2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« プライスレス/素敵な恋の見つけ方 | トップページ | Clip-on Slim改造 »

2008.02.01

新しいMoleskine到着

Moleskine Square Notebook Large 注文していたMoleskine Square Notebook Largeが到着したので、早速ビニルの封を切って中身を確認してみた。第一印象としては、見返しの用紙がやけに黄色いのが目に付く。ベージュとかクリーム色というレベルではなく、明らかに黄色い。カスタードクリームのような黄色だ。僕はこれで同じノートを3冊購入したことになるのだが、今回購入したものが最も黄色い。製造時期に違いがあるとはいえ、同じものを注文しているのになぜこうもばらつきが出るのか疑問だ。もう1点、外観で気になったのは小口の仕上げ。中に印刷してある罫線の位置と裁断部の関係で、小口に色むらが出ているのは非常に気になる。用紙の折りや裁断部をぴったり合わせるのは難しいと思うけれど、こうした部分がきれいに仕上がるかどうかで、ノートの印象はだいぶ違うと思うんだけどね。あと今回はノートを開くと、樹脂性接着剤っぽいニオイが少しした。

 Moleskineは品質の低下がしばしば言われていて、僕の場合は今使っている2冊目が最悪だった。見返し用紙の糊づけが甘くて、使っているうちにベリベリと剥がれてきてしまったのだ。表紙と背表紙の折部分には糊づけのむらがあって、表紙の用紙にへんなシワが寄り、使っているとそこから表紙が裂けてくる。見返し用紙の剥がれについては糊づけして補修し、背表紙の裂けた部分には黒のビニルテープを貼ってごまかしているけど、こういう強度面での欠陥は使ってみないとわからないので、今回届いたノートがどうなのかは先々のお楽しみだ。Moleskineは明らかに欠陥のある商品について報告すれば、無償で新品のノートを送ってくれるという話もあるけど……。

 僕は最初に買ったMoleskineがわりとしっかりしたものだったので、それに感心して2冊目を買って痛い目にあった。でももし最初から2冊目レベルのものに当たっていたら、「Moleskineなんてダメじゃん!」と投げ捨てていたと思う。Moleskineは有名なノートで、最近はあちこちで売っているのを目にする。その中にはいきなりハズレをつかまされて、失望した人も多いだろうと思う。

 中国製だということに文句を言うユーザーもいるようだけど、今どき工業製品が中国製であること自体に文句を言っても仕方がないと思う。それより問題なのは、中国で作るにせよどこで作るにせよ、商品品質をいかに維持するかだろう。Moleskineは決して安い商品じゃない。それがあまりにもお粗末なデキだから、ユーザーが文句を言っているのだ。中国製だろうと、ベトナム製だろうと、タイ製だろうと、商品の品質が保たれているなら僕は一向に構わないよ。Moleskineには、品質管理を徹底していただきたい。

 目にまぶしいカスタードクリーム色の見返しも、次のロットではもう少し落ち着いた白に近い色にしてほしいものです。

09:39 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/17926707

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいMoleskine到着:

コメント

初めまして。私もモレスキンを買い替えた際に同じような経験をしたのでコメントします。
アマゾンで通常販売しているモレスキンよりも安価に販売しているところがあったので購入したのですが、最初に買ったものと比べて、どうも作りが雑というか、何かが違うと思ったので、色々と詳しく調べたところ、どうやら中国製の偽物が流通しているようです。以下、私が持っている正規版と購入した偽物の相違点です。

1. 紙の色が本物より明るく、質もあまり良くない。
2. しおりになっている紐の色が本物より濃い。
3. 表紙の裏の、「Moleskine」や会社名の印字の色が薄い。
4. 3の印字が、本物はModo & Modo - Italyだが、偽物はItalyの文字がない。
5. ノートに附属するゴムが、本物より細い。
6. 裏表紙のMoleskineの印字が偽物は本物よりはっきりした刻印になっている。
7. 背表紙のつくりがいい加減で、ノートを開くとバリバリ音がする。
8. モレスキンの公式サイトで発表しているページ数 は192ページ(モレスキンポケット)だが、偽物は182ページしかない。

以上をアマゾンに報告したところ、返品なしで全額返金してくれました。
もしも、以上の項目に当てはまる点が多いようでしたら偽物だと思いますよ!

投稿者: Nochi (2008/02/13 14:23:45)

モレスキンの品質が極端に低下しているという話はよく聞くんですが、偽物が出回っているという話は初めて知りました。何をもって偽物と言うのかはわかりませんが、現在のモレスキンはほとんどすべての商品が中国製だそうです。商品数も増えていますし発行部数も多いので、中国国内の複数の工場で作業をしている結果、工場や生産時期によって品質に極端なばらつきが出るのだと考えられます。

僕はこれまでにアマゾン経由で同じノート(方眼のラージサイズ)を3冊購入していますが、細部の仕上げがすべて異なります。どれかが本物で他が偽物だとすれば、1冊が本物で2冊が偽物なのかもしれません。その場合、偽物にも2種類あることになります。あるいは全部が偽物なのか。

僕自身は、これらはすべて本物なのだろうと考えています。モレスキンの品質低下はアマゾンで売られている並行輸入品だけでなく、日本国内で売られている正規流通のものについても言われているようです。

投稿者: 服部 (2008/02/15 11:46:00)

コメントを書く