2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« アライブ 生還者 | トップページ | クロス円の二番底 »

2008.11.12

急に冷え込んできた

 冷え込んできたので夜寝るときには湯たんぽが欲しくなる。今さらながら、湯たんぽはいいぞ。お湯を入れて布団の足もとに入れておけば、朝までぬくぬくだ。朝は残ったお湯で洗顔するのだ。家には既に昔ながらのトタン製湯たんぽが2個もあるのだが、お金に余裕があれば小振りな銅製のものに買い換えたい。写真の湯たんぽはドイツ製で、お値段は1万5千円ぐらいする。これだとちょっとリッチな気持ちになれるかも。まあ寝てしまえば関係ないんだけどさ。

 こちらもドイツ製だけど、別メーカーのもので表面の仕上げが違う。平べったい楕円形で、丈夫中央にお湯の出し入れ口があるというデザインは共通しているから、ドイツの湯たんぽというのはこういう形が標準的なものなのかもしれない。おそらく現地に行けば、樹脂製などのもっと安価なものもあるんでしょうけどね。日本では発熱時に使うゴム製の水枕も、お湯を入れて湯たんぽとして使うことができる。金属製や樹脂製の湯たんぽもそうだけど、ぐらぐらと沸いている熱湯を入れるのではなく、80度ぐらいのお湯を入れて使うのがいいようです。

新光堂 純銅製 ミニ 湯たんぽ 袋付 0.85L S-9397 こちらも純銅製の湯たんぽですが、形は楕円ではなくて正円。湯を入れる口が中央ではなく肩に近い部分にあるのが、一種のデザインになってます。(これは使い終わった湯を出すときの便宜だと思いますけどね。)直径16センチということですから、湯たんぽとしてはだいぶ小型になるのかな。

 湯たんぽは昨年ちょっとしたブームがあったようで、いろいろなタイプが発売されています。銅やステンレス、トタンなどの金属や、樹脂でできた固いものも多いんですが、それより昨年の人気商品はゴム製の小型湯たんぽ。これで腰や足や背中などを局所的に温めると、それだけで身体の血行がよくなって全身がぽかぽか暖まるようですね。でも僕はそうした用途にカイロを使うし、金属製の湯たんぽは、中に水を入れて直接コンロでお湯を沸かしてしまうという荒技が使えます。これはこれで便利だよ。

 とりあえず今年はトタンの湯たんぽかな。

B001HYVTD0マルカ ホーム湯たんぽ 小
マルカ

by G-Tools

04:20 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/43091332

この記事へのトラックバック一覧です: 急に冷え込んできた:

コメント

コメントを書く