2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006.12.22

今年の授業は終了

 今日の授業で今年は最後。次は来年の2週目からになるので、今までのような自転車操業はやめたいな〜。と思いつつ、じつは準備があまりできていどころか何をするかも決めていない状態なので、来年1月下旬からはピンチだったりする。ネタはあっても、生徒に見せる素材がない。またまとめてDVDを購入しなければならないかも。今日はアヴァンギャルド映画を取り上げたのだが、生徒の反応はまあまあかな……。

10:16 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

Macのゴミ箱の整理

 ビデオ編集はハードディスクの容量をかなり食うので、時々ゴミ箱を空にしないと作業が滞ってしまう。しかしこれを完全に空にするとあとあと何かと不便なので、例えば最近数日間のゴミは残してあとは消してしまうとか、最新の何十個かは残してあとはどんどん古い順に消していくなど、気の利いたゴミ箱用のユーティリティはないものでしょうか?

07:40 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Cinematize 2 Proの使い心地

 MacBookでCinematize 2 Proを使っている。デモ版では10秒ぐらいのクリップを作るだけだったので気にならなかったのだが、実際に長いクリップを作ろうとすると、やたらと時間がかかるのには参った。クリップを作るスピードでは、Windows環境の方が段違いにスピーディだ。WindowsでデータをリッピングしてMacで編集しようと思っていたのだが、これは逆に、日本語字幕が必要なものだけMacで作業して、最終的にはWindowsで編集した方が作業効率が上がるのではないだろうか。

 まあDVDの編集などという、きわめて変則的な(半ば非合法な)作業を行おうとするからこんな羽目になるわけで、普通にデジカメの画像を編集したりするぶんには、Macはきわめて快適な環境なんですけどね。デジカメと自作ビデオ関連はMac、DVD編集関連はWindowsという使い分けになっていくのかも。あとはWindowsで、安定したビデオ編集環境がほしいな。Video Studio 10は最近どうも挙動不審。少し前まで不安定だったDVD Movie Writer 5の方が逆に調子がよくなっているので、今回はそれを使ってみた。DVDを焼くのがじつに早い。

01:43 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.12.21

ホームページのリフォーム準備

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト 今年の年末年始はどこにも出かけず自宅で過ごすことになりそうなので、気になっている映画瓦版ホームページのリニューアル作業をやってしまおうと思っている。一応参考書を購入して、準備態勢だけはバッチリ。「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」はAmazonのレビューがよかったので購入してみた。学校の授業も今週で一段落。試写もほとんど終わりだ。上映中で取りこぼしている映画(今年はこれがものすごく多い)も見て回らないといけないんだけどね……。それにしても12月は映画をほとんど観ていない。ひどい状態です。

04:56 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.12.20

久しぶりに試写

 午後は久しぶりの試写。最初はメディアボックスでキム・ギドクの『絶対の愛』。いや~、やっぱりこの監督の映画は、絶対にはずれがないよな。来年は特集上映もあると言うから、それで未見の作品も含めて一気に観ておきたい。2本目は東映で『エクステ』。園子温の新作だが、ぞくぞくするような恐怖を感じさせるシーンがある一方で、通俗的なホラー描写についてはコミカルな描写にしているという怪作。大杉漣がすごいんだ。簡単に食事(牛丼だ!)をしてから、松竹で『約束の旅路』を観る。これはすごくよかった。2時間半近い映画だけれど、そこにぎっしりとドラマが詰まっている。ラストがきれいに終わりすぎのような気もするけれど、これはこれでOKでしょう。

11:33 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

新しい手帳へ

 2006年度の手帳から、2007年度の手帳への移行期間に入った。僕はずっと能率手帳ユーザーで、1997年から2003年まではエクセル4を使用していたのだが、03年に日ごとのスケジュールを電子手帳のCLIEに本格移行して、翌04年はエクセル8に変更した。05年はエクセル・シリーズより小型のポケット10に乗り換え、今年はメモ重視のエクセル9を使っていたのだ。しかしその間にCLIEはすっかり使わなくなり、スケジュール管理がルーズになってきた。仕事の締め切りなどはまず間違いなく守るのだが、それ以外の試写スケジュールなどをスケジュールに入れなくなってしまった。去年から今年にかけて試写本数が極端に落ち込んでいるのは、仕事やプライベートであれこれ予定があったことも原因のひとつだが、手帳に予定を書き込んで自分にプレッシャーをかけなくなくなってしまったことも大きい。

 そんなわけで、07年の手帳は初心に戻ってエクセル4にした。カレンダー型の書き込みに慣れてしまうとそれも捨てがたいのだが、1週間見開きで30分単位に時間の目盛りが入っているこの手帳が、自分にはやはり一番向いているのかも。

10:43 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.12.19

人間ドック

 日帰りで人間ドックに行ってきました。バリウムを飲んで胃のレントゲンを撮るなんて、おそらくは20年近くなかったことではなかろうか。心電図も同じぐらい久しぶりだと思う。結果としては、体重過多、コレステロール過多、尿酸過多、脂肪肝かも……ということで、要は太りすぎですな。食事と運動が大事なんだけど、これが難しい。

09:47 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.12.18

給食費未納の解決法

 小中学校に通う子供の給食費を、払えるのに払わない親がいて自治体の悩みの種だという。でもこんなの解決するのは簡単だよ。原則給食という現在の方針を大転換して、子供たちは“原則として”弁当持参にすればいいのだ。ただし希望者する家庭には、給食費相当の実費負担で学校が児童生徒のための昼食を用意すればいい。要するに給食費を払いたくないなら、子供は弁当を持ってこいという話。原則給食という決まりがあるから、給食費を払わない家庭の子供に給食を食べさせないという当たり前のことができないのだ。これを原則弁当にしてしまえば、何も問題はないんじゃないのかね……。

10:37 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2006.12.17

江戸前の旬

 漫画ゴラクで連載中の「江戸前の旬」だが、作者のホームページで単行本の表紙をずらりと並べているのを見ると(参照)、主人公の髪の毛はどんどん長くなっているな~。最初の頃は寿司屋の若い職人らしい清潔な短髪だったけど、最近は髪の毛のボリュームが明らかに増えている。

10:55 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Macintoshでココログ

 Macintoshの標準ブラウザであるSafariでココログに記事を投稿しようとすると、リンクを作るボタンが現れない……。Firefoxだと問題なし。どうもSafariは動作がよくわからない。ちなみに映画瓦版のトップページは、どちらで見てもレイアウトが崩れまくっている。これはいずれHTMLなりCSSなりを書き直さなければならないのだけれど、面倒くさくてなかなか手を出す気になれない。そうこうしているうちに、映画瓦版を更新する意欲も減退気味。

04:12 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

Cinematize 2 Pro購入

 MIRAIZON社のホームページから、Cinematize 2 Proをダウンロード購入した。価格はUS$129.95だから、日本円にすると15,000円ぐらいかな? (最近の為替レートをよくわかっていないのだけれど……。)これで編集済みのDVDから音声や画像を自由に取り出せるので、撮りためたビデオをDVD-Vidoe形式で保存しておいて、あとから特定の画像を撮りだして再編集するようなことが容易になる。つまりビデオのバックアップが簡単にできるのだ。

 仕事の上では、日本版のDVDから字幕付きで動画をクリッピングできるのが大きなメリット。今まではUlead社のVideo Studioで動画をクリッピングしていたのだが、それだと字幕が取れてしまうのが困りものだったのだ。iMovie HDの使い方がまだよくわかっていないので、これをもうちょっと研究しないといけないな……。米盤のDVDからクリッピングした動画にも、最低限の字幕を付けたりできた方がいいだろうし。

12:43 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック