2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

2006.05.27

那覇観光の2日目

Img_4198

 天気は晴れたり曇ったり、時折小雨が降ったり。午前中は首里城見学。昼食の後、新都心のショッピングモールを見学がてら買物。食料品を買ったり、かりゆしウェアを買ったりする。一度ホテルに戻ってから、土産物を買うため国際通りへ。

Img_4205

 公設市場でブタ君の歓迎を受けるなどしてから、土産物も買うべきものは買ってホテル戻り。シャワーを浴びてから、近くのステーキハウスで夕食。コンビニでお茶買ってホテル戻り。

11:22 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.26

那覇観光

Img_4153

 飛行機に遅れまいと朝5時に起きたというのに、飛行機の方が2時間半も遅れて出発。羽田発8時15分那覇行きに乗る予定だったのだが、飛行機の故障と乗客の乗り換えその他で時間が大幅に遅れ、結局羽田を出たのは10時45分ごろになった。那覇のホテルに着くのは午前中の予定だったが、このトラブルで午後2時過ぎ着。疲れた。ホテルの近くで昼食。その後、近くの港を見物した後、国際通りを少し歩く。

Img_4166

 沖縄は梅雨に入っているので、今回の旅行は雨ばかりだろうと覚悟していたのだが、この日は晴れていた。最高気温は30度。夕方ホテルに戻ってシャワーを浴び、近くの沖縄料理屋で夕食。コンビニで翌日の朝食用におにぎりやお茶を買ってホテルに戻る。

11:13 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.25

DVDビデオを編集したい

 DVDビデオを編集する必要に迫られている。インターネットからUlead DVD MovieWriter 5の体験版をダウンロードして、普段使っているパソコンにインストール。手持ちのDVDから画像をインストールするまではうまくいったのだが、実際の編集作業になると、動作が遅くでまったく役に立たない。僕が使っているのはシャープのPC-GP2-D5Uという機種で、発売されたのは2002年12月7日だから今から3年半ほど前。CPUはPentium 4の2.2GHzで当時はかなり早かった。今でもワープロやインターネットに使う分には、まったく何の不便も感じていない。しかしビデオ編集用途としては、まったく力が足りない環境になっているようだ。内蔵のDVDドライブも古いので、最新のメディアに書き込むどころか、そもそも読み込むことすらできなくなっている。

 そんなこともあって、ビデオを編集するため早急に新しいPCを購入することを考えている。新しいMacBookを購入してビデオ編集専門機にしてしまうことも考えたのだが、DVDソフトの再生環境を考えると、やはりWindowsの方がいいのかな~と思う。手持ちのDVDソフトには個人輸入したリージョン1のものがかなりあるので、内蔵のDVDドライブをリージョンフリーにする必要があるのだ。ネットで調べると、Windowsだとそのためのソフトが何種類か出ているようなのだが、Macでそれと同じような環境を作れるものなのかどうか……。

09:20 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.24

『ポセイドン』を観る

Poseidon [Music from the Motion Picture] 午前中からワーナーで『ポセイドン』の試写。あまりいい評判を聞いていなかったのだけれど、それほどつまらないわけでもない。ただオリジナル版がすごくよくできていたので、それに比べると大予算のB級映画という印象は強い。2本目はメディアボックスで『ジョルジュ・バタイユ ママン』というフランス映画。これは何だか壮絶な映画でした。3本目は試写室まで行ったら満員で、ホール試写の予定をもらってきた。たぶん来週のどこかで観ると思う。帰宅したら土砂降りの雨。これはかえって、試写から早めに帰って来て正解だったかも。あのまま試写を観ていたら、この雨にモロにぶつかっていただろう。

08:57 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.23

ビデオカメラを購入

Victor GR-DF590-P 液晶付デジタルビデオカメラ(ピンク) ビデオカメラを購入した。ビクターの少し前の機種だが、近所のヨドバシカメラで38,400円(税込)。ビデオカメラとしてはエントリー機種だが、実際にどの程度使うものかよくわからないので、とりあえずこの程度のものでいいだろうという判断。光学15倍ズームにデジタルズームを組み合わせて200倍ズームとのことだが、これは設定変更して光学15倍限定にしてしまった。手持ち撮影で手振れ補正もズームもデジタルでは、画像が目も当てられない惨状になりそうな気がして……。それよりレンズの開放値がf1.2なのが嬉しいかも。これだと室内撮影でも、かなり明るく撮れる。店員はDVDタイプを勧めてくれたのだが、どのみち将来的にはPCで編集してDVDに落とすことを考えているので、撮った映像をその場で確認するぐらいならいちいちケーブルでつないでもいいのかな~と考えてのminiDV。でも編集やオーサリングのソフトはまだ買っていないし、ビデオとPCを接続するケーブルも未購入。このへんは、テープを少し撮りためてから考えようと思っている。

05:37 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.22

文庫占い

 文庫占いの結果、僕は福武文庫になった。僕の本棚に、福武文庫はほとんどないのだけれどね。それにこの文庫、1998年12月には終わってます。そうか、僕は既に終わった人だったのか……。

● 福武文庫さんのあなたは、大人の落ち着きと子供の無邪気さの両面を持ち合わせている人です。急なアクシデントにも余裕で対応したかと思うと、新しいゲームに大はしゃぎするかわいさも。そのギャップがたまらない魅力となり、周りの人をとりこにします。それが時には行き過ぎて、人を振り回してしまうこともありますが、憎めないと思われるのは、あなたの人徳でしょう。TPOに合わせてのふるまいを器用にこなし、どんどん社会に進出していくので、うらやましがられる反面、やっかみを持つ人もいます。けれど、それさえも自分を育てる栄養にしてしまうのが、あなたの強さです。『どれが本当のあなたなの?』と興味を持たれることも多いはず。ミステリアスな雰囲気を武器に、世間を楽しく泳いでください。
● 服部弘一郎さんに幸運を呼ぶカードは、トランプのジョーカーです!

 文庫占いは生年月日と血液型で、該当する文庫を選んでくれる。名前を変えても結果は変わらない。

 これとは別の出版社占いというのでは、僕は新潮社タイプだそうだ。これは生年月日だけで、ずばり診断してしまう潔さ。

「あなたは新潮社タイプです!新潮社は、長い歴史と伝統を誇る文芸版社で、特に文庫に関しては質・量共に他社を凌ぐ存在であり、三島由紀夫賞などの様々な文学賞を主催するほか、「週刊新潮」や「FOCUS」(すでに休刊)での過激な論調でも知られています。あなたは質実剛健で着実に物事をこなすタイプの人柄です。教養があり、深い知性に裏打ちされた論理性は誰からも一目置かれます。しかし、かなり頑固な面があり、新しいものには拒否反応を示しがち。その反面、伝統あるものやすでに定評のあるものに弱い、権威主義的な面があります。教養と知性を活かして、表面的ではない、物事の本質を見極めることが重要です。また、意外とケンカっ早い短気な一面もあり、自分と相容れない価値観の持ち主と会うと、途端に舌鋒が鋭くなったり、煽情的な発言が増えたりします。そして、一旦キレると簡単に頭に血が上り、前後の見境無く暴れだしがちなので、注意して下さい。代表的な刊行物:新潮、週刊新潮、nicola、新潮文庫、新潮選書」

 占いは何でもそうだけど、解説を読むとどこかしら当たっているように感じるものだ。他人が見るとどうなんだろう。この占い、当たってますか?

07:29 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.05.21

公開授業

 学校の公開授業で、高校生に映画配給と宣伝の仕事をレクチャーした。じつはこの授業、当日まで何をやるのかよく決まっていなくて、僕は前日までずっと「講義」のためのノートを作っていたのだ。しかし学校に行ってみたら、予定表に「ポスター制作」なんて書いてある……。2時間もらって半分を講義にあて、残りでポスターらしきものを作ったのだが、生徒は講義内容を退屈に思ったかも。でも僕は既にデザイナーを辞めて15年ぐらいたっているわけで、今さらポスター作りの指導をしてもな~、と思ったりする。やり始めると、それはそれで面白いんだけどね。こうなるとわかっていたら、講義はポイントを絞って30分ぐらいで切り上げ、残りを実際の制作に当てた方がよかったかも。

08:01 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック