2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月5日 - 2006年11月11日 »

2006.11.01

Start Mac体験モニター

 Start Mac体験モニターに当選しました!

03:00 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2006.10.31

ディパーテッド

The Departed 香港映画『インファナル・アフェア』のハリウッド版リメイク『ディパーテッド』を観る。どうしてもオリジナルと比較してしまうので、この映画1本を単独の作品としては楽しめないという問題もある。オリジナルとの共通点や差異が、どうしても気になってしまうのだ。ひょっとするとこれは、もう1度観た方が純粋に楽しめるかも。監督はスコセッシ。社会の底辺にうごめく白人ギャングや,人種の問題を取り上げている部分はスコセッシらしい。イタリア系ギャングとアイルランド系ギャングの対立は、『ギャング・オブ・ニューヨーク』を連想させる。主演のディカプリオやマット・デイモンが香港版のキャラクターをどうしてもなぞってしまうのに対して、ギャングのボスを演じたジャック・ニコルソンはすごかった! マーク・ウォルバーグはオリジナル版にない役で、どうなるのかと思っていたら、あらららら~。

 試写までちょっと時間があったので、銀座の教文館でカトリック関係の本を何冊か購入する。「第2バチカン公会議 公文書全集」は以前から入手しなければと思っていた基礎資料。「聖書Q&A」はカトリックの立場から書かれた、一問一答形式の聖書入門。解説内容はとても合理的で、批判的な聖書学の成果を十分に踏まえたものになっている。「キリスト教徒は迷信やおとぎ話を事実だと信じている!」と感じている人は、これを読むと印象の違いに驚くかもしれない。日本ではカトリックを「旧教」、プロテスタントを「新教」と訳したこともあって、カトリックは保守的で古くさい中世以来の信仰を守っているが、プロテスタントは科学的で合理的なキリスト教だ、と勝手に思い込んでいる人もいる。でも実際は、プロテスタントの保守派よりはカトリックの方がよほど科学的で合理的なのだ。まあこの本に関しては、ちょっと合理的解釈すぎるかな~と思うところもないではないけれど……。

 もう1冊、「聖書Q&A」と同じ著者の「私たちにとって聖書とは何なのか―現代カトリック聖書霊感論序説」というのを購入した。「聖書Q&A」が入門書だとしたら、こちらはもう少し専門的な本。中身をパラパラながめて買ったものなので、どんなものかはこれから読んでのお楽しみ。

10:12 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.30

横田めぐみ物語

家族 午前中は仕事。午後は3時半から映画美学校で、ケン・ローチの『麦の穂をゆらす風』最終試写。ヨドバシカメラでPowershot G7の実物をちょっと触って、ますます欲しくなったりする。ずっしりと持ち重りがして、デジカメにしては風格があるのだ。でも新品交換したPowershot S3 ISもまだ本格的に使っていないので、まずはそちらを使いこなすようにしてから、次のカメラについては考えよう。夜遅い時間になってから、GAGAでドキュメンタリー映画『めぐみ/引き裂かれた家族の30年』を観る。原題は『拉致:横田めぐみ物語』。テレビや新聞で知っている話題が多いが、それでもこうしてそれが再構成されると、子供や家族を奪われた家族の悲痛な思いに同情し、家族を取り戻そうと戦う姿に感動する。

09:51 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.10.29

USBメモリはいい!

【送料525円~即納! カードOK!】激安!高速120倍速4GB USBフラッシュメモリ!!20061027祭2 注文したUSBメモリが到着したので、早速パソコンに接続。プラグ&プレイですんなり外部リムーバブルディスクとして承認されたので、フリーソフトのBunBackupを使ってファイルのバックアップ。バックアップ作業はファイルサイズよりファイル数で時間がかかってしまうらしく、デジカメの写真やHTMLファイル(映画瓦版)のコピーにはかなり時間がかかった。しかし1度コピーしてしまえば、あとは更新した分だけを上書きしていくので、以後はさほど時間もかからないと思う。作業も自動化できて便利だ。

 ファイルのバックアップというと、昔はフロッピーディスクを山のように用意して、半日ぐらいかけてガチャガチャとフロッピーの出し入れを繰り返していたものだ。外付けハードディスクに、ファイルをコピーすることもあった。でも僕が主として仕事で使っている程度のファイルなら、いまやUSBメモリで十分。便利な時代になったものだ。

 思い起こせば、僕が最初に買ったパソコンはMacintosh SE。内蔵ハードディスクは40MBだった。(このパソコンは結構長く使っていたけれど、このハードディスクはついも半分ぐらいしか使っていなかった。)4Gはその100倍の容量。う~む、世の中は便利になっている。いやいやこれも考えようによれば、それだけ大きなファイルを扱わなければならなくなってしまった現代は、不便になっているのだとも言える。Macintosh SEだって、僕は別に不便を感じてなかったもんね。

01:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック