2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月8日 - 2006年10月14日 »

2006.10.07

徹夜はツライ

 久しぶりに徹夜した。もともとちゃんと寝ないと身体に影響が出るタイプではあるんだけれど、今回はキツイ。まだ時々咳も出るし、体調は本調子とは言えないのだよ。でも徹夜……。う~む。この疲れは数日取れないと思う。昔は一晩寝れば何とかなったんだけど、年かな~。

02:08 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.06

雨に唄えば

Img_4335

 午前と午後と映画史の講義。今回はトーキー映画の話だったので定番の『雨に唄えば』を観て、その後はサイレントからトーキーに移る時期の映画をいろいろと紹介した。あらかじめ映画の引用部分をDVDに焼いていたので、あとは時間に合わせてあまり重要でない部分や冗長な部分をスキップさせつつ、マイク片手に雑談風に解説していくだけ。準備ができていると、この授業は余裕だな~。まあこれにはかなり元手がかかっているんだけどね。たぶん資料にするDVDだけで、そうとうの投資をしている。わずか数分のシーンを引用するためだけに、わざわざ何十枚ものDVDを買ってるもんね。それに事前にDVDを編集するのだって、それ専用にパソコンを買ったり、時間をかけて編集したり大変なのだ。当日は楽だけど、それまでが大変。

 専門学校の講師の仕事はそれほど報酬が望めるわけでもないので、今のところは授業の報酬と投資している資料代は拮抗している状態だと思う。去年だいぶ買ったので、今年はそれほどでもないかな~とは思いつつ、それでもやはり、一度に何万円分も資料としてDVDを買うこともあれば、本を買ったりすることもある。まあこれはこれで、自分自身の勉強にもなると思って楽しんではいるんだけどね。たぶんお金だけが目的ならもっと楽をする方法はあるだろうけど、僕の場合は授業にかこつけて、自分の興味を満たそうとしている面の方が大きいかもね。

 僕自身はアカデミックな映画についての教育を受けず、まったくの独学で映画を観てきているので、こうした場で、映画について一から学び直したいという気持ちもある。リュミエールやメリエス、エイゼンシュテインやプドフキンの映画がDVDで観られるなら、当然それは観ておかなければならないし、学校でDVDを買い渋るようなら(あるいは購入まで時間がかかるようなら)自分で買ってでも観るしかないわけだ。まあ一度こうした資料を揃えておけば、何年か後には追加投資をほとんどすることなしに、資料類が作れるようになるのではなかろうか。

雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディション
雨に唄えば 50周年記念版 スペシャル・エディションアドルフ・グリーン ベティ・コムデン ジーン・ケリー

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-09-08
売り上げランキング : 6635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プロデューサーズ コレクターズ・エディション 私を野球につれてって イースター・パレード 特別版 キス・ミー・ケイト 特別版 上流社会 特別版

06:39 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.05

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 午前中は学校で映画批評の授業。今週から生徒に映画のいろんな場面を集めて来させ、それについて短くコメントしていく形式の授業を始める。この方が少なくとも講義形式よりは生徒の目も生き生きしている様子。う~む。来年はこの形式半分、講義半分という形も考えてみようかな~。一度帰宅して内装工事業者と打ち合わせ。夕方からは再度外出し、丸の内ピカデリー1でクリント・イーストウッドの新作『父親たちの星条旗』の完成披露試写。これはなかなかの力作だった。姉妹編の『硫黄島からの手紙』も早く観たい。

11:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.04

日本映画切手

 10月10日に「日本映画」をテーマにした切手が出ます。1シート10枚が2種類あって、ひとつは「懐かしの名作」、もうひとつは「現代の名作」とのこと。しかしこの区分が、僕にはよくわからない。『セーラー服と機関銃』や『蒲田行進曲』『瀬戸内少年野球団』『男はつらいよ』『蘇る金狼』など昭和の作品が、はたして「現代」の映画と言えるんだろうか? まあそれでも、こうした切手はそうそう出るものではないと思うので、僕はそれぞれ2~3シート購入して、今後の請求書送付などに使いたいと思ってます。

09:56 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.02

結局病気の正体は……

 先週医者に言われたように、伝染性単核症で間違いないようです。

伝染性単核症 でんせんせいたんかくしょう Infectious Mononucleosis

EBウイルス(エプスタイン・バールウイルス)によっておこる急性白血球増加症。

どのように伝染するかはわかっていないが、キスなどによって唾液からうつるのではないかと考えられている。思春期から20代前半くらいに多くみられる。

おもな症状は、発熱、首などのリンパ腺の腫(は)れ、喉(のど)の痛みで、ほかに疲労、食欲不振、吐き気などがおこる。また、脾臓の腫大がみられる。発症後約1カ月で肝機能障害がおこる。ふつうは2~4週間でなおるが、1週間でなおることもあれば、6~8週間かかることもある。治癒後は、体力の低下が数カ月つづく。

伝染性単核症では、白血球が異常にふえる。これは、異型リンパ球(→ リンパ球)が血液中にたくさんでてくるためである。したがって、血液検査をおこなえば、容易に診断できる。治療は対症療法として鎮痛剤や解熱剤を投与して、症状を緩和することもあるが、安静にする以外、特別な方法はない。

以上、エンカルタによる説明でした。体力低下が数ヶ月続くそうなので、その間にまた別の病気になったりしないように気をつけなければ……。

09:04 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2006.10.01

パソコンが不調だな~

 Windowsの起動が遅くなっているのは前からだし、立ち上げるタイミングによって特定のソフトが起動したりしなかったりと、気分のムラがある我がパソコン。しかし最近、作業をしていないのにずっとハードディスクが回転しているばかりか、その間にカラカラとへんな音まで出るようになった。僕の20年弱のパソコン歴によれば、これはパソコンがクラッシュする前兆だったりする。さっさとデータのバックアップを取って、またハードディスクのフォーマットからやり直したほうがいいのかな~。とりあえずあと2年ぐらいは、このパソコンにがんばってほしいのだけれど。

 このパソコンのあとは、作業用のパソコンはWindowsをやめてMacでもいいな~、などと考えてもいる。もっとも作業環境の問題があるので、OSとしてはWindowsを並行して使い続けるかもしれないけどね。どうせ持ち歩いたりしないなら、MacBookよりiMacの方がコストパフォーマンスはよさそうだ。

B000FSBJNYApple iMac 2.16GHz Intel Core2 Duo 24インチ液晶 1GB 250GB 128MB スーパードライブ(DVD+R2層記録式)[MA456J/A]
アップルコンピュータ 2006-09-21

by G-Tools

11:05 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック