2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« HDDを注文 | トップページ | 6/13の走行距離 »

2009.06.13

外付けHDDのデータ消失!

 調子の悪かった外付けHDDは電源を落としてアクセスしない状態にしていたのだが、何とな〜く嫌な予感がして電源を入れてみると、Macにマウントできなかった。ディスクユーティリティで見ると、中身がきれいさっぱり消えている。調子が悪いからディスクユーティリティで「ディスクの修復」をしようとしたのだが、その結果、あちこちいじくり回して状態をより悪化させてしまったというわけ。ディスク修復をする前は少なくともディスクの中にデータが存在することは確認できたので、もう1台ハードディスクをつないでそれらをそっくりコピーしてしまおうと考えていたのだが、これではそれも無理だな……。こういう場合、どうすりゃいいんだろうか?

 今回最も困ってしまうのは写真のデータだ。MacBookはハードディスクの容量が小さいので、写真を直接外付けHDDに保存するようにしていた。その外付けHDDがすっ飛んでしまった結果、ここ数年間に撮影した家族写真がきれいさっぱり消え去ってしまったのだ。iTunesで取り込んだCDのデータなどはどうでもいいけど、写真やビデオのデータは何とか救出できないものだろうか……。ネットで検索するとHDD復旧をうたった業者がいくつもあるようだけど、値段も結構するみたいね。仕事で使っているデータを飛ばしてしまったような場合は「背に腹は替えられない!」とこうした業者を利用することも考えられるだろうけど、こっちは家族写真とかだからなぁ……。う〜む。考えてしまう。

 ハードディスクは写真データ以外に、iTunnesの音楽データや、Time Macineのバックアップデータも含まれている。業者に頼んでこれらをそっくり復旧すると、写真データ以外の不要なデータ修復にもごっそり課金されてしまうではないか。やれやれ、厄介なことだ。とりあえず「ここに古い写真があることはあるらしい」ということにしてHDDは手つかずのまま保管しておき、将来どうしても写真データが必要になったときにでも、大枚払ってデータ修復しようかなあ……。

 人間は失敗からいろんなことを学ぶわけだけど、今回学んだのは、写真など破損すると取り返しの付かないデータについては、必ず2箇所に保存しておけということかもしれない。これは本当ならMac本体のHDDに保存して、それをTime Macineで外付けHDDに保存すれば済む話。ところが僕のMacBookのHDDは120GBしか容量がなくて、それも残りが20数GBになっている。ここに写真やビデオを記録していくと、あっという間にパンクしちゃうんだよな。

 MacBookに限らず容量の小さなHDDしかないパソコンを使っている人たちは、写真のデータをどう管理してるんだろうか。時々DVDを焼いて、古いデータを捨てたりしているのかなぁ……。

09:46 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45329618

この記事へのトラックバック一覧です: 外付けHDDのデータ消失!:

コメント

Time Macineは容量があれば、HDD何台分でもバックアップすることができます。

なので例えば1TBのHDDをTime Macine用にするなら、他に750GBの外付けHDDを写真などデータ用に使い、内蔵120GBとともに、1TBのHDDへとバックアップすればいいのです。

お書きになっているように、同じHDDにバックアップするのは、ナンセンスです。

投稿者: jk (2009/06/14 10:35:15)

コメントを書く