2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年4月8日 - 2007年4月14日 | トップページ | 2007年4月22日 - 2007年4月28日 »

2007.04.20

2回目の授業

 今年2回目の授業。前回はMacBookの接続が出来ず、データをPowerPointに書き出しての授業となったが、今回は学校にアダプターを購入してもらって、無事に想定したとおりの授業をすることが出来た。ただし時間配分や内容については、まだもう少し検討の余地があるかも。今年から映画史の授業では最初に「映画クイズ」というのをやることにしているのだが、これはわりと生徒のウケがいい。1問ごとに「え〜」「おお!」「やった!」「よし!」などの反応が、ビビットに返ってくるのが面白い。こうした反応が、講義本体の中でも出てくるといいんだけどね。このあたりは、今後の検討課題だろう。授業の構成を工夫して、生徒が参加できる部分を講義の中程にもひとつ作りたい。ただ、それがどんなものであるべきなのかは、もう少し考えないといけない。(まあこうしたものは、突然ひらめいたりするんだけどね。)

 とにかく今年の前半には、映画史の授業スタイルを確立してしまいたいのだ。毎年毎年授業の形式が変わるのは、準備をしていても大変。今年は大きな枠組みを完成させて、来年以降にそれをブラッシュアップさせていくということでいいとは思っているんだけどね……。まだまだ先は長いけど、がんばってます。

 映画批評の授業は、先週出した課題を持ってきている生徒が3分の1以下という状態にガックリ。ただしこれは、課題の回収方法にも問題がありそうなので、来週からは少し見直すことにする。今回からは新たに、授業の中でコメント原稿を作らせることにしてみた。要は「しゃべり言葉」で原稿を書いてみるということだ。簡単なようで、これが案外出来ない。でも「しゃべり言葉」で原稿が書けるようになると、それで作文の表現力も上がると思うんだよね。少なくとも一人称の使い方や、語尾の処理などに、バリエーションが増えることは間違いない。「耳で聞く言葉」と「目で読む言葉」の違いにも、少しは自覚的になってほしいしな。

 まあそんなわけで、今年の授業は自分でも結構楽しんでます。もう3年目だしね。

■本日の自転車
走行時間 51'35
走行距離 13.93km
平均速度 16.2km/h
最高速度 36.0km/h ←ちょっと早すぎる気がする

11:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.04.17

A5サイズの映画ノート

 先日B5サイズのルーズリーフ用に映画ノートを作りましたが(参照)、今回はそれよりさらに小さいA5サイズのノートを作りました(参照)。B5サイズの書類をリサイズして少し調整しただけなので、あっという間に出来てしまいましたが……。A5サイズの方が、持ち歩くには便利かも。

06:40 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2007.04.16

スパイダーマン3

Spider-Man 3: Music from and Inspired By 午前中からTOHOシネマズ六本木ヒルズで『スパイダーマン3』のマスコミ試写。これは映画そのものよりも、入場者の警備の物々しさが目を引いた。飛行場の手荷物検査だって、これほど詳細には調べないぞ。鞄の中身はすべてチェック。携帯電話は一時預かり。入場口には空港と同じ金属探知機があり、さらに警備員が全身を金属探知機で再チェックする。もちろんこんなことは、来場者への嫌がらせでもなければ、話題作りというわけでもない。入場者がこっそりと録画機器を持ち込んで映画を撮影し、海賊版として外部に流出するのを恐れているわけだ。

 海賊版の映像がいったん流出したら最後、インターネットの中でそれを回収することは不可能だ。だから映画会社が海賊版にぴりぴりするのは理解できる。しかし「試写」をやれば流出のリスクはあるわけだし、映画館で映画の劇場公開が始まればさらに海賊版作成のリスクは増える。(最近の映画館では、盗撮行為を通報するようにとPRしているが、こうしたPRをしなければならないぐらいに、海賊版がはびこっているということかもしれない。)

 正規のDVDが発売される前に、海賊版が発売されるリスクを限りなくゼロにする方法はある。それにはまず、試写を完全にやめてしまうこと。次いで、映画は全世界一斉公開にすること。さらに劇場公開とDVD発売を同時にすることだ。おそらく映画業界は、いずれその方向に向かうと思う。映画は劇場公開もDVD発売も同じ日になるだろう。そして観客は、映画館で映画を観るか、DVDを購入するかを自分で選択するのだ。

 映画はスポーツを競技場で直接観たり、音楽ファンがコンサートに行くのと同じ位置づけになる。野球はテレビでも無料放送しているけれど、だからといって野球場に足を運ぶファンも多い。映画も同じなのだ。DVDが同日に発売されるとしても、あえて映画館を利用する映画ファンは多いはずだ。

09:59 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック