2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.30

プライスレス/素敵な恋の見つけ方

Hors De Prix リゾート地で金持ちの老人を見つけてはねんごろになり、ブランドもののドレスやバッグや靴をせびり、あわよくば妻の座を得ようと画策する若い女イレーヌ。彼女が金持ちの男と勘違いして、ホテルのボーイとベッドインしたことから始まるラブコメディ。奥手のボーイはすっかり彼女にのぼせあげて、ため込んだ貯金を彼女のために散在。あっという間にスッテンテンの一文無しになって彼女に振られてしまうが、捨てる神あれば拾う神あり。彼は金持ちの未亡人に気に入られて、慣れないジゴロ稼業に乗り出すことになってしまった。素人ジゴロに手練手管を伝授するのは、あのイレーヌなのだ。なかなか面白いラブ・コメディ。でも明るい物語の底には、若い異性の歓心を金で購うことしかできない老人たちの孤独が隠されている。

エリザベス:ゴールデン・エイジ

映画「エリザベス ゴールデン・エイジ」オリジナル・サウンドトラック 『エリザベス』(98)のスタッフとキャストを再動員して作られた続編。前作はエリザベスが女王の地位に就くところで終わりだったが、今回は女王就任後に起きた様々な政治と外交上の事件を扱う。バビントン陰謀事件、メアリ・スチュアートの処刑などだが、クライマックスにはドーバー海峡での無敵艦隊との戦い(アルマダ戦争)という大スペクタクルがある。こうした歴史上の出来事に、探検家で船乗りのウォルター・ローリーとのロマンスがからむという構成。ローリーというのも実在の人物だそうで、映画の中には他にも無敵艦隊と戦った海賊ドレークなど実在の人物が巧みに散りばめられている。この時代の歴史に詳しい人は、たまらん内容でしょうなぁ……。

続きを読む "エリザベス:ゴールデン・エイジ" »

スルース

Sleuth [Original Motion Picture Soundtrack] 1972年に製作された『探偵 スルース』を、マイケル・ケインとジュード・ロウ主演でリメイクしたスリラー映画。72年版でローレンス・オリヴィエ扮する老作家と対決するハンサムな理容師を演じたマイケル・ケインが、35年たって老作家の側を演じるというキャスティングがまずは面白い。僕は72年版を見ていないのだが、キネ旬データベースなどであらすじを確認した範囲では、大まかな話の流れはそのまま今回も同じ。ただし後半のニュアンスがだいぶ違ってきているようにも思う。(あくまでもあらすじからの類推でしかないけど。)監督はケネス・ブラナー。台詞運びなど、舞台劇のニオイが強く感じられるところはわざとそうしてあるのかもしれない。

新しい空気入れ

TOPEAK(トピーク) ジョーブロースポーツ PPF035 OCR3のタイヤに空気を入れるのに携帯ポンプのTOPEAK ターボモーフを使ってたんですが、これが結構しんどい。文句なく規定の圧力まで空気は入るのでその点では文句がないんだけど、やはり小型ポンプの宿命で、小刻みに空気を送り込んでいくのが結構疲れてしまう。というわけで、思い切って専用のフロアポンプを買いました。TOPEAK ジョーブロースポーツというもので、これはじつに快適。大型ハンドルに体重を乗せて、いとも簡単にスコスコと規定の圧力まで空気が入ってしまう。ターボモーフの手間が嘘のようだ。実際のところ外出時にポンプを持ち歩くことなどほとんどないので(これまでそんなこと1度もないよ)、これなら最初からこちらを買っておけばよかった。まあ買い物なんてものは、失敗しながら勉強していくものかもね。ターボモーフは遠出をするときにでも、念のためにパンク修理セットと一緒に持って出ることにします。

2008.01.29

Jetstream 3を購入

 浅草橋のシモジマに行ったら、三菱uniの油性ボールペンJetstreamの多色タイプを売っていたので早速購入した。黒・赤・青のインクがセットされたJetstream 3と、黒・赤のインクにシャープペンが組み合わさったJetstream 2+1の2種類。僕はJetstream 3 1.0という、太めの文字が書けるものを選ぶ。リフィルはこの多色タイプのために新開発されたものを使用しているのだが、多メーカーも含めてよくあるサイズのリフィルなので、これは他のボディに組み込む改造が増えそう。トンボのリポーターという多色ボールペンには、そのままスッポリ入るんじゃないかな。

続きを読む "Jetstream 3を購入" »

2008.01.27

ハンガーノック

 大阪国際女子マラソンで、福士加代子選手が30キロ過ぎから大失速。ガス欠、スタミナ切れ、電池切れ、ハンガーノック。体にため込まれた糖分を筋肉が使い果たすと、何をどうやっても体に力が入らなくなってしまう。糖分不足は脳の働きも低下させるので、意識は朦朧として、視野も狭まってくる。これは「疲れ」とは違うので、精神力でがんばってもどうしようもない。マラソン選手が残り数キロで失速するのは、ほとんどがこれだと思う。

続きを読む "ハンガーノック" »

2008.01.26

Moleskine Square Notebook Extra Largeを注文

Moleskine Square Notebook Extra Large モレスキンのSquare Notebook Largeを愛用しているのだが、今年からこれより大きなMoleskine Square Notebook Extra Largeというのが出たので注文してみた。発売は2月28日なので、到着は3月に入ってからだ。(どうでもいいことだが、アマゾンが提供している画像は天地が逆になっているなぁ。)ところで、アマゾンで「Moleskine Square Notebook Large」を検索すると、値段の違う2つの商品がヒットする。商品名はまったく同じで、1月30日発売になっているものと、2月28日発売になっているものだ。後者の方が200円ぐらい安いが、現時点で画像が付いていない。これはモレスキンから新たに出た、ソフトカバータイプのノートらしいのだ。Extra Largeサイズも、じつはソフトカバー。これまでのハードカバータイプが240ページだったのに対して、ソフトカバーは192ページとスリムになっている。同じソフトカバータイプにはポケットサイズもある。使い勝手が気になるところなので、とりあえずLargeサイズを注文してみた。

2008.01.23

NEXT ネクスト

 2分間だけ未来を見ることができる男が、アメリカを狙う核テロリズムに巻き込まれていくSFスリラー映画。原作はフィリップ・K・ディックが1954年に書いた短篇「ゴールデン・マン」だが、映画はここから「ごく短期間だけの未来を見通せる能力」というアイデアだけを借りて、まったく別種の物語を作り上げている。しかし映画の中に出てくる無限に分岐していく未来というアイデアは、原作にあった表現をなかなか面白く映像化しているのではないだろうか。でもこれ、話としてはちょっとずるいよなぁ。原作通りに映画を作りにくいというのはわかるけどね。原作の予知能力者には、誰も感情移入できないだろうから……。

ライラの冒険 黄金の羅針盤

The Golden Compass [Original Motion Picture Soundtrack] 我々の暮らす世界とは異なる別の地球を舞台に、真実を知らせる黄金の羅針盤を手にした少女が冒険を繰り広げるファンタジー大作。主人公が孤児で、自分が手にした不思議なパワーで敵と戦うという展開は、「ハリー・ポッター」シリーズとの共通点。人間と動物が会話し、飛行船や気球が世界中を飛び回る世界観は、おとぎ話とスチームパンクSFの合わせ技。長い物語の第一部を映画化したものなので、これだけで映画の内容を評価するわけにも行かないのだが、家族みんなで観に行ける楽しい映画であることは間違いなさそうだ。

4ヶ月、3週と2日

Thstill2 共産主義時代末期のルーマニアを舞台に、もぐりの中絶手術を受けることになった少女とそのルームメイトの1日を描く。手持ちカメラ、シネマスコープ、長回しという映像に、最初はかなり戸惑う。映像はいつも微妙に揺れたり水平が定まらないなど不安定だし、フレームサイズも人物をきちんと枠内に収めきれないような中途半端さだ。しかしこれが映画の中盤以降、主人公たちの追い詰められた視野狭窄状態と重なり合っていく。映画はチャウチェスク政権末期という限定された時代を描いているわけだが、そこに描かれる男の身勝手さや、女性の弱さと強さというのは、時代や地域を越えて普遍的な共感を得るものだと思う。それがカンヌ映画祭パルムドールの受賞につながったのだろう。

2008.01.17

通勤自転車プレスティーノ

Specification_3_03

 ブリヂストンサイクルから自転車通勤のサラリーマンをターゲットにした新型車、プレスティーノが発売された。内装変速で3段もしくは8段シフト。ベルトドライブ装備。泥よけ、前カゴ、前照灯も標準で付いているので、買ってすぐに乗れる。通勤仕様としては、チェーンカバーが付いているのも嬉しい。最上位の8段シフトモデルでは、尾灯も自動点灯する。至れり尽くせりだが、その分だけ車重は増えて約19キロか20キロぐらいある。スタンドを両立型に変更すると(変更した方が安定感が増す)、20キロは超えてしまうだろう。この重さがネックになって、スピードののりはそれほどでもないような気がする。

続きを読む "通勤自転車プレスティーノ" »

2008.01.16

Eee PC

ASUSTek ノートPC EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/W Windows XP込みで49,800円なんだけど、ストレージは4GBのSSDを内蔵しているだけなので、あまり大したことはできない。あくまでもセカンドマシン。もっと言えば、ネットワーク端末だな。でもネット端末だと割り切ってしまえば、これはこれでもちろん携帯電話のメーラーなどよりよほど使いやすいし、ポケットPCなどよりよほど素性正しいWindows PCなのだ。ただしWindows XPは遠からずサポートも打ち切られるはずなので、これはLinax Linuxにしとくべきだったような気もするけど。最初からネットワーク端末だと割り切ってしまえば、Windowsの環境にこだわることもないと思うんだよね。OSをLinax Linuxにして値段を3万円台前半(32,800円とか)にしたほうが、ものとしてはインパクトがあると思うけどなぁ。

続きを読む "Eee PC" »

MacBook Airもいいけれど

Apple MacBook Air 13.3/1.6GHz Core 2 Duo/2G/80G/micro-DVI/BT MB003J/A MacBook Airは確かに魅力的だ。僕は毎週学校でKeynoteで作ったスライドを使った授業をしているのだが、MacBookは重たくてしょうがない。特に自転車で運ぶのはたいへんだ。本体だけでなく、電源ケーブルや資料用のDVDなんかも運ぶしね。でも今回のMacBook Airは、MacBookに比べて厚みこそ半分になっているけど、重さは半分になってない。だいたい1キロ減っただけだ。持ち運びのことを考えると、総重量で1キロを切ってほしかったなぁ……。1キロ減量のために、22万円払うかというと、ちょっと難しい。

続きを読む "MacBook Airもいいけれど" »

earth アース

アース テレビドキュメンタリー「プラネットアース」の劇場用再編集バージョンだが、画面をぎっしりと埋め尽くす渡り鳥の群れなど、大画面でしか味わえない驚愕の映像には視覚的快感をおぼえる。世界各地で撮影された映像を寄せ集めたものなので、テーマとしての一貫性に欠けるようにも感じるが、画面の中から人間の姿を一切排除しているのは、この映画のひとつの主張であるのかもしれない。スクリーンに映る大自然を侵食し、野生生物たちを絶滅に追いやっているのは、画面の外側にいる人間たちなのだ。この映画の中にある「自然」の中に、人間は属していない。人間は「自然界」に害をなすだけの「よそ者」になっている。

2008.01.14

やはり歩数計を買おうか……

TANITA 3Dセンサー搭載歩数計 ブラック FB-720-BK 落下防止のため歩数計をポケットに入れて歩いていたら、たまたまポケットの中の位置が悪かったのか、まったく歩数がカウントされていなかった。やはり歩数計はちゃんと腰のベルトに付けておくべきなのだと痛感。あるいは加速度センサーが付いた、より高価なタイプを購入し直すべきなんだろうか……。値段は3千円前後。いろんなメーカーから出ているけれど、TANITAの製品が小振りにできていて(オムロンのものより薄い)なかなかよさそう。まあ思いつきで何かを買うと後からまた「やっぱり使わない」ということになりかねないので、とりあえずは今使っている歩数計を使い回して、春頃になったら考えようと思う。楽天のポイントやクレジットカードのポイントが貯まったら、それで買ってしまうという方法もあるけどね。(クレジットカードのポイントを、確認してみようと思ったりして……。)

2008.01.13

バックミラーを付ける

 スーパー・パパチャリと化している愛車サブナードスポーツに、バックミラーを取り付けた。後方確認は振り向いてするのが基本だけど、走行中いつの間にか後ろにぴったり車やバイクがくっついていてヒヤリとすることも多く、前からミラーが欲しかったのだ。購入したのはb&m サイクルスター 901-3というもので、ミラーだけなら100均でも買えるものがあるのに、わざわざ2,100円も出してしまいました。でもしっかりした作りでぐらつかないのがいい。バーエンドに取り付けることもできるんだけど、僕はマンションの駐輪場で隣の自転車にぶつかることを考えてハンドルバーに付属のベルトを巻き付けて固定することにした。ミラーを支える支柱が短いので、これだと後方確認は自分の脇の下から覗き込むような形になる。あまりだぶだぶの服を着ていると、視界が遮られて後ろが見えなくなる。まだ本格的に幹線道路を走ってはいないけれど、近所をちょっと乗り回してみた程度では使い勝手も良好だ。これで安全性は何十%か増したと思う。

バイクウォッシュを使ってみる

 自転車用のクリーナーとして、フィニッシュラインのバイクウォッシュを購入した。スプレー容器にたっぷり1リットルも入っているので使い出がある。とりあえず購入してから一度も洗車したことがないサブナードスポーツに使用してみたが、メッキ部の錆びやタイヤに染みついた油汚れなどはさすがに落ちないものの、それ以外はじつによく落ちる。全体にピカピカになって大満足。これは新車購入の時からまめにクリーニングしておくと、きれいな状態が保てただろうな。もっと早くに買えばよかった。しかし問題は1リットルというサイズ。遠慮なくたっぷり使えるのはいいんだけど、それでも今回使ったぐらいではまったく洗剤が減っている気配がない。どの程度の頻度で洗車するかにもよるだろうけど、これは少なくとも数年は使えそうな気がする。

2008.01.12

ヒップバッグを購入

 ドイターのスクエアーヒップIIを購入した。色はカモフラージュ×グレー。容量が8Lで、この手のものの中ではそれなりの大容量。これ以上容量が大きくなるとベルトが腰に食い込むようになるので、バッグの保持手段として肩から釣るストラップなどが必要になるはずだ。あるいは素直に、背中に背負うバックパック型にしてしまうほうが楽だろう。今回バッグを購入したのは、散歩と自転車用。財布と手帳、携帯食料などが持ち出せて、自転車を降りたときは車体から取り外したセーフティライトやサイクルコンピュータ、鍵、手袋などを入れるのだ。メッセンジャーバッグも持ってるんだけど、ちょっとした散歩やポタリングには大げさだし、かえってわずらわしい。

2008.01.10

フィクサー

Michael Clayton [Original Motion Picture Soundtrack] 主人公の名前である『Michael Clayton』が原題だったものを、日本では調停屋や黒幕を意味する『フィクサー』というタイトルで封切る社会派のサスペンス映画。ゴールデングローブ賞にも4部門でノミネートされるなど評価は高いようなのだが、僕には今ひとつピンと来なかった。主人公の追い詰め方が、いまひとつ上手くかみ合っていないような気がするけどなぁ……。主演のジョージ・クルーニーより、トム・ウィルキンソンやティルダ・スウィントンの演技に迫力を感じるのは、脚本の上でこの二人の方がうまく追い込まれているからだろう。

2008.01.09

東京少年

1195627631152 堀北真希と石田卓也主演の青春ラブストーリー。登場人物は彼らを含めてほんの数人だが、ナレーションを巧みに使って厚みのあるドラマを作っている。同じ場面が複数の主人公の視点で語られるため、何度か繰り返される。この繰り返しが、冬枯れの乾いて凍えた風景と、映画のテーマ曲にもなっているリストの「ため息」とも相まって、映画に独特のムードを作り出していく。映画の設定上、物語の舞台は東京郊外の八王子あたりだが、実際の撮影はそこから山を越えた山梨県で行われている。高台の上から待ち全体を見下ろすシーンが印象的。ラストシーンで流れる、浜田真理子の「LOVE SONG」が心に染みる。

続きを読む "東京少年" »

アディクトの優劣感

Addict 主人公の一人称の語り、けばけばしい映像、ドラッグ、暴力、セックス、死。現代版『時計じかけのオレンジ』みたいな感じ。しかしとても低予算。デジカメ写真を加工して動画風に連続させていく「デフォメ=デジタル・フォトメーション」という手法は、クリス・マルケルの『ラ・ジュテ』みたいだけど、パソコンでこの手の映像編集が可能になっている今では、これもずっと簡単に作ることが出来るものだ。こうした映像手法は、これからもっと使われるようになっていいと思う。ウォン・カーウァイが多用していたコマ延ばしと同じように、ここぞという場面で効果的に使うと面白いかも。

続きを読む "アディクトの優劣感" »

2008.01.08

AccuRadioがMacでも聴けた!

 AccuRadioはWindows使用時には頻繁に利用していた、大型のインターネットラジオ・サービス。僕のお好みはジャズ系やミュージカル系で、仕事をしながら音楽を流しっぱなしにしておくのにじつに快適。ところがこれがMacに対応していなかったので、作業環境をMacメインにしてからはほとんど利用することがなくなってしまった。ところが今、何気なくAccuRadioのサイトにアクセスしてみると、ちゃんと放送が聴けるようになっている。利用しているブラウザは、Mac版のFirefox。これはAccuRadio側がMacに対応したのか、はたまたMac側のOSやブラウザレベルでAccuRadioに対応できるようになったのか、それは僕にはよくわからない。大事なのは、これから思う存分AccuRadioが聴きまくれる!ということなのだ。

続きを読む "AccuRadioがMacでも聴けた!" »

2008.01.07

健康ウォーキング

 今年から自転車とウォーキングで運動不足解消とダイエットを考えているのだが、今年になって参加したのが「健康ウォーキング」という仮想ウォーキング・サイトだ。中山道69次や、東海道53次、日光街道21次、奥州街道27次、甲州街道、山手線、四国一周八十八札所巡り、スイス大自然周遊コースがあらかじめ設定されており、歩数計で1日の歩数を計測して入力、もしくは運動した時間を入力すると、その距離に該当する位置を表示するというもの。僕はとりあえず山手線1周からチャレンジすることにしたけれど、これはなかなか面白い。

続きを読む "健康ウォーキング" »

2008.01.06

キャメルバックを買おうかな

CAMELBAK アンボトル2.0L トゥルーブルー/グラファイト(TBL/GP) 1821173 自転車で出かける際、水をどうやって運ぶかという問題。自転車にはボトルケージというものが付いていて(付けられるようになっていて)、そこに0.5〜1.0リットルぐらいのボトルを取り付けることができる。ペットボトルの飲料を、そのまま取り付けるボトルケージも市販されている。でも僕の場合、夏になるとこれではまったく足りなくなってしまう。去年の夏にサイクリングロードを走ったときは、帰りに水を飲みきってしまって困り果てた。サイクリングロードにはコンビニもないし、途中にトイレや水道はあるんだけど、その水はひどく不味くてとても飲めたものではない。その時はとりあえず喉の渇きを我慢して走り通したんだけど、こんなことを何度も繰り返すことはできない。で、キャメルバックはどうかなぁ……と考えた次第。

続きを読む "キャメルバックを買おうかな" »

帝釈天まで走る

 午前中の早い時間に、OCR3で柴又の帝釈天まで走ってみた。以前自転車で何度か行ったことのある場所なので、道についてはそれほど心配していなかったのだが、途中で曲がり角をひとつ間違えて行き過ぎてしまった。帰りはそのまま真っ直ぐ帰ってきたが、サブナードスポーツに比べると時間は少なくとも3分の2ぐらいに短縮されていると思う。サブナードスポーツは軽く流してスピードが20キロぐらいだったけど、OCR3だと同じぐらいの雰囲気で25キロぐらいは出ている。しかもそれが長く持続できるので、結果としては平均速度も上がってくるのだろう。メーターで見る限り平均速度は20キロ弱なんだけど、サブナードスポーツで同じ速度を出そうとすると、かなりがんばってペダルをこぎ続ける必要がありそうだ。

2008.01.05

次世代DVDはBlu-ray Diskで決まり?

ブルーレイディスク スターターBOX インデペンデンス・デイ/デイ・アフター・トゥモロー ワーナー・ブラザース映画はこれまで次世代DVDの2つの規格、Blue-ray DiskとHD DVD双方にソフトを供給して中立の立場を貫いてきました。しかし今年からは中立路線を改め、新作発売をBlu-rayに一本化することに決めたそうです。これによってハリウッド映画の7割はBlu-ray陣営になるというから、ワーナーのこの決定は大きな意味を持ちます。ちなみにハリウッドのメジャー6社のうちBlu-ray側は、ワーナー、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ウォルト・ディズニー、20世紀フォックスの4社。対するHD支持はパラマウント・ピクチャーズとユニバーサル・ピクチャーズの2社のみです。

続きを読む "次世代DVDはBlu-ray Diskで決まり?" »

2008.01.04

2足目のウォーキングシューズ

Gt7960 近所のABC-MARTで、ホーキンス・トラベラーのディアプレックス対応モデル、GT960を購入した。色は黒。リーボックのレインウォーカーとどちらにするか迷ったのだが、リーボックに適当なサイズがないことと、ホーキンスの方がデザインがスマートな感じがしてホーキンスに決めた。こちらは雨対策として買ったのだが、防水機能については、普段使いのものとしてならリーボックと遜色なさそうだ。まあ雨の中で何時間も作業するというわけじゃなくて、あくまでも雨の中をせいぜい1〜2時間歩くぐらいのものだもんね。本格的な防水性能を求めるなら、ウォーキングシューズ以外にいろんな選択があり得ると思う。防水性能が文字通り命に関わる、本格的なアウトドアシューズ(登山靴やトレッキングシューズ)とかね。こちらは都会のアスファルトの上で生活しているわけだから、せいぜい1〜2センチの深さの水たまりに、過って足を突っ込むぐらいの話。

続きを読む "2足目のウォーキングシューズ" »

Master Money for Mac

Master Money for Mac 映画批評家などと名乗ってはみても、内情は小規模自営業者なので毎年確定申告しているのだが、そのためにはコツコツと日々の支出を仕分けして記録しておかなければならない。僕はずっとWindows版のMicrosoft Moneyを使っていたのですが、今年からはMac版のMaster Moneyに切り替えることにします。じつはこのソフト、昨年末にはもう入手していたのですが、乗り換えるのがおっくうで放置していたのです。しかし出費の記録のたびにいちいちMacとWindowsを切り替えるのが面倒くさくて(僕はBootcampでWindows XPを使用しています)、だんだんとレシートやカードの利用控えをため込むようになってきたのが昨年の後半。時々1〜2週間分をまとめて入力するんだけど、もう忘れている出費などもあって、計算が合わないことも多いんだよね。そこで、Master Moneyの使い方を新たに覚えるのと、MS Money(我が家のはだいぶ古いバージョンをそのまま使っている)を使うのとどちらが楽かを考えた結果、これはもういい加減、Macで通した方が楽だろうという結果になった次第。

続きを読む "Master Money for Mac" »

2008.01.03

ウォーキングシューズ購入

Asi_tdw519_8228_s4 アシックスのHADASHIWALKER 519のダークオリーブ×ダークブラウンを購入しました。近くにアシックス直営の歩人館という専門ショップがあって、そこでちょうど新春セールをしていたのです。定価11,550円が8,085円。これは格安だったかも。ちょうど欲しい色とサイズがあったのもラッキーでした。ただしこれは簡単な撥水加工だけなので、より本格的な防水加工をしたウォーキングシューズをもう1足購入する予定でいます。そちらはウォーキングシューズというより、雨靴がわりになるかもしれませんけどね。レインウェアは本格的なものを持っているのに、防水の靴を持っていないというのが現在の問題でして……。

2008.01.02

コードレスクリーナー注文

ZOJIRUSHI スポットクリーナー どこでもぞうさんコードレスタイプ PC-XB20-GA 絨毯の上に落ちたスナック菓子のかけらなどを手早く掃除するために、軽量のコードレスクリーナーを購入することにした。アマゾンで検索したところ、ZOJIRUSHI スポットクリーナー どこでもぞうさんコードレスタイプというのが安かったので購入することにした。定価15,750円が5,000円(送料込み)。定価の3分の1以下じゃん! 小型クリーナーなので吸引力が小さいというコメントも多いんだけど、こんなものは用途を限定して使えばそれなりに使えるのではないだろうか……と期待しての注文。フル充電するのに数時間かけ、ほんの数分しか使用できないというシロモノだから、家中をすべてこれ1台で掃除しようったって無理な話。あくまでも、汚れた部分だけをササッと掃除するものでしょうね。

2008.01.01

新年の抱負

 今年の目標は、まず第一にダイエットで標準体重まで減量すること。自転車を使って、今年中に10キロ減らしたい。昨年夏から自転車に乗るようになって脚はだいぶ細くなったのだが、問題は上半身。これまで乗っていたサブナードスポーツは「スポーツ」と付いていても軽走車(ママチャリ)の仲間なので、姿勢は上半身の起き上がったリラックスポジション。これではまるで上半身が鍛えられない。昨年末にGIANTのOCR3も入手したので、今年はこれをせっせと乗り回すことにしよう。それで上半身も少しは贅肉が落ちてくるはず。雨の日はウォーキングかな。とりあえずシューズを新調しようと思ってます。

続きを読む "新年の抱負" »

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »