2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2007年12月23日 - 2007年12月29日 | トップページ | 2008年1月6日 - 2008年1月12日 »

2008.01.05

次世代DVDはBlu-ray Diskで決まり?

ブルーレイディスク スターターBOX インデペンデンス・デイ/デイ・アフター・トゥモロー ワーナー・ブラザース映画はこれまで次世代DVDの2つの規格、Blue-ray DiskとHD DVD双方にソフトを供給して中立の立場を貫いてきました。しかし今年からは中立路線を改め、新作発売をBlu-rayに一本化することに決めたそうです。これによってハリウッド映画の7割はBlu-ray陣営になるというから、ワーナーのこの決定は大きな意味を持ちます。ちなみにハリウッドのメジャー6社のうちBlu-ray側は、ワーナー、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ウォルト・ディズニー、20世紀フォックスの4社。対するHD支持はパラマウント・ピクチャーズとユニバーサル・ピクチャーズの2社のみです。

 ワーナーは今回の決定に対して、「2つの規格の併存は消費者の混乱を招く。消費者はブルーレイを選択している」と説明したそうですが、消費者の選択がどうなっているかはともかくとして、2規格の併存が消費者に対して「次世代DVDはまだ先の話」という印象を与え、ハードの買い控えを招いていたのは事実だと思います。ワーナーのBlu-ray単独採用によって、少なくとも映画作品のDVDに関しては、規格がBlu-rayで一本化されると考えていいのかもしれません。パラマウントとユニバーサルが今後どうするかに注目です。

07:26 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.01.04

2足目のウォーキングシューズ

Gt7960 近所のABC-MARTで、ホーキンス・トラベラーのディアプレックス対応モデル、GT960を購入した。色は黒。リーボックのレインウォーカーとどちらにするか迷ったのだが、リーボックに適当なサイズがないことと、ホーキンスの方がデザインがスマートな感じがしてホーキンスに決めた。こちらは雨対策として買ったのだが、防水機能については、普段使いのものとしてならリーボックと遜色なさそうだ。まあ雨の中で何時間も作業するというわけじゃなくて、あくまでも雨の中をせいぜい1〜2時間歩くぐらいのものだもんね。本格的な防水性能を求めるなら、ウォーキングシューズ以外にいろんな選択があり得ると思う。防水性能が文字通り命に関わる、本格的なアウトドアシューズ(登山靴やトレッキングシューズ)とかね。こちらは都会のアスファルトの上で生活しているわけだから、せいぜい1〜2センチの深さの水たまりに、過って足を突っ込むぐらいの話。

 今回買った靴は防滑性能の高さがセールスポイントで、これは靴屋じゃ実験のしようがないけれど期待している機能のひとつ。アスファルトはそうでもないけど、屋外のエスカレーター、タイル張りや樹脂加工の床、点字ブロック、マンホールのフタなどは、雨が降るとツルツルよく滑るのだ。実際にそこで転ぶことはあまりないけれど、ひやりとすることは多い。東京はこれからが雪の季節で、こうした滑りやすい床の上にうっすらと雪が積もっていたりすると、これはもうかなり危険。今回の靴はそのへんも、なんとな〜く歩きやすいのではないかなぁ……と想像するわけで、次に雨が降るときがちょっと楽しみ。

10:24 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Master Money for Mac

Master Money for Mac 映画批評家などと名乗ってはみても、内情は小規模自営業者なので毎年確定申告しているのだが、そのためにはコツコツと日々の支出を仕分けして記録しておかなければならない。僕はずっとWindows版のMicrosoft Moneyを使っていたのですが、今年からはMac版のMaster Moneyに切り替えることにします。じつはこのソフト、昨年末にはもう入手していたのですが、乗り換えるのがおっくうで放置していたのです。しかし出費の記録のたびにいちいちMacとWindowsを切り替えるのが面倒くさくて(僕はBootcampでWindows XPを使用しています)、だんだんとレシートやカードの利用控えをため込むようになってきたのが昨年の後半。時々1〜2週間分をまとめて入力するんだけど、もう忘れている出費などもあって、計算が合わないことも多いんだよね。そこで、Master Moneyの使い方を新たに覚えるのと、MS Money(我が家のはだいぶ古いバージョンをそのまま使っている)を使うのとどちらが楽かを考えた結果、これはもういい加減、Macで通した方が楽だろうという結果になった次第。

 Master Moneyは今年の2〜3月頃には、新しいバージョンが出るとのこと。MS Moneyが小刻みにバージョンアップして、しかも高価だったことに比べると、Master Moneyはなんとものどかな世界です。一応これでも、僕がやりたいことは全部できる(はず)なので、高価なMS Moneyに今さら戻る必要はなさそうだ。

 なおMaster MoneyにはWindows版もあります。僕が確定申告に使うぐらいなら、投資管理機能を省いた家計版というので十分そう。まあMS Moneyも家計版を使ってたんだけどね。

B000BL3U2Sマスターマネー家計版 5
プラト 2005-12-02

by G-Tools

05:52 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.01.03

ウォーキングシューズ購入

Asi_tdw519_8228_s4 アシックスのHADASHIWALKER 519のダークオリーブ×ダークブラウンを購入しました。近くにアシックス直営の歩人館という専門ショップがあって、そこでちょうど新春セールをしていたのです。定価11,550円が8,085円。これは格安だったかも。ちょうど欲しい色とサイズがあったのもラッキーでした。ただしこれは簡単な撥水加工だけなので、より本格的な防水加工をしたウォーキングシューズをもう1足購入する予定でいます。そちらはウォーキングシューズというより、雨靴がわりになるかもしれませんけどね。レインウェアは本格的なものを持っているのに、防水の靴を持っていないというのが現在の問題でして……。

06:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.01.02

コードレスクリーナー注文

ZOJIRUSHI スポットクリーナー どこでもぞうさんコードレスタイプ PC-XB20-GA 絨毯の上に落ちたスナック菓子のかけらなどを手早く掃除するために、軽量のコードレスクリーナーを購入することにした。アマゾンで検索したところ、ZOJIRUSHI スポットクリーナー どこでもぞうさんコードレスタイプというのが安かったので購入することにした。定価15,750円が5,000円(送料込み)。定価の3分の1以下じゃん! 小型クリーナーなので吸引力が小さいというコメントも多いんだけど、こんなものは用途を限定して使えばそれなりに使えるのではないだろうか……と期待しての注文。フル充電するのに数時間かけ、ほんの数分しか使用できないというシロモノだから、家中をすべてこれ1台で掃除しようったって無理な話。あくまでも、汚れた部分だけをササッと掃除するものでしょうね。

08:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.01.01

新年の抱負

 今年の目標は、まず第一にダイエットで標準体重まで減量すること。自転車を使って、今年中に10キロ減らしたい。昨年夏から自転車に乗るようになって脚はだいぶ細くなったのだが、問題は上半身。これまで乗っていたサブナードスポーツは「スポーツ」と付いていても軽走車(ママチャリ)の仲間なので、姿勢は上半身の起き上がったリラックスポジション。これではまるで上半身が鍛えられない。昨年末にGIANTのOCR3も入手したので、今年はこれをせっせと乗り回すことにしよう。それで上半身も少しは贅肉が落ちてくるはず。雨の日はウォーキングかな。とりあえずシューズを新調しようと思ってます。

 ダイエットの動機付けの一環として、今年は少し着る服にもお金をかけようと思ってます。自転車で足が細くなったら、これまで着てたジーンズがだぶだぶになってしまったのも気になるし。でもとりあえずは、自転車用のウェアを少しずつ買い揃えていかないと。いかにもスポーツバイク風のものもどうかと思うので、方向性としてはバイシクルメッセンジャー風になるのかな。自転車に乗れて、街中も普通に歩けるような格好。

 まあこれは自分の体型とか経済性に合わせてなるようにしかならないものなので、今後何年かかけて自分のスタイルを作るしかないね。20代の頃と同じように、試行錯誤しながら何とか形にしたいと思ってます。

12:41 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.12.31

映画を観なかった1年

 2007年を総轄するなら、「映画を観なかった1年」ということになると思う。映画瓦版の記事を見ると(まだ更新していないものも含む)、2007年に観た映画の数は134本ぐらいだと思う。これはここ数年で最も少ない。映画批評家を名乗って仕事を始めてから最低の本数だし、この稼業に足を突っ込む前にごく普通の映画ファンだった時期よりもさらに少ない。僕は映画ファン時代に、年間200本弱は映画を観ていたからなぁ……。

 映画を観ないで何をしているかというと、映画についてあれこれおいろんなことを考えている時間が増えた。これは専門学校で映画史や映画批評の講師をしている必然から出たもので、この結果として自分の仕事の上でも、映画を歴史的な切り口から観たり、理論的に分析していくことに多少は留意するようになったとは思う。人に教えることで自分が勉強する機会をもらっているわけで、これはこれでありがたいことではあるのだろうなぁ……と思ったりもしている。この状態はたぶんあと1〜2年ぐらいは続きそうで、その間にいろんなものを蓄積して、その後はそれがまた自分の仕事の中で別の方向に生かされていけばいいのだろうな。まあそうやって、映画を観ないこと(観られないこと)については開き直ったりしているけど。

 今年は本もあまり読まなかった。これは夏頃から移動手段に自転車を使うようになったためで、以前なら電車の中で本を読んでいた時間が、そっくりそのままペダルをこぐ時間に置き換えられてしまったのだ。電車の中では寸暇を惜しまず読書にいそしんでいた僕も、さすがに自転車に乗りながら読書はできない。そんなことはたぶん、二宮金次郎にも無理だと思う。

 というわけで、僕の2007年は観た映画の本数と、読んだ本の冊数が、それぞれ例年の数分の1に減少した年だった。インプットされたものを自分の中で整理する時間とも言えるけれど、整理したものを今後何らかの形でアウトプットしていかないと「商売」としては困ったことになりそうだな。

12:09 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.12.30

ラジオ出演

 31日朝のラジオに出演するため、電話でコメント収録。午後6時にラジオ局から電話があり、担当ディレクターの質問に答える形で少しずつ映画について話をする。テーマは「大晦日のオススメ映画」。10分程度で収録終了。放送は明日の朝、7時20分からTOKYO FM。

09:12 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック