2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ワンダーラスト | トップページ | アニメの教科書……高い! »

2008.12.13

CC-RD200の使い勝手

キャットアイ(CAT EYE) サイクロコンピュータ CC-RD200 ブラック 昨日はCATEYEのサイクロコンピュータCC-RD200を自転車に取り付けてから初めての都心走行。自宅から六本木まで出かけて、それから京橋に回って帰宅しました。走行時間は1時間16分、走行距離24.42km。使い勝手としては、以前から使っているCC-RD100と何も変わらない。ケイデンスは走行時に表示されるだけなので、ギアチェンジの目安にはなるけど、やはりそれ以上のものではない。サイクリングロードをノンストップで走り続けるトレーニングなどでは、ケイデンスをメモリーできる上位機種がほしくなるはず。

CATEYE サイクルコンピューター CC-TR200DW V2c CC-TR200DW キャットアイのホームページでサイコンの機能一覧を見ると、スピードとケイデンスが計れてどちらもメモリーできる機種というのは数が限られている。その中ではワイヤレスタイプのCC-TR200DWというのが、ストラーダ・シリーズの流れを踏まえたデザインで格好いいかも。ケイデンス一体型のスピードセンサーというのも取り付けが簡単そうだ。これに心拍計を付けたCC-TR300TWという機種もあるけど、心拍計機能まで求めるなら僕はポラールを選ぶだろうね。(すでに持っているわけだし……。)

 スピードとケイデンスが計れるサイコンはもちろん他のメーカーからも出ていて、トピークからもパノラマ V16 デュアル ワイヤレスという機種が出ている。(アマゾンでまだ扱いがないので画像として楽天にリンクを貼った。)

08:39 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/43404017

この記事へのトラックバック一覧です: CC-RD200の使い勝手:

コメント

コメントを書く