2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« デジカメのバッテリー注文 | トップページ | 三船敏郎とスター・ウォーズ »

2008.04.20

IXY DIGITAL L2について

Canon IXY DIGITAL L2 (プラチナシルバー) IXYDL2 SL キヤノンのホームページを見ると、IXY DIGITAL L2は発売日が2004年10月29日だったようで、かれこれ3年半ほど前のモデルなんですな。このブログでは2004年11月21日にL2購入の記事が載っているから、発売からそう時間がたっていないうちに購入したことがわかる。メディア込みで37,880円もしたんだね。35mmカメラで39mm相当という単焦点レンズはじつにシャープで、お散歩用のカメラとしてじつに重宝してました。本体もかなり頑丈にできているようで、少なくとも僕は今までに1度の故障もない。本体が小さいので、専用の防水ケースに入れてもあまりかさばらないのも良い点です。3年前の深川祭では、防水ケースに入れたL2でずいぶんたくさん写真を撮ったなぁ。(残念なことに、PCの故障でデータを消失してしまったけど。)単焦点コンパクトという明快なコンセプトには人気があるようで、今でもネットオークションなどで状態のいい物に1万円ぐらいの値段が付いていたりする。後継機のL3以降はズーム機になって、製品の方向性がそれまでと違ってきちゃったんだよね。

 単焦点コンパクトというカメラは、もうほとんどデジカメ市場に存在しない。ビギナー向けのカメラはどれもズーム付きになって、ハイエンドのものはデジタル一眼レフになっていく。L2ユーザーのような層の受け皿になっているのが、結局はGR DIGITAL IIなのかもしれない。まあ僕も、まんまとそこにはまってしまっているわけだけどね。IXY DIGITAL LやL2のファンは今でも多いんだから、キヤノンもその後継となるカメラを出してくれればいいのにね。

 光学レンズというものはもう100年以上の歴史がある技術だから、デジカメのように毎年新機種が出るような世界ではそうそう新機構のレンズなど出てこないのだ。LやL2の後継機を出すとしても、レンズ自体はそうそう高機能になるわけじゃない。いじるとしたらCCDの高解像化や画像処理エンジンのチューンナップだろう。L2は1/2.5型のCCDで総画素数約540万画素だったけど、現行のIXY DIGITAL 10は総画素数約740万画素、20 ISでは同じサイズのCCDで総画素数は約830万画素になっている。画像処理エンジンはどちらもDIGIC IIIだ。

 L2ボディに800万画素クラスのCCDを載せて、手ぶれ補正のIS対応にして、画像処理エンジンをDIGIC IIIにすれば、それは最強のスナップカメラのような気がするんだけどなぁ。もっとも、それに近いスペックのL4が既にキヤノンのラインナップからはずれ、後継機種も出さないようだから、キヤノンとしてはもうLシリーズはおしまいということなのかもしれないな。カラーバリエーションのあるアクセサリー感覚のカメラということでは、おそらくIXY DIGITAL 20 ISがL4の後継機なのでしょう。

 これに単焦点のレンズを付けて、液晶は2インチまでサイズダウンしていいからもう少しボディを小型化すると、いい感じのカメラになると思うんだけど。まあ小型のアクセサリー風カメラと、単焦点コンパクトというカメラおたく的な指向がミスマッチで、製品としてはあり得ないものになってしまうんでしょうね。僕が困るのは、今使っているL2が壊れたときだよな。まあGR DIGITAL IIを使えといわれれば、それまでなんだけど……。

08:09 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/40940457

この記事へのトラックバック一覧です: IXY DIGITAL L2について:

コメント

突然失礼します。
たまたまこの記事を見ました。
私もL、L2を愛用している一人です。
Lは2003年の発売当初新品で買いました。その写りの綺麗さにすっかりはまり、壊れた時の不安感から、その後L2をヤフオクで買い、更につい先日またL2をヤフオクで買いました。ということで今はLとL2を合わせて3台持っています。
一方でGRDⅡも持っています。お書きになっているようにL、L2を持っている人が次に目を向けるのはGRDⅡかも知れません。当然一眼レフも持っています。ですがこちらも30年も前の単焦点マニュアルレンズを付けて楽しんでいます。
仕事で使うにはズームは便利ですが、趣味で楽しむには単焦点の明るさ、解像度のよさ、切れのよさは捨てられません。

同じようなことを感じている人がいるんだなーと思いまして、突然書かせていただきました。

投稿者: 庄司和夫 (2009/09/02 11:10:26)

コメントを書く