2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ねんきん特別便 | トップページ | ナンピン大作戦 »

2008.10.07

世界恐慌の始まり?

 昨夜のロンドンとNYは大荒れで、株が下がったのに合わせてクロス円も大幅な下げ。強烈な円高旋風がFX参加者をきりきり舞いさせた。終値を見るとドルは金曜日の105.24から101.73に3.51円の円高なのだが、この間に最安値の100.25というのを付けている。もうじき100円を割り込む水準で、なんとかかんとか持ちこたえていたという話。下落著しいのは他のクロス円の方が激しく、ユーロは145.09から137.68で5.1%の下げ、ポンドは186.83から177.48へ5%の下げ、カナダドルは97.28から92.39へと5%の下げ、豪ドルは81.40から73.46へと9.8%も下げてこの日の一等賞、NZDも69.72から64.65へと7.3%下げている。

 株も大きく下げていて、その分のお金は市場から消えてしまったわけだが、為替の場合は互いに売ったり買ったりで、一方が下がれば一方が上がる。今回のドル下げ、クロス円下げも、反対から見れば「日本円の高騰」ということになる。日本でFXをやっている人も、この機に乗じてクロス円を売っていれば、この日1日だけで笑いが止まらない大儲けができたのだ。

 僕は先々週から先週にかけてポンド円が190円を割り込んだとき、運用資産を大きく減らして一時撤退。そのため今回の大下げでも、まったく損害を受けていない。スワップ用にNZDを買っていこうと思っているので、円高でNZDの値が下がるならそれも大歓迎。現時点で69円、67円、65円と買い下がっていて、今後は50円前後まで買い下がっていく準備をしている。もっとも資金がほとんどないので、1,000通貨単位での取引だけどね。(このナンピン計画では、トレンドが転換してある程度値が戻すまで、口座の損益はずっとマイナスになる。)現在NZDは63〜64円台をうろうろしているけれど、数日内に再度下値を押し下げる動きがあると考えている。それが今日の夜になるのか、それとも明日になるのかはわからないけれどね。

 現在の金融市場の動向は「大恐慌の始まり」かもしれない。たまたまFXをやっているおかげで、その瞬間に傍観者ではなく参加者の立場で立ち会えることは、はたして幸福なのか不幸なのか。

10:47 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/42713039

この記事へのトラックバック一覧です: 世界恐慌の始まり?:

コメント

コメントを書く