2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

4/30の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:19:50
走行距離 4.03km
平均時速 12.2km/h
最高時速 26.0km/h
積算距離 1098.2km

■歩数計
2659歩
0.9エクササイズ

2009.04.29

4/29の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:19'59
走行距離 11.86km
平均時速 8.9km/h
最高時速 24.4km/h
積算距離 1094.2km

■歩数計
4814歩
1.7エクササイズ

2009.04.28

4/28の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:07'34
走行距離 1.73km
平均時速 13.8km/h
最高時速 20.5km/h
積算距離 1082.3km

■歩数計
13629歩
6.1エクササイズ

2009.04.27

4/27の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:10'24
走行距離 2.25km
平均時速 13.0km/h
最高時速 21.2km/h
積算距離 1080.6km

■歩数計
4912歩
2.0エクササイズ

新しい掃除機を買う

HITACHI パワースター 紙パック式/ACタイプクリーナー シャンパン CV-PM10-N 使っていた掃除機の調子が悪いので、思い切って新調することにした。つい先日フィルターの部品を交換したばかりだし、修理に出すことも考えてはみたのだが、サイクロン式の面倒くささに辟易して「紙パック式に買い換えたい!」という気持ちも強かったので、今回はこれ幸いと買い換えに動いた面もある。毎日掃除機を使うような掃除好きでもなく、週に1度か2度使う程度のものだから、それほどの高級機は不要。で、選んだのは価格.comでも評判のいい、日立のCV-PM10という機種。連休前の注文になってしまったので、届くのは連休明けになるかも。

2009.04.26

4/26の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
4044歩
1.7エクササイズ

2009.04.25

4/25の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3812歩
1.8エクササイズ

2009.04.24

4/24の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:28'04
走行距離 20.35km
平均時速 13.8km/h
最高時速 32.8km/h
積算距離 1078.3km

■歩数計
8429歩
2.9エクササイズ

嗚呼 満蒙開拓団

 多くの中国残留孤児を生み出した満蒙開拓団。彼らはなぜ中国に送り込まれ、なぜ中国に取り残されねばならなかったのか。その実態を多くの生存者たちの証言で綴ったドキュメンタリー映画。満蒙開拓団は「戦前」に中国に渡ったと思っていたのだが、この映画によれば移民は終戦直前まで続けられ、終戦の1・2ヵ月前に現地に到着したという人たちすらいる。満州からの引き揚げについてはさまざまな映画やドラマでも取り上げられているが、生の証言の迫力には言葉を失う。この映画を作った羽田澄子監督も、戦後に大連から引き揚げてきたという。

岩波ホール
自由工房

山形スクリーム

 竹中直人監督の新作。本人も出演。源氏との戦いに敗れて山形まで逃れた平家の武将が、落武者狩りであえなく絶命。自分を殺した住民たちを呪って、800年以上の時を越えた現代に亡者として甦る。山間の小さな村は亡者たちの登場で阿鼻叫喚の地獄絵図。この事件にたまたまこの地を訪れていた女子高生グループが巻き込まれて……というホラー・コメディ。『ゾンビ』あり、『マーズ・アタック』あり、『ハムナプトラ』ありで、竹中監督の映画の趣味がふんだんに盛り込まれている感じ。映画の前に竹中監督の挨拶があり、映画の最後にはお土産までもらってしまった。だだちゃ豆入り六穀雑穀と無洗米1合。家に帰って早速頂きました。おいしかったです。ごちそうさま。

 あ、映画も楽しかったです。食い物の話が先になって失礼しちゃいますね。明るく楽しい映画で、大いに笑わせていただきました。

公式サイト

2009.04.23

4/23の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:22'04
走行距離 4.53km
平均時速 12.3km/h
最高時速 24.6km/h
積算距離 1057.9km

■歩数計
4063歩
1.5エクササイズ

伊東屋のメルシー券の使い道

ラミー ノト LAMY Noto ブラック ボールペン 伊東屋のメルシー券が廃止になった。まだ1年ぐらいは使えるみたいだけど、引き出しを見たら1,700円分ぐらいの券がたまっていたので、何かちょっとしたものを買おうと思う。現在の候補はラミーの油性ボールペン・ノト。定価1,470円だから券が余っちゃうけど、まあそれはそれ。以前から気になっているペンだったので、こんな機会に買ってしまおうか……。

草なぎ剛は脱ぎ上戸だった!

 脱ぐと笑い出すヤツとか(笑い上戸)とか泣き出すヤツ(泣き上戸)がいるように、服を脱いで素っ裸になりたがるヤツというのがいる。「脱ぎ上戸」とでも言うのかね。この手の人は昔は飲み会をやると必ずひとりやふたりはいたそうで、僕が昔会社に勤めていたときは「○○さんと××さんが飲んだ後に裸で公園の噴水に飛び込んだ」だの、「昨日の飲み会で△△がチンポコでタケコプターをやった」だの、「飲んでる他のメンバーにチンチンでチョンマゲを結って歩いた」だの、くだらない話をたくさん聞かされたものですな。(ただし僕はその現場に遭遇したことはない。)こういうものは、昔は飲み会での武勇伝として笑いと共に語られていたわけだけど、さすがに芸能人がそれをやって警察沙汰にまでなると、笑って済ませられる武勇伝では終わらなくなっちゃうみたいだね。

続きを読む "草なぎ剛は脱ぎ上戸だった!" »

2009.04.22

4/22の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:08'33
走行距離 16.13km
平均時速 14.1km/h
最高時速 34.5km/h
積算距離 1053.4km

■歩数計
9898歩
3.5エクササイズ

スティル・アライヴ

 1996年に亡くなったクシシュトフ・キェシロフスキ監督の特集上映「キェシロフスキ・プリズム」が、6月20日から渋谷のユーロスペースで開催される。本作はそれにあわせて公開される、キェシロフスキ監督についてのドキュメンタリー映画。監督の生い立ちや学生生活、初期のドキュメンタリー時代、劇映画への移行、『デカローグ』、『ふたりのベロニカ』、『トリコロール』への歩みをコンパクトにまとめている。日本未公開の初期作品が数多く引用されているのは貴重。その多くは、今回の特集上映で劇場公開される。権利問題があってDVD化が難しいとのことなので(DVDにしても商売になりそうもないけど)、興味のある人はこの機会にどうぞ。

公式サイト

2009.04.21

4/21の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3226歩
1.5エクササイズ

2009.04.20

4/20の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:19'24
走行距離 3.87km
平均時速 12.0km/h
最高時速 20.1km/h
積算距離 1037.3km

■歩数計
2235歩
0.7エクササイズ

2009.04.19

4/19の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
13081歩
5.5エクササイズ

2009.04.18

4/18の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:27'43
走行距離 14.71km
平均時速 10.0km/h
最高時速 22.6km/h
積算距離 1033.4km

 天気もよかったので、上野公園までポタリング。不忍池近くの駐輪場に自転車を置き、上野動物園からアメ横あたりをぐるりと回って帰宅。

■歩数計
15041歩
5.2エクササイズ

2009.04.17

4/17の走行距離

 自転車利用なし。

■歩数計
6577歩
3.2エクササイズ

マルマンはニーモシネに本気らしい

ノートは表(おもて)だけ使いなさい~超人気メモ・ノートを開発したノートのプロが教える情報活用術~ マルマンでニーモシネの商品開発に携わった人が書いた本で、銀座の伊東屋ではニーモシネ・シリーズの横に置いてあった。中身をぱらぱら見ただけで買ってはいないんだけど、こういう「書籍+文具(ノート)」というコラボレーションの先駆けとしては、大手文具メーカーのコクヨが出したキャンパスノート・ドット入り罫のシリーズと、このノート開発の元になった「東大合格生のノートはかならず美しい」の事例がある。しかし「東大式ノート術」はさまざまな媒体で取り上げられ、関連書籍が何冊も出るプチブームが起きているのに対して、ニーモシネが提案するシステマチックなノート活用術はそれほどの新鮮味が感じられないのが残念。学生が勉強に使うノートと、ビジネスマンが新しいアイデアを練ったり会議や商談に使うノートは目的が違うという指摘は正しいだろうし、そのためにはまったく異なるノート術が必要だという指摘にもうなずける。でもそのために使用するノート類が、ニーモシネでなければならない積極的な理由はないんだよな……。

続きを読む "マルマンはニーモシネに本気らしい" »

2009.04.16

4/16の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:25'25
走行距離 21.15km
平均時速 14.8km/h
最高時速 42.9km/h
積算距離 1018.7km

■歩数計
9430歩
3.1エクササイズ

 最高速度は誤計測だと思う。そんなに出ないだろうと思うけど、がんばれば出てしまいそうな速度だから厄介だなぁ……。

グラン・トリノ

グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD] クリント・イーストウッドの監督・主演最新作。これはイーストウッド版の『生きる』だと思う。主人公が医者の診断をもらった夜、疎遠になっている息子に電話をするシーンなどは、そのまま『生きる』に通じるだろう。主人公が残り少ない人生を、次の世代のために費やそうとするのも『生きる』と同じだ。『生きる』では志村喬がかすれた声で歌う「ゴンドラの唄」が印象的だが、この映画でもラストシーン、イーストウッド本人が味のあるしゃがれ声で自作の主題歌「グラン・トリノ」を歌っている。

公式サイト

60歳のラブレター

candy 住友信託銀行が毎年募集している投書企画「60歳からのラブレター」をもとにした映画。50歳代後半からそろそろ60歳に差し掛かろうとする、3組のカップルを主人公にしたラブストーリーだ。劇中で最大の見どころは、イッセー尾形が病気で入院する妻の枕元で、ビートルズの「ミッシェル」を弾き語りするシーン。入院している妻を演じているのはジャズ歌手の綾戸智恵、病室の外でこの光景を見つめているのが歌手でもある中村雅俊と、元ザ・スパイダースの井上順。要するにプロの歌手たちの前で、唯一の素人であるイッセー尾形にギター弾き語りをさせる趣向。これが周囲の「歌手」たちの歌心に火を付ける。エンディングで主題歌を歌っているのは森山良子。

公式サイト

2009.04.15

4/15の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:21'28
走行距離 3.21km
平均時速 9.0km/h
最高速度 21.5km/h
積算距離 997.5km

■歩数計
3876歩
1.4エクササイズ

2009.04.14

4/14の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:09'45
走行距離 1.93km
平均時速 11.9km/h
最高時速 19.9km/h
積算距離 994.3km

■歩数計
5135歩
2.0エクササイズ

2009.04.13

4/13の走行距離

 自転車の利用なし。

■歩数計
6176歩
2.7エクササイズ

2009.04.12

4/12の走行距離

 自転車は利用しなかった。

■歩数計
8118歩
3.1エクササイズ

2009.04.11

4/11の走行距離

■OCR3
走行時間 0:48'20
走行距離 15.13km
平均時速 18.7km/h
最高時速 40.1km/h
積算距離 134.1km

■サブナードスポーツ
走行時間 0:36'06
走行距離 5.85km
平均時速 9.7km/h
最高時速 31.0km/h
積算距離 992.4km

■歩数計
13762歩
5.5エクササイズ

久しぶりに自転車で上野まで出かけた。

2009.04.10

4/10の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:27'09
走行距離 4.20km
平均時速 9.2km/h
最高時速 20.2km/h
積算距離 986.5km

■歩数計
4720歩
1.8エクササイズ

ポメラの原稿をMacBookに

 手持ちのAdvanced/W-ZERO3[es]に1GBのmicroSDを入れているんだけど、写真もほとんど撮らないし、じつはまったく利用していないと言ってもいい状態。そこでこれをそのまま、ポメラと共有することにした。ポメラにmicroSDを挿してテスト原稿をカードに保存し、それをZERO3に戻してから、メールの添付文書として自分のアドレスに送ってみる。まったく問題ない。次にmicroSDを挿した状態でポメラ本体をMacBookとUSB接続し、ポメラ本体を外部機器として認識できるか実験。これも特に問題ない。というわけで、外出先でポメラで原稿を書いて自宅に送ったり、ラフ原稿を書いてからMacBookで清書したりするといった作業が十分可能であることがわかった。ま、当たり前のことなんだけどね。一応は確認。でもこれによって、microSDを追加購入することも、カードリーダーを購入することも、USBハブを新たに買い換えることも不要になって、ずいぶんとお金の節約にはなるのだ。

ポメラが来た!

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト 一昨日注文したポメラがもう届いた。早速使ってみたのだが、キーボードの小ささがちょっと気になるが、一応ちゃんとタッチタイプできるのは大したもの。この窮屈なキー配置に馴れれば、バリバリとより高速で入力できるようになるかもしれない。画面は小さいが視認性は良い。小さい文字にしても400字程度しか表示されないことを不満に感じる人もいるかもしれないが、僕は大昔の家庭用ワープロなどを思い出して、かえって懐かしい気持ちになった。Macintosh SEのモノクロ9インチディスプレイで、バリバリと長文を打ったりもしてたこともある。大きさは本当に文庫本サイズで、これなら外出時に持って歩いてもそれほど負担にならないだろう。ダイソーで購入したクッションポーチに入れたけど、とりあえずケースはこれでいいや。あと追加で購入するとすれば、microSDカードと、MacBook用のSDカードリーダー、USBハブも欲しいな。

MDノート方眼をどう使おうか?

 発売直後にすぐ手を出したMDノート方眼の新書サイズですが、これといった使い道もないまま、カバーをかけて仕事机の上に放り出してある。雑記帳に使っていたモレスキンの後継にと考えていたのだが、その地位はパラクルノA6方眼に奪われて、MDノートは身を持てあましている状態。さてさて、これをどう使ったらいいんだろうか。僕は別に文具のコレクターじゃなくて、実用品としてあれこれ文具を買いあさっているわけで、これをこのまま放り出しておくことは出来ないんだよな。う〜む。

2009.04.09

4/9の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:20'38
走行距離 4.08km
平均時速 11.9km/h
最高時速 23.5km/h
積算距離 982.3km

■歩数計
3000歩
1.0エクササイズ

パラクルノA6を求めて

コクヨS&T 意匠ノート<パラクルノ> A6 5mm方眼 70枚 ノ-RD227S 自転車で回れる範囲で近所の大型スーパーを探し回ったけど、パラクルノA6 を扱っているところはなかった。そもそもパラクルノ自体をほとんど見かけない。普通のキャンパスノートはもちろんどこにでもあるんだけど、意匠ノートは限られた店舗でしか扱ってないみたい。とりあえず今使っているものを使い切りそうになったら、Amazonで定価で1冊ずつ購入しようかな。1冊350円で売っているネットショップも見つけたんだけど、送料を考えると一度に10冊ぐらい注文しないと割が合わない。しかしこのノート、これまでに使っていた他のどんなノートよりも気に入っているので、2冊目か3冊目を使い切った後には、10冊まとめ買いに走るかもね。

2009.04.08

4/8日の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:44'41
走行距離 8.33km
平均時速 11.1km/h
最高時速 26.5km/h
積算距離 978.2km

■歩数計
8783歩
3.7エクササイズ

ポメラ注文!

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト 何日か検討した上で、結局はポメラを注文しちゃいました。思い起こしてみれば、僕はHP 200LXや文豪アルデータも使っていたことがある。結局「外出先でテキスト入力が出来るといいなぁ」というアイテムに弱いんだな。HP 200LXはキーボードが小さすぎて、結局はテキスト入力マシンになり得なかった。文豪アルデータは結構使ったんだけど、それでもやはり大きさと重さが僕には負担だった。(文豪アルデータの経験があるので、僕は最近流行りの小さなノートパソコンにもあまり興味がわかないんだよね。)でもポメラはどうなんだろうか? これは今までのテキスト入力専用マシンを超える「何か」を持ち合わせたマシンと言えるのだろうか? まあとりあえずは、現物が手もとに届いてから考えよう。

新ブログについて

 「毎日が映画記念日」はなんだか「サラダ記念日」(懐かしい)みたいで気持ち悪いので、当面は「毎日が映画の日」と改めることにしました。これは日々こつこつ更新していけば、いずれ365日埋まるであろう……と、わりと楽観的。問題は年表だなぁ。こういうものって、ブログには向かないんじゃなかろうか。基本的にずらずら〜っと時系列で長い巻物みたいなものがあって、それを1年ごとに切り分けるというのがイメージなんだけど、それを時系列に並べておくのが結構大変。ブログだと作成日ごとに記事が配列されるので、記事の投稿日時を操作していくわけだけど……。

続きを読む "新ブログについて" »

2009.04.07

4/7の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:16'02
走行距離 16.92km
平均時速 13.3km/h
最高時速 31.0km/h
積算距離 969.9km

■歩数計
11219歩
4.2エクササイズ

新しいブログ制作

 映画についてのデータベース的なブログ、「映画史年表」「毎日が映画記念日」を作り始める。前者は純粋に資料的なもので、後者はネタ帳みたいなもの。最近はメルマガの更新もすっかり止まってしまっているので、いずれこうしたものを材料に記事を作っていければと思っている。ただし作業としてはかなり膨大なものになりそうなので、途中でくじけて投げ出してしまう可能性も大きいけどね。あまり大げさにせず、気長に、気ままに、こつこつと少しずつ更新していきましょう。現時点では、どちらのブログも中身はほとんど空っぽです。

2009.04.06

4/6の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
4718歩
1.9エクササイズ

桃の里

Img_0807

 山梨県笛吹市の桃畑。まだ満開まで数日余裕がありそうでしたが、それでもあちこちがほんのりと、まさに「桃色」に色づいている様子はきれいです。

続きを読む "桃の里" »

2009.04.05

4/5の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3243歩
1.1エクササイズ

 旅行に出かけると運動不足。そのくせ食べるだけは食べるから太ってしまうなぁ。

慈雲寺のイトザクラ

Img_0764_2

 甲州市の天然記念物に指定されている慈雲寺のイトザクラ。観光客がワサワサいて近くの道路は大渋滞でしたが、これは一見の価値があるかもしれない。

続きを読む "慈雲寺のイトザクラ" »

2009.04.04

4/4の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3213歩
1.4エクササイズ

 電車で山梨まで出かけたけど、電車移動じゃそれほど歩数計も進まないのだ。

デジタルメモ帳「ポメラ」

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト 先日日本橋の丸善で見かけたんだけど詳細がわからず、帰宅してからネットで調べようと思った製品。文字入力だけに特化した、コンパクトキーボード+液晶画面という商品。乾電池で20時間作動し、電源オンから2秒で入力できるようになるというのがすごい。本体目盛りだけで8,000文字入力したファイルを6つまで保存できるというが、miniSDを使ってさらに大容量のファイルも扱えるようだ。外出先で原稿を書いて、帰宅してからパソコンに吸い上げて清書するといった使い方には打って付けかも。軽量のワープロを外出時に持ち歩いていた経験もあるので、それに比べると「世の中便利になったなぁ」という感じがする。外出先までパソコンを持ち歩く必要はまったく感じないが、原稿が書ければなぁと思うことはしばしばなので、これはすごく気になる。通信機能不要、ブラウザ不要、メール不要、とにかく文字だけガシガシ打ち込んでいくにはいいんだろうな。Amazonのレビューでもやたら評判がいい。欲しくなってしまう。

2009.04.03

4/3の走行距離

■クリックフォールディング・アクション1
走行距離 17.26km
消費カロリー 245.5kcal
積算距離 116.2km

 今日は久しぶりにアクション1の出動。あちこちで桜がほぼ満開になっていて、風も昨日ほどは強くなく、時折吹き抜けるのは暖かい南風。気持ちのいい自転車日和でありました。しかし久しぶりに10キロ超える自転車移動は疲れるなぁ。帰りは暗くなっていたので、追い抜いていく車やバイクに気をつけながら車道を走るのも神経を使ってかなりのストレスなのかも。

■歩数計
5613歩
1.6エクササイズ

 自転車でへとへとになっても、歩数計はそれほど回らない。まあよくあることだ。サドルの高さが合っているから、ジーンズのポケットに歩数計を突っ込んでいてもあまり揺れないってことなんだろうな。

子供の情景

Buddha Collapsed Out of Shame - Movie Poster - 11 x 17 イランの映画人一家、マフマルバフ・ファミリーの次女ハナ・マフマルバフが19歳で取り上げた初長編映画。上映時間81分という比較的短い作品なのだが、映画を観ているあいだはずっとムカムカしっぱなしで、とっとと映画終わってくれないかとイライラしてしまった。何度も時計を見た。「あと○分で終わる」と、映画から解放されることのみを待ち望んだ。もうすべてが不愉快。映画を観ていてこれほど腹立たしく、はらわた煮えくりかえるような怒りと憤りを感じることは滅多にない。誤解してほしくないのだが、これは映画がダメだという意味じゃない。作り手が映画に込めた怒りや憤りに、映画を観ているこちらが共感してしまった結果なのだ。主人公の少女が置かれているあまりにも過酷な現実から、できることなら目を背けてしまいたい……。しかしここから目を背けるなと、映画は最後に強く訴えかける。そもそも主人公の少女の豊かな表情から、目を背けられる人がどれだけいるだろう。紛れもない大傑作。多くの人たちに、僕が感じた「怒り」を共感してほしい。

公式サイト

ジャイブ/海風に吹かれて

 高校を卒業以来20年ぶりに再会した男女が、20年のうちに身に着けていたアレヤコレヤをかなぐり捨てて結ばれるまでを描く、大人(中年に差し掛かったおじさんとおばさん)のための青春映画。主演は石黒賢と清水美沙で、まあ僕とちょうど同じ世代なわけだ。そんなこともあって、この映画には思い切り共感するところも多い。上原多香子も、だんだんいい女になってきたなぁ。監督はサトウトシキ。

公式サイト

2009.04.02

4/2の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:27'28
走行距離 19.95km
平均速度 13.7km/h
最高速度 29.2km/h
積算距離 953.0km

 久しぶりの遠出。今日は風が強くて参りました。明日も晴れれば自転車外出。最近OCR3の出番がめっきり減っているので、できればOCR3にお出まし願いたいところ。

■歩数計
8315歩
2.7エクササイズ

 体はヘトヘトだけど、歩数はそんなに行ってない。自転車の日はそんなものだ。

家計簿購入

コクヨ スイ-CC32 キャンパス家計簿(スリムB5サイズ・カバー付き)58枚見開き1週間  仕事の必要経費を以前はパソコンで管理していたのだが、これがどうも面倒くさくなってしまったので家計簿で出費だけメモしておくことにしようと思う。収支を付き合わせて検算すると面倒なのでそれはしない。ひたすら出費だけを仕分けしながら記入していく。カードからの引き落としは、カード会社からの請求額が決まった時点でネットから明細をダウンロードして転記する。支出だけを書く。収入は書かない。銀行口座別の残高集計などもしない。出ていったお金だけをチェックする。

コクヨのパラクルノ購入

コクヨS&T 意匠ノート<パラクルノ> A6 5mm方眼 70枚 ノ-RD227S 普段使いのアイデアメモや雑記帳として、コクヨから出ている意匠ノート「パラクルノ」を購入してみた。A6サイズは文庫本とだいたい同じぐらいのサイズ。シモジマで探したがなかったようなので、丸善で定価で買った。定価ならAmazonで買っても同じじゃん。たぶん大きなスーパーとかに行くと、もっと安く手に入りそう。近所にイトーヨーカドーやダイエーや西友がある人は、文具売り場で安く買ってください。このノートは現在使っているモレスキンの後継にするつもり。アイデアはどんどん書きためても、後からザックリと検索して「ああこんなこと考えてたなぁ」とわからないと意味がないので、パラクルノは悪くない選択だと思う。

パラクルノA6:メーカーサイト

続きを読む "コクヨのパラクルノ購入" »

ベルサイユの子

 昨年10月に37歳で急死したギヨーム・ドパルデューの主演作。遺作ではないが、それに近い作品。映画の最後に、ギヨーム扮する主人公が物語からぷいと立ち去って消えてしまうのが悲しい。まるでギヨーム・ドパルデュー本人のその後を暗示するかのような消えっぷりではないか。ベルサイユ宮殿近くの森でホームレスをしていた男が、若い女から幼い子供を押しつけられて右往左往。しかしそのうち子供に情が移ってきて……という筋立ては、チャップリンの名作『キッド』だね。ただしこちらはずっとリアルだ。現実を背負った生々しさがある。チャップリンの映画もそこに描かれている貧しさは「リアル」なんだけど(チャップリンの母親は貧しさによる栄養失調で発狂している)、チャップリンの芸術はそれをファンタジーに置き換えて笑いで包み込む。それがチャップリンの天才たるゆえんだな。まあ『ベルサイユの子』はコメディじゃないわけで、「笑えないからダメだ」とかそういう映画じゃないけど。僕は映画の最初からずっと涙ぐみながら観てました。子供の表情がじつにいい!

公式サイト

腐女子彼女。

腐女子彼女。 バイト先で知り合った2歳年上の女性と付き合うことになって有頂天になった青年。しかし彼女は「腐女子」だった!というラブコメディ。原作はブログに連載されていた「日記風のノンフィクション」だそうで、まあこういう出自からして韓国映画『猟奇的な彼女』にかなり強い影響を受けてますな。すごい美女なんだけど、行動はとんでもなくて、男の方が惚れた弱みで振り回されるという設定も同じなら、最後に別れがあってから再会でハッピーエンドという構成も同じ。配給がエスピーオーだったので、原作を知らなかった僕は最初韓国映画かと思ったよ。1時間半ちょっとの映画だけど、最初の1時間ぐらいはまずまず面白く観られる。でも最後の30分は、別に「腐女子」の話じゃないじゃん!(映画関係の画像がなかったので、写真は原作本の表紙。)

公式サイト

2009.04.01

『ハイキック・ガール』の画像

Highkickgirl

 宣伝会社から画像をもらったので、映画瓦版にも反映させる。この記事はそのための準備も兼ねたもの。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »