2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007.02.24

クロスのボールペン入手

 家族がクロスのボールペンを持っていたのだが、線が太くて使いにくいという。僕は太めの線が好きなので、先日ゼブラのリフィルに交換したばかりのロットリング・トリオペンと交換してもらった。クロスのセンチュリーII 3302WGというモデルのようだ。インクは黒1色だが、ペン軸が流線型なので、Moleskineの表紙に付けた金属製のペンホルダーにすっきりと収まる。トリオペンはあちこち角があってホルダーに引っかかってしまい、まるで使い物にならなかった。これはいい。書き味もいい。軸を回転させてリフィルを繰り出すタイプだが、操作するときカチリともガリガリとも音がしないのがいい。スカッとリフィルが出てきてピタリと止まる。これからはMoleskineにはこのペンを使うと思う。

11:25 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.23

『バベル』を観る

Babel 昼過ぎから有楽町朝日ホールで『バベル』の試写を観る。GAGAの試写室では収容しきれなくなって、急遽大きな会場での試写を追加したらしい。内容はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督のこれまでの作品と同じで、複数の場所で直接は接点を持たないエピソードが同時進行していくオムニバス形式。一応その中に共通するテーマのようなものがあるので、『イントレランス』みたいな形式とも言えるし、各エピソードを繋ぐ小道具が存在するという点では『運命の饗宴』の現代版みたいなものかもしれない。いずれにせよ、映画の形式としてはとても古いものだ。しかしそこに、きちんと現代の世界情勢なり、現代人の生活を盛り込んでいる。

 試写が中途半端な時間に始まったので昼食を取り損ねていたのだが、4時過ぎに遅い昼食(早い夕食でもある)を取って、6時からメディアボックスで『蟲師』の試写。これも2時間以上ある大作。ただし話がよくわからない。前半から中盤までは話がつながっているのだが、終盤で主人公の自分探しみたいになると、話が観念的になってストーリーを「お話」としては追いにくくなってしまう。最後もちょっと尻切れトンボな印象。

 試写と試写の間が開いたので銀座の伊東屋でノートや筆記具を見ていたのだが、伊東屋で輸入ノートをいろいろ見ていると、Moleskineなんてほとんど庶民派のノートに思えてくる。そこらへんの文具店で売っているコクヨのノートに比べれば、そりゃたしかにMoleskineは高い。でも伊東屋に行くと、同じ価格帯で同じグレードのノートというのが、他のメーカーからもたくさん出ていることがわかる。Moleskineの値段と品質は、まず妥当なものなのだ。

 Moleskineは表紙が紙だけれど、高級ノートは表紙が革で装丁されていて、1冊ずつ厚紙の箱に入っている。値段は1万円ぐらい。これにくらべると、Moleskineはずいぶんと庶民派だ。

10:52 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.22

試写2本

 午前中は学校で今学期最後の授業。課題を提出した生徒が少なかったので、後半は雑談みたいになってしまったのが残念。来年度は、どうやって生徒の参加意欲を引き出すかが問題だろうな。一度家に戻ってから、午後は試写2本。まずはメディアボックスで『恋しくて』を観た後、渋谷の東芝試写室で『星影のワルツ』。

 午前中は学校まで自転車で行った。久しぶりの自転車だ。花粉症が心配だったが、飲み薬、目薬、マスクと帽子の完全防備でなんとか事なきを得た。夕方から小雨。明日は自転車で試写に出かけようと思っていたのに、残念。

■本日の記録
走行距離 11.69km
消費カロリー 132.9キロカロリー
積算距離 281.5km

11:59 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Moleskineも届いたぞ

Moleskine Pocket Diary Daily 2007 MoleskineのPocket Diary Daily 2007が届いた。近所の文具屋にも同じものがあったので、その分厚さには特に驚かなかったのだが、手帳と言うより黒いかたまりですな。各ページに朝8時から夜8時までの目盛りが打ってあるので、手帳にスケジュールを書くようにペンでさっと線を引いて、「ここからここまではコレコレのことをしてました」と書き込めばいい。日記帳よりは簡単かも。まあこういうのを付け続けるのは習慣なので、その習慣を作ってしまうまでが大変かも。3年連用日記は1年半で挫折したものなぁ……。

11:58 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ラミーの4色ボールペン到着

 注文していたラミーの4色ボールペンが到着した。書き味は僕の好み。ソフトでなめらか。ボールペンというより、柔らかくて濃い鉛筆で書いているような感じ。クリップは根本を強くつまむと開くようになっていて、使っているダブルリングのノートに差し込んだり抜いたりするときもじつにスムーズ。リフィルを押し出す際はカチカチ音がせずに、ギギギーッと出てきてギギギーッと引っ込む。中で何か機械が作動しております、という雰囲気が伝わってくる。ただし強くしっかりノックしないと、動きがぎくしゃくするような気がする。黒のボールペンは早速ガンガン使っているので、このリフィルだけはすぐになくなってしまいそうだ。

11:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Macに移行できない作業

 原稿執筆作業のほとんどはWindowsからMacに移行しているんだけど、いくつかどうしてもWindowsでないと話にならないものがある。その代表例が、ホームページの更新。映画瓦版はもう10年以上Windowsで作業しているんだけど、その間にソフトを変えたり、デザインを変えたりして、中身が結構ぐしゃぐしゃになっている。文字コードもバラバラ。これをMacに持ってくるのが、恐ろしくてできない。とりあえず現状のWindows環境で問題なく(本当は問題があるんだろうけど、顕在化してないのでごまかしてる)使えているので、無理にMacにいこうすることもないだろう……。というのが現時点での考え。しかしそのためだけに、Windowsを使うのも面倒なんだよな。やはりパソコン本体はMacで共有して、BootCampか何かで環境を切り替えた方がよさそうだ。BootCampの正規版がでたら、Vistaと共有環境にしようと思ってます。

08:07 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.21

Macの等幅フォント

 日本語フォントが全角等幅で、英文フォントが半角等幅のフォントを指定しようとしたのだが、どうもうまくいかない。結局はOsakaフォントの等幅を使っている。懐かしい書体だ。KyotoやChicagoはどこに行った?

11:39 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

耳鼻科に行く

 鼻むずむず、目がうるうる。花粉症の季節です。昨日医者に行ったらたまたま定休日だったので、今日あらためて医者に行ってきました。飲み薬を2週間分と、目薬をもらってきたよ。目薬を差したら目のかゆみはピタリと治まった。さすが。

10:36 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.20

無印良品のダブルリングノート

 昨年10月頃に購入した、無印良品のダブルリングノートを積極的に使うようにしてみる。最初は映画の感想をマインドマップにして……などと考えていたのだが、まあ安いノートだし(用紙が90枚、計180ページで税込420円)、メモ帳代わりにガシガシ使った方がいいだろう。使い切ったらまた買えばいい。これはパソコンで作業しているときは、パソコンの右側にボールペンと一緒に置いておいて、何か気がついたことがあったらすぐにメモしておく。ページの肩の部分に日付を記入しておくと、後から検索するときに便利かも。重要事項はボールペンの赤で印を付けておく。

 ダブルリングノートなので、記入すべき箇所が常に表に出ているのがいい。わざわざノートを引っ張り出して、白紙の部分を探して……という手間がない。メモは黒ボールペンでどんどん書き込んで、後から齋藤孝流の3色ボールペン術で色分けマーキングしてもいいかも。長期に渡って保存が必要な内容は、それこそモレスキンのような別のノートに転記するか、パソコンできれいに清書してルーズリーフの白紙にプリントして綴じておくかすればいい。

 メモ用の筆記具には今のところロットリングのトリオペンを使っているのだが、もっと書きやすくということなら、水性のボールペンの方がいいのかも。ラミーのティポやスイフトに人気があるようだけど、どうなんだろうか。でも3色で塗り分けすることを考えると、すべてを4色ボールペンでまかなった方がいいのかも。

10:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.19

眠くて眠くて……

 飲んでいる鼻炎の薬のせいか、眠くて眠くてしょうがない。久しぶりに映画を観に行ったのだが、つい打とうとしてしまった。観たのは『墨攻』と『どろろ』。どちらも日本のコミック作品を原作にした実写映画だが、どっちも同じぐらいにイマイチな印象。

02:49 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.18

4Cリフィルの太さ

 ラミー2000の4色ボールペンにも使われている4Cリフィルだが、メーカーによって太さが少し違うらしい。ゼブラが太くて、ゼブラの後に他のリフィルを付けると、装着が緩くなって脱落することもあるとか。そんなことが本当にあるのかと、ちょっと調べてみたら、やはりゼブラはちょっと太いみたいだな……。

 各社のリフィルのページをちょっと見てみる。パイロットは4Cの長さが67mmで、太さが最大2.3mmになっている。TOMBOWも太さは2.3mm。それに対してゼブラは最大径が2.4mmで、コンマ1ミリ太いのだ。わずか0.1mmの違いだから、ゼブラのリフィルを装着する段階では、少々きつくても入ってしまう。でもそれを別のリフィルに交換すると、ちょっと気になるかもな……。

 とは言え、先日僕がロットリングのマルチペン用に購入したボールペンのリフィルは、問題のゼブラだったりするんだけど……。まあ次に購入するときもゼブラにすれば済む話ではあるけどね!

09:26 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ラミーのボールペン注文

 ラミーの4色ボールペンを注文してしまった。楽天市場で調べて一番安い店に注文を出して、価格は6,400円(税込)。送料は無料だそうな。それでも僕が現在使っている文具類の中では、もっとも値段の高いものになること間違いなしだ。昨日注文したモールスキンといい、どんどん文具ミーハーの道をたどっているな~。次は何だ? ロルバーンのメモ帳あたりかな。まあこれはそれほど値段が高くないので、今度銀座に出たときにでも伊東屋で何冊か見繕ってきてもいいけどね。

10:44 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック