2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »

2008.10.18

Jetstream FのマルチBPは良い!

Spec_ph04_2 三菱の油性ボールペンJetstreamシリーズの新作、Jetstream Fシリーズの3色ボールペンを、先日から2本ぐらい買っている。全部で8色あるのだが、僕が最初に購入したのはグリーンストライプで、これは購入直後にリフィルを1.0に交換してしまった。メーカーHPの商品写真を見るとボディに花柄のワンポイントが入っているのだが、これはシールなのですぐ剥がれる。次に購入したのは来年の手帳用にとフレアレッド。リフィルは0.5mmのままだが、今回これを使ってみて書き味に感激した。これはいい。なめらかスムーズにごく細かい文字が書ける。手帳用にもう1本追加購入することも考えたが、グリーンストライプのリフィルをオリジナルの0.5mmに戻して使ってみようと思う。じつはノートに大きな文字でガシガシ書いていくのには、この回転型の機構があまり好きではないのだ。握りを持ち替えて、どの色が出てくるか確認しながら軸をぐりぐり回すなんて、これからどんどんアイデアでも何でもメモしていくぞというときに、まるで性に合わないし役に立たない。でもこの回転繰り出しが、手帳だとあまり気にならないのは不思議。

 Jetstreamは最初に発売された直後から使い始めて今も一番使用頻度が高いボールペンなのだが、3色ボールペンのいかにも事務用品ぽいチープなデザインが気にくわない。Jetstream Fシリーズはそうしたデザインを刷新するい商品だと思うが、花柄のワンポイントシールを剥がしてしまったとしても全体の可愛らしさはやはり「女性向け商品」のイメージだろう。しかし僕は、こういう商品が出てきていることを評価したい。

 今後は1本1,500円か2,000円ぐらいしてもいいから(あるいは3,000円や5,000円でもいい)、男性ビジネスマンが仕事で使えるような、高品質のマルチボールペンを出してほしい。たぶん商品化計画の中には入っていると思うけどね。ついでに3色ボールペンではなく、グリーンのインクを出して4色化してほしい。そうすればラミーの4色ボールペンに負けない、メイド・イン・ジャパンの最強4色ボールペンが登場することになる。

 たぶん誰もが望んでいることだと思うけど、Jetstreamで4C互換リフィルを出してくれるなら、僕はそれでラミーの4色ボールペンをJetstreamバージョンにすぐ改造しちゃうけどね。

 現時点で僕がノートを作る際に使っているのは、トンボのREPORTER 3のリフィルをすべてJetstream 1.0mmに交換してしまったもの。ペンのデザインは三菱純正のJetstreamマルチボールペンより、REPORTERの方がずっとマシだと思う。FXの取引を記録するノートでは、REPORTER 4をJetstreamバージョンにしている。グリーンのインクだけは、トンボのオリジナルを残したJetstreamの疑似4色マルチボールペンだ。グリーンは実際にはほとんど使わないんだけどね。

12:30 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.10.17

来年の手帳(2冊目)

2009年版 No.43 ビジネス手帳 7 【リンクアップ式】 日常的に肌身離さず持ち歩ける小型の手帳として、高橋書店のビジネス手帳7を購入する。1ヵ月がカレンダー型で見渡せるページと、見開き1週間タイプのページの組み合わせ。週間ページはリンクアップ式と言って、十字型に仕切られたメモ部分があるのが特徴。これを何に使うのかはこれから考えるが、とりあえず、その日にやるべき最優先事項を3〜4件書き込むのがいいかな。その右側にあるメモ欄にはスケジュールやTo Doだろうか。最近は紙の手帳をほとんど使用していないので、これを使い始めれば久しぶりの手帳。以前は能率手帳のエクセル4を愛用していたのだが、今回はちょっと変えてみた。とりあえず11月から使えるので、1ヵ月ほど使ってみてダメそうなら、12月からはエクセル4に乗り換えるかもしれない。じつは少し前に、MDノートのシリーズから出た新書サイズのダイアリーも購入しているのだが、これは日記帳にでもしようかな。

02:12 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.10.16

ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢

コーラスライン-ニュー・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング/映画「ブロードウェイ(音符記号)ブロードウェイ~コーラスラインにかける夢」サウンドトラック 1975年に初演の幕を開けてから1990年までロングランされ、2006年からは再演版がブロードウェイで幕を開けてこれも大ヒットしているミュージカル『コーラスライン』。この映画はその大ヒットミュージカルがいかにして生み出されたのかを、1970年代当時の貴重な映像資料、脚本の元になった録音テープ、関係者の証言などでたどりつつ、2006年再演版のオーディションを追い掛けていくというドキュメンタリー映画。『コーラスライン』という作品自体が、そもそもブロードウェイのオーディションを受けるダンサーたちの話なのだが、この映画はそのメイキングとして、本物のダンサーたちの様子をつぶさに追い続けるのだ。これは面白かったし、じつに感動的な映画になっている。『コーラスライン』という作品を通して、30年前のダンサーたちと、現代のダンサーたちがひとつに結び合うのだ。ドキュメンタリー映画で、久しぶりに涙が出た。青春映画としても最高。最後は本当にハッピーな気持ちになれる。観ると元気になる。そんな映画だ。

公式サイト

11:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

エグザイル/絆

 『ザ・ミッション/非情の掟』の後日譚とでも言いたくなるような、ジョニー・トー監督のギャング映画。組織のボスの命を狙って逃亡していた男がマカオの街に舞い戻ってきた。そこにやって来たのは、かつて彼と仲間だった男たち4人。そのうちふたりは、ボスの命令で男を殺しに来たヒットマンだ。残るふたりは、ヒットマンたちの手から男を守ろうとする。クライマックスの大銃撃戦も含めて、サム・ペキンパー監督の『ワイルドバンチ』に強い影響を受けていることが明らか。『ワイルドバンチ』では無法者一味を追い掛ける男が、かつての彼らの仲間という設定だったっけ……。

公式サイト

11:04 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

DISCO ディスコ

Disco 80年代に各地のディスコ大会を荒らし回ったダンスチームの元メンバーたちも、今は40過ぎの中年男。それが再びディスコ大会に戻ってくる。出演している俳優たちが「40歳」という設定なのだが、実年齢として42歳である僕の目から見ると、「世間では40歳ってこういうイメージなのね」とちょっとショックだったりする。はいはい、もうすっかりオジサンなのですよ。でもそんなオジサンたちが、ダンスフロアでミラーボールの光を浴びながらフィーバーしちゃうのだ。中学生か高校生の子供のように、キレイなお姉さんに惚れ込んでドギマギしちゃうのだ。(相手はエマニュエル・ベアールだから、そりゃドギマギしちゃうわな。)クライマックスはコンテスト決勝でのダンスだけれど、このシーンは観ていて本当に幸せな気持ちになれる。試写室で目が届く範囲の来場者たちを見回してみたけど、みんな幸せそうにニコニコしてました。

公式サイト

10:55 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.10.12

東京タワー

R0011647

 久しぶりに東京タワーに登ってみた。近くは自転車で良く通るんだけど、展望台まで上がるのは数年ぶりだろうか。確か3年前の夜、展望台でやっているライブを観るために、当時交際中の女性とタワーに行ったことがある。3年ぶりの東京タワーは連休中日で超満員。エレベーターに大行列ができていたので、僕は階段を使って登ってみた。展望台までは150メートル。それほど疲れるわけではないけど、多少汗ばんでくる。帰りもエレベーターは大行列だったので、やはり階段でとことこ降りる。じつはこの方が脚に負担がかかるのだ。降りたら脚ががくがくしてた。まあ展望台まで歩いて往復したわけで、それもあるんだろうけどね。

R0011657

 東京タワーはテレビ放送のための電波塔で、2011年のテレビ放送デジタル化と同時に送信設備が東京スカイツリーに移転すると、いずれは役目を終えて解体されてしまうかもしれない。東京のランドマークであることは間違いないので何とか残って欲しいという気持ちもあるけれど、役目を終えたのなら更地に戻してしまうのもひとつの方法かなぁ……と思ったりはする。

 東京スカイツリーの展望台は地上350メートルで、これは東京タワーより高いのだ。高層展望台に至っては、地上450メートルだよ。いや〜楽しみだなぁ。と、東京タワーは忘れ去られていくのである……。

03:56 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

メルマガ勝手に休刊中

 映画瓦版の週刊メルマガを毎週水曜日に発行していたのだが、ここ1ヵ月ほどはこれをお休みしている。理由は特にないけど、なんとなく面倒くさくなっているしぃ……みたいな。ただこれ休刊してから、アマゾン・アソシエイトプログラムの売り上げは激減してるな。もう少し様子を見てもいいけど、こういう形でメルマガの効果が少し見えるのは面白い。メルマガは近々復刊するつもりだけど、内容についてはちょっと見直してもいいかな。

08:15 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック