2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

結局はREDを注文する

Moleskine Large Red Weekly Notebook 2008 来年の手帳ですが、結局はモレスキンのスケジュール+ノートの赤、ラージサイズを注文しました。やっぱりハードカバーというのが決め手。同時にラージサイズの方眼ノートも注文して、来年は赤と黒の2冊のモールスキンで仕事もプライベートもこなすつもり。今は買い物メモやTo Doリストなどをロルバーンのスリムメモのノートに書き込んでいるんだけど、これはモレスキンの赤ノートに移行してしまえると思う。ただ、今使っているロルバーンがそろそろ終わりそうなので、10月頃から数ヶ月は新しいロルバーンを使うかも。あるいは煩瑣な買い物メモなどは、そのままロルバーンで続けた方が便利なのかもしれないけど。トイレットペーパーやティッシュの買い物などを、いちいちモールスキンに記入しなくてもねぇ……という気もするしね。まあロルバーンについては、10月から3ヶ月で使い切ってしまえばそれでいい話かもしれないけど。

続きを読む "結局はREDを注文する" »

2007.09.29

来年の手帳で思案中

Moleskine Large Red Weekly Notebook 2008Moleskine Large Weekly Notebook 2008 (12 months) もう今年もあと3ヶ月。そろそろ来年の手帳を考える時期になってきたのだが、僕は来年、モレスキンのスケジュール+ノートのラージサイズを使おうと思っている。現在仕事のメモ書きなどに使っているノートが同じモレスキンから出ている同サイズのスクエア(方眼)ノート。これがとても使い勝手がいいので、それならスケジュール用の手帳もモレスキンで、というわけだ。サイズはポケット版にすることも考えたのだが、異なるサイズのノートを使うより、むしろ同じサイズで揃えた方がカバンの中でゴロゴロしなくてよかろうという判断。思案しているのは、色を赤にすべきか黒にすべきかだ。赤はハードカバーで、おまけとしていろんなシールが付いてくる。黒はソフトカバーで、おまけなし。当然だがハードカバー版の方が分厚くて、値段も高い。シールにはあまり興味がないので、これは黒のソフトカバーにしようか。しかしメモ書きをする時は、固い表紙が付いていた方が便利は便利。

2007.09.26

Canon IXY DIGITAL L4安い

Canon デジタルカメラ IXY DIGITAL L4 オリーブグレー IXYDL4(GY) 僕が使っているのはこれより2世代前のL2で、レンズが単焦点で、デザインがもっとごつごつしていたもの。でも写りがいいので満足して使っている。最近電池の持ちが悪いので、これはそろそろ買い換えかなと思っているけど。(あまり出番がなくなったのはそのため。自転車で出歩くことも増えてるし。)AmazonでL4が安くなっているので、ひょっとするとそろそろ次の後継機種が出るのかもしれない。Lが2003年10月、L2が2004年11月、L3が2005年10月、L4が2007年10月発売だから、そのペースだと来月頃にはL5が発売になるはず。

2007.09.22

ちょっとそこまで40キロ

Photo

 午前9時半頃に家を出て、荒川サイクリングコースを走る。天気も良くていい気分。1時間か1時間半で20キロぐらい走って帰ってくるつもりが、途中から「今日は往路20キロで折り返して、往復40キロだ!」と不意に決意。どんどん走って、メーターが20キロを超えたところでUターン。帰りにSIGGに入れていた水がなくなって難儀したが、なんとか自宅近くまで戻ったらもう11時45分頃。腹が減ってバテバテになっていたこともあり、水を補給したいこともありで、ラーメン屋に飛び込む。亀久の亀ラーメン。おいしゅうございました。卓上のトッピングとしてニンニクをたっぷり4個も潰し入れ、ついでに替玉まで注文してしまい、スープも残らず飲み干しました。自転車でカロリーを消費しても、ここでそれ以上に補給しているような気がしないでもない。でもまあ、今日はこれでもいいや。

続きを読む "ちょっとそこまで40キロ" »

自転車で痩せてきた

自転車で痩せた人 (生活人新書) 3月に自転車を購入してから、あちこちになるべく自転車で行くよう心がけ、今ではほとんど電車や地下鉄を使わなくなっている。距離が10キロ以内ならまず自転車。ただし出かけた先で、どこに自転車を駐めるかは悩みの種。電車や地下鉄なら身ひとつだから、こういう悩みはないんだけど。体重はピーク時から比べると5キロぐらい減り、胴回りは10センチぐらい減った。食べる量も気をつけるようになっているので、自転車だけの効果ではないと思うけれど、運動は自転車に乗るぐらいだから、これはやはり自転車の効果が大なのだろう。

2007.09.20

ボトルケージホルダー新調

 ボトルケージホルダーを新たに購入した。これまで使っていたボトルケージアタッチメントはフレームにボトルを付けることができず、シートポストやハンドル周りにボトルを付けるしかなかったのだが、今回買ったものはフレームにも取り付けられる余裕がある。これは便利。取り付け場所を選ばないので、走行の邪魔にならない取り付け場所を自由に選ぶことができる。僕はトップチューブのハンドル寄りに取り付けた。こんなことなら、最初からこれを買えばよかった。今まで使っていたボトルケージアタッチメントが余ってしまったのだが、これはとりあえず保管しておいて、古いママチャリでどこかに出かけるときにでも使おうか。そうなると、ボトルケージももうひとつ購入しておいた方が便利かな。こうして自転車関連の小物は増えていくのである。

2007.09.15

革サドルが欲しい

 愛車サブナードスポーツのサドルを、BROOKSの革サドルに交換したいな〜と思っている。スプリングクッションが入ったFLYERがいいのかな〜、などと、WEBで商品リストを眺めながらあれこれ考えている時間が楽しい。ハンドル周辺も少しいじりたいんだけど、これはもう少し後でいいかも。フラットバーハンドルにして、ハンドルの幅を少し切り詰め、バーエンドを付けたい。ただハンドル周辺は変速機があったりするので、自分一人では手が出しにくい部分だったりもする。これは自転車屋さんにお願いすることになるんだろうな。

福田康夫総理ねぇ……

 なんだか新味がないし、まるでワクワクしない顔だよな。麻生太郎ならワクワクするかというと、それもどうかと思うけどさ。自民党の内部はバタバタして大変だろうけど、日本国民の多くはうんざりしながらことの成り行きを見ているんじゃなかろうか。

2007.09.13

自転車のメンテ

 注文していたパーツが届いたので、自転車のペダルを交換して、ハーフクリップも付けてみた。近所を少し乗ってみたけど、足とペダルの密着度が増すのは確か。ただしこれで、どのぐらいペダリングが楽になっているのかはわからない。ペダルレンチでなかなかペダルを外すことができずに難儀したのだが、何のことはない、回す方向が逆だったというお粗末な話さ。今回はチェーンのクリーニングもして、車体のあちこちにオイルも差した。自転車屋でブレーキとディレイラーの調節もしたので、じつに快適。

続きを読む "自転車のメンテ" »

2007.09.12

安倍首相辞任

官邸崩壊 安倍政権迷走の一年 最初は冗談かと思いましたが、そうじゃなかったようでして……。しかし何で今さら辞任なのか。このタイミングで首相が辞任をして、得をする人が誰かいるのか? 与党側はかついでいる御神輿が逃亡してアタフタ。野党側は政治的な攻撃目標をなくして右往左往。首相の今回の辞任は、要するに「後は野となれ山となれ」ということだろう。本人は辞めて清々しているかもしれないけれど、まわりはたまったもんじゃない。もちろん国民もだ。「安倍政権」から大将が抜け出して、残った参謀や部下たち(党役員や閣僚たち)も、身の処し方に苦慮しているんじゃないのか。このところテレビに出ることの多かった舛添厚労相などは、年金着服問題に大なたを振るおうとしていた矢先に大将が逃亡してしまったと知ってどう思うのかね。

続きを読む "安倍首相辞任" »

ハリポタ映画5本で世界一!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 『ハリー・ポッター』シリーズ5作品の世界興行収入が計44億7,000万ドル(約5,100億円)に達して、22作品で計44億4,000万ドルを売り上げている『007』シリーズの記録を抜いたとのこと。しかし『ハリポタ』は7作目で終了があらかじめ決まっているのに対して、『007』はいつまで続くか不明だから、いずれまた『007』が記録を抜き返すかもしれない。しかし単純計算すると、『ハリポタ』は1本あたり9億ドル近くを稼ぎ、『007』は2億ドル程度。実際には作品1本ずつ計算する必要があるし、時代によって貨幣価値も違えば映画市場の規模も違うので、単純な比較はできないんだけどね。

続きを読む "ハリポタ映画5本で世界一!" »

2007.09.11

『ブレードランナー』製作25周年

【初回限定生産】『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(5枚組み) 『ブレードランナー』の製作25周年を記念した、5枚組のアルティメット・コレクターズ・エディションがいよいよ発売されます。この映画は1992年版の『ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版』が以前DVDになっていたんだけど、初公開時に劇場でこの映画を観ている僕にとっては馴染めないもので(劇場では観ました)、DVDは購入してません。今回のDVDは82年のオリジナル劇場版(アメリカ版)、それとは一部編集が異なるインターナショナル劇場版、デジタルリマスターを施した『ディレクターズカット/ ブレードランナー 最終版』に加えて、メイキング本でその存在を知っていたリサーチ試写用のワークプリント、リドリー・スコットがこのDVDのため新たに再編集したファイナル・カット版がひとつのパッケージになっている。ところで僕が最初に劇場で観たのは、オリジナル版なんだろうか、それともインターナショナル版なんだろうか……。

続きを読む "『ブレードランナー』製作25周年" »

2007.09.09

アオバ自転車店にはまってます!

並木橋通りアオバ自転車店 (2) 宮尾岳の「並木橋通りアオバ自転車店」にはまってます。単行本をアマゾンにまとめて注文し、在庫がない物についてはマーケットプレイスで穴埋めしつつ、とりあえず1〜10巻までを購入。その後も20巻までは全部そろえて、9月25日に新装発売される新刊「アオバ自転車店 (1)」を待つのだ。連作短編なので内容にはかなりのばらつきがあるんだけど、毎回登場する自転車を見ているだけでも楽しい。インターネットであちこち見て回っていると、このマンガに影響されて作中に登場する自転車を買ってしまったという人が結構いるみたい。その気持ちはよくわかる。僕もこれを読んでると、「ストライダ欲しい!」「ブロンプトンもええな〜!」と思うもんね。どうもフォールディングバイクに偏っているけど、これはまあ、我が家の住宅事情によるものでして……。

続きを読む "アオバ自転車店にはまってます!" »

2007.09.08

ミヨシ梅木の死去

サヨナラ 日本人ではただひとり、アカデミー賞の主要部門(作品・監督・主演男女優・助演男女優)を受賞しているミヨシ梅木(ナンシー梅木)が、先月28日に米ミズーリ州リッキングの養老施設で亡くなっていたそうです。渡辺謙の助演男優賞ノミネートや、菊池凜子の助演女優賞ノミネートのたびに、「受賞すればミヨシ梅木以来の快挙!」と報じられることが多く、その結果として彼女の名前を知った人も多かったんじゃないでしょうかね。彼女がアカデミー助演女優賞を受賞した『サヨナラ』は1957年の映画なので、今からちょうど半世紀前の作品です。

続きを読む "ミヨシ梅木の死去" »

2007.09.07

新しい自転車が欲しい

STRIDA(ストライダ) 2007 STRIDA MODEL5.0 レッド 16.0インチ 050306 今年の春にサブナード・スポーツを買ったばかりなのに、もう新しい自転車が欲しくなっている。方向性としては3つあって、ひとつは道路をぐんぐん突っ走るためのロード系。といっても本格的なローディになるわけではなく、少しスピードの出るクロスバイクが欲しいだけなので、車種としてはジャイアントのOCR3あたりがいいかなぁ……と。もうひとつは電車やバスで輪行するためのフォールディングバイクで、昨日は「並木橋通りアオバ自転車店」を読んでいたもんだから、ストライダだのブロンプトンだの、とにかく持って運べるのはやっぱり便利そうだなぁと思ってしまった。まあ都内だからクロスバイクが1台ありさえすれば用は足りるんだけど、出先で雨が降ったとき、フォールディングバイクならそのまま電車で帰ってこれるしね。ただしスピードはあまり期待できないけど。(車重が軽いからそれなりにスピードは出そうだけどね。)

続きを読む "新しい自転車が欲しい" »

2007.09.06

新しいiPod

Apple iPod touch 8GB 新しいiPodが出ましたね。大型スクリーンのiPod touchは、電話機能のないiPhoneですな。でも僕自身は、iPod classicの160GBモデルが気になる。これは要するに、もう音楽プレイヤーじゃないんだよね。音楽や写真ではなく、これはもう動画を持ち運ぶためのプレイヤーなのです。(あるいはパソコンのデータを持ち運ぶためのストレージメディア。)Appleはミュージックビデオに続いて、映画の配信ビジネスでもいずれ本格的に攻勢をかけてくる。その時に端末として使用されるのが、新しい大型スクリーンのiPod touchであったり、160GBという大容量を持つiPod classicだったりするわけです。

続きを読む "新しいiPod" »

2007.09.05

佐藤真監督が自殺

エドワード・サイード OUT OF PLACE 『阿賀に生きる』や『まひるのほし』など、数々のドキュメンタリー映画を作ってきた佐藤真監督が自殺した。49歳。まだ若いのに。昨年から躁鬱病で入退院を繰り返していたというから、今回の自殺も病気の延長で起きた発作的なものだったのかもしれない。自殺というより、事故死や病死に近いのかもしれない。遺作は一昨年に発表された『エドワード・サイード OUT OF PLACE』。

2007.09.04

パソコン用の緩衝材

ティンバック2 キルテッドラップトップスリーブ L ピーコックブルー 2TB-QLSL-PB メッセンジャーバッグでパソコンを運ぶために、バッグと同じティンバック2から出ているキルテッドラップトップスリーブというものを購入しました。いろんな色があるんだけど、ブラックやグレーじゃ他のメーカーと差がないので、ここはバッグの色味(グリーン)と同系のピーコックブルー。MacBookの場合、サイズはLでちょうどいいみたい。とりあえずこの金曜から学校が始まるので、それまでに届いてくれればOK。

2007.09.03

メーターを誤ってリセット

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ/CC-RD100 【限定カラー】ホワイト サイクルコンピュータを誤ってリセットしてしまった。自転車から取り外して持ち歩いているとき、ポケットの中で何かにぶつかってリセットスイッチが入ってしまったようだ。じつは同じようなことをほんのひと月ほど前にもやっている。別にそれで命に関わるような問題でもないけど、積算距離が消えてしまうのはもったいない。タイヤの周長を再入力しなければならないので、インターネットでそれらしいページをみつけて参考にする。しかしこれは本当は、自分の自転車を一度は実測しておかなきゃいけないんだろうけどね。

レインウエアを購入

 神保町のさかいやスポーツで、モンベルのレイントレッカージャケットを買ってきた。お値段は10,600円。使用頻度や用途によっては、レインパンツも購入しなきゃね。モンベルのレインウェアには自転車用のものもあるんだけど、僕の愛車はママチャリ型のサブナードスポーツだし、いわゆるサイクルウエアを着ているわけでもないので、レインウエアはトレッキングや登山用のものがいいと判断。軽さと携帯の便利さからウィンドブレーカーも考えたのだが、実際に着てみると暑くてたまらない。まあ冬はいいんだろうけど、この時期はダメだ。ちょっと試着してみただけだけど、専用のレインウェアは蒸れなくて快適。ゴアテックスより安価なブリーズドライテックでできているのだが、短時間の試着ではゴアテックスとの大きな違いは感じられなかった。

続きを読む "レインウエアを購入" »

2007.09.02

マウンテンパーカー

 これからの時期の防寒と、ちょっとした雨よけのためのジャケットを探しているんだけど、なかなかこれといったものが見あたらない。本格的な雨の中に出ていくわけではないので、レインスーツやレインジャケットは大げさすぎる気もするし、街着として日常使いにするにはかえって不便な気がする。ウィンドブレーカーも考えたんだけど、これは日常着としてはどうなのよ……という感じ。で、いろいろ探していた中で、マウンテンパーカーというものが出てきたんですけど、これは今さらどんなもんなんでしょうかね。高校生の頃には、安いマウンテンパーカーを着てとても重宝していた記憶があるんですけど。今買うとしたらシェラデザインズの60/40オリジナルマウンテンパーカーあたりだろうけど、これってゴアテックスのアウターより高かったりするんだよな。

2007.09.01

USBスピーカーを購入

SANWA SUPPLY USBスピーカー(ブラック) MM-SPA1BK MacBookに外付けのUSBスピーカーを取り付けた。MacBookは内蔵スピーカーもそこそこの音が出るんだけど、やはり音量や音質には限界があるわけで、DVDを視聴するとか、iTunesで音楽を聴くとか、ネットラジオを聴くとか、そういう場合にはやはりひどく物足りなさを感じてもいた。今回購入したスピーカーはMacBookに取り付けたUSBハブに、スキャナやプリンタ、マウスなどと一緒につなげている。こうしておけば、MacBookを持ち運ぶ際、USBハブのコードを引き抜くだけでMacBook本体がフリーになる。ノートパソコンはケーブル類がごちゃごちゃ出ていると、機動性が失われるのだ。この外付けスピーカー、音質については正直よくわからない。音の良さを優先するなら、他にいくらでもいい製品はあるんだろうけどね。でもまあ、僕の今の用途としてはこれで十分。持ち運ぶためのポーチも付属していたので、何ならちょっとしたプレゼンテーションなどのために外出先に持って行くことも可能だろう。(そうした機会がどの程度あるのかは疑問だけど。)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »