2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007.04.27

3回目の授業

 3回目の授業。今年から映画史では授業ごとにアンケートを配って回収しているんだけど、その中で授業に対する要望として「ノートを取る時間がほしい」というのが毎回ある。これは真面目に授業を受けてくれていて嬉しい反面、授業に参加している生徒の半数以上はノートなんて取っていないという事実があって、ノートを取る生徒のために時間を取ると、テンポが悪くなってノートを取らない生徒のかなりの部分が寝てしまうという問題もあったりする。

 僕としては、映画史なんてものは全体の流れがな〜んとなく頭に入ればそれでいいと思っているので、ノートなんて細かく取らなくてもいいんじゃないだろうか……とも思うんだけど、時間をかけてスライドを用意している側からすれば、それをいちいちノートしてくれる生徒を気遣ってもやらなきゃな〜と思いもする。で、来週からは、授業の進め方を少し変えようと思ってる。結構毎週、試行錯誤しているのだ。

 映画批評のクラスは快調。今回は出席した生徒が全員課題を持ってきたので一安心。すべてに目を通して講評するのは大変だけど、この授業がこの調子でずっといくなら、年度末にはかなりの成果が期待できそうな気がする。ただし作文教室は、来年以降、映画批評とは別の授業として独立するかもしれない。そうなると、映画批評は映画批評でも、また別のことを考える必要があるんだけどね。でもそれはまた、別の話。

■本日の自転車
走行時間 50'16
走行距離 13.98km
平均速度 16.7km/h
最高速度 33.4km/h
積算距離 221.4km

04:07 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.04.23

CDとDVDの整理

Acd90

 本棚として丸伸のスライド本棚ブックマンを使用しているんだけど、そのシリーズからCD、DVD、VIDEO収納の専用棚が出てるんだよな。あまり高くないので、本当なら購入したいところ。でも我が家には既に、それを置く場所がない。現在DVDを置いているのは居間のエレクターの上なんだけど、ブックマンを買うとエレクターを移動しなきゃならないわけで、これはこれで困ってしまうわけだ。

 とりあえずは、エレクターにDVD収納ケースを並べて、その中にDVDを入れていこうと思っているんだけど、この収納ケースも、まとめて買えばそれなりの値段なんだよね。それに収納ケースというのは買うときは中身には何も入っていないわけで(当たり前だが)、これって空気を買ってるようなもんだよ。まあいずれはブックマンに統一したいんだけど、これもいろんな企画があって、うちにある2本の本棚は、既に奥行きが違うしな〜。でも本をぎっしり詰め込んでも、スイスイ動くのは結構気持ちいいよ。

06:10 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

気の毒だけど仕方ない

 長崎市長選挙で、射殺された市長に替わって立候補した娘婿が落選した。まあこれはしょうがないね。だって立候補する側にも、それを要請した側にも、本気が見えないんだもん。もし本気で市長の後継者を立てようとするなら、市長の未亡人か、血のつながった娘が立つのが筋だろう。このふたりは、市長が射殺されたその現場にも居合わせているらしい。目の前で夫や父を失った女性が、涙ながらに「亡き夫(父)の遺志を継ぎたい!」と市民に訴えれば、おそらく市民の心も動いたと思うよ。

 ところが市長陣営はそれをしなかった。東京で働いているという娘婿に白羽の矢が立って、突然の追加立候補となったわけだ。なんだかね〜。これって候補者が消えて選挙運動が宙に浮いてしまったところで、とりあえず後釜の候補者を立てました、という感じで、ぜんぜん本気さが見えないんだよね。今どきさ、遠隔地に住んでいる娘婿なんて、ほとんど他人じゃね〜か。それがのこのこ現れて「義父の遺志を継ぎたい」なんて言ってもさ、あまり本気には受け取られなかったんじゃないのかね。本気だったのなら、娘の夫ではなく、娘本人が名乗りを上げるべきだった。そしてこの娘婿は、妻を全面的にバックアップすると宣言して裏方に徹すればよかったんだよ。

 結果としてみれば、落選した娘婿は後から立候補した市の課長に僅差で敗れた。もし未亡人か娘が立候補していれば、ぶっちぎりのトップ当選だったと思うけどね。

 市長の長女は夫の落選に際して、「父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」と挨拶したという(毎日新聞)。まあ確かに悔しかろう。しかしそれは、長崎市民が悪いんじゃなくて、娘が自ら追加立候補しなかった判断の悪さが招いたことなんだよな。長崎市民は見ず知らずの娘婿のために、当選すれすれのところまで票を投じてくれたのにね。

01:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック