2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008.07.19

FXのビギナーズラック

 月曜日に手持ち資金30万円で始めたFXですが、土曜時点では資産が304,204円に増えました。今週はドルが乱高下したので、それに乗じてちょっとお金を動かしてました。この他にニュージーランドドルを持ってますが、これはスワップ狙いで長期保有するつもりなので未決済。少し値段が上がっているので、赤字にはなってません。始めたばかりにしてはわりと好調かも。

 今日は手持ちの銀行口座から外為.comの口座に保証金10万円を振り込んで、火曜日からもう少し本格的にデイトレードをするつもり。まあこれっぽっちの資金では、運用してもたかがしれてるけどね。でも毎日セコセコと5千円か1万円を稼ぐだけでも、雑誌用の原稿を1本書くぐらいの収入になるわけだからバカにできない。遊んでいる銀行預金がまだ少しあるので、近日中にはFX口座に100万円ぐらい突っ込んで運用しようと思ってます。

 今月来月は学校も夏休みだし、夏休みだからといってどこかに旅行するような予定もないので、しばらくはFXで遊ぼうと思ってます。これで生活するのはちょっと大変そうだけど、毎月の本代ぐらい(数万円)が稼げればいいかな。

09:09 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

東京は梅雨明け!

 午前中に地震があったときはヒヤリとしました。東京は震度3。その後のニュースで、東京地方の梅雨明けを知りました。夏本番。明日と明後日はどこに出かけようか。

07:56 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.18

試写を見そびれる

R0011062

 試写室に10分前に到着したら満席で入れなかった。一応追加試写の案内をもらってきたけど、今日はこの1本だけの予定だったから無駄足はきつい。帰り道では雲行きも怪しくなってきて、やがて雨。

04:11 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.16

画家と庭師とカンパーニュ

 ジャン・ベッケル監督の新作。ダニエル・オートゥイユ演じる画家が、パリで成功を収めたのち数十年ぶりにカンパーニュの実家に戻ってくる。荒れ果てた庭に手を入れようと庭師を雇う広告を出すと、そこに現れたのは小学校時代の悪ガキ仲間ジャン=ピエール・ダルッサン。ふたりは数十年ぶりの再会に大笑いし、すっかりもとの親友同士に戻ってしまう。最初から最後まで台詞がとても多い映画だが、その台詞の掛け合いがリズミカルで気持ちいい。主演のふたりは今回が初共演とのことだが、とてもそうとは思えない息のあった芝居に見とれてしまった。

公式サイト

 庭師役はもともと『奇人たちの晩餐会』のジャック・ヴィルレが演じるはずだったが、脚本執筆中に彼が急死したことからダルッサンに変更されたのだとか。ヴィレルが庭師を演じると、主人公たちの凸凹コンビぶりが引き立ってよりユーモアの度合いが増したかも。でもダルッサンも好きな俳優だし、この映画の彼の芝居は素晴らしいと思う。

12:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

881 歌え!パパイヤ

 シンガポールで庶民たちの夏のお楽しみとなっている歌台(ゲータイ)は、先祖の霊を歌や踊りでお迎えするエンターテインメント・ショー。ゲータイ・シンガーになることを夢見てコンビを組んだ若い女の子2人組が、ゲータイの女神の導きで人気ユニット、パパイヤ・シスターズに大変身してシンガポールの夏に大旋風を巻き起こすミュージカル映画。話は思いっきりベタで、展開も強引すぎるし、描写も大げさすぎて笑っちゃうんだけど、最後は大感動で涙が止まらなくなってしまう不思議な映画。

公式サイト

12:21 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

天気予報

R0010998

 天気予報では雨が降るかもと言っていたので電車で出かけたが、ぜんぜんその気配がない。まあ自転車がなければ、それはそれで楽ちんではある。特に銀座あたりをぶらつくには、自転車を駐めて鍵かけて……とやっているより、身ひとつで行動した方がずっとスピーディ。

12:06 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.15

FXは面白い

 一応本など読んでざっくりと仕組みは理解していたつもりなんですが、実際にFXを始めてみると「なるほどこうなっていたのか」と思うところも多くて面白い。まあこれは興味津々というか、新しいことをやっているという知的興奮みたいなもので、まだ何も儲かったりしてないんですけどね。手数料がばかにならないので、低いレバレッジで小額通貨を取引するのは無駄が多いとか、レバレッジを10倍以上にするなら短期取引用の口座で運用した方が手数料がないぶん得だなぁとか、長期保有でスワップポイントを稼ぐというスタイルは、結局のところ資金に余裕のある金持ち向けの資金運用なのだなぁとか、まあいろんなことがわかるわけだ。

 なんとなく切実にわかってきたのは、貧乏人はリスクの高い短期トレードで小銭を稼ぎ、金持ちは低リスクで長期運用して利息で暮らすというのがFXの世界だということかなぁ……。

10:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.14

FXを始めてみた

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】 外為.comに口座を作ってFXを始めてみることにした。最初は何も様子がわからないので、とりあえずは5倍ぐらいの低レバレッジでスワップポイントを稼ぎつつ、いずれは50倍とか100倍のレバレッジでの短期トレードと高収入を目指そうと思っている。とりあえず保証金として30万円入金しただけなので、5倍のレバレッジではスワップポイント(利息のようなもの)が百数十円しか付かない。レバレッジを上げればスワップポイントは増えるけれど、そうなれば今度は為替変動のリスクが生じるので、運用中はパソコンの前から離れられなくなってしまう。まあ保証金がこの100倍あれば、それだけで毎日1万数千円がスワップポイントで付いてくるわけだけどね。まあ素人ですし、最初はちびちびと小銭を稼ぎつつ、為替変動にビクビクしたり、オロオロしたりしながら取引に慣れていこうと思います。

02:22 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.07.13

The Golden Years of Al Jolson

Golden Years of Al Jolson 3枚のCDに60曲を詰め込んだ「The Golden Years of Al Jolson」が届きました。早速聞き始めましたけど、これがあればもうアル・ジョルスンのCDは買わなくて大丈夫。代表的な曲は全部入ってますし、あまり聞いたことがないような曲も入ってます。僕が持ってたジョルスンの録音版で、以前MCAから出ていた2枚組のLP「The Jolson Story」が決定版だったんだけど、このCDはそれ以上の満足度。早速MacのiTunesに取り込んで、作業中はずっとアル・ジョルスンを聞いてます。

01:55 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック