2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 故障したHDDはいよいよダメに | トップページ | 6/19の走行距離 »

2009.06.19

HDDトラブルにまつわる出費合計

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 HD-CNシリーズ 9,680円
Logitec USB外付型ポータブルHD 250GB LHD-PBF250U2シリーズ 6,489円
Data Rescue 2 レギュラー 11,520円
ディスクウォーリア 4.1 8,982円
 合計 36,671円

 こうしてリストを作ってみると、どれもいずれは購入しなければならなかったもののような気がするので、この機会に否応なしに買う羽目になったのも、それはそれで悪くはなかったのだと思うことにする。しかし問題は復旧に要する時間だな。こうしたハードやソフトが最初からあれば、ここ1週間のドタバタはなかったわけだ。データ保管やバックアップ用の外付けHDDやファイルリカバリーソフトは、パソコンを購入した時点で最低限必要な備品だと考えて、パソコン本体と同時に、あるいはなるべく早い時点で購入しておいた方がいいんだろうね。

09:16 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45389832

この記事へのトラックバック一覧です: HDDトラブルにまつわる出費合計:

コメント

もしデータを失いたくないなら、バックアップは最低2重にとるべきです。

Time Macineを使うなら、Time Macineと単純コピーのものと、分けるのが望ましいと思います。

HDDがクラッシュすることもありますが、ソフトのバグ、人為的なミスもあります。2重にすることで、そうしたリスクが大幅に低くなります。

万全を期すなら、さらにコピーを自分の家とは別の場所に保管するとか、オンラインストレージを使うとか、3重、4重にすべきでしょう。

クラッシュしてサルベージするお金と時間を考えれば、2重バックアップのコストなど何でもないと思いますが、なぜかみなさんこのあたりには無頓着ですね。

投稿者: jk (2009/06/23 10:06:44)

今回はたまたまDVDにバックアップを取っていたデータにずいぶん助けられたので、DVDへの単純なコピーでも時々やっておくのがいかに大切かということを思い知らされました。

パソコン歴はそろそろ20年近いわけで、HDDのクラッシュも初めてではないんですが、これほど深刻な思いをしたのは今回が初めてです。昔はデータの量が少なかったのでFDでバックアップを取ったりしてましたし、作ったデータもテキスト主体でごく限られたものでした。でも今は写真データというものがあって、これが容量は食うし、消えてしまうと取り返しが付かないしで大変なんです。

まだすべてのデータが復旧したわけではないのですが、そろそろ「これであきらめるならそれも可」というレベルまではデータを取り戻せました。結局1週間か10日ぐらいはかかったことになります。これに懲りて、今後は時々データをDVDにバックアップしようと思います。

投稿者: 服部 (2009/06/24 6:19:24)

コメントを書く