2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年6月29日 - 2008年7月5日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008.07.12

読んだ気になれる技術

あなたもいままでの10倍速く本が読める フォトリーディングの本を読んで、これは徹底した斜め読みの薦めだと判断した。本を見開き単位で1秒ずつ眺めて本文を写真のように右脳に記憶させ、必要に応じてそこから情報を引き出すというのがフォトリーディングの理論なのだが、この際、本の内容は潜在意識に記憶されるため、読者は「本を読んだ」という実感もなければ、内容を記憶したという意識もないのだという。要するにフォトリーディングは、実際に記憶されているのかどうか証明しようがないわけだ。しかしフォトリーディングはそれでも、その本を「読んだ」ということになる。フォトリーディングも実際には下読みや仕上げの速読や拾い読みで、必要な部分は読まなければならないわけだが、それだけだと「自分が読み飛ばした部分にじつはすごく重要なことが書かれているかもしれない」という不安がつきまとうだろう。フォトリーディングの理論は、この不安を消し去ってくれる。なぜなら読み飛ばした部分も、いつでも引き出し可能な情報として右脳にインプットされているからだ。

 実際のところ1冊の本を読んで、その中の何割が自分の記憶に残るだろうか。何割が自分の仕事や今後の生活の役に立つだろうか。ほとんどの本は、内容の数パーセントしか記憶に残らないし、役に立たない。ならば最初から、その数パーセントだけを読めばよい。問題はその数パーセントを、いかにして本の中から探し出すかだ。フォトリーディングは、そのための技術を提案している。

 まずは下調べをしてどんな本なのかアタリを付けておく。その本を読むことで自分が知りたいことや、学びたいと期待していることをリストにする。全ページをパラパラとながめてみる(これが狭義のフォトリーディング)。少し時間をおいてから、気になる部分を読み返してみる。本の内容をノートに書き出してみる。さらにもう一度、本にざっと目を通してみる。

 仕事や勉強のため、参考になりそうな本を何冊も読まなければならないことは多い。それらをいちいち精読していたら、いくら時間があっても足りないではないか。既に知っていることや、当座の仕事や勉強とは無関係なところは読み飛ばして、必要なところだけをサッと読めばいいということもある。フォトリーディングはそのための道具として、かなり役立つのかもしれない。

 もちろんこれは僕のフォトリーディング解釈であって、実際に1ページ1秒で本を読めてしまう人もいるのかもしれないけどね。

10:14 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.10

スターシップ・トゥルーパーズ3

Starship Troopers 3: Marauder ロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」を映画化したポール・バーホーベン監督の『スターシップ・トゥルーパーズ』から、ハインラインの原作を離れて作られている続編シリーズ。前作がビデオ市場向けの映画だったので、今回もおそらくはそうでしょう。劇場公開されるのは当面日本のみ。今回はいよいよパワードスーツが登場するというのがウリなんだけど、これはパワードスーツというより、モビルスーツ(ガンダム)か、はたまたコンバットアーマー(ダグラム)かウォーカーマシン(ザブングル)だよなぁ。

公式サイト

06:08 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.08

ログシュトッフのメッセンジャーバッグ

 今はドイターのヒップバッグを使ってるんだけど、歩いたり自転車をこいでいるとずり落ちてくることもあるので、やはりショルダータイプがいいかなぁ……と思っているところ。で、ログシュトッフのメッセンジャーバッグが気になる。フラップを下から上に引っ張り上げるのではなく、上から下に下ろすというのがユニーク。これだと片手でバッグのフタを開いて、そのまま片手で中のものが取り出せる。今持っているショルダーバッグやメッセンジャーバッグは、中身を取り出すのにいちいちフタを片手で押さえてなきゃいけないのが不便だった。色がレギュラーで6色あるので、どれにしようか思案中。どこかで実物を見てから決めたいな。その前に見切り発車してしまう可能性もあるけど。

12:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.07

洗濯機の買い換え

 本体サイズなどの関係で日立のビッグドラムを諦め、ナショナルのヒートポンプ式にした。まだ使い始めたばかりだけど、前の洗濯機に比べるとじつに静か。洗濯機本体の高さが少し高くなっていて、斜めドラムであることもあわせて洗濯物の出し入れはすごく楽。以前使っていたものに比べるとドラムの直径は少し大きく、奥行きが狭くなっている。中で洗濯物がピッタリとドラムにくっつかないように、すすぎの後で自動的にほぐしたりしてるのは「さすがだなぁ」と思った。まあ10年もすれば、家電も進化するよね。

 とりあえず商品の画像がほしかったので楽天のリンクを張りましたが、僕は近所のヤマダ電機で買いました。ドラム式洗濯乾燥機はとにかくやたらと重いので設置をひとりでやるのは大変だし、古い洗濯機も引き取ってもらわなきゃならないので、多少割高になっても近所の電気店で買った方がよかろうという判断。15万円台半ばでした。それに古い洗濯機を引き取るためのリサイクル料が別に発生するというわけ。全部で16万円弱ということは、以前使っていた洗濯機と総額ではさほど変わらんなぁ。でもずっと高機能になってるみたいですけどね。

03:53 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック