2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ライフ・オブ・ブライアン | トップページ | シドニー・ポラック監督死去 »

2008.05.26

汐見の女性不明事件

 同じフロアの2件隣の男が逮捕され、被害女性を殺害したあと死体を細かく解体してトイレに流したと供述している模様。しかしそんなことが、本当に可能なのか? 素朴な疑問だけど、一体どうやって解体したんだ? 部屋には複数の包丁があったと報道されているけど、包丁で人間をトイレに流せるまで細かく解体するなんて可能なのか? 腕1本、脚1本だって、トイレに流せる大きさ(おそらく数センチ角)にまで解体するのはものすごく時間がかかるはずだよ。骨とかどうしたんだ? 大腿骨とか背骨とか肋骨とかを、包丁で簡単に切り分けられるのかな。

 昔から殺人者は死体の処分にとても苦労してきたわけだし、殺人事件のアシが付くのはたいてい捨てられた死体からだ。それなのに今回の容疑者は、わずか1日か2日のうちに人間ひとりをバラバラにしてトイレに流してしまったのだと言う。そんなことが本当に可能だとしたら、これは死体処分の大革命だよ。

06:28 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/41336435

この記事へのトラックバック一覧です: 汐見の女性不明事件:

コメント

コメントを書く