2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ハリポタ映画5本で世界一! | トップページ | 自転車のメンテ »

2007.09.12

安倍首相辞任

官邸崩壊 安倍政権迷走の一年 最初は冗談かと思いましたが、そうじゃなかったようでして……。しかし何で今さら辞任なのか。このタイミングで首相が辞任をして、得をする人が誰かいるのか? 与党側はかついでいる御神輿が逃亡してアタフタ。野党側は政治的な攻撃目標をなくして右往左往。首相の今回の辞任は、要するに「後は野となれ山となれ」ということだろう。本人は辞めて清々しているかもしれないけれど、まわりはたまったもんじゃない。もちろん国民もだ。「安倍政権」から大将が抜け出して、残った参謀や部下たち(党役員や閣僚たち)も、身の処し方に苦慮しているんじゃないのか。このところテレビに出ることの多かった舛添厚労相などは、年金着服問題に大なたを振るおうとしていた矢先に大将が逃亡してしまったと知ってどう思うのかね。

 まあしかし、これで安倍晋三という政治家の政治生命も断たれたね。選挙に負けた直後に辞任していれば、まだ浮かぶ瀬もあっただろうに。あの時は「消えた年金問題」が大きな敗因だったわけだし、その年金問題については、安倍首相に直接の責任はなかったわけだしさ。たまたま問題が明るみに出たとき、安倍さんが運悪く首相の座にいたというだけのこと。参院選で負けて辞任しておけば、周囲も「お気の毒に」と思ってくれたでしょう。

 でも今になって辞められてもね。2日前に首相から辞意を聞かされた麻生幹事長は、「辞めるタイミングは今の状況ではないのではないか」と言ったそうだ。辞めるならもっと早く辞めるか、目の前に山積している問題(テロ特措法など)をクリアした後で辞めるかのどちらかで、こんな中途半端な時期に辞めるなんて正気の沙汰じゃないという意味だろうな。でもまあ、本人の辞意が固かったんだから周囲はどうしようもない。首相の器じゃなかったってことなのかなぁ。

 何はともあれ、安倍政権がさんざん迷走したあげく、壁に激突して自爆したってことでしょうかね……。

« ハリポタ映画5本で世界一! | トップページ | 自転車のメンテ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相辞任:

« ハリポタ映画5本で世界一! | トップページ | 自転車のメンテ »