2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006.01.21

米牛肉の輸入が再びストップ

牛肉と政治 不安の構図 昨年末にようやく輸入が再開された米国産牛肉なのに、日本に輸出された肉から危険部位とされる背骨が発見されて、またまた輸入禁止になった。今回の日本政府の対応は素早く、国民からも好印象を持たれたはず。「日本政府は国民の食の安全性のために頑張っている!」というアピールだ。これで次に輸入が解禁されるときは、「日本政府のやることだからたぶん大丈夫だろう」という信頼感が生まれる。まあ現実問題として、今回のこの出来事で「禁輸」という強行手段に出ない限り、日本では「アメリカの牛肉はやはり危ない」「アメリカの食品管理はいい加減だ」という印象だけが強く定着してしまったことだろう。まずは原因究明と責任の追及、さらには日本側が納得できる再発防止策を出してほしいものだ。

 それにしても、アメリカも日本をなめてくれたもんだ。問題を起こした食品加工会社は、「アメリカ向けの製品がたまたま紛れ込んだだけで、安全性にはまったく問題ない」と言っている。なるほど、悪いのはアメリカとは別の安全基準を設けた日本ということか。日本は生後20ヶ月未満の牛に限って輸入を認めているのだが、アメリカの基準は30ヶ月。その区別は専門家が見れば一目瞭然だとアメリカは主張していたわけだが、今回の危険部位は専門必ずとも一目瞭然のものだったはず。それをみすみす見逃しているのだから、いずれ日本には生後20ヶ月を過ぎた牛肉も紛れ込んでくるに違いない。しかし一度解体されてしまえば、もうそれが生後何ヶ月かなんてわからない。

 アメリカはもともと「安全性にまったく問題ないのだから、生後30ヶ月まで認めろ」という立場だから、そうなったとしても、やっぱり悪いのは日本ということになるのかね。アメリカ人が何の問題もなく消費している肉なのに、日本人は神経質すぎる。安くて美味しい肉がアメリカにあるのに、それを輸入しないのは日本人が病的な潔癖症で、BSEに対して非科学的なイチャモンを付けているからだ。肉の中に背骨が混じろうと、肉牛が生後20ヶ月を過ぎていようと、なにも日本人に毒を盛ろうとしているわけではない。悪いのは世界標準の安全基準を受け入れず、面倒な手間をアメリカの食肉業界に押しつけている日本の方だ。たぶんアメリカ人はそう思っているに違いない。

 僕自身は「BSEがナンボのもんじゃい!」という考えなのだが、こうまでずさんな管理をされているのがアメリカ産牛肉の現実だということを知ると、僕はむしろBSE以外の病気の方が恐いような気がする。アメリカ国内でさえ出荷が禁止されているような病気の牛なども、食肉加工場では平気で肉にして出荷しているんじゃないの??

11:14 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.20

『パッチギ!』に日本映画大賞

パッチギ ! プレミアム・エディション 井筒和幸監督の『パッチギ!』が、毎日映画コンクールの日本映画大賞を受賞した。これ以前にキネマ旬報の1位にもなっているし、昨年は井筒監督にとっていい1年だっただろう。憎まれ口がトレードマークの井筒監督は受賞コメントで、「“何十年前の夕日がきれいだった”なんてことだけで、日本の歴史を語るなと言いたい」と、暗に大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』を批判して見せるわけだが、賞を取った監督が賞を取らなかった作品を揶揄している姿はなんだか嫌な感じ。作品としては『パッチギ!』が評価されているのだから、他の作品に対しては「まあ、がんばれや」ぐらいで止めときゃいいのに。井筒監督が面白がられているのは、踏まれても蹴られても下から上に物言う反骨精神にあったはず。上から下を見下ろして、自分よりずっと後輩の映画人に対してあれこれ厭味を言うのは、なんだか嫌なオヤジだな~。『ALWAYS 三丁目の夕日』の方がヒットしたから、そのひがみかな。だったら批判の矛先は映画にではなく、観客に向けるべきでしょうに……。(なお『ALWAYS 三丁目の夕日』は石原裕次郎賞を受賞している。)

 『パッチギ!』は続編を作る準備が始まっているらしいのだが、これは非常に心配なこと。井筒監督は傑作『のど自慢』のあとに、続編『ビッグ・ショー!ハワイに唄えば』という駄作を作った例もある。『パッチギ!』の製作を通して在日韓国朝鮮人問題を勉強したようで、テレビのワイドショーなどでもしきりにそれ関係の発言を繰り返している。しかし『パッチギ!』は映画に登場する「在日問題」が評価されたわけではないと思う。『パッチギ!』はまず第一に、青春映画として面白いのだ。

 日本映画で真正面から在日を描いた映画なら、崔洋一の『月はどっちに出ている』の方が面白かった。在日と日本人だけでなく、そこにフィリピーナの恋人を登場させて、国籍や民族性を巧みに相対化させていくのもいい。しかしこの映画、なかなかDVDになりませんな~。なぜだ? やはり在日が主人公の『犬、走る』もDVDになってない。『血と骨』はDVDになっている。う~む。この基準がよくわからない……。

 井筒監督は受賞コメントの中で、「これからも少数派に光を当てて、そういう人たちに届くような作品を作り続けたい」と述べている。その結果が『パッチギ!』の続編だ。

 考えてみれば、現代は誰が「少数派」かよくわからない時代かもしれない。1970年代ごろまではそれがはっきりしていたのに、80年代のパブル以降はそれがさっぱり見えなくなった。大手の広告代理店が「日本からは大衆が消えた」と指摘したのも、やはりこの頃だ。井筒監督が社会の「少数派」を描こうとすれば、舞台は過去にならざるを得ないのかもしれない。

パッチギ ! スタンダード・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2005/07/29)
売り上げランキング: 6,197
おすすめ度の平均: 4.5
5 ヘタレな私にはまぶしい!
5 熱い名作
5 映画で泣いたの初めてです・・・

11:57 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2006.01.19

コニカがカメラ事業撤退

コニカカメラの50年―コニカ1型からヘキサーRFへ
宮崎 繁幹
朝日ソノラマ (2003/12)
売り上げランキング: 231,089
 先日ニコンが銀塩カメラ部門を縮小するという話題を取り上げたばかりなのだが、今度はコニカミノルタがカメラ部門と写真用品事業からの完全撤退を決めた(→プレスリリース)。コニカミノルタは「コニカ」と「ミノルタ」が2003年に経営統合して生まれたわけだが、どちらのメーカーも写真やカメラのメーカーとしてはとても歴史が古い。コニカの前身である小西屋六兵衛店が写真用品を扱い始めたのは、1873年(明治6)4月だという。1902年には印画紙や乾板の生産を開始し、翌年日本初の印画紙とカメラ「チェリー」を発売。つまりカメラメーカーとしてだけ見ても100年以上の歴史があった。1940年に日本で初めてカラーフィルムを開発したのもコニカだ。ストロボ内蔵カメラの「ピッカリコニカ」やAFカメラの「ジャスピンコニカ」など、技術とアイデアで他社に抜きんでた商品を発売していた。

 ミノルタの創業は1928年(昭和3)11月だというからコニカに比べると大分遅いが、85年に発売したオートフォーカス一眼レフカメラ「a-7000」が大ヒット。ソウル・バスに依頼したCI計画も話題となり、この企業ロゴマークはコニカミノルタにも引き継がれていた。

 僕自身はコニカやミノルタのカメラを持った経験がないのだが、歴史のあるメーカーがこうして消えていくのはちょっと寂しいかも。僕はコンタックス・ユーザーだったことがあるので、京セラのカメラ部門が消えたときも悲しかったが、今回のコニカミノルタの撤退は日本のカメラ産業が過去のものになったことを象徴しているように思う。今後は「日本のカメラ部門」というまとまりではなく、ニコンなり、キヤノンなりの、個々のブランド同士の対決になりそうな気がする。

 次はどこだ? オリンパスあたりは危ないんじゃないだろうか……。単に自分がかつてユーザーだったということで、愛着のあるメーカーをあげているだけなんですけどね。

07:57 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.18

ライブドア・パニック

儲け方入門~100億稼ぐ思考法 ライブドアの関連株が連日ストップ安で、それに引きずられるようにして市場株価全体が下がっているという。ライブドアの株主には個人投資家が多く、それが一斉に株を売りに出しているからだろう。マスコミは一斉にライブドア叩きに回っているようだが、それがライブドア・パニックとでも言うような市場の反応を煽る結果になっているのは間違いない。でもやっている内容は、市場に対する風説の流布だの、粉飾決算だのというもので、別段それだけで会社が潰れるのどうのというものではないはず。それにしてはものものしい家宅捜索や、うわずった声でそれを伝えるレポーターたちの姿、さらにはライブドア全体を「虚業」だの「実体がない」だのと論評するマスコミが、現在のパニックを引き起こした原因だろう。

 自分たちでパニックを煽っているくせに、その責任がライブドアにあるかのような物言いのマスコミはどうかしている。マスコミの寵児になっていたライブドアと堀江社長に対して、この機会に徹底的に叩き潰してしまおうとする力が働いているのは明らか。しかしライブドアと堀江社長をマスコミの寵児にしたのは、そのマスコミ自身ではないか。馬鹿と煙は高いところが好きだ。豚もおだてりゃ木に登る。マスコミは堀江社長という馬鹿だか豚だかをさんざんおだてて高い木の上に持ち上げ、今はそのてっぺんから落とそうとしているのだ。

 これはいい見せ物だ。マスコミという衆人環視のもとで、成り上がり者のサクセスストーリーと、成り金趣味の栄耀栄華と、その没落が見られるのだから。マスコミやジャーナリズムなどの既存メディアは、ライブドアがニッポン放送を買収しようとしたときに「喧嘩を売られた」と感じている。なんだかその結着がつかないうちに、喧嘩は手打ちに終わってしまってスッキリしない人が多かったのだろう。今回はここぞとばかりに、ライブドアと堀江叩きに血道をあげている。これは確かに見せ物としては面白い。しかしひどく醜いね。

 まあ堀江社長はただの会社経営者ではなく、最近はタレント化していたから、それはそれで仕方ないのかも。仮に今後ライブドアが倒産でもして堀江社長が社長でなくなったとしても、たぶん彼はその特異なキャラクターと経歴を買われて、タレントとして活動し続けられるのではないだろうか。

11:10 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.17

香港映画のアメリカ盤DVD

 自分自身でアメリカのAmazonからいろいろとDVDを買うことが増えたこともあり、映画瓦版にもアメリカ版Amazonのアソシエイト・リンクをなるべく張るようにしている。それで気がついたのだが、アメリカでは香港映画や韓国映画のDVDが、結構発売されているのだ。値段は日本で発売されるものよりずっと安かったり、日本で発売されていないタイトルが発売されていたり、日本で廃盤になっている商品が出ていたりする。ただし値段については、中国盤や韓国盤の方がもっと安いのかもしれないし、送料が加味されるので一概に「すごく安い」とは言えないのだけれど……。それに字幕も吹き替えも英語。英語の勉強をしている人なら、英語吹き替えで香港映画や韓国映画を見るのも面白いかもしれないけれど、それ以外の人にはちょっとね……。

 最近は香港や韓国の映画をハリウッドでリメイクしたりリメイク権利を買ったりすることが多いのだが、それはこうしたDVD市場の広がりと無関係ではないようにも思う。向こうの脚本家やプロデューサーは、面白そうな企画を求めて海外DVDをチェックしているのではないだろうか。アメリカの劇場でアジア映画が上映される機会はそれほどないと思うが、DVDについて言えばそれは関係ない。

 日本映画もアメリカでDVD化されているのだが、香港映画や韓国映画に比べると、その量が少ないような印象を受ける。古い映画はかなりDVDになっているが(なぜか千葉真一の『直撃!地獄拳』が出ていたりする)、新しいのがあまりない。北野武や三池崇の映画はDVDになっていても、行定勲のDVDは出ていなかったりして、バランスが悪いような気もする。もっともアメリカでも当然出ていてよさそうな古典映画がDVDになっていないことは多いし、日本国内のDVD市場でも「なんでこの監督のDVDが出ないんだ!」というのは多いけどね。

Kill Chiba CollectionKill Chiba Collection

Crash Cinema 2004-05-18
Sales Rank : 50334
Average Review

See details at Amazon
by G-Tools

09:52 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.16

MP3プレイヤーが欲しい

 以前から気になっていた商品ではあるのだが、MP3プレイヤーが本気で欲しい気持ちになっている。これはスポーツクラブに入会したことと関係する。僕は外出中にできるだけ本を読む主義なのだが、さすがにジムのバイクやランニングマシンの上では本が読めないだろう。だったらMP3プレイヤーで、音楽やラジオ、あるいは英会話教材、朗読や落語や浪花節でも聞いていた方がいいのではないだろうか……ということ。いろいろ調べてみると、やはり一番人気があるのはiPodのようだが、それより僕はiRiverのプレイヤーが気になった。上記のT10は乾電池1本で50時間以上の再生時間。電池の分だけ少し大降りなのだが、これはポケットにでも突っ込んでおけばいいことだろう。

 イヤホンとストラップが一体化した、薄型の機種もある。下記のN11はFMラジオ内蔵タイプ。(ラジオなしがN10という機種だ。)iRiverのプレイヤーはボイスレコーディング機能が付いていて、再生速度も早くしたり遅くしたり変化させることができるんだそうです。専用機ほどの編集能力はなさそうだけれど、簡単なICレコーダーとしても使えるわけだ。

 まだ買うことを決めたわけではないけれど、ちょっと食指が動いている。本格的にジム通いがスタートしたら、購入してしまうかもしれない。

iRiver フラッシュメモリープレーヤー N11 1GB-RR  ローズレッド
アイリバー・ジャパン (2005/10/29)
売り上げランキング: 3,376

09:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.01.15

元Macユーザー

 AppleからIntelプロセッサ内蔵Macの第1弾が発表された。う~ん。欲しいかも……。そもそも僕は元来Macユーザーだったのだ。最初に購入したのはMacintosh SEで、その後も何台かのMacを乗り換えた。それがパソコン通信でNIFTERMを使いたいという理由から、あっさりWindowsに変更したわけだ。現在はインターネットの時代になっているし、特にWindowsにこだわり続ける理由もない。先日パソコンのリカバリー作業をしていて、普段はそれほど高価なソフトを使っているわけではないことにも気がついている。乗り換えようと思えば、いつでもまたMacに戻れるのだ。

 今のところネックになっているのは、Macだと親指シフトキーボードが使えなくなってしまうことや、Microsoft Moneyのデータをどうするか、あとは、パソコンを購入するにあたっては先立つものがないということぐらいだろうか。

 とりあえず現在の環境を残したまま、ノート型のMacでも買って二刀流にしたい気分なのだが、今回発売されたノート型Intel Macは高価なプロスペックの機種のみで、気軽にメールやワープロ(エディタでの原稿書き)に使えそうな機種はまだこれからの様子。サブノート型のIntel内蔵iBookが出たら、物欲がいたく刺激されることは間違いなさそうだけれど……。

04:26 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック