2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008.02.23

エディソン・チャンの問題点

インファナル・アフェア II 無間序曲 『インファナル・アフェア II 無間序曲』や『頭文字(イニシャル)D』で知られる香港のスター俳優で歌手でもあるエディソン・チャンのパソコンから、彼が女優たちと撮影したプライベート写真が流出した事件。写真を撮影したチャン本人は問題の責任を取って香港映画界からの引退を表明したけれど、あられもない写真が公開されてしまった女性たちは取り返しの付かない被害を受けている。写真の一部はネットで検索すれば誰でも見られるわけで、僕も「こりゃひどい」と憤慨しつつGoogleで検索したりしているわけだ。女優たちのイメージダウンと今後の活動への差し障りは避けられないだろうし、何年も前に撮られた写真が今回流出したことで、婚約破棄や離婚危機など私生活がダメージを受けているという報道もなされている。

 この事件ではエディソン・チャンを非難する声が大きいのだが(だからこそ引退表明となった)、出来事のひとつひとつを見る限り彼ばかりを一方的に責めることもできないと思う。例えば交際相手のヌードや性行為の内容を写真やビデオに撮影することは、デジカメやカメラ付き携帯が一般化している現在広く行われていることなのではないだろうか。流出している写真を見る限り、カメラの存在は取られている女性たちの方も知っていたはず。顔の近くでクローズアップ撮影されたものもあれば、フラッシュ撮影されたものもある。ベッドの上の行為にせよ撮影にせよ、それらは双方の合意の上に行われていたものなのだ。

 今回の写真流出は、撮りためた写真が保存されていたパソコンが修理に出され、そこからデータが同意なしにコピーされて外部に流出したとも報じられている。もしこれが事実だとすれば(いかにも事実っぽいけれど)、これは個人情報漏洩の典型的なパターンではないか。今回はそれが「人気俳優と女優のセックス写真」だったから大スキャンダルに発展しただけのこと。官庁や医師や弁護士や教員などが使っているパソコンが修理に出されても、そこから同じように外部秘のデータがコピーされて流出する可能性はあるはず。今回はパソコン修理業者から逮捕者が出たりしているようだけど、使用者に情報を流出させる意図がなくてもファイル交換ソフトやウィルス感染などから容易に外部に情報が漏れ出すことはよく知られている。

 「わたしは恋人とのセックス写真を撮る趣味はないから大丈夫」と考えている人がいるなら、それはちょっと甘いのではないか。セックス写真に限らず、今どき誰のパソコンにだって、外部の第三者の目に触れては困るようなデータがひとつやふたつ入っているだろう。それは職場から持ち帰った仕事の一部かもしれないし、仕事やプライベートに利用しているアドレス帳かもしれない。オンラインバンキングのパスワードや、ネットで利用している有料サイトのアクセスキーかもしれない。僕のパソコンに恋人とのセックス写真は入ってないけど、こうした「他人に見られちゃまずいデータ」は山ほど入っているよ。

 それを踏まえた上で、今この瞬間にパソコンが故障したとする。その時、業者に依頼せずに自分で修理できる人がどれだけいる? 使っているハードディスクの中には秘密の情報がいっぱいだ。業者は修理に際して、安全のためにもハードディスクのデータを一度バックアップするかもしれない。パソコンは戻ってきても、業者がコピーしたデータがどうなるのかまで、使用者は把握しようがないではないか。業者に修理依頼をする前に、ハードディスクのデータをすべて消去できればそれがいい。でもパソコンが起動できないとデータは消去できないから、機密情報はそっくりそのまま業者の手に渡るのだ。

 もちろん業者には守秘義務があるし、コピーしたデータは必要なくなれば消去すると説明するだろう。ところがだ、大手パソコンメーカーのパソコンリサイクルでも「回収前に専用ツールを使ってHDDのデータを完全に消去しておいてください」と言っていたりする現実もある。一度手から離れてしまったら、第三者の手に渡ったデータがどうなるかは誰にも責任が持てないのだ。

 今回の事件に話を戻すなら、外部に漏れては困る写真を保存してあるパソコンを、容易に修理業者に出したエディソン・チャンの不注意は責められるべきだ。しかし「じゃあ故障したパソコンはどうすればいいの?」と問われると、これがよくわからない。どうすればよかったんだろうか? おそらく情報の漏洩を防ぐことを最優先するなら、そもそも外部秘の情報が入ったパソコンは業者で修理してはいけないのだ。データはこまめにバックアップを取っておき、パソコン本体が壊れたらHDDをハンマーで叩きつぶした上で修理に出すしかない。

 エディソン・チャンを非難する人は、そこまで徹底して自分の持つ情報を守っているだろうか? しかし少なくとも僕はそこまで徹底していない。僕だってパソコンが壊れたら、業者に修理に出すだろう。だからエディソン・チャンの不注意を責めることは難しいのだが、だからといって被害を受けた人たちに対して彼がまったく何の責任もないのかというと、それはまた違うような気もする。過失による交通事故で、死傷者が出たような話なのかもしれない。

 今回被害にあった人はまったくお気の毒。しかし写真撮影に合意があったことも含めて、写真を流出させた者だけを一方的に責めることができないのもまた事実。一番の防衛策は、写真を撮らせないということなんでしょうけどねぇ……。

10:50 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.20

注文していた荷物が到着

SHARP 電子辞書 PW-M800 ( 22コンテンツ, コンパクトサイズ) 昨日注文したSHARP 電子辞書 PW-M800が到着。同時に注文していたELECOM 本革製電子辞書ケース DJC-T001BKに装着して、早速使い始めました。ケースに入れるとその分大きく重くなってしまうけど、かなりしっかりしたケースなので安心感はある。まあこれはこうしてケース付きで使う方がいいと思う。ファスナー付きのポケットに入れてしまうわけではないので、使いたいときにすぐ使えるしね。

 Sharpの電子辞書で広辞苑を引くと、調べた見出し語が本文の文字よりずっと大きく表示されるので、感じを調べるときなどは好都合なのだ。CASIOだと漢字の細部を見るために、わざわざ文字をズームしなきゃならない。まあ電子辞書の機能はメーカーによって考え方の違いもあり一長一短なんだけどね。今回はこれが、僕の使用目的に合っているというだけのこと。百科事典を調べたくなれば、CASIOの出番になるわけだし。

 LAMY PICOも届いたのだが、これは思っていた以上にいいものだった。鏡面仕上げのクロームはけばけばしいかと心配したのだが、表面のつやつやしたなめらかな手触りに高級感があるし、実際に使うときは手の中に握り込んでしまうので仕上げが悪目立ちすることはない。ノックするときにカチカチ音がせず、シュカーッという摩擦音と共にゆっくりペン先が出入りして本体が伸縮する。本体はクリップが付いていない円柱形なので(薬のカプセルを長くしたようなデザイン)、ポケットの中に入れてもひっかかりがなく出し入れできる。これはジーンズの前ポケットが定位置になりそうだ。

05:16 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.19

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

Charlie Wilson's War [Original Motion Picture Soundtrack] アフガニスタンに侵攻したソ連に対抗するゲリラたちの活動を背後から支援し、ついにはソ連を撤退させたアメリカの国会議員の実話をトム・ハンクス主演で映画化。この戦争でのソ連敗北はソビエト連邦崩壊や冷戦終結のきっかけとなり、ハイテク装備で近代ゲリラ戦を戦うアフガニスタンのゲリラたちは原理主義テロリストになった。ほとんど気まぐれのように始まった一議員のアフガニスタン支援が、結果としては「テロとの戦争」に明け暮れる現代の世界を作ってしまったのだ。しかしここにあるのは、アメリカ人の徹底した善意だ。その善意には、打算がないし裏がない。打算や裏があれば、アフガンからソ連を追っぱらった後のことだってもう少しは真面目に考えただろうに、アメリカ人は「悪の帝国ソ連さえ滅びればそれで世界は平和!」と信じて疑わなかった。

公式サイト

 アメリカ人議員がパキスタンの難民キャンプで、大勢のアフガン難民と共に「アラー・アクバル!」と叫ぶ場面は、この映画の中でもっとも感動的だが、同時にもっとも皮肉な場面だろう。アメリカ人がアフガニスタン人に武器を渡し、そのアフガニスタン人が手渡された武器を手に「アラー・アクバル!」と叫んで原理主義に突っ走っていく原型がここには描かれているのだ。

04:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

バンテージ・ポイント

Vantage Point スペインのサラマンカで開催されていた主要国サミットで、スピーチのため演題に立ったアメリカ大統領が何者かに銃撃された。大混乱する会場では爆弾も炸裂。すべては全世界に生中継されるテレビカメラの前で、衆人環視のもと行われたテロだ。映画はこの事件に直接間接に係わった複数の人物たちの視点から事件を繰り返し再現し、事件の全貌を明るみに出していく。何度も何度も時間を巻き戻すというアイデアは秀逸。『羅生門』のバリエーションでもあるのだろうが、目撃シーンの間に食い違いや矛盾はなく、バラバラになったパズルのピースが寄せ集められるように、少しずつ事件の全貌が組み立てられていく様子はスリリング。この手法は他のジャンルの映画にも使えるかもしれない。

公式サイト

04:39 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ランジェ公爵夫人

 バルザックの「ランジェ公爵夫人」を、ジャック・リヴェットが映画化。19世紀初頭のフランス貴族社会で展開する恋の駆け引きと意地の張り合いを、淡々とした筆致で描いていく。恋愛映画ではあるけれど、映画を観る側の感情移入を排除するように、時間の進行を時々タイトル字幕で処理したりする。まるで戦記ドラマだ。ここにあるのは男と女の攻防戦。恋愛という高度な心理ゲームに己の人生や命さえ賭ける男と女の姿は、観ていて寒々とした気持ちにさせられてしまう。ゲームは夫人の勝ち逃げに終わり、ゲーム終了を告げる友の言葉に男は黙って唇を噛みしめるしかない。

公式サイト

04:37 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

新しい電子辞書を購入

SHARP 電子辞書 PW-M800 ( 22コンテンツ, コンパクトサイズ) ブリタニカなど大量のコンテンツが収録されているカシオのXD-GT6800を既に持っているのだが、これは大きくて重くて(電池込みで290g)、日々の携帯には向かない! というわけで、持ち運びを考えてもう少し軽くて小さい電子辞書が欲しくなった。用途としては、ノートを取ったり板書したりする際に感じを調べるのがメイン。で、白羽の矢を立てたのがSHARPのPW-M800。広辞苑と英和和英がメインで、重量は113g。軽い。小さい。これならカバンの中にいつでも放り込んでおける。

CASIO Ex-word  電子辞書 XD-GP6900 多コンテンツ 大画面液晶モデル  メインパネル+手書きパネル搭載 ネイティブ+TTS音声対応 大量コンテンツ型もますます進歩しているので、これはこれでいずれは新しいものが欲しくはあるんだけどね。僕が持っている機種の後継機に当たる(と思う)カシオのXD-GP6900は、百科事典としてブリタニカとマイペディア(このふたつは調べ物にすごく便利!)、日本史に特化した日本歴史大事典が収録されているほか、国語系として精選版 日本国語大辞典、デジタル大辞泉、明鏡国語辞典などが収録されている豪華版。日本国語大辞典は欲しいな〜。

 しかし僕の希望としては、電子辞書に百科事典をフルセット収録して欲しいのだ。ブリタニカなら大項目版も含めて欲しい。平凡社の世界大百科事典か、小学館のスーパーニッポニカを全部収録してほしい。(ニッポニカは以前出てたけような気もするけど。)雑学系のコンテンツは不要なのだ。英語系では実用本位の高機能タイプがいろいろ出ているんだけどね……。

10:57 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.18

uni クリップターン

 三菱uniの多機能ボールペン、クリップターンを購入してみた。シモジマにはシルバーとブルーしか見あたらなかったので、とりあえずシルバーを購入。1本で黒赤のボールペンとシャープペンになるという定番の組み合わせだが、これはクリップ部分が360度ぐるぐる回転するというのが売り。これによって、ポロシャツの襟にペンをはさんでおくなど、普通のペンにはできないちょっと変わった携帯方法が可能になるわけだ。クリップ脇のボディには、ストラップを付けるための輪が付けられていて、専用ストラップも販売している。色がオレンジしかなかったので、これは買うのをちょっと躊躇したんだけど……。

 クリップターンは定価840円の上位機として、金属部品を使うなど少しばかり高級志向のクリップターンEVという機種がある。定価は1,575円。今回はそちらを買おうかな……とも思ったのだが、どっちにしろ三菱のデザインは野暮ったくてダサイので似たようなものだろう。

 クリップターンを手持ちのモールスキンに留めてみると、厚い表紙をはさんでもボディがへんに浮き上がることなくピタリと収まるのはありがたい。使用しているリフィルをジェットストリームに交換できないかなぁ……と思ったけど、これはジェットストリームの方が芯が短いため交換不可だった。残念。

10:59 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

三菱uni JUMPOP

 三菱uniから出ている携帯用の伸縮型ボールペン、JUMPOPを購入してみた。色は黒。クリップの上部にストラップ用の穴が空いているけど、何しろ300円もしないプラスチック製のボールペンなので、これをちゃらちゃら首からさげているのは40歳過ぎの大人としてはちょっと恥ずかしい。縮めたときで全長が10.5cmぐらいあるから、そんなに小さいわけではない。伸ばすと12.8cmぐらいだろうか。

 それでも全体に丸みを帯びたデザインと、表面にはどこにも金属部分がないという柔らかな素材感で、ジャケットやコートのポケットにポンと放り込んでも尖った部分でポケットを傷つけるおそれはなさそうだ。伸縮はボディ横のボタンをかなり強く押し込まなければならないので、バッグやポケットの中で不用意に伸びてしまうということもないだろう。

 僕はとりあえず、これをヒップバッグのポケットに放り込むことにした。ヒップバッグは体の線に合わせて曲がったりするので、普通のペンだと折れるんじゃないかと心配なんだよね。その点このペンなら、その心配はなさそう。

04:08 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

サスペンション・ボールペン

Bsu1500_440_1_2

 浅草橋のシモジマで、プラチナのサスペンション・ボールペンというものを見つけたので購入してみた。自動車のサスペンションを模した伸縮型のボールペンで、伸ばしたときは110mmほどの長さが、短いときは98.5mmほどになる。ペンを伸ばすのは、ペン先のカバー部分を紙面などに強く押しつけることで行う。これだけでかなり強いバネの力でペン先が飛び出し、ボディも少し長くなる。縮めるときは、ペン軸の尻を指先で押し込む。

 替え芯はBSP-100Sというリフィルを指定しているが、これは4C互換なので好きなメーカーの好きなリフィルに交換すればよい。僕は少し太めの線が書けるPILOTのBRF-8Mがお気に入りなので、標準のインクが切れればそれに交換してしまうつもり。もっともこのようなペンは長時間の筆記に使うようなものではないので、いつになったらインクが切れるのか……という問題はあるけどね。

 ペン軸の尻にはストラップを通すような少し大きめの穴があけてあるので、僕はここにOリングを通して、東京国際映画祭のプレス用にもらったストラップをつないで首からさげることにした。ポケットに入れていても、外部から圧迫されるとガチャンとペン先が飛び出す仕組みだから、これはジーパンのポケットに突っ込んでおくのは少し危険かも……との判断。

 ペン先のカバーを押しつけるとペン先が出るというメカニズムは面白いのだが、これはペンを使うたびにペン先が強く紙面に叩き付けられるわけで、インクを使い切る前にペン先が傷んでダメになりそうな気もする。まあ筆記時にも強い力で紙面にゴリゴリ押し当てられているようなものだから、この程度の力ではどうってことないのかもしれないけどね。それによく見ると、ペン先が飛び出してくるというより、カバーが後退するという感じ。カバーが素早く後退したことで、いきなりむき出しになったペン先が紙面に着地するのだ。

03:40 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

Lands' Endから荷物到着

 Lands' Endに注文していた荷物がもう届いた。今回はジーンズ1本と、自転車用のハーフジップTシャツを2枚注文。じつは僕がはいてるジーンズは、ほとんどがランズエンドなのだ。普通のものなら1本29.5ドルぐらいで安いしね。今回は裏地にフランネルが付いたMen's Traditional Flannel Lined Jeansというのを買った。以前も同じようなものを買って冬場は重宝しているので、この冬が終わる前にもう1本買っておこうと思った次第。値段は49.5ドルだから、普通のジーンズよりはちょっと高い。でも暖かくて快適です。

 Lands' Endは日本法人もあるんだけど、日本のホームページを見ると品揃えもあまり豊富じゃないし、値段もアメリカに比べるとだいぶ高い。Lands' Endの商品に関しては、僕はアメリカのサイトで買ってます。Lands' Endと言えば売り物はポロシャツなんだけど、ポロはシーズンごとにユニクロで買った方が安い。だからLands' Endでは買わなくなってしまった。

 今回はサイクリング用のTシャツMen's Regular Short Sleeve Half-zip Bike T-shirtを買ったんだけど、これが1枚24.5ドル。背中にポケットが付いているのが自転車用たるところだけど、この着心地や使い勝手については、もう少し暖かくなってからでないとわからない。といっても、あと2ヶ月もすればTシャツでサイクリングができるでしょうけどね。(上にウィンドブレーカーを着るかもしれないけど。)

11:51 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2008.02.17

東京マラソン

 昼前に電車で浅草橋まで出て、東京マラソンの様子を少しだけ見てきました。参加者は3万人だそうですが、これは途方もない数ですね。(3万というのは10キロの部も含めてなので、浅草橋まで来るのはマラソン参加者2万5千人ぐらい。)とにかく次から次にランナーがたちが現れて、まったく切れ目なく人が続いてます。浅草橋は浅草方面に向かう人と、浅草で折り返して来る人が両方いるんですが、僕が観に行った時間は既にトップグループがゴール間近という時間。それでも後からテレビで見ると、このあとさらに何時間もランナーが走っていたようです。ランナーの列というのは、いったい何キロぐらいに渡って続いているんでしょうね。

 とりあえずスタート時点でトップのスタートから最後のランナーが走り出すまで30分ぐらいかかるそうですから、それだけでも10キロぐらいの長さになっている計算ではあるんですけどね。マラソンのトップ選手は42.195キロを2時間7〜8分で走るわけですから、時速は20キロぐらい。スタートから30分で10キロ先まで進んでいる計算です。

 東京マラソンはゴールまで7時間以内という時間制限があるようですが、これだとランナーの速度は時速6キロぐらい。しかし実際には最後尾の選手がスタートラインを越えるのが、スタートから30分後。この選手は6時間半かけてフルマラソンを走るわけだから、平均速度が6.5キロになる。トップ選手はこの時点で既に10キロ先におり、さらに1時間半と少しでゴールに到達する。最後尾の選手はスタートラインを越えてから1時間半で、だいたい10キロ弱の距離を走っている。トップとの距離差は32キロちょっとだ。

 走っているランナーを間近に見ていると、苦しそうと言うよりむしろ楽しそうに見えてくる。僕は運動が大の苦手なんだけど、せっかく地元で開催されている大会なんだし、とりあえず来年あたりは10キロの部にでも出てみようかしらん……。

10:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

LAMY pico注文

 結局、LAMY picoを注文しました。色は黒にすることも考えたけど、ここは一番廉価なクロームシルバーを選択。とりあえず実用性で考えた商品チョイスなので、機能が同じなら安いもので構わないという実用本位の姿勢を一貫させる。ジーパンのポケットに突っ込んでおく携帯用ツールを想定しているので、シンプルなものをガシガシ使い倒そうという考え。もっとも使ってみて気に入れば、また別の色を購入するかもしれないけどね。LAMY 2000の4色ボールペンに次ぐラミー製品の購入になる。

06:48 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック