2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画ノートは2冊目へ | トップページ | 5/31の走行距離 »

2009.05.31

ICレコーダーを使おうか

40 ずっと以前にインタビュー取材などのために購入したICレコーダーを、ボイスメモ用に利用してみようと再度持ち出した。型番はICD-SX40。2003年11月発売で、内蔵メモリは128MB。ステレオマイク内蔵で、ステレオ音声なら5時間50分録音可能。モノラル高音質なら17時間50分、長時間モードなら47時間35分も録音できる。録音した音声はUSBケーブルでWindowsパソコンに転送できて、専用ソフトで加工編集も可能。当時はこれで相当のハイスペックだった。ただし音声ファイルは独自形式だし、対応ソフトにはMac版がないので、現在Macを利用している僕にとっては、このレコーダー単体で録音再生をするだけの機械になってしまうけど……。

SONY ICレコーダー B61 内蔵メモリ512MB  ICD-B61 音声メモ帳として利用するにはスピーカーが小さいのもネックで、申し訳程度に突いているスピーカーからの音声は貧弱で聞き取りにくい。ヘッドフォンを使えばきわめてクリアな音声が聞けるのだが、音声メモ程度でいちいちそんなことしてらんない。もし今後これを本格的に活用するなら、すぐに大型スピーカー付きの別機種が欲しくなると思う。メモだからそれほど大容量のメモリはいらない。音声なんてモノラルでもいい。ソニーならICD-B61が5千円ぐらいで買える。これはまさに、デジタル音声メモ帳専用機という感じだ。これのステレオ版がICD-AX70で、3千円ぐらい高くなる。

SANYO ICレコーダー「SDカードレコーダー」 (ブラック) [ICR-S003M(K)] 録音データをMacに取り込んで利用するなら、データ形式がMP3になっていて、パソコンにつなぐとそのままSD/SDHCカードリーダライターになるというSANYO ICレコーダー ICR-S003Mが良さそう。ただしこれはスピーカーが小さいので、単体で使うにはどうかと思うけど……。サンヨーで電子メモ帳的な商品としてはICR-B36だと思うけど、これはメモリが128MBしかないわりには、ソニーの商品より少し割高かも。

 とまあ、買いもしないのに商品選びは楽しいね。とりあえずは今あるレコーダーを使い倒すところからスタートだ。でも道歩きながらICレコーダーに向かってしゃべるのは恥ずかしいぞ。活用するとしたら、自転車でだな。落とさないように首からストラップでぶら下げて、胸のポケットに放り込んでおこう。交差点の信号待ちなどで、これまではポケットからメモを取り出してごそごそやってたんだけど、音声メモならもっと手早く(しかも安全に)メモを作れるはずだ。

12:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45201234

この記事へのトラックバック一覧です: ICレコーダーを使おうか:

コメント

コメントを書く