2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« こうの史代 | トップページ | スタン・ウィンストン死去 »

2008.06.24

市販の映画鑑賞ノート

マークス ライフスタイルノートブック・Cinemas【アイボリー】 LSN-CN-IV 映画の感想を記入する専用ノートがないのか少し前に探してみた結果、見つけたのが3冊のノート。ひとつはマークスのライフスタイルノートブック・Cinemasというもので、細身のハードカバーのしっかりした縫製のノート。色は3色あるけど、僕はアイボリーを購入した。ただしまったく使っていない。そのため使い勝手などはわからないのだが、記入すべき項目が多すぎて、僕のように大量に映画を観る人種には少々窮屈なのではないかなぁという印象。映画が趣味で、年に20本か30本ぐらい観るような人が、当日のチケットの半券を貼り込んだり、待ち合わせで入ったカフェのレシートを貼り込んだりしながらスクラップブッキングするにはいいかも。全体にカジュアルな雰囲気なので、使い方によってはとても面白くなるような気がするんだけど、僕には向かないなぁ……という感じ。

マークス ライフスタイルノートブック・Cinemas【レッド】 LSN-CN-RE マークス ライフスタイルノートブック・Cinemas【ダークブルー】 LSN-CN-DB

ダイアリー<A5> 大人の感想文 ミドリの目的別ダイアリー・大人の感想文は、基本的に日記帳の体裁。映画だけでなく、読書記録や観劇日記などにも使える汎用性の高いもので、記入項目があれこれ決められていない自由さがいい。ただし1作品につきA5見開きというスペースは、僕にはちょっと広すぎた。週に1本ぐらい映画を観るという人には、これでもちょうどいいのかもしれないけど。僕の場合は本格的な残すための記録として映画瓦版というHPを作っているわけで、その下書きや準備としてちょっとメモが取れればいい。でも専用ノートというのは、ノートに記入した時点で完成を目指すので、どうしてもたくさん書くことを要求されてしまうのだ。

 この他に、ミドリから以前、ビデオ・映画用ダイアリーという比較的安価なリングノートが出ていたんだけど、これは現在売られていない様子。ダイエット日記や育児日記ほど、映画鑑賞ノートのニーズはないってことなんだろうけどね。

 で、僕が最近使っているノートは、文庫サイズのMDノート(無地)というわけ。これは無地なので何を書いてもいいんだけど、とりあえず「後から資料を調べてわかることは書かない」と決めて、製作年度やスタッフ・キャスト名、ストーリーなどは書かないことにしている。それより大事なのは、映画を観て感じたことや考えたこと、気になったこと、資料には出てきそうにない映画の細部で気になる点などだ。これをラミーの4色ボールペンで書き込む。色分けのルールが自分の中でまだうまく整理されていないのだが(緑をどう使えばいいのか悩みどころ)、これは少し時間をかけて開拓していこうと思っている。

 このノートのいいところは、1作品分のノートを10分ぐらいで書き上げられること。以前モールスキンのラージサイズを見開きで使おうと努力していたことがあるんだけど、これは時間ばかりかかって、かえってノートを作るのがしんどくなってしまった。ノートは苦にならないペースで続けられることが大事。まあ今のノート作りもどこまで続くかわからないけど、とりあえず今はこれでしばらくやってみようと思っている。

12:23 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/41630059

この記事へのトラックバック一覧です: 市販の映画鑑賞ノート:

コメント

コメントを書く