁西岡のスタートは外野捕球の後であり、この主審判断は明らかに間違いとしか思えない。ここで1点入っていれば2死1,2塁からさらに追加点が望めたかもしれず、試合結果はまったく逆になっていた可能性がある。全体としてはいい勝負の試合だったが、この誤審(?)によってスッキリしない後味となってしまった。こうなったら日本は、何がなんでも第2ステージを勝ち上がって再びアメリカと戦うしかない! がんばれ!

11:06 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.03.12

Amazonに映画本を注文

 帰宅してひと寝入りしてから、Amazonで本とDVDを一括注文。今回新たにショッピングカートに入れたのは、昨夜のミュージカル上映会で観た『The Great American Songbook』だけで、あとは以前からショッピングカートに入っていたもの。映画本や資料になりそうなDVDがほとんどだ。「The Film Encyclopedia」「Halliwell's Who's Who in the Movies」「Time Out Film」は、先日読んだまつかわゆまさんの「映画ライターになる方法」に紹介されていた映画ガイドブックで、値段も高くないので買っておこうと思ったもの。この手のガイド本や事典は、買ってもすぐ使うわけではないけれど、あれば必ず年に何度かはお世話になるものだ。

 「The Oxford History of World Cinema」「The History of Cinema for Beginners」は映画史の本だが、特に後者はイラストがたくさん入った初心者向けの入門書。「The Persistence of History: Cinema, Television, and the Modern Event」はタイトルだけで買ってしまったので、届いてみないと役に立つかどうかはわからない。『The Golden Age of Cartoons: Attack of the 30's Characters』は1930年代アニメーションのアンソロジー。『Buster Keaton: The Great Stone Face of Comedy』はサイレント時代の喜劇王バスター・キートンのアンソロジー。

 今回ついでに買ったのは、「The Oxford Dictionary of Saints」というキリスト教の聖人事典。同様の事典には「The Penguin Dictionary of Saints」もあるが、これは邦訳を持っているので今回はパスした。それにしても原書ペーパーバックと邦訳とでは値段がまったく違うことに驚かされる。「The Penguin Dictionary of Saints」は10ドルちょっとだから、送料を含めても1,500円ぐらいだろうか。(日本のアマゾンでは1,688円で売っている。)それが邦訳になると定価8,400円! ちなみに僕は、これを古書店で3,500円ぐらいで買ったような記憶がある。

 僕は今回DVDを買うついでがあったので書籍も米国Amazonで購入したのだが、洋書は日本のアマゾンでも扱っているので、「The Film Encyclopedia」や「Halliwell's Who's Who in the Movies」は海外にいちいち注文しなくても、日本のアマゾンで入手することができる。

The Film Encyclopedia (Film Encyclopedia)
Ephraim Katz Fred Klein Ronald Dean Nolen
Harper Resource (2005/11/30)
おすすめ度の平均: 4.5
4 need Leonard Maltin's Movie & Video Guide
5 20世紀からの贈り物

04:57 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック