2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008.05.29

Time Machineでバックアップ

Mac OS X 10.5.1 Leopard 外付けハードディスクが届いたので、早速MacBookにつないでTime Machine機能を使ってみる。今使っているディスクはすでに70GB以上の容量を使っていて、これをコピーするのにかなりの時間がかかった。これはもっと早い時点でハードディスクを買って、最初のバックアップを取っておくべきだった。Time MachineはOSの機能と深く結びついていて、各アプリケーションから過去のデータをブラウズすることもできる様子。ひょっとするとこれによって、パソコンの使い方が大きく変化するかもしれない。

05:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.05.28

外付けHDD

BUFFALO 省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHD-ES500U2 思い立ったときに買っておかないとまた後手後手になり、ハードディスクがクラッシュしてから「あらららら〜」ということになりかねないので、Mac用に外付けのハードディスクを購入することにした。買ったのはBUFFALO HD-ES500U2で、アマゾンでの売価は現在12,516円也。注文しただけなので到着は明日か明後日だと思うけど、内蔵HDDの4〜5倍の容量があるので、当面はこれでしのげると思う。Mac OS XのTime Machine機能も使えるようになるはずで、これも楽しみなのだ。このHDDが手狭になる頃には、より大容量のHDDがもっと安価になっていると思う。もっともビデオ編集などに手を出して、あっという間に手狭になることも考えられるけどね。

05:45 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.05.27

iMovie 08

iLife '08 Canon PowerShot TX1で撮影した動画を、とりあえずひとまとめにしてDVDに焼いてみた。iLife '08のiMovieとiDVDを使ったんだけど、iMovieには動画にチャプタを入れる機能がないんですね。今頃気づいたよ。そのためにiLife '08をインストールしても、以前のバージョンのiMovieは削除されずに残る仕様になっていたんだな。納得。編集自体は簡単だし動作も安定しているんだけど、ファイルを受け渡すときの変換作業にものすごく時間がかかる。15分ぐらいの動画をiMovieからiDVDに渡すだけで、変換作業に1時間ぐらいかかる。これをさらにiDVDから実際にDVDに焼こうとすると、また変換作業に数十分。作業しているMacのスペックにもよるんだろうけど、これは結構大変だ。

 あと動画ファイルはやはりハードディスクの容量をやたらと食うので、今後も同じような作業をするなら、外付けのハードディスクを購入した方が良さそうだ。オリジナルの動画データはともかくとして、編集中のファイル、受け渡しようの中間ファイル、DVDに焼き付ける前のVIDEO_TSファイルなど、たった1枚のDVDを作るだけで、ハードディスクの中身がかなり窮屈になってしまう。

 オリジナルの動画データも、まとめてDVDに焼いてハードディスクから削除しておいた方がいいかも。そろそろiPhotoのデータ全体を、丸ごとバックアップしておいた方が良さそうだし。アマゾンで値段を調べると、USB2.0対応の500GBぐらいのハードディスクで、値段は1万円ちょっとぐらい。これは早急に買った方が良さそうだなぁ……。

06:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

いい天気

R0010735

 ずっとこういう天気だと嬉しいんだけど。

01:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

シドニー・ポラック監督死去

トッツィー 製作25周年アニバーサリー・エディション(2枚組) シドニー・ポラック監督が26日、ガンのためロサンゼルス市郊外の自宅で死去したとのこと。ポラック監督は俳優としても渋い存在感を見せる名優で、最近の映画では『フィクサー』に出演してました。『近距離恋愛』にも出ているそうだけど、これはまだ未見。監督作を僕はそれほど観ているわけではないけれど、『トッツィー』は面白かった。これには監督自身も出演してます。

12:58 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.05.26

汐見の女性不明事件

 同じフロアの2件隣の男が逮捕され、被害女性を殺害したあと死体を細かく解体してトイレに流したと供述している模様。しかしそんなことが、本当に可能なのか? 素朴な疑問だけど、一体どうやって解体したんだ? 部屋には複数の包丁があったと報道されているけど、包丁で人間をトイレに流せるまで細かく解体するなんて可能なのか? 腕1本、脚1本だって、トイレに流せる大きさ(おそらく数センチ角)にまで解体するのはものすごく時間がかかるはずだよ。骨とかどうしたんだ? 大腿骨とか背骨とか肋骨とかを、包丁で簡単に切り分けられるのかな。

 昔から殺人者は死体の処分にとても苦労してきたわけだし、殺人事件のアシが付くのはたいてい捨てられた死体からだ。それなのに今回の容疑者は、わずか1日か2日のうちに人間ひとりをバラバラにしてトイレに流してしまったのだと言う。そんなことが本当に可能だとしたら、これは死体処分の大革命だよ。

06:28 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック