2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Duplicate Annihilatorを購入 | トップページ | 6/24の走行距離 »

2009.06.24

PixCompareで重複データ検索

Pixo Duplicate AnnihilatorでiPhotoの重複ファイルを800個ばかり整理したのだが、まだ重複ファイルがゴロゴロあるので、今度は画像の中身を調べるPixCompareというソフトを使って画像の一致具合を調べていく。ところがこのソフト、ファイル数が多すぎると処理が間に合わなくなって止まってしまう。しょうがないのでiPhotoのデータを年度別に調べていくことにした。FinderでiPhoto Libraryを選択して右クリックし、「パッケージ内容を表示」で内部のファイルを閲覧。Originalsというフォルダにデータが一通り入っているので、Originalsフォルダのエイリアスを作ってiPhoto Libraryより上位のわかりやすいところに置いておく。これでPixCompareで年度別のフォルダを個別に開ける。

 しかし結論を言うなら、この方法はダメだった。2008年のデータ量が多すぎて、この年だけは検索しきれない。また明らかに同じデータなのに、まるでチェックされず素通りしてしまうファイルがいくつかある。設定で精度を調整すればいいのかもしれないが、数時間格闘した上で今回はこのソフトの使用を見送ってDuplicate Annihilatorに戻る。

 Duplicate Annihilatorに一致した画像ファイル名を検索する設定があるので、これを使ってデータを整理することにした。設定画面で他の要素のチェックをすべてはずし、ファイル名の最初の8文字が一致したデータだけをピックアップするように変更する。これで検索をはじめたところ、出てくる出てくる、まったく同一名称のファイルが次々と……。とりあえず検索が全部終わるまで数時間かかるので、あとは結果待ちだな。

 たぶんこれで重複データは整理できるはず。重複したデータは一度ゴミ箱に捨てた後、デスクトップに作った新しいフォルダに回収し、念のためDVDに焼いておくことにする。

05:41 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45439294

この記事へのトラックバック一覧です: PixCompareで重複データ検索:

コメント

コメントを書く